広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年05月09日

ダブルスを攻略をする上での注意点

今回から暫くダブルスについての生地を書こうと思います。

私は、10年以上前になりますが、ダブルス専門でJOP大会に出て、230位あたりが最高位...という微妙な戦歴でしたが、大会によっては第4シードくらいもらえたり、それなりに勝ち負けの試合を経験できたので皆さんに参考になるものを提供していこうと思います。

さて、この記事に関しても動画で講義という形で配信しているので見てください。



最初のテーマは意識の問題

ポジションや立ち位置、どこに打とうとか考える前に、まずは

「攻め」と「守り」

に敏感になりましょう。
続きはコチラ

2020年05月07日

上達する上で感じてほしいこと

前回まで上達に関しての記事を書いたので、今回も

上達する上で感じてほしい〇〇感

をお話ししていこうと思います。

こういった記事が好まれるかどうか...つまり、読みたいなと思ってくれる人がいるのかわかりませんが、私の個人的な意見としては、テニス系のブログなり動画を発信している方はたくさんいますが、こういった考え方や心構えについて発信している方は少ないと思われ、こういった内容のものを発信する人もいても良いかなと勝手に思っています!

毎日とは言えませんが、くじけず頑張っていきます!

と、また前置きが長くなってしまいました。

さて、本題。

これも動画でも配信しているのでどうぞ



動画の中でもお伝えしているように、上達するということは

今までできていなかったことを出来るようにしていくこと
そして
今までやっていなかったことをやっていくこと

です。
続きはコチラ

2020年05月05日

テニス上達マインド その3〜遊び心を持つ〜

テニス上達マインド、ラストの1つ

遊び心を持とう!

です。

まずはこれまでの記事はコチラになりますのでお読みでない方は是非、読んでくださいね。

 →テニス上達マインド その1〜ミスを恐れない〜
 →テニス上達マインド その2〜PDCAサイクル〜

また、前回、前々回同様の動画も載せておきます。


前置きが今回も長くなってすみません。さて、本題に入ります。

今回のポイントは「遊び心」ということで、一見簡単そうですが、実はこれが一番難しい方が多いようです。
続きを読む...

2020年05月04日

テニス上達マインド その2〜PDCAサイクル〜

テニス上達マインド、今回は2つ目の要素

PDCAサイクル

に乗っかる!

ちなみに、前回の記事はコチラです
 →テニス上達マインド その1〜ミスを恐れない〜

同時に前回同様、動画も載せておきます。


動画の中でも説明していますが、今回のテーマである「PDCA」とは何なのか、そして、それとテニスの上達がどのように関係するのか説明していきます。
続きはコチラ

2020年05月03日

テニス上達マインド その1〜ミスを恐れない〜

今回は少しニュアンスを変えて、ショットの解説ではなく、メンタル的な内容の記事を書いてみようと思います。
今回は

上達をする上での考え方、心構え

について解説していきます。

私は20年以上テニスコーチをしていて、その中でもテニスの上達に個人差があるなぁと感じています。

そんな中でも、上達が確実に、そして速い人の考え方、心構えを紹介していきます。

まずは、その内容を講義した動画はコチラになります。


動画内でも話していますが、上達しやすい、上達が速い人の特徴を3つにまとめていきます。

今回はその1つである

ミスを恐れない

を解説していきます。
続きはコチラ

2020年05月01日

サーブの時の腕の動き

サーブを打つときに右腕の複雑な(?)動きってちゃんと把握できているでしょうか?

実際に打つとなるとその複雑な動きは頭の後ろで起こっているので見ることはできませんよね...

今回はそんな、サーブの時の複雑な動きを解説していこうと思います。

その辺の動きをとらえた動画がコチラです。


動画でもお伝えしたようにポイントは2つで
続きはコチラ

2020年04月30日

浮かないボレーを習得しよう!

今回は浮かないボレー!

ただ、ボレーができるというだけでなく、山なりにフワッと...ではなく

線を引いたような、またバウンド後に低く滑るようなボレー

を解説していきます。

バックボレーで解説した動画がコチラです。



ストロークのスライスでも同じことが言えますが、スライスと浮かないスライスは別物として考えたほうが良いです。

続きはコチラ

2020年04月27日

キック・スピンサーブを跳ねさせる4つのポイント【後編】

今回もキックサーブ・スピンサーブを跳ねさせるコツの後編です。

前回の記事を読んでいない方はコチラから読んでおきましょう
 →キックサーブ・スピンサーブを跳ねさせる4つのポイント【前編】

前回の記事でも載せていますが、今回もこの画像を載せます。

そして、この回転を掛けるための残り2つのポイントをお伝えします。

BE77A4A2-0557-4516-BFC7-6A821E234E94.png



また、前回同様、動画も載せておきます


では、4つのポイントの残りの2つをお伝えします!

続きはコチラ

キック・スピンサーブを跳ねさせる4つのポイント【前編】

今回はサーブ、特にキックサーブやスピンサーブでボールをキックさせる、跳ねさせるコツをお伝えします。

大事なことは最初からキックさせて、さらに勢いもあって...と欲張らないことです。

まずはキックする、跳ねるための回転を理解して、ゆっくりでもその方向にボールが変化するのかどうかを確認しましょう!

今回もその考えに沿って動画を用意してありますのでご覧ください。


先ほども書いたように、ボールに掛ける回転を頭に叩き込みましょう!
この方向です!
BE77A4A2-0557-4516-BFC7-6A821E234E94.png

ボールに対してラケットを使っていかにこの回転を掛けるか、が全てです。
この回転を掛ける上で、どのように打てば良いのか、どのように腕を、ラケットを使うべきなのか

これに尽きます!


