広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年12月20日

新しい法華講員ブログと匿名の顕正ブログ

今年10月に御授戒を受けられた罪障もっこり副長さんがブログを立ち上げました

http://mokkori1006.livedoor.blog/


もっこり副長さんは顕正会在籍時代に様々な矛盾、苦い思いや悔しい思いをしており、今後ブログ上で暴露されていくとの事ですのでこれからの記事に期待です。



ところでもっこり副長さんが顕正会に入信した経緯を紹介されていますが私が入信した当時の事は記事にしていなかったな、と思いちょっと書いてみようかと思います。



私が顕正会に入信したのは高校2年の夏休みの時でした。もう18年も前なんですね。 最近寒さに弱くなってきて自分が確実にオジサンになってきているのを実感とします。



高2の夏休みなんて遊びまくりな訳ですよ。当然宿題を残したままの私は同級生の友人から「夏休みの宿題を一緒にやらないか」と誘われ「二人でやった方が効率いい」と友人の地元であるT駅に行きました。



すると突然「地元で野球を教えて貰ってた先輩」が一緒に来たのでした



そして「凄い話があるんだ」と近くのジョナサンに入りました。それが顕正会の話でした。


その先輩であるSさんと同級生であるY君より仏法の話を聞いた私は近くにあるSさんの自宅拠点にて入信したのでした。ちなみのこの後本当に夏休みの宿題はやりましたね(笑)



ちなみにこの時のSさんは支隊長、Y君は組長でした。



私が顕正会に入信した動機は「友人であるY君がそこまで言うのなら」という所だったのです、なので街頭でいきなり話をされても入信はしなかったでしょうね。



ちなみにY君は中3の終わりにコンビニで万引きをして出てきた時にSさんに声をかけられたのがきっかけなんです、当然驚いて素直に話を聞く訳ですよ。ただ知っての通り顕正会では高校生にならないと顕正会に入信できないので高校に入ってすぐ入信したそうです。




その後、Y君は班長となり私も組長となり、高校内でまた組長も出てきて高校内は怨嫉と共に爆発的な戦いが巻き起こりました。




結果Y班は当時の全国の優秀班のトップを飾りたのでした。




しかし思う事はやはり高校生というのは純粋ですから、一度火が点くと一気に燃え上がるんですよね。
顕正会に若い世代が多いのはこういった背景もあるようにも思います。




しかし社会人になり、世間を知ってくると顕正会を客観的な視点でも見るようになり違和感を感じてくるものです。しかし一度根付いた信仰はなかなか消えるものではありません、32歳で日蓮正宗で御授戒を受けるまで16年間私は純粋に顕正会で信仰をしていました。




さて、顕正会では壮年の姿が少ないように感じるのではないでしょうか?むろんいる事はいますが大抵は入信して日の浅い壮年です。




妙信講時代から信心しているベテランの壮年が少ない、というよりいないようにも感じますね。



神奈川という地は古くから戦いが巻き起こっており歴史はあります、しかしその割には古い人が少ない。



法華講では逆に古くから信心している壮年が多くおり、信心の先輩として、また人生の先輩として学ぶ所が多々あります。やはり壮年というのは人生経験が豊富な分、顕正会での矛盾や浅井会長の発言の矛盾に気付いて離れていく方が多いのかな、と個人的に思います。 だからこそ結果的に壮年部の消滅に繋がっているようにも感じます。




「化儀抄はクソ」と言った理事もそのうちに入るのでしょうが、内部では人柄がよくても御僧侶や法華講員に対する振舞いを見ているととても尊敬に値する人物には見えないし非常識さを感じます。



何よりも喚き散らし「化儀抄はクソだ」と言ってしまうんですからねえ




さてその流れでA総務が寺院糾弾に行ったという登壇記事の捏造が完全に露わになってしまいました。



トチロ〜さんの記事ですがこれは録音した音声が存在する為、完全なる証拠となります。

https://kenshokai-hashaku.com/tabakari-asano/



法華講員の皆様はこういった例もある為、是非顕正会員と対峙する際は録音をお勧めします、しっかりと証拠を残しておけば後で嘘や捏造を行ってきた時に糾弾できます。



また嘘といえばA第二婦人部長の日達上人の姪云々の話も日達上人には姪なんていないという事実が存在するのです。詳細はSOPH…さんのブログにあります


http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/29407337.html?ref=popular_article&id=7310862-876783



