広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年03月30日

メインオーディションの時の配線

ついでにメインオーディションの時の配線も乗っけときます。
メイン.png

配線

機材の配線について知ってる人は現在機材班のみに限られていると思いますが、知ってみたいという方は以下読んでください。

@電源コード
機材にはアンプ、イコライザ、ミキサーなどありますがすべて電源コードで電源とつなぐ必要があります。
どっかしらから延長コードで電源を引っ張ってきたらまずエフェクターにあるたこ足安定化電源のコードをさしましょう。
で、ミキサー、イコライザ、リバーブはそこから電源コードで接続しましょう。
アンプは電力使用量が多いので延長コードに直接接続しましょう。

Aマイクからミキサー
大抵はマルチケーブルというぶっといケーブルをつかってます。マイクにコードを接続したら、マルチケーブルの箱側をステージ側に、コードがたくさん出ている方をミキサー側に持っていきます。
次項有1番
オレンジ次項有2番
次項有3番
次項有4番
次項有5番
次項有6番にさしてください。(端子は雄雌ある)

ミキサー側は普通に1を1に、2を2にって感じで6までさしてください。

BPA卓周辺
どのようにせつぞくすればいいのか理解しやすいためにまた信号の図を見てみましょう
しくみ.png
まずAはミキサーに入った信号がリバーブに向かうところです。
ミキサーから信号を出すには基本的にAUX SENDを使います。基本返しスピーカで1,2をつかってるんでホーンコードを3、4にさしてもう片方をミキサーinputにさしたらAの接続はオッケーです。
Bはリバーブにはいった信号をミキサーにもどすところです。リバ(リバーブのこと)のoutputからミキサーの15,16番の下のホーン接続のところにさします。
次にC、D,Eですが図中のですとスピーカーを1種類しかだしてないことになります。
出すスピーカーの種類だけイコライザは必要です。
表の接続の場合だとミキサーのMAIN OUT(L,R)からホーンでグライコ(L,R)に接続、グライコからアンプにキャノンコード(L、R)で接続、アンプからスピーカーにバナナケーブルorスピコンケーブルに接続、、という感じです。

※パワードスピーカー(アンプ内蔵のこと)の場合はアンプの中継はいりませんが、スピーカーの方に電源コードも必要です。またスピーカー自体の設定も必要です。

2014年03月26日

コードの巻き方

こんばんは北村です。今日はコードの巻き方について書こうと思います。
@まず普通にわっかを作ります。
IMG_0803.JPG
A次にコードがわっかの向こう側に行くようにわっかを作ります。この時少し手前にねじるとやりやすいです。
IMG_0810.JPG
@とAを繰り返します。だいたい巻けたら最後にコードの先をすべてのわっかを束ねるようにまいて軽く結べば終了です。この際コードの先の端子から少し離して結んでください。(端子と金属線間の接続部分に力がかかってこわれやすいため)
IMG_0808.JPG
てな感じで次回からコード巻きしてくれたらたすかりまする。

2014年03月24日

音響機材の仕組み

信号の流れを理解していただく上でマイクから入った音がどのようにしてスピーカーから出て行くのか、たどってみたいと思います。
しくみ.png
上の図の矢印にそって電気信号がながれ、スピーカーから音が出ることになります。この課程で電気信号は増幅されていきます。また、それぞれの信号の強さに応じてケーブルやコネクターもかわってきます。@ではノイズに強いケーブル(キャノン)、Aが標準のケーブル(ホーンorキャノン)、Bは強い信号に耐えられる、特別に太いケーブル(バナナーケーブルorスピコンケーブル)を使っています。

マイクについて

人間の聞くことが出来る、音域⇒空気の振動の数⇒周波数は20Hz〜20000Hz(20kHz)といわれています。これは、1秒間に20回〜2万回の振動という意味です。振動数が少ないと低い音、多いと高い音です。この範囲を可聴帯域といいます。すべての音響機材はこれを基本として作られています。
それでは、人間の声はどの周波数帯なのでしょうか?
おと.png
声というのは、基本となる音(ドとかラとか、楽譜に書いてある音、基音)以外に、倍音や子音などによってなりたっています。その周波数帯域を表したのが上図です。基音は、だいたい男声の一番低い音で70Hz〜女声の一番高い音で1000Hz近辺となっています。また、その上に書いてあるフォルマントというのは、人間の母音を識別する倍音域を指しています。子音(上図では無声子音)というのは、発音記号で言うsとかkとかtとかの事です。これで、人間の声はどれくらいの周波数でなりたっているのかということが何となくわかってもらえたと思います。それではマイクについての説明に戻りたいと思います。
かーじ.png
ここで、上の図を見てください。これはinspiritual voices所有機材であるSM-58(通称ゴッパ)というマイクの、どの方向からの音をどれくらい拾うか…という図です。図で0゜というのがマイクのヘッドにまっすぐ向かっている状態、90゜がマイクの真横から使っている状態、180゜が真後ろから使っている状態と思ってください。まず人間の声域に近い500Hzという曲線を見てください。ここで先ほども出てきたdBという単位がまた出てきていますが、簡単に説明すると0゜で入る信号とくらべて90゜では-6dB(4分の1)程の音量しかひろわないことになります。そのためにマイクはまっすぐ持たなくてはいけないのです。逆に正しく持てば、自分の音を良く広い、周りの音を拾いにくいといえます。次に8000Hzという曲線を見てください。子音の音域に近い部分です。今度は、0゜に比べて90゜では−10dB(10分の1)しか拾いません。ツとかスとか、そういう音は横からは相当拾いにくくなるのがわかると思います。この事は、ボイスパーカッションのパートを行う時にかなり重要となってきます。
しゅうはすうとくせい.png
次に、上図はマイクの拾う音の強さと周波数をグラフにしたものです。これを見ると、150Hz〜10000Hzあたりまでは十分音量を拾うのですが、ベースの最低音である70Hz近辺は数分の一しか音が入らないことがわかると思います。何故このようになっているかというと、ハンドノイズ(手でマイクを持ち替えたときの音)や風ノイズがこのあたりの周波数なので、それが入らないようにわざと落としてあるのです。ということは、ベースとボイスパーカッションのパートの低い音は入りにくくなるということです。これを改善する方法は2つ有り、一つは何らかの装置を使って補正する、もう一つはマイクの近接効果を使うというものです。近接効果について具体的には、マイクを極端に近づけで使用すると、高音よりも低音が入りやすくなるという効果のことです。もし、何らかの装置による補正ができなくて低音が入りにくい場合は、この近接効果をつかって低音を強く出すことが出来ます。しかし、そうでない場合は音が曇ってしまったりマイクに入る音量が大きくなりすぎたりするので、適当な距離を保って使用するべきです。逆にあまりなれていない人の場合、マイクを離しすぎてしまう事があります。これもよくありません。
以上、まとめますと、基本的なマイクの持ち方は、@口にまっすぐ、A適当な距離で、ということになります。
マイキングというものはライブを行う上で非常に重要です。
プロフィール
ダム、きったん、わせ、かんきち、おかきさんの画像
ダム、きったん、わせ、かんきち、おかき
大阪大学アカペラサークルの音響班のブログです。 サークル員むけであったりときどきメモであったりします。
ブログ
プロフィール
最新記事
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。