広告

posted by fanblog

2015年09月10日

脱力タイムズの副作用!?

毎週金曜日、心のオアシスである「全力!脱力タイムズ」ですが、思わぬ副作用を伴うことを発見しました。

それは昨日、NHKの「クローズアップ現代」を見ている時に起こったことです。

温暖化に伴いこれまで見られなかった生物による被害が少しずつ広がっている・・・というのが主な内容です。その中で、サメが増えていることや、マダニが北上していること、対馬でこれまで見られなかったスズメバチの一種が急増していることなどが紹介されていました。

なるほどな・・・と見ていると、次にコメンテーターによる解説コーナーに移りました。
専門家の方が紹介され、状況を解説していきます。

あれ・・・
この人どこかで見たことがあるなあ・・・


あ!!脱力タイムズに時々出演している、生物専門家の五箇公一さんじゃん!

気付いた時にはもう手遅れです。

もうね、五箇さんが真面目に生物の解説をしているんですけれど、何故か脱力タイムズにしか見えないんです。
本当に真面目な特集なのになぜか笑いがこみ上げてくるんですよ。
NHKのアナウンサーの普通なテンションもさらに笑いを加速させてしまうばかりで・・・

しかも五箇さん、妙に襟の立ったイケイケな格好していて、これがまた何ともいえないアンマッチな雰囲気を醸し出しているんです。

すみませんが笑わせていただきました。
そしてこの笑いは誰にも理解してもらえませんでした。まあ、当然ですよね。

普通の報道番組をすら笑いに変えてしまう副作用・・・これが脱力タイムズの力なのか!と思い知りました。

赤い彗星のシャア風に言えば
「フジの新型(深夜番組)は化け物か!!」
というところです。

やはり恐るべし、全力脱力タイムズ!面白い!


posted by 霧島もとみ at 2015年09月10日 | Comment(1) | TrackBack(0) | そこはかなきこと
この記事へのコメント
国立環境研究所の研究員である五箇公一室長、サングラスをかけて頻繁にテレビに出ているけれど、どういうつもりなのか。まるでタレント気取り。

国立環境研究所は環境省傘下の独立行政法人、そうすると税金で国立環境研究所に所属している五箇公一室長は税金から給料をもらっている立場。

国立環境研究所はあのような恰好でメディアに出る五箇公一室長に対してしかるべき指導をしていなのだろうか。不思議で仕方がない。

Posted by 元気morimori森田隊長 at 2017年09月12日 09:32
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4162594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
霧島もとみさんの画像
霧島もとみ
他人との距離感をいつも遠く感じながら生きてきました。高校の体育祭のフィナーレでは、肩を抱き合って大はしゃぎする光景に「何でこんなに盛り上がれるんだろう・・・?」と全く共感できませんでした。共感できない自分が理解できず、いつも悩んでいます。そんな私でも面白いと思うことはこの世界に一杯あります。それが私の生きる糧でした。面白いことが増えていけば、よりたくさんの人が楽しく生きられるはず。そんな世界を夢見ています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。