検索
写真ギャラリー
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ファン
プロフィール
kimamaさんの画像
kimama
昭和49年生まれ。(ブログ開始時45歳。二人の受験生を持つ母。) 毎日のキロク。シェアしたいことを残していきます。
プロフィール

2020年10月04日

自分用ウォッチリスト

隔週でお会いしている知人との情報共有会。今日は映画の話題になりました。
知人おすすめの映画を紹介してもらいました。








特にグリーンブックがおすすめとのことで、10月中に見たいと思います。
posted by kimama at 13:52| ウォッチリスト

パソコンWeb版のカットをやめてほしい!!

私にとって便利だったパソコン版がなくなっていきます…。
今までパソコンでもスマホ・タブレットでもできていたものが、スマホ・タブレット一本になって、悲しいです。若者のパソコン離れがもっと進んでしまうよ〜〜!!

私はドコモの携帯を使っていて、ドコモメールをよく使います。
LINEはほとんど使いません。
パソコンでもWeb版のドコモメールを使っていて、本当に便利に使っています。
その中でも便利だったのが、ドコモ電話帳の編集もできること。少しの登録や編集なら、スマホで良いけれど、たくさんのアドレスを編集したり追加したいときは、パソコン版がとっても便利でした。
つい先日、いつも通りパソコンWeb版のドコモメールを使おうとしたら…
今までなら、届いたメールの差出人が、ドコモ電話帳とリンクされ、電話帳に登録した名前で表示されていたのに…なぜかアドレスがそのまま出ている。
たまたま、何かの不具合かなぁなどと思っていました。
さらに、電話帳を開こうとしたら、電話帳のボタンがない!すると、ドコモ電話帳の機能が今年で終わりという通知が…
ショックです。なぜ、なぜ???

ずいぶん前には、私が気に入って使っている勉強系SNSのスタディプラスでも、パソコンWeb版でできることが大幅に削減されました。
人のキロクを見たり、自分のキロクもちょっと打つ分には良いけれど、たくさん書き込みたいときはパソコン版を使っていたので、ショック!!!
この流れ、止めてほしいです!!!


posted by kimama at 13:28| きままログ

2020年10月03日

「凪のお暇」を観た。

土日はAmazonPrimeで何かを観よう!ということで、映画を見てきましたが、今日はドラマを観ました。
観たいのはいろいろあるけれど、ドラマとなると、時間も長くなるので勇気がいります。
今回観たのは、黒木華さん主演の「凪のお暇」です。
この「凪のお暇」は、マンガ版の1巻だけ読んで、続きが気になっていたので、見ることにしました。


凪のお暇 Blu-ray BOX
土曜日の夜から見始めて、今日は1日、家に一人だったので、服の片付けなどをした後に一気見しました。
主演の黒木華さん。演技力が高く評価されている女優さんですが、正直私は、そんなにうまいなぁとは思いません。高橋一生さんも苦手。中村倫也さんもなんか苦手…
と思っていたので、マンガは面白いけれど、ドラマはどうしようかなぁと思ったときもあったのですが、1話を見て、完全に引き込まれました。
高橋一生さんが出演するドラマは、おそらく初めて見ましたが、とてもうまいんですね!
嫌な奴、何を考えているかわからない狂気じみた部分など、マンガの原作で最初に「我聞」に感じた嫌な感じがピッタリでした。やっぱりすごい俳優さんなんだな。と思いました。黒木さん演じる「凪」への思いが強く表現される部分では、胸が痛くなりました。
中村倫也さんも、作品を観たことがなかったのですが、「ゴン」役がピッタリだなと思いました。
ピッタリなのか、どんな役にでも合わせられるのか他のもみないとわからないのですが…。とても合っていました!!
ただ、髪型が…もうちょっと素敵にできなかったのかな?と思いました。そういう細かなところも、違和感が出てくると話に感情移入できなくなります。
そして、このゴンという人物が、今までドラマで見たことのないような不思議な人物で、面白いなぁと思いました。
そのほか、吉田羊さんが穏やかなシングルマザーの役で出ていて、美しくて素敵。
三田佳子さんが老婆役としてビックリしましたが、本当に素敵でした。
子役の白鳥玉季ちゃんがかわいくて、役にピッタリハマっていました!
それから、市川実日子さんもうまいなぁと思いました。先日観た、「今、会いにゆきます」にも出てましたが、真面目な役の似合う素敵な女優さんだなと思いました。
それから、東出さんとの不倫で話題になった唐田えりかさんも出ていました。とてもかわいかったです。
演技が下手と、ネットで叩かれていましたが、今回のドラマでは、下手かどうか判断できるほどの出番ではありませんでしたが、これから活躍していく方だったろうにと思うと残念でなりません。

