広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年05月12日

新しい元顕正会のHP開設

今回、元顕正会有志による新しいHPが開設されました。

https://savekenshokai.org/



元顕正会員による体験談等が実名で、写真と共に掲載されていますので、現役の方は是非目を通してみてほしいと思います。


ちなみに、この「漫画で見る顕正会」というのは実際の元顕正会員の体験談を素に描かれています。


最近入った現役の方などは「そこまでひどくないよ!」という方もいるかもしれません。


でも昔の顕正会は本当にそういう時代があったんですよ。


妙にリアルだな、と私は見てて思ったのですが、実はこのモデルになった方は元神奈川男子部の方なんです。 私も当時の神奈川男子部をリアルに体験していたので非常に共感できます。それだけ当時の神奈川男子部は凄まじかったんですよ。


対象者は基本、「入信するまで粘る」のが当たり前でした。


思い出に残ってるのは、千葉の柏の自宅拠点に向かうのに、対象者を車に乗せたのですが、この時点で本当に渋々でした。 そして国道6号線を走っている時に突然対象者が車から降りようとしたので私はドアロックを連打して対象者を怒鳴り散らし、わざと右側の車線へ車線変更をして降ろさないように必死でした。


また、ときわ台のマクドナルドで突然対象者が逃げ出したので、そこで「オイコラちょっと待てよ!」と追いかけたり、また別の対象者には駅まで逃げた対象者に対して自動改札機に切符を通さないように手で塞いだり(当時はICカードなど無かったので)


またある副長は逃げる対象者のTシャツを掴んで破ってしまったり、また新横浜のマクドナルドで「今日はこれで・・」と1000円札を出してきた対象者にブチ切れて座ってた椅子ごと吹っ飛ばしたり・・


また会館の狭い食事をするスペースに対象者を呼び出して、総支隊長が応援に入るのですが、相手が断ろうとすると「え?なんでなんでなんでなんで?」と追い詰め、「世間の人間なんてよ、誰も救ってくれねえんだよ!」と追い込むわけです、ここまで来たらもう「やらざるを得ない」わけです。


ま、結局誰も救ってくれねえのは顕正会なんですけどね。すぐ見捨てるし。


と、色々書きましたがこれでも極一部なんですよ(笑)


それが当時の姿だったんです。だからあながちこの漫画が嘘を書いているとは言えないというわけですね。


ちなみにこのような激しい気性だった私ですが、今日蓮正宗に来て驚くほど穏やかになっています。


多分今の私を知っている方は到底怒鳴ったり、拉致ったりするような人物には見えないと思います。


このように、顕正会にいると本当に命が荒れてきてしまう傾向があるのです。


もちろん当時の空気に飲まれているだけで、顕正会員がみんなそうだとは言いません。本当に幹部でも紳士的で落ち着いた方もいる事は知っています。


ただ現在の教学部の振る舞いは本当に酷いものがあります、まるでかつての自分を見ているようでした。



六根が不浄になるとそのような振る舞いになってしまうのですね。


さて、今回顕正新聞で関御尊師の反論に対する再反論が掲載されました。色々ツッコミどころはありますが、結局顕正会側は根本である部分を隠し、「浅井先生はこう仰ってる」と述べています。


法論に於いて破門された在家の言う事など論点になりません、だから浅井教と言われてしまうのです。


ここに両方の記事を掲載しますので、是非見比べてどちらが正しいのかを精査してほしいと思います。

関御尊師.jpg菅原.jpg

2020年05月04日

正しい信仰とは「根本」が大事

現在、幻の総支隊長さんのブログのコメント欄が盛り上がっています。

http://blog.livedoor.jp/maboroshi7729/archives/40497366.html#comments

顕正会員・法華講員、更には末端の顕正会員も含めてなかなか楽しい事になっています。



「天母山戒壇説」についてがメインですが、こんなものはとっくに破折され尽くした事です、ちょっと検索かければいっぱい出てきますからね。



しかし幻さんも仰ってますが、天母山云々がどうであれ、顕正会はそもそもの根本が間違っているのです。



顕正会は結局、根本的な問題を突きつけられるのが痛いので、教学部連中は特に枝葉の事や戒壇義で喚くしかありません。


本尊を勝手に作り、塔婆を否定し、在家で葬儀をやり、勤行を勝手に変える。


これらについて顕正会から「ほう」という反論がありましたでしょうか?一つも無いではないですか。



当然なんですよ。血脈が繋がっていないんですから。



化儀抄二十七条(要集一巻六四)

