広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年10月24日 Posted by at 19:44 | キリスト教 | この記事のURL
日下公人語録40
教会がキリスト教を布教するときは、異教徒たちに「普遍的なものだから、信じなさい。採用しなさい」と呪文のように囁く。「信じて従うと幸せになれる、あなた方のために言っているのだ」と迫る。言われたほうは「そうか、ウチの神様はローカルな小さな神様で、もっと普遍的な神様がいるのか。そっちのほうが御利益がありそうだ」となびく。 現代の「国際化」「自由化」も、それとまったく同じ構造だ。「普遍性」という怪物、魔物が跋扈している。

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道




2012年10月24日 Posted by at 19:40 | キリスト教 | この記事のURL
日下公人語録39
「国際化」や「自由化」は、アングロサクソン民族が他国を騙して、懐柔するときに使う用語である。もともとはキリスト教の普遍思想からきているが、わかりやすく言えば「わが仏尊し」で、他国に同化を強制するときの用語の1つである。

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道




2008年10月22日 Posted by at 19:09 | キリスト教 | この記事のURL
日下公人語録17

<9・11テロ>のあと、イタリアのベルルスコー二首相(当時)が、「イスラム文明より西欧文明が優れている。人権や宗教の尊重を保証しているわれわれの文明の優位性を自覚すべきだ」とドイツ訪問中の同年9月26日に語ったという報道があった(なぜか日本の活字メディアはほとんど報じなかったが)。 この発言はイスラム諸国の怒りを買っただけでなく、さすがにEU(欧州連合)諸国も懸念を表明したが、この発言の深層にある「西欧」の世界観、文明観を見過ごすべきではない。 キリスト教文明の優位という彼らの無意識下の意識をはからずもベルルスコーニ氏は吐露してしまったのであり、EU諸国の懸念は、域内にイスラム圏出身者を多く抱えているという事情である。神の意志に基づいて「明白なる天意」を掲げ、世界に普遍性を押し広げようとするアメリカにも、ベルルスコーニ氏の発言と同じような無意識下の意識がある。アメリカに対する世界の反発にはこうした宗教や歴史に根ざす奥深い背景(略)があることを日本人は知っておく必要がある。

山アメリカに頼らなくても大丈夫な日本へ―「わが国」の未来を歴史から考える


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。