このドラマは、最初、主人公がつらい立場でかわいそう〜〜〜!となるんですが、その後に出合う人々が素敵すぎて、気持ちが上がっていきました。

ドラマの一気見は、ちょっと大変ですが、また観たいな!と思いました。


posted by kimama at 17:52| ドラマ・映画・読書

2020年10月02日

ゆるダイエット2日目。

自分にとって良いタイミングで、健康診断。
普段、現実見れなくて体重計に乗れない私ですが、健康診断の時は、ちらっと記録を見て、そこでよーし頑張ろうと思うのです。

せっかく、10月。年度の後半戦ということと、3月に来る息子たちの卒業式で、長男が幼稚園の入園式の時に着たスーツ(その後、着れていない)を着たいので頑張ります!

今回のダイエットのポイントは、
  • グルテンフリー
  • 筋トレ
  • 有酸素運動

です。
グルテンフリーは、体調のためにも大事だと思います。
完全には難しいけれど、頑張っていきます。
まずは、毎日、職場でおやつがあるのですが、それを食べずに持って帰り、子供たちにあげる。
おやつはチョコかナッツかヨーグルト。(食べ過ぎちゃうんだけれど)
運動も毎日やっていきます。

ゆるダイエット2日目。

続報:セザンヌのリキッドファンデーション


先日、購入しましたと書いたセザンヌ ラスティングカバーファンデーション 20 自然なオークル系 27g。この一週間、使ってました。既に持っているセザンヌ 皮脂テカリ防止下地 保湿タイプ 30mlが合うという情報をまたYoutubeで頂き、この組み合わせで使ってみました。


結果。
良い。とっても良い!
まずは保湿をしっかりして(前述のシートマスクでパックしたり、アクアレーベルの化粧水を付けたりして。)下地から。なんとなく、涼しくなると日焼け止めの手を抜いてしまいますが、このファンデーションはSPF50。なんだか安心です。
毎年思うのだけれど、なかなか実行できない、オールシーズン、サンカット!

下地を塗って、その上からファンデーション。気持ちたっぷり目にとって、指でポンポン置いていきます。
スキンケアも化粧も、なるべくこすらないように気を付けるようになりました。
ポンポン置いた後は、スポンジでポンポン伸ばします。


半年以上使っているお気に入りスポンジは、ロージーローザ スムースフィットスポンジ です。
なめらかで弾力があって、洗ってもヘタレません。
ロージーローザのスポンジはいくつか試してみましたが、これが一番好きです。
こちらでポンポンなじませます。45歳のお肌では、さらにコンシーラーもつけないと、シミそばかすは隠せないのですが、そんなに強いシミもないし、マスクするし、別に化粧しなくても平気な職場なので、ちょっと肌色が明るくなればOKな感じで、そこにまたまたセザンヌのUVシルクカバーパウダーを乗せて、もうOKです。

朝7時半に化粧して、帰ってきて18時半。鏡を見ると…
うん。化粧直しゼロ。あぶら抑えも全くしない状態。
まだ、なかなか行けるんじゃない???とう感じ。美意識低いだけかも知れませんが。
しばらく、この組み合わせで化粧していきたいと思います!

posted by kimama at 20:13| 美容

ミルふわシリーズ。まずはミルキーローションとクリームから。

ただいま45歳。
アラフォーっていうには、なんだかもう過ぎててずうずうしい気がするけれど、アラフィフって47歳なんですって。

さて。
今日はYoutubeでおすすめされていた「ミルふわ」の乳液とクリームを買ってきました。


正直、Youtubeでおすすめされてなかったら、おそらく買うことはなかったでしょう。
中身も大事だけれど、パッケージも大事に思っているので、ドラッグストアでみかけても、このパッケージを手に取ることはなかっただろうなぁ。
うちは息子がアトピーで、小さいころは、アトピー用のクリームやローションなどいろいろ試しました。
しばらくこちらを使ってもらいたいと思います。


こちらはベビークリーム。
これもミルふわです。カワイイデザイン!
レビューを読むと、ちょっと匂いが嫌だという声がありました。
たしかに、クリームを手に取ると、あまり感じないけれど、伸ばすと独特の香りがあります。
成分に「コメヌカロウ」と書いてあってその匂い?ロウの匂いがする気がします。でも、乾ききったこの肌のためなら、多少の匂いはOKです。
さっそく使ってみると、べたつきもなく、しっとりします!
赤ちゃん用ということで、赤ちゃん用品コーナーにありましたが、セラミドやスクワランなど、欲しい成分入ってるので、使い続けるのが楽しみです。
posted by kimama at 20:02| 美容