また顕正会側も最近HP内で紹介している「顕正会員が書いているブログ」でこちら側の反論を載せてきたりと面白い展開になってきましたね。



SOPH…さんもこの事は記事にされていますが

http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/30038743.html



またこの顕正会員のブログもこんな事が書かれていますね
https://seito-kenshokai.net/



現在、インターネット上には、顕正会を誤解させるような悪質なサイトが乱立しています。これらは顕正会を怨嫉する学会や宗門のサイトがほとんどです。中には「元顕正会員」を名乗る悪質なブログもあります。

彼らは、事実無根のデマや悪口中傷を、それこそ「あなた、ちょっと大丈夫ですか??」と言いたくなるほどのハイテンションで大量に書き連ねています。



私が知る限り、学会員が顕正会を云々言うサイトやブログはまず見当たりませんね。
学会員の場合、法義上で顕正会の事を攻めても目くそ鼻くそなので結局ブーメランになってしまうからなんです。



そして元顕正会員を名乗る悪質な・・、 このブログも含まれるんでしょうか(笑)



でも元顕正会員は事実ですからねえ。



事実無根な悪口中傷やデマって・・、よく見たらどうでしょうか。こちら側は基本三証を元として書いています。嘘だというなら法華講員のブログにはみんな連絡先が書いてあるのですから糾弾してみればいかがでしょうかね?



ちなみ私はこのブログを立ち上げてから糾弾する電話やメールは一度も来た事はありませんね。




法華講員のブログに反して顕正会員のブログは名前(HNも無い)も連絡先も一切載せていない匿名のブログなんですよ。 まあ連絡先なんて載せれば法華講員から鬼のように連絡が来て木っ端微塵にされますでしょうから・・



だから公開法論をするべきだと言うんですよ。



以前公開法論していますが見るも無惨、支隊長は「それは分からない、分からない・・」
こういうのをやりましょうよ。顕正会側が勝利すれば顕正会員も一気に盛り上がるでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=qkrKANUnpro
(このシリーズはyoutubeで「摧破 顕正会」で検索するといいでしょう)


でもね、できないんですよ。SOPH…さんも書いていますが必ず「ニセ本尊」のワードが出てきてしまいますからね。



顕正会はニセ本尊について触れられたくないんです、学会を救う特集号もニセ本尊には一切触れていませんね。学会員を根底から救うにはニセ本尊の話は欠かせないんですよ。



でも触れないのは自分たちがニセ本尊である事がバレてしまうからなんです。



正々堂々の団体・・ 結局は逃げ回って終わるというのが現場に立つ我々法華講員の感想でしかありません。

2018年12月15日

顕ケンショー魔民部と接して

5aeb3b89.png


トチロ〜さんのゴキブリの絵をSOPH…さんに続いて私も使わせていただきます(笑)


去る某日、某顕正会館がある最寄り駅にてニセ本尊破折チラシをメンバーと配布させて頂きました。


もちろん道路使用許可を取得して、チラシも添付していますから法的には問題はありません。


当日、配布していると続々と顕正会男子部が現れてきました。 メンバー達が破折をしていく中に私と接したKという人物は「名誉毀損だ」とお決まりのセリフを吐いてきたのでした。

私達はキチンと許可を取って配布している、あなた方も御開扉中止特集号なるものを配っている、あなた方に活動を云々言われる筋合いは無い事を言っていくと、お決まりの「道路使用許可を撮らせろ」。そして許可に納得がいかないKは「一緒に警察へ行く、許可を取った警察に確認をしたい」等と言い一緒に交番に行く事になりました。


しかし警察側もこちら側は許可を取ってるので何も言えない、チラシの内容については法義上の事なので警察では判断できない。当たり前ですね


私は警察官と話しました、「こんな事で警察沙汰になってもお巡りさんも迷惑ですよね。法義上の事なんだからお互いで話し合えばいいだけなんですけど応じないんですよ・・」と。


そしてとりあえずKとお互い話し合う事で決着がついて、活動を中止しました。


そして3対3でやろうという事になりましたが、法論という事であれば樋田さんを混ぜてガッツリやった方がいいという意見もあり日にちを決めて法論しようという事で約束しました。


しかし最初に法論を決めた日にちは樋田さんが都合が悪い事から相手方のLINEに日にちを変更する旨を伝え、相手も了解しました。

私もどうしても土日は仕事の事が多いので限られた日になってしまいました。


しかし相手方に私が決めた日を伝えた所、「調整中です」という事でなかなか返信が来ません。


そしてこちらから再度促すと、「何故、◯◯会館の近所に来たのか」という話にずれていきました。

私は◯◯会館だけでなく他も行っている旨を伝えると「話をずらさないでくれ」とよく分からない返信が来ました。

そして次は私達の活動の責任の話になってきたのです。妙相寺は活動を許可しているのか、もちろん御住職様は大いにやる事を推進しています。

そしてチラシの内容について責任は住職にあるのか等問い詰めてきたのです。


ここらへんから「あ〜、めんどくさい奴だな」とお思いの方もいると思います、そうなんです、簡単に書いてますけどかなりネチネチと言ってきてかなりめんどくさいやり取りをしています。


