広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年10月22日 Posted by at 05:27 | 人口 | この記事のURL
日下公人語録30
少子化の本当の原因は、やはり「いい男」と「いい女」がいなくなったことである。子どもを大事にする地域社会の崩壊も大きい。さらにじいさん、ばあさん、おじ、おばといった血縁者の集団が壊れたこともある。可愛くて素直な子どもが育ちにくくなったから、ますます子どもを育てるのを負担と感じるようになる。 これは個人主義が世の中に広がったのがそもそもの原因である。そこから国の教育政策が問題だと考える人もいてよい。国民のほうも個人主義の反省をしてみるとよい。

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道

2012年10月19日 Posted by at 05:38 | 人口 | この記事のURL
日下公人語録21
少子化の問題としていちばん肝心なのは、女性が本気になって子どもを産みたいと思うかどうかだ

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道

2012年10月19日 Posted by at 05:32 | 人口 | この記事のURL
日下公人語録20
人口減少を心配するのはその国の支配階級である。自分の子分が減るからだ。税収が下がると使える金が少なくなるから、自分たちの影響力も小さくなる。それゆえ政府は「日本の人口が減少する、大変だ」と世論を誘導していると考えるのは、とくにうがった見方でも何でもない。

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。