広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年06月20日

アイムホーム#10(最終回)

毎週楽しみにしていたドラマが終わったときは、嬉しさや感動、寂しさを覚えたりと色々な感情が沸き起こるものだと思います。

中には「エヴァンゲリオン」の時のように「何だよコレ!!!」と呆然とすることなんかもある訳ですが、まあ、こういうのは比較的少数派でしょう。

アイムホームは・・・

良かったですね。(*^^)v

ドラマのストーリーやメッセージについては色々ありますが、このドラマのメインは何と言っても「木村拓哉」です。
最終回で沢村一樹がひょいと出てきて、抜群の存在感で持ってかれそうになりますが、彼の前で複雑な立ち回りを求められる「家路久」をしっかりと演じていたなーと思いました。
少々オーバーに見えるところもあったかな?とは思いますが、「キムタク」ではなく「家路久」をしっかりと見せていて、格好良かったなーと素直に思いました。

昔、同じ木村拓哉の記憶喪失ものドラマで「ギフト」という作品がありました。
だいぶ前ですね。
このときはどっから見ても「キムタク」にしか見えず、また、最終回で出てきた父親役の緒形拳に存在感をごっそり持っていかれるみたいな感じもしましたが、今回は違いました。

まあ、年数が経ちましたが、いちファンとして「成長したなあ〜〜」と思いました。

子どもに黙って遺伝子検査をするときの顔、悪そーーーな顔でした。最高!!

ドラマの謎は一応全て明かされ(細かくチェックしていないので)、かつての自分と決別して、人を愛すること、信じることに希望を見出すというテーマも描かれ、後味の良いドラマでした。

でも最終回よりかは、途中の幾つかの回に記憶に残るエピソードがあった気がします。
ま、それが「いいドラマ」であることの証でしょうね。
ドラマはひとつひとつのエピソードの積み重ねですから。

アイムホーム製作者、出演者の皆様、ありがとうございました!!
posted by 霧島もとみ at 2015年06月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2015年06月09日

アイムホーム#8

酔った勢いで自宅以外のどこかへ転がり込んでいく・・・という話の始まり方は結構好きです。
今回は元不倫相手の自宅でしたね。

あれ、何か自宅と違うな・・・でも慣れた感じで料理を初めてしまったし・・・と見ていると、チャイムの音に「恭子おかえりー」と自分で言っておきながら瞬時に「恭子って誰??あ、また、やっちゃった・・・」と我に返る木村拓哉。

この慌てっぷりが最高です。
(ひょっとしたらこの慌てっぷりを見るのが好きでアイムホームを見ているのかもしれません)

今回もあまり大きな展開を見せることはありませんでしたが、西田敏行演じる小机部長が実は黒幕と繋がっていたり、恵がなぜ記憶を失った5年間についても話をまったくしないことに家路が気づきそれを問いただしたり、恵とサッカーコーチの関係が示唆されたりと、次回以降の展開の材料は多くちりばめられていました。
その意味では見逃せない回でしたね。

それにしても前妻の娘すばる役の山口まゆさんが可愛い!
悩みを抱えて久に頼ろうとしながらも、実際に会うと頼ることに躊躇ってしまう・・・という葛藤ぶりがよく出ていると思います。
こんな風に娘に頼られたら、父親冥利に尽きるんでしょうね。
すばると久の絡みが好きです。

次回も楽しみです。
posted by 霧島もとみ at 2015年06月09日 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2015年05月17日

アイムホーム#5

今週もアイムホームを見ることが出来ました。
毎週のちょっとした楽しみ・・・と言いながら、今期は

・アイムホーム
・アルスラーン戦記
・Fate/Stay night

をチェックしているので、自分としては結構見ている番組が多いような気がします。

さて、今週のアイムホームはあまり大きな動きはなかったです。

実家との確執があるのかな?と思わせながら、実は不器用なだけで、結構いい感じで通じあってたんだよって話でした。
その話がメインで、仮面の妻と息子、会社関係はほとんど進展しませんでした。

