広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年10月24日 Posted by at 07:32 | 国際社会 | この記事のURL
日下公人語録36
これから国際社会は自国中心、エゴイズムの対立に向かう。大きく分けても、キリスト教国、イスラム諸国、中国、インド、ユダヤ、日本などの勢力が、離合集散する時代になる。単純に、アメリカの一局支配の構図にはならない。 各国がバラバラになっていくと、日本のよさが目立ってくるはずだ。世界の国々は内政の文明化がうまくできなくて困っている。ところが、日本には歴史的・伝統的なコアがあって、国家統一が完成しているから内部には国家的な大問題がない。

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。