広告

posted by fanblog

2016年01月29日

1行バカ売れ (角川新書)  川上 徹也


人の心に響く言葉の選び方、つまり
「キャッチコピー力」
を身に付けるためにはどうするかということを解説した本です。

構成としては、衝撃的に売れた商品のキャッチコピーを紹介しながらの解説という形が取られています。
とても分かりやすく読みやすいなあ、という印象です。
各章の副題(最後の一つは主題です)は次のとおり。

・自分に関係あると思ってもらう
・ニュースを知らせる
・得することを提示する
・欲望を刺激する
・恐怖と不安でやさしく脅す
・信用を売りにつなげる
・思わず反応してしまうキャッチコピー10の型 5W10H

さすがキャッチコピー力を解説する本だけあり、的確な題名です。
読むとそれがよく分かります。
これらのタイトルについて「なるほどなあ」と納得させるだけのエピソードや実際のキャッチコピーが収められていて、読んでいるうちに何となく「キャッチコピーが分かったような気」になってしまいます。
実際に自分が商品を買ってしまう時、イベントに参加したいなあと思ってしまう時、これらの事柄を思い返してみることで確実にキャッチコピー力があがるような気がします。

私自身キャッチコピーと言うものに対しては漠然と「何かカッコイイことを言って人の気を引くもの」というイメージしか持っていませんでしたが、本書を読むことでそのイメージが少し具体化したと感じました。

例えばこの本の「1行バカ売れ」というタイトル、これも一つのキャッチコピーだということができると思いますが、先の副題の
・得することを提示する
・欲望を刺激する
ということや、キャッチコピー10の型の
・圧縮して言い切る
・数字やランキングを使う
というテクニックが込められているなあ、と考えることが出来るようになりました。

あと、キャッチコピーというと「宣伝」というニュアンスが強い気がしていましたが、ちょっと考えれば、例えば文章を書く作業だったりとか、お笑い力だったりとか、要は「人の心を動かすための言葉を使うスキル」という事であり、それは万能のスキルなんだということを思うようになりました。

興味があれば読んでみてよい本だと思います。

<演習>
この本にキャッチコピーを付けるとしたら?
<例えばの回答>
これで押せる、欲望スイッチ!

込めたエッセンス
・得することを提示する
・欲望を刺激する
・圧縮して言い切る

・・・何だかイマイチですね。私のキャッチコピー力はまだヨチヨチ歩きの赤ちゃんということみたいです。
こう考えてみると、「1行バカ売れ」という書名、凄いです!
posted by 霧島もとみ at 2016年01月29日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本:実用書
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4672068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
霧島もとみさんの画像
霧島もとみ
他人との距離感をいつも遠く感じながら生きてきました。高校の体育祭のフィナーレでは、肩を抱き合って大はしゃぎする光景に「何でこんなに盛り上がれるんだろう・・・?」と全く共感できませんでした。共感できない自分が理解できず、いつも悩んでいます。そんな私でも面白いと思うことはこの世界に一杯あります。それが私の生きる糧でした。面白いことが増えていけば、よりたくさんの人が楽しく生きられるはず。そんな世界を夢見ています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。