・第九世 日有上人 信と云い血脈と云い法水と云う事は同じ事なり、信が動ぜざれば其の筋目違うべからざるなり、違わずんば血脈法水は違うべからず(中略)出世には師匠の心中を違へざるが血脈法水の直しきなり、高祖已来の信心を違えざる時は我等が色心・妙法蓮華経の色心なり。


第59世 日亨上人『有師化儀抄註解』

信心と血脈と法水とは要するに同じ事になるなり、
信心は信行者にあり・此信心に依りて御本仏より法水を受く、
其法水の本仏より信者に通う有様は・人体に血液の循環する如きものなるに依りて・信心に依りて法水を伝通する所を血脈相承と云うが故に・信心は永劫にも動揺すべきものにはあらず・攪乱すべきものにあらず、
若し信が動けば其法水は絶えて来ることなし、爰に強いて絶えずと云はば其は濁りたる乱れたる血脈法水なれば・猶仏法断絶なり、
信心の動かざる所には・幾世を経ても正しき血脈系統を有し仏法の血液活溌に運行す、
其は世間にて云えば子は親の心に違はす祖先の定めたる家憲を乱さぬが・其家の血統正しきが如く・仏法には師匠の意中に違はぬが血脈の正しき法水の清らかなるものなり、
仏法の大師匠たる高祖日蓮大聖開山日興上人已来の信心を少しも踏み違えぬ時、末徒たる我等の俗悪不浄の心も・真善清浄の妙法蓮華経の色心となるなり此色心の転換も只偏に淳信篤行の要訣にあり、
若し此の要訣を遵奉せずして・不善不浄の邪信迷信となりて仏意に違う時は・法水の通路徒らに壅塞せられて・我等元の儘の粗凡夫の色心なれば・即身成仏の血脈を承くべき資格消滅せり。(富要一―一七六n)



これは極一部ですが、これだけでも血脈に違う事が間違っているのか、よく分かります。


日如上人猊下も平成23年の夏期講習会に於いて
「まさに今日の、下種三宝を破壊した池田創価学会、あるいは血脈を否定した自称正信会、または顕正会、これらの者たちは、まさしく『信なくして此の経を行』ずる者になるわけですから、この御文の御指南のように、いくら拝んでも功徳はないのです。根本のところが間違っているわけですから、そのような者は『手なくして宝山に入り、足なくして千里の道を企つるがごとし』であると、大聖人様は厳しくおっしゃているのです」と仰せになっています。




顕正会は今、日如上人猊下の事を「優柔不断」「前科ある」などと「伏して拝す」からだんだんと誹謗にシフトしていっていますが、猊下は既に9年前の時点で「根本から間違っている」と斬られているのです。



結局、門外漢の顕正会がいくら頑張っても、根本が間違っている故に功徳が無いのです。功徳だと思いこんでるのは「魔の通力」であり、魔の通力に誑かされ、本質を見失い、「功徳とは六根清浄の果報なり」との大聖人様の仰せの如く六根清浄からかけ離れていっていないでしょうか?



どうか今一度顕正会員の方には視野を広め、もっと調べてほしいと思っています。今はちょっとググるだけでいくらでも情報が入ってくる時代なのですから。



こういうブログを見ているという事は既にそういう見識を持っての事だとは思いますが・・

ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
キッコーマンさんの画像
キッコーマン
元 顕正会男子部
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。