ということで、タイトルにもしてあるようにポイントを4つに絞って書いていきます。



@スイングを左から右へ


大事な感覚を最初に書いておこうと思います。
ラケットのスイング方向と、ボールが飛んでいく打球方向は「別」です。

まず、この感じを頭に入れておきましょう。

どういうことかというと、サーブでいえばラケットのスイングは画像でいうと左から
AEF24B84-5BE5-4149-ACD5-E45A5DDBCE2F.png

2730D494-3F5B-41E8-A729-2FA6BCD6C605.png


右に振る
6F3367A2-944E-413D-80FC-DE8521013106.png

654A0119-A796-4B28-863B-836DC9517BC4.png

でも、ボールの打球方向は向こう側(画像でいうと奥側)になります。

まず、このスイング方向と打球方向のズレを習得しましょう。

もちろん、グリップの持ち方はコンチネンタルグリップ、もしくはさらに薄く持つのもありです。

この「左から右」というスイングがボールに対して上記の回転を掛ける要素の一つです。

A打点は頭より後ろ目で


これは良く言われることですが、インパクトでは頭より後ろ(画像でいうと左)でボールをとらえましょう。
AB9FF0F6-4462-4293-AF20-9B9C94B6A8E9.png

さらに手首の角度にも注目してください。
腕とラケットが真っすぐでなく、角度が付きます。(120〜130度くらい?)

これもボールに上記の回転を掛けるために必要な要素です。

インパクトで頭より前(画像で例えるなら右)になってしまうと、ボールに対して打ち下ろしながらインパクトとなりスライスしてしまいます。

また、ここにボールを上げるためにトスを上げる左手はベースラインと平行に動かしてみましょう。



今回のテーマは長くなってしまったのでここまでにしておきます。

また、明日【後編】として更新します!!

いいね!と思えたらポチッとお願いしますm(__)m

テニスランキング

管理人のYoutubeチャンネルはこちらです!【YouTubeテニススクール】

2020年04月26日

良い当たりのサーブを打つための3つの動作

今回はサーブです。

しかも、このように打ちましょう、とかではなく、まずは

サーブで良い当たりを出せるように

必要な体の使い方について解説していきます。

動画でも配信しているのでこちらをご覧ください


動画の中でサーブで良い当たりを出す3つの動作を説明していますが、改めてここで解説します。


@キラキラ動作(手のひらの返し)


肘を肩の高さに固定して手のひらを自分の顔の方に向けます
16D09559-5D87-41E8-82DE-B5074987F013.png

肘の高さをキープしたまま手のひらを前に向けます
15BBFD15-5A27-42D3-A215-F043E23ACA90.png

この動作で肘から先の捻り戻しを使えるようになります。

逆に言えばこの動作を使えないと「チョップ」する感じになり、引っ叩くような腕の使い方ができなくなるのがわかると思われます。

Aパタパタ動作(手のひら叩き)


同じく肘を肩の高さに固定して
15BBFD15-5A27-42D3-A215-F043E23ACA90.png

そのまま手を前に倒す
DD77E0AF-319A-4F2A-961A-A46870DCA923.png

この動作で力が出せるのは想像できると思います。

Bグルングルン動作(腕全体を前へ)


肘を肩の高さにキープして上半身を90度ターンしてください
E91D29C0-003F-4D3E-BFE0-1BDA26F97DAA.png

そこから上半身だけ180度戻して前へ
6FEE9BEB-C648-4F1D-8E1F-331A64AD0C33.png

この動作は上記2つに比べて多少複雑ですが体幹を使う上で必要な動作になります。
ボールを投げることができる人はすんなりといけるのではと思いますが、体全体がねじれて、それが解放される感覚がつかめれば最高です。



以上の3つが良い当たりを出すための動作になります。

それをすべてミックスして打てば引っ叩く感じの当て方になります!

では、上記の動作をミックスしていきましょう!

@+A
16D09559-5D87-41E8-82DE-B5074987F013.png

DD77E0AF-319A-4F2A-961A-A46870DCA923.png


@+A+B
8DCA0FB6-6536-4167-A678-B9D7E569A5DE.png

7791A15C-3E17-4A52-A9F1-39449EAC91D8.png

これが上記3つをミックスさせた動作になります。

もちろん、まだサーブというショットは完成していませんが、これでボールを打てば良い当たりでボールを飛ばせます。

まずは、完璧な形のサーブを考えず、良い当たりを出す「感覚」を身につけてみましょう。

あまり形を頭で考えて優先しすぎると感覚的なものを置き忘れてしまってうまくいかないこともありますので気を付けておきましょう!!

いいね!と思えたらポチッとお願いしますm(__)m

テニスランキング

管理人のYoutubeチャンネルはこちらです!【YouTubeテニススクール】


プロフィール
天野 幸之介さんの画像
天野 幸之介
1977年生まれテニスコーチ歴は20年を越えましたw 毎日更新はできませんが、皆さんのテニスライフの楽しみに少しでもプラスになる事を書いていきます。 YouTubeを使いながら解説していきますのでよろしくお願いします。
プロフィール
コーチ情報
コートに行かなくてもできるトレーニング動画集
カテゴリーアーカイブ
ランキングサイトに参加中です。上の「投票する」を ひらめきクリックひらめきお願いしますm(__)m
最新記事
検索
ファン
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。