広告

posted by fanblog

2016年02月06日

ブログ飯 個性を収入に変える生き方 染谷 昌利


「武器としての書く技術」(イケダハヤト)に続いて、ブログを主題に書かれた本を紹介します。
 記事を書くのは少し間が空きましたが、「武器としての書く技術」と一緒に買いました。
 何かを勉強しようと言う時には同じテーマの本を複数読むのが効果的で、こういう時にAmazonは勝手にオススメしてくれるので便利です

どんな本だった?


面白い本でした。
基本的なエッセンスは「武器としての書く技術」(イケダハヤト)に近く、ブログを「飯を食えるブログ」に変えるための考え方や工夫を紹介しています。
共通して書かれているのは、
・ブログをお金に換えるということは簡単なものではない
・しかし、誰でも努力次第で実現できる可能性がある
・そのための心構え、技術、背景


次に、違いはこんな感じです。
・武器としての書く技術・・・書く技術により踏み込んだ内容
・ブログ飯・・・ブログ運営全般の心構え

2つを合わせ読みすることでより理解が進むと思います。
興味深かったエピソードは、おふたりとも、ブログが急上昇したのが「Xperiaの使い方のページを作ったこと」だと紹介していたことです。
見事に波に乗ったんでしょうね。
それはしかし、決して運が良かっただけの話ではありません。その時に波に乗ることができるだけの基礎体力をそれまでに付けておくことが重要だということが、この2冊から学ぶことができました。
勿論、波を敏感に察知するセンスも必要ですね。

読むことで得られるもの


ブログを運営していくための当たり前だけど認識しておくべき事項。
儲かるブログを運営している人の視点を知ることは、成功例を把握するだけではなく、自分の物事を見る視点のレベルアップにも繋がります。

どんな人にオススメできる?


ブログを書いている人、これから書こうという人。
また、アフィリエイトの項目では「いかに商品を売るか」ということを筆者の視点で踏み込んで書いたのも面白かったので、ネットショップ運営者にも。

posted by 霧島もとみ at 2016年02月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本:実用書
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4705105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
霧島もとみさんの画像
霧島もとみ
他人との距離感をいつも遠く感じながら生きてきました。高校の体育祭のフィナーレでは、肩を抱き合って大はしゃぎする光景に「何でこんなに盛り上がれるんだろう・・・?」と全く共感できませんでした。共感できない自分が理解できず、いつも悩んでいます。そんな私でも面白いと思うことはこの世界に一杯あります。それが私の生きる糧でした。面白いことが増えていけば、よりたくさんの人が楽しく生きられるはず。そんな世界を夢見ています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。