広告

posted by fanblog

合成洗剤なのに手が荒れない太田さん家の手作り洗剤がショックだった件

太田さん家の手作り洗剤ってご存知ですか?
私は最近まで知らなかったんですけど

本体のみ.jpg


今も昔も、京都で一つ一つ丁寧に手作りで作られていて

「すんごく汚れ落ちがいいけど、手に優しくて唯一無二」
みたいなウワサを聞いたので、取り寄せてみました

私、環境と身体に優しい洗剤にはけっこうウルサイ人なので・・・





LASが入ってる!?合成洗剤なのに手荒れしないってどういうこと


成分.jpg


「太田さん家の手作り洗剤」、お試し増量130グラム。

容器のウラの成分表見ると
「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム」の文字が。

なぬ?!
LAS入ってんじゃん!!!

こんな、立派な合成洗剤。手に優しい訳が無かろう???

じゃあ、なんだったんだ
やたら「手荒れが治った」とか
「もう他の洗剤は使えない」とかの口コミは。ステマか?


でも、同封してあったパンフとかお手紙読んでると
すごく真摯でとっても真面目にモノ作りしてるっぽい姿勢が伺えるので

・・・よけい意味がわからずモンモン(−−;





動画とマンガと良くある質問でわかったこと


作ってるご家族が出演していた、太田さん家の手作り洗剤の動画を見てみました
「太田さん家の手作り洗剤」 YouTube


他にもパンフやHP(よくある質問)で見た情報をざっとまとめると

質問1.jpg


  ・液体じゃなくて固形洗剤である。実は意外と難しい技術らしい

  ・極々少量で汚れがとても落ちる

  ・液体洗剤には使われない「珪藻土」を沢山使っている

  ・使っている珪藻土はグレードの高く粒子が細かいので
   クレンザーと違って傷つかない

  ・珪藻土・・・口に入れても大丈夫な藻の化石を細かく砕いたもの
   食品添加物にも使われていて、口に入れても大丈夫

  ・泡立ちはそこそこで、泡切れがとても早い
 
  ・固形にする為の原材料のバランスが微妙で
   気温で変わるので、季節により容量が変わってしまう

  ・野菜も洗える

  ・排水溝が汚れにくい

  ・生分解率が98.6%

こんな感じ。


開発マンガも面白かったです。
ワックスまで落ちちゃうから、車は洗ったらダメなんだってーぷぷ(≧▽≦)

特に、お孫さんへの世代交代中、先代(おじいちゃん)の持ってた技術が凄すぎて
上手く再現できず、「製造中止」の通知を出したら

「他に無いんやから、やめんとって!!」っていう
お客さんの声が来たってのは、ホントだったらすごい話だ・・・

このページが一番分かりやすいかも。ぜひ一度読んでみられて下さい。
太田さん家の手づくり洗剤の開発秘話(マンガも)




手が荒れないのは、粘性を加えていないから?


スポンジ.jpg


そして、私が何より気になったのは


 「液体洗剤は洗い物やスポンジから洗剤がすぐに落ちないように

  粘性(ねばり気)があるので、手や食器に残留しやすいが

  太田さん家の手づくり洗剤は固形で粘性を加える必要が無いので残留しにくい」


という点。

確かに、一般的な台所用洗剤使うと手が荒れるのは
手の表面に残留した界面活性剤による、皮膚常在菌バランスの崩れが原因かと

だから、実際、とても洗浄力の強い洗剤であるにも関わらず
「残留しにくい」から、手にも優しいというのは理解できました。






今やLASは悪者ではない?合成洗剤なのに良品というのはあり得るのか


「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム」 by Wikipedia

昔から合成洗剤で使われている成分で、環境にも悪いと聞いてて
「これが入ってる洗剤は使ったらダメなんだ」と思っていました。

他のお宅で、コレが入ってる食器洗い洗剤をしばらく使うと
ことごとく手が荒れるので、信じきっていました。


wikiに、ちらっと記述がありますが、どうも私

「一部の石鹸メーカーや植物系界面活性剤を売りにしているメーカーの中には
事実を捏造して過剰に有害視し消費者の不安を煽るところもある」

・・・という動きに過敏に反応しすぎていたのかも知れません。
生分解度も、1970年代と違って、随分改善されてきたとのこと。


そして更に言えば、例えばこの太田さんの手作り洗剤は
「ヤシの油など植物原料から作られた成分」と言って安全性をうたっているけど

そもそも原料がなんであれ、出来た化合物はおんなじ化学式だから
その効果も弊害も、結局同じなのではないだろうか?色んな意見があるようだけど・・・

と、またそんなことをモヤモヤと思いつつ


でも、実際にこの洗剤で洗うと
超少量で油汚れや紅茶の茶渋も見事に落ちるし

まだ使って数日だけど、今のところ
手が乾燥したり、荒れたりする気配がないのは事実。むー。





今後油汚れはコレに任せよう。大掃除にも使おうと思う


取り合えず、職人魂の入った
希少な商品ってのは分かったので、我が家ではしばらく使うことに。

特にこれからの大掃除、換気扇やコンロ周りの油汚れにかなり使えそうだし。


あと、「排水溝が汚れにくくなった」「ニオイがなくなった」っていう
口コミがビックリなんだけど、これもしばらく使ってみて確認したい。


ウチみたいにアンチ合成洗剤な家庭の
価値観までごろっと変えてしまいそうな、ポテンシャルのある洗剤でした

引き続き使ってみます〜クローバー

パンフと本体.jpg


  >> 太田さん家の手づくり洗剤



この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。