ルルルン フェイスマスクOver45を2日間使ってみました。



やっぱり、シートマスクは良いな!と実感。
新発売の45歳以上向けのシートマスク、フェイスマスク ルルルン Over45 アイリスブルー 32枚入りを使ってみました!
もったいないから、2〜3日に1回にしようと思っていたのですが、初日、とっても良かったので次の日も使いました。
シートマスクによっては、付けてすぐに肌がピリピリしてしまうものもあるのですが、こちらは私の肌には全然大丈夫でした。
忙しい朝、家族にはちょっとびっくりされちゃうけれど、ほぼ家事を済ませて、顔を洗ってシートマスクを貼って、パタパタ準備している間に、肌の準備が完了です。
しっかり保湿されると、45歳の肌でも、ちゃんと化粧がのります。
毎日はできないけれど、ちょっと今日はつらいな。とか、仕事に行きたくないな。とか、そんな気分も上げてくれるシートマスクは、大事なアイテムです。
posted by kimama at 19:56| 美容

2020年10月01日

10月スタート。

10月に入りました!
猛暑を超え、あっという間に秋。子供たちは今日から衣替えです。
4月から半年。いろいろなことを仕切りなおす時でもあります。
そして、今の職場に転職して、今日で丸2年です。

我が子たちは、残り半年で、それぞれの学校を卒業です。いろいろありましたが…ここまで来れて良かったなと思いつつ、これから、受験という戦いが待っています。
そして、もしかしたら長男は独り立ちするかも。
とても不安ですが、子離れの時期が気ました。

これから私は、子供たちのことも気にかけつつも、自分自身とまた、向き合っていかねばならないのかなと思っています。
体づくり。
スキルアップ。
この二つがやはり、これからのキーワードになってくると思います。これまでもそうでしたが、今いち頑張り切れていませんでした。

まず、体力づくり。毎日、何かしら運動する。
仕事でたくさん歩けたときは、筋トレとフォームローラーをやる。
歩けなかったときは、踏み台昇降・スクワットなどをやって、筋トレとフォームローラーをやる。

英語は、今月中にAll i n one Basicを1周する。そして2周目以降はガンガン音読リスニングしていくぞ〜と思っています。

1月ころからは、次のAll in oneに入っていきたい。
頑張ります。


posted by kimama at 20:14| 英語学習

2020年09月28日

「勝手にふるえてろ」を観た。

松岡茉優さんが好きです。
彼女を知ったのは、古坂大魔王さんのラジオでモーニング娘について熱く語っていたのを聞いたのがきっかけ。あまちゃんは見てなかったし、それまでは全然しらなかったので、先にモーニング娘の方から入ったわけですが。
そのあと、コウノドリで見て、今は「おカネの切れ目が恋のはじまり」を見ていて、いつかは映画も見てみたいなぁと思っていました。
「勝手にふるえてろ」は、予告編を何度も見ていて、見たいと思っていたのが、AmazonPrimeに登場!

なんだか、もやもやする毎日、週に1度は映画を観よう!と思っていて、先週はあやうく観ずに終わってしまうところでしたが、ギリギリでこちらを見ました。

やっぱり、松岡茉優さんはすごいなぁ。
掛け合いもすごいけれど、一人の演技もすごい。
彼女のために書かれた脚本なのかしら…。
はまり役でした。
正直、衝撃的なエピソードも何もない映画ですが、彼女の演技だけで、十分見ごたえがあります。
posted by kimama at 17:53| ドラマ・映画・読書

「いま、会いにゆきます」を観た。


いつか見たいと思っていた映画、こんなことがあってから見ることになるなんて。

竹内さんが亡くなったという一報を聞いても、なんだか信じられなくて、その日は仕事が休みだったこともあって、なんだかふわふわしていました。
ちょうど1週間前にクローズドノートという映画を見て、なんて儚い女性をうまく演じているんだろう。素晴らしいなと思っていたところでした。クローズドノートでも亡くなってしまう役です。
そして、この映画のことを思い出しました。まだ見たことはなかったのですが、幼い子を残して亡くなってしまう母親の役ということはわかっていたので、この映画が思い浮かんだのです。

ちょっとファンタジーのようなはじまりからのこの映画でしたが、本当に美しくて素敵でした。
この母親役をやって、愛する人たちを残して逝くことがどんなにつらいことであるかは、普通の日常を生きている人達よりも、余計に感じる機会があったのではないかと思います。
それでも、命を絶つ選択をしてしまったのかと思うと、悲しくて仕方がありません。
posted by kimama at 17:53| ドラマ・映画・読書