広告

posted by fanblog

ブロッコリースプラウトで花粉症予防?!

今朝ふと「はなまるマーケット」を見てると
フィトケミカルの王様でもある「ブロッコリー」の特集をしていて
「花粉症に効く!」というお話がありました。


(c) .foto project


ブロッコリースプラウトで花粉症抑制


ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)って、相当優れものだったんですね。

身体に良い良いとは聞いていましたが
あんなにヒョロっとした外観から侮っていました(ーー;

花粉症の予防に有効な「スルフォラファン」という物質、
それが特に多いのがブロッコリースプラウトなんだとか。


ス・・スルファラフォン?スルファラファン?舌噛みそう@@;

水に溶けやすいのでさっと洗って
サラダやサンドイッチにして食べてね、と言われてました。




一日摂取量の目標


ちなみに、効果が見込めるのは、1日あたり

スプラウトだと30g(1株)
ブロッコリーだと200gらしいです。


2月、そろそろ花粉症が始まる季節(><)

ブロッコリー、今ちょっとお高め(1株200円〜250円位?)だけど
スプラウトだったら1株=30gで100円位なので
お手軽に摂取出来るのではないでしょか。


こんなんあるのね 台所で栽培できたら便利〜♪






レモンより多い?!ブロッコリーのビタミンC


はなまるマーケットの「とくまる」で、こんな実験をしていました。

ブロッコリーを5分茹でた汁を
とある茶色い液体に入れると・・・・透明に!?

この茶色い液体、実はヨウ素液で、
ヨウ素液+ビタミンC(ブロッコリーの茹で汁)→(酸化)→透明になる

という図式だそうです。
ちなみに、同じ量のレモン汁をヨウ素液に入れても
透明になりませんでした。
なんと、ビタミンCはブロッコリーの方が多いんですね〜




ブロッコリー、間違った茹で方してませんか?


この実験では要するに
「ブロッコリーをお湯で加熱すると
ゆで汁の中に栄養分が溶け出してしまう」
と言いたかった訳で。

ブロッコリーは、房から茎まで縦に8等分で切って
電子レンジで加熱する方が、栄養分を無駄にしないで済みそうです。




ブロッコリーを食べる前に


ブロッコリーは特に房部分が入り組んでいて洗いにくいので
「野菜洗い」を是非使ってみられて下さい。

気になる農薬やワックスブルームがキレイに取れて
エグみが無くなり、ブロッコリー本来の甘味が更に際立ちます。




超簡単 5分で出来るブロッコリーレシピ


カレー味の特性ディップを付けたスティックブロッコリーや
パセリのパン粉焼き風など、はなまるマーケットのHP
レシピが掲載されてます。


一応、栄養成分の一覧メモしたので残しとこう。

ビタミンC レモン汁の2倍 風邪予防、肌荒れ解消
ビタミンB1 疲労回復
ビタミンB2 成長促進
葉酸 貧血予防 二分の一で十分 小松菜の二倍
カリウム 高血圧予防
βカロテン 免疫力UP、がん抑制
鉄 貧血予防
食物繊維 コレステロール低下 便秘解消




今年のブロッコリーは甘い?


コーナーの冒頭でやってましたが
ここ最近の寒波の影響で、余りの寒さに凍るまいと
ブロッコリー自ら糖分を出して身を守ってるんだそうです。

だから、今はお値段高めですが
お味は例年より結構甘いかもです。




やっぱりブロッコリージュースが一番なのか


番組やHPのレシピを見ていて思ったのは
加熱してしまうと、酵素が無くなっちゃってモッタイナイなあということ。

世界一受けたい授業で作ってた「ブロッコリージュース」
結局一番効率的にフィトケミカルも摂れて良いのかも知れません。





この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。