広告

posted by fanblog

広告

posted by fanblog
2012年10月24日
日下公人語録40
教会がキリスト教を布教するときは、異教徒たちに「普遍的なものだから、信じなさい。採用しなさい」と呪文のように囁く。「信じて従うと幸せになれる、あなた方のために言っているのだ」と迫る。言われたほうは「そうか、ウチの神様はローカルな小さな神様で、もっと普遍的な神様がいるのか。そっちのほうが御利益がありそうだ」となびく。 現代の「国際化」「自由化」も、それとまったく同じ構造だ。「普遍性」という怪物、魔物が跋扈している。

山「人口減少」で日本は繁栄する―22世紀へつなぐ国家の道




Posted by at 19:44 | キリスト教 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。