広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

合宿後の集合写真

地獄の合宿(?)が無事終わって一番開放感に浸っているときでしょう。

ついつい「我々の頃は。。。」というのが口癖のように出てしまいますが、当時は全員詰め襟の学生服でしたので、1回生の夏合宿を乗り切った者にだけ、「神戸大学空手道部」の襟章がもらえるという儀式がありました。

夏合宿が終わるまでは「一人前の部員」として認めてもらえなかったんですね。

合宿最後の稽古が終わり、正座して整列したときに、全員が「五誓」を大きな声で唱えましたが、そのときはもう1回生全員、顔は涙でぐしゃぐしゃ。。。

あれから30年近く経った今でも、「完全燃焼」した1回生の夏合宿の思い出は、昨日のことのように鮮明に浮かんできます。

合宿の練習風景

滋賀県の安曇川において合宿が行われました。

下の写真は練習中の様子です。学生の頃を思い出しますね。

我々が現役の頃は、伝統的に「拳立て1000回以上」というイベントがありました。

ナンセンスと言われればそれまでですが。。。懐かしい思い出です。

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。