広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年11月14日

今日のはっとさせられた漫画の台詞

「おまえ一度でも31ページ マンガ書いたことあるのか」

※漫画「BAKUMAN 2巻」(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)63Pより

またBAKUMANですみません。でも好きなシーンなんです。

これは主人公のうち原作者を目指す高木(シュージン)が、真城(サイコー)をかばって言った台詞です。
マンガの賞である手塚賞に落選した主人公たちを「絵が下手なんだよ。俺の方が上手い」と小馬鹿にした同級生に対して、高木の怒りが炸裂しました。この台詞の後、その同級生は高木に全力で殴られることとなります。

ちょこっとノートに書く1カットの絵と、31ページのマンガを書ききるための絵は、全くの別次元です。
そんなことも知らずに、調子にのって馬鹿にしてくるそいつが許せなかったのでしょう。おまえはサイコーがどれだけ真剣にマンガに向き合い、全力で取り組んできたかを知っているのかと。
また、「落ち込んでいるサイコーをここぞとばかりに馬鹿にしてやろう」という嫌らしさも鼻についたんだと思います。

しかし、それとは別に、この台詞がまるで自分に向かって飛んできたかのような錯覚も同時に覚えました

「この本を読んでいるおまえは、何か全力でやりきったことがあるのか」

何も達成していないくせに、批評家ぶって、モノを言うだけは立派な人間になっていないかと。
31ページマンガを書いたことはあるのかと。それに匹敵する何かをやりきったことがあるのかと・・・。

そう考えると、何かガツンと頭を殴られた感じがして、考えさせられます。
すごいです。BAKUMAN。

posted by 霧島もとみ at 2015年11月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶に残る台詞

2015年11月08日

今日のはっとさせられた漫画の台詞

「ホント1秒でも無駄にできねー」

※漫画「BAKUMAN 1巻」(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)154Pより


何気ない普通な台詞かもしれません。でも、不思議にズシンと胸に響きました。

その台詞は、やるべき何か、真剣にやりたい何かを見付けていて、かつ目標を達成するまでに時間が限られていることを知ったときに初めて言える台詞だと思ったからです。

それと比べると、今自分が持っているのは、漠然とした「何かこのままでは駄目だ」という概念的なものでしかありません。
・何をやりたいのか。
・そのためには何をやらなければいけないのか。
・それはいつまでにやらなければならないのか。


これを把握した時に、初めてその台詞は無意識のうちに出てくるのでしょう。

時間は万人に平等で流れます。
しかしその時間に対して人間が与える価値はその人次第。
それをオリャッ!!と目の前に突きつけられた感じです。

自分はどれだけ目の前の1秒に全力を注ぎ込めているのか。
今は薄い・・・でも、それを自覚することからきっと始まるのだと思います。
posted by 霧島もとみ at 2015年11月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶に残る台詞

2015年09月07日

人が傷ついた時点で冗談って言わないんだよ!

ふとテレビで見かけた台詞です。

何だこの野郎!!と言われた心ない言葉に怒りを覚えた時、

「冗談だよ、そんなに怒るなよ」

ハハハ・・・とか言われて、更なる怒りを覚えながらも言い返せなかったことがありました。

そんな時にこうやって言い返したい。
言い返せない時には、他の誰かがこの台詞で代弁してくれたら、すっきりするだろうなあ。

そんなことを思い、いい台詞だなあと思いました。

posted by 霧島もとみ at 2015年09月07日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶に残る台詞

2015年07月21日

君たちはどうだろうか?

「何がいいのか精一杯考えて考えぬいて、自分たちの導き出した答えを信じて行動して欲しい。」
「俺はそうやって道を切り開いてきたが・・・・・・」
「君たちはどうだろうか?」


マギの4巻124P、シンドバッド王の台詞です。
シンドバッド王は主人公を導く先導者であり、また、一国の王でもあるため、色々と格好良い台詞が多いキャラクターです。
(総理大臣にしたいキャラクターランキングNo.1!間違いなし!な感じです。)
その中でもこの台詞は心に残ります。
作中ではアラジン達に投げかけられた台詞ですが、まるで本を読んでいる自分自信に投げかけられたかのような錯覚に陥ってしまいます。

自分はこんな様に何かの道を切り開いてきただろうか・・・?
・・・この眼前の男、シンドバッド王のように。

「マギ」、なかなか侮れない漫画です。(まだ10巻までしか読んでいませんが)
ワンピースとはまた違う形で、何だか、等身大の生きる勇気を貰える作品な気がしています。
posted by 霧島もとみ at 2015年07月21日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶に残る台詞
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
霧島もとみさんの画像
霧島もとみ
他人との距離感をいつも遠く感じながら生きてきました。高校の体育祭のフィナーレでは、肩を抱き合って大はしゃぎする光景に「何でこんなに盛り上がれるんだろう・・・?」と全く共感できませんでした。共感できない自分が理解できず、いつも悩んでいます。そんな私でも面白いと思うことはこの世界に一杯あります。それが私の生きる糧でした。面白いことが増えていけば、よりたくさんの人が楽しく生きられるはず。そんな世界を夢見ています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。