powered by レシピブログ
プロフィール
お花ママさんの画像
お花ママ
仕事をしながら2児の子育て奮闘中の30代ママです。主人のカイロプラクターという仕事を手伝うようになって、健康な体づくりには、食事や生活習慣が大切だということを痛感しています。時間のない日常でも、手抜きしながらキレイでゲンキなママになれる方法を模索中です!! 姉妹ブログ【お花ママのゆるり日記】もよろしくお願いします♪ ⇒http://ohana-blog.com/
プロフィール
写真ギャラリー
最新記事
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
タグクラウド
リンク集
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年08月31日

こだわり卵の栄養と美味しさは親鶏の健康から生まれる!生協パルシステムの産直こめたまご

今日の朝ごはん 献立

朝ごはん 卵粥
バナナ、
野菜と玉子のお粥

本当に珍しく、5歳の長男が前日の夜に発熱( ゚Д゚)
熱にうなされながら、息子がお願いしてきたのは、

「ちょっと熱が出て具合悪いから、明日の朝はお粥にして・・・」

どんだけ食いしん坊!!(笑)

という事で、朝ごはんは、卵と野菜のお粥を作りました。
朝起きたら、熱はすっかり下がってたんですけどね〜

咳が出てて喉も痛そうだし、娘の便秘症にも良いかなと思って、
野菜多めに作ってみました。

今日のパルシステムのおすすめ食材は、
産直こめたまご 6個(MS〜LL)  価格は214円
パルシステム 産直こめたまご
パルシステムの資料請求はこちら⇒生協の宅配パルシステム





パルシステムの産直こめたまごを選ぶ理由

こめたまごパッケージ
『産直たまご』と同様、光と風が入る「開放鶏舎」を採用し、
ケージのなかも充分なスペースを確保。
できる限りストレスがかからないように配慮し、のびのびと飼育されています。

産直たまごとの違いは、
飼料全体の20%を国産の飼料米にしたことです。

突然の輸入飼料の高騰により、痛手を受けた養鶏農家さん達が、
「少しずつでも、できるところから飼料の国内自給に挑戦し、
飼料確保の基盤づくりをしたい」

という思いから始まった取り組みです。

ちなみに、「産直こめたまご」と「産直たまご」割ってみると・・・
産直こめたまごと産直たまごの比較
黄身の色味が少し違います。
食べるエサによって黄身の色が変わるんですね!

黄身の色味が濃い方が、「味にコクがあったり」「栄養価が高い」と思われてますが、
より濃い色に見えるように、
パプリカを食べさせたりしている養鶏業もいるようです(-_-;)

殻の色にいたっては、鶏の種類の違いなので、味や栄養に差はないそうです。

黄身の色や、殻の色に騙されずに、
どんな場所で、どんなエサを食べて、健康に育った親鶏かを見極めないと(>_<)

・顔の見える生産者
どんな環境で養鶏が行われているかは、やっぱり生産者の顔がみえないと・・・
パルシステムでは、ホームページ上で「産地マップ」という情報があります。
・誰が、どこで、どのように作っているのか?
・鶏の育成や地域の環境を保全するための独自の工夫
など、確認することが出来ます。

普段食べている物が、
どんなふうに出来ているのか、どんな人が作っているのか
興味を持つ事って、大切なことだなと感じます。

パルシステムのお試しセットお申込みはこちらから↓↓
生協の宅配パルシステム★おためしセット購入






かわいい絶品お取り寄せかわいい

かわいい安心な献立キッドかわいい  ひらめき商品レビュー

かわいい安心な便利食材かわいい   ひらめき商品レビュー

かわいいお得なお試しかわいい  ひらめき商品レビュー

かわいいまるでスイーツな焼き芋かわいい

かわいい抜け毛対策&    時短シャンプーかわいい

かわいい時短コスメならかわいい   レビュー記事はこちら

検索
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。