そしてチラシに「妙相寺」と書いとけ、全寺院の住職の署名を入れろ、と言ってきました。破折チラシは樋田さんが作成しきちんと連絡先を記載しています。妙相寺で作成したものでなく樋田さんが作成したものですから当たり前の話ですね。


そして今度は宗務院が責任を取れるのか、等と抜かしてきます。

そして「宗門の責任ある立場でないと法論できない、意味がない」等と言い、「住職を出せ」としつこく喚いてきました。しかしこんな謗法の人間には私達在家で十分であり、私達在家で手に負えない場合は御住職様に・・というのは大いに有り得ます。

しかし御住職様を出す程大した事は無いのは分かっていますから、在家の樋田さんで十分、樋田さんが反論不可能になった場合は今後チラシは配らないという条件を出したにもかかわらず樋田さんは宗門の責任ある立場ではないからダメだ、と。

そして次は私が日程を変更した事にいちゃもんをつけてきたのです。変更する旨をK側が譲歩したにもかかわらず法論の約束を守れない等と言うのはおかしいと


しかし私は当日、もしかしたら変更になるかもという旨は伝えており、それを相手方は承諾しています。確かに予定が変わってしまったのはこちら側の責任であり、それは謝る。しかし年明けでもいいので日程の調整をしてほしい旨をこちらは礼節を保ち、低姿勢でお願いしました。

この辺りはこちら側の都合なのでそれは素直に申し訳無いと言っています。

しかしそれを突いて喚くK。結局応じないのでまた活動する旨を伝えて終わったと思いきや、


本来の約束の日であった今日、「今日夜21時以降なら総務が来るから応じる」と突然LINEが来たのでした。


そんな急に言われてもこちらも全国のメンバーから急に、しかもそんな夜遅い時間に等調整できない。しかも樋田さんは大阪にいて都合もつかない。


「忙しい中時間割いてやってるんだ」と、こちらも忙しいのは同じでハイパー上から目線で接するK。


「お前らの要求をのんでやってんだ」「常識がないのはお前らだ」と汚い言葉で送ってくるK。


そしてLINEで電話をし話すも「今日やれ」「樋田が大阪にいるなら新幹線ですぐ来れるだろ」「お前らの都合など知らない、今日こい」と一方的でおよそ社会人とは思えない、汚い言葉で礼節も何もないKの態度には呆れるものでした。


更には私の高校の偏差値をバカにし(私の母校は専門系の高校なんで偏差値はそんなに高くありません)、更に私の職業を侮辱する発言をしてきました。


もはや社会人とは到底思えない、まさに貪瞋痴が溢れ出しているK

そして法義上に持っていこうとすると突然電話を切ってしまう。


これがケンショー魔民部の実態です。


ていうか、一切法義上の話ができないこの男、なんなんでしょうか?

そしてネチネチと気持ち悪く、対応していて本当に疲れます。


簡単に書きましたが、実際のLINEの内容たるや相当ネチっこいんです。


顕正会員が自分勝手で社会人としておかしいよね、と思うのは現役や元現役の方なら経験があるでしょう。それを今回まさに痛切に実感しました。


顕正会にいると慢心して、人を見下す傾向があるのは私も経験しています。まさに謗法の毒気というものでしょうね。


2018年12月07日

宗門批判

最近の顕正会は宗門批判がメインとなっていますね。

11月の総幹部会に於いても浅井会長は末寺糾弾について「大いにやりなさい」と発言したそうです。



しかし末寺に来て御僧侶とお話するのは大いにけっこうなのですが、キチンとアポは取りましょう。
「化儀抄はクソ」の理事もアポ無しで、しかも閉門後に来たそうですね。 それで御尊師様を「普段着だった!」とか「お寺が真っ暗だった!」とか登壇しているんですから開いた口がふさがらないものです。