専務だったかな?予告で
「君はわかっていないんだ。あいつがどれだけ危険な男なのかを」
と思わせぶりな台詞がありましたが、これもちょこっと出てきただけで、「とりあえずジャブでも打っとくか」みたいな感じでしょうかね。

主人公の子供のときのトラウマの一つだった幼稚園での劇のシーンを、息子の劇のシーンとかぶせて「こうやって世代は繋がっていくんだよ」という演出がありましたが、これが今回のエピソードの一番見せたかったところでしょうか?
まあ、割と、ほっこりしました。

今回はコンビニ店長の弟に対して嫌がらせをする奴が出てくるんですけれど、彼の嫌な奴っぷりが最高ですね!嫌いなんでしょうね、こういう人。いい味を出していて見事にムカムカさせられました。

そして影でフォローする木村拓哉がひたむきで格好いい!!
こういう男って素敵。(*^^)v

また来週楽しみです!
posted by 霧島もとみ at 2015年05月17日 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

2015年05月12日

アイムホーム#4

今期のTVドラマでは「アイムホーム」を見ています。
(他には「マザーゲーム」を時々、「Dr.倫太郎」は取り溜め状態です…)

アイムホーム面白いですね。

木村拓哉と上戸彩のファンなので見始めたこのドラマですが、とても丁寧な作りがされていて面白いです。

各エピソードが工夫されていて面白いし、作品のテーマも一貫している気がします。
また、各話ごとの謎もしっかりと一話一話で解決されていく構成も好きです。やきもきしないですしね。
「謎解きは来週!」みたいなのはちょっと…
まとめてDVDとかで見るのはいいんですけれども。

今回はしょっぱなから見たことない居酒屋で店員のように振る舞う家路から話が始まります。
さらにそのまま酔っ払った勢いで、見たことのない古そうなアパートに自分の家のようにあがりこんで寝てしまう。
(鍵が合わなかったけれども、家の鍵は開いていたため)

こうして冒頭で視聴者をぐっと惹きつけておき、そこから話が展開していきます。
なぜその店で家路は飲んでいたのか?
なぜその家に家路は帰ってしまったのか?
なぜそのアパートの鍵は開いていたのか?

かつての単身赴任先でのエピソードと、子供のお受験の模擬面接でのエピソードとを主にしてこの話は構成されています。

一環したエピソードである脳外科医とのやりとり(及川さんがまた格好良い。。)では
「脳外科医としては、生きている事自体がすごいことだと思うし、他人と好き合う確率なんて天文学的な確率です」
「あなたは手を取ってくれる奥さんがいるんです。それってすごいことだと思います。その奇跡を大事にしたらいいんじゃないですか?」
という台詞がヒューマン・ドラマとしてのテーマの形をほのめかしました。

第3話での前妻の父とのエピソードも好きでしたが、今回の熟年夫婦のエピソードもとても良かったです。
ほっこりしました。

また、お受験エピソードでは家路が「お父さんは学校に行けなかったから人の3倍頑張らなければ勝てない」という台詞が挿入されます。この話の中では重要な台詞ではないですが、こういう形で家路の人となりを視聴者にさりげなく出していく手法は、とても上手いですね。

家路の生い立ちはどういうものだったのか?
買収劇の原因となった事件を家路は知っていたのか?
このあたりの謎がさりげなく残されていて、また次回を自然に見たいなと思わせる。

また次回が楽しみです。
予告では専務(だったかな?)の「お前はあいつがどれだけ危険な男かを知らないんだ!」の台詞が気になります。。次はどんな謎が明かされるのか。
posted by 霧島もとみ at 2015年05月12日 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
霧島もとみさんの画像
霧島もとみ
他人との距離感をいつも遠く感じながら生きてきました。高校の体育祭のフィナーレでは、肩を抱き合って大はしゃぎする光景に「何でこんなに盛り上がれるんだろう・・・?」と全く共感できませんでした。共感できない自分が理解できず、いつも悩んでいます。そんな私でも面白いと思うことはこの世界に一杯あります。それが私の生きる糧でした。面白いことが増えていけば、よりたくさんの人が楽しく生きられるはず。そんな世界を夢見ています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。