広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年02月15日

挫折を愛する (松岡 修造) ☆☆☆☆

書店で目に留まり購入した本です。

かつて挫折を味わい、今もそこから這い上がろうとしている私には「挫折」という言葉が重たく感じるところです。
しかしそれを「愛する!!」という対極にあるような言葉と組み合わせる・・・!?
そんな妙なアンマッチさに心惹かれてつい手にとって見ると、出ました、松岡修造!!
ということでつい買ってしまいました。

松岡修造の本はこれで2冊目。
「修造思考」の内容をもう少し細かく、詳細に説明した感じの本になっています。
彼自身が体験した『挫折』と、それからの前進についての話を主体に、他のアスリート達のエピソードを交え、丁寧に分かりやすく説明した本です。

まずは真剣になること。
努力すること。
諦めないこと。
挫けず、明るく、前向きに考えること。
自己をそのようにコントロールするよう努めること。

これらを繰り返し訴えていて、何度も読みたくなる本です。

紹介されるエピソードの一つに、松岡さんが怪我で入院していたときの話があります。
同じく入院していた少女との交流の話なのですが、読んでいるうちに強く引き込まれてしまい、気が付けば涙を流してしまっていました。
読書感覚だけでなく、自分自身が体験したかのような実感を伴い、私の心の中に打ち込まれた感じがしました。

不思議な力のある本でした。
posted by 霧島もとみ at 2015年02月15日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 著者 ま行
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
霧島もとみさんの画像
霧島もとみ
他人との距離感をいつも遠く感じながら生きてきました。高校の体育祭のフィナーレでは、肩を抱き合って大はしゃぎする光景に「何でこんなに盛り上がれるんだろう・・・?」と全く共感できませんでした。共感できない自分が理解できず、いつも悩んでいます。そんな私でも面白いと思うことはこの世界に一杯あります。それが私の生きる糧でした。面白いことが増えていけば、よりたくさんの人が楽しく生きられるはず。そんな世界を夢見ています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。