末寺訪問をネタにして登壇しても嘘や捏造だらけ とういうのがこちら側の見解です。

H氏の登壇についても双方の意見が違います。

https://ameblo.jp/manami-nyago-nyabi/

manamiさんのブログからすると、どちらが正解なのかは一目瞭然のようにも見えますが



顕正会員からしてみれば「嘘をついてるのはそっちだろう」と思うでしょうね。


御僧侶は立場上、宗務院の許可も無しにSNS等で無闇にアレコレ書けない立場です、しかし我々在家である法華講員はその点自由です。



顕正会員が法華講員でなく御僧侶と話したがるのはそこではないのかと思います。



もしそんな事ないと言うのであれば顕正会員は録音データを公開してはいかがでしょうかね?できますか?できないでしょう。



我々法華講員は堂々と公開できますよ。嘘や捏造は無いというのであれば正々堂々と「公開」法論をするべきでしょう。



私達が大いに糾弾している事は「ニセ本尊」ですよ。これをまともに回答できる顕正会員はまずいません。



「化儀抄はクソ」理事もこの問題について問い詰められたにも関わらず「もし違ったらどうするんだ!」とちゃんとした回答を出せず僧宝である御尊師様を脅したそうですね。 これを何というか分かりますか?謗法っていうんですよ。



今顕正会は御僧侶を一生懸命誹謗していますが「謗法とは謗仏・謗僧なり、三宝一体なる故なり」との御金言と照らし合わせれば今の顕正会のやっている事は謗法行為を突き進んでいるわけです。



現役の方は疑問に思わないのでしょうか?顕正会のやっている事は人の悪口ばかりだと・・



私が現役時代にビデオ放映に出ていたら終了後、参加していた壮年が怒っていました
「なんだこれは!人の悪口ばかりじゃないか!」と


私はその時、現役ながら「そう思うのも無理ないよなあ」と思いました。



政治批判はともかく、御僧侶を誹謗する事はまさに前述の御金言と照らし合わせれば悪業を積む要因です、三宝一体ですから仏も法も謗っているわけですからね。悪業を積まないわけがないんですよ。



つまり顕正会の中にいる以上、大きな罪障を積んでいる事を顕正会員は分かってほしいと思います。



私が顕正会を脱会するに至った原因は法義上で日蓮正宗の方が筋が通っているからなのですが、それ以前にニセ本尊が気になっていたからなんですね。



現役会員の中にはこの根幹のハズの御本尊に対してあまり気にしてない方がいらっしゃるようですが顕正会の御本尊は道理からしておかしいのです。



私は現役の、しかもかなり早い段階で御本尊様については気になっていました。当時の隊長(今は総務)に顕正会の御本尊様はどなたが書写されたのか等色々質問した事がありました。日布上人と答えは返ってきたものの、隊長は「御本尊様についてはあまり触れない方がいい」と言ったのを今でも覚えています。



なので神奈川会館ができた時に日胤上人書写の特別な御本尊様が安置された時はとても衝撃で喜んで参詣に通ったものでした。



それくらい私は御本尊様は特別なもので興味を惹かれたのです。

なので日蓮正宗で御授戒を受けて、様々な御本尊様を拝する事ができるのが本当に楽しいのです。



当然ながら日蓮正宗の寺院はそれぞれきちんと授与書きに寺院の名前が認められており、同じ御法主上人が書写された御本尊であっても相貌が微妙に違うのです。



そんな私だったので御虫払法要には御授戒を受けてわずか半年ほどでしたがすぐに参加しました、ただ会場の都合で相貌は拝見できませんでしたが・・


実はこの御虫払法要には特別な思い入れがあります。


この法要で初めて丑寅の勤行に参加し、客殿に入ったのも初めてだったのですが、客殿に入った時にふとした感覚がありました。


実は現役時代に夢の中で客殿に似た建物の中で勤行をしていたのです。


現役時代ですから客殿なんて知る由も無いのですが・・不思議です。



そして丑寅勤行の最中に急に抑えていた何かが溢れ出し、意味もなく涙が止まらなくなったのでした。

私は本当に淡白というか、物事を淡々と捉える人間なんです、お涙頂戴なテレビ番組とかも嫌いな方なんです。


その私が急に理由もなく自分の感情が溢れ出たのは不思議だなと思います。



そしてそこからでした、私の厳しい罪障消滅が始まったのは。


厳しい罪障消滅をしていく中に私の六根は気付いたら清浄されていきました。 むろんまだ罪障消滅は終わっていませんが命の躍動感や怒りっぽい性格はどんどんと変わっていっているのは実感としている所です。


どうか現役の方は早く正法に縁してほしいと思います。



今の顕正会の姿はどうでしょうか?本当に正しいといえるのでしょうか?
教義的に顕正会は反論できない事ばかりなんです



どうか視野を広げてほしいと思います。

ファン
検索
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
キッコーマンさんの画像
キッコーマン
元 顕正会男子部
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。