広告

posted by fanblog

2019年02月22日

樋田さんと顕正会総務とのやり取り

Scan0122.jpgScan0121.jpg



先月、元148隊長が段取りを組み、顕正会A野総務(現総部長)とY田男子部長(現幹事)と樋田さんとの法論が実現する運びとなりました。


この内容・結果については動画でアップされましたので見て頂ければ分かると思います

https://www.youtube.com/watch?v=blPe4jJv6VE&feature=youtu.be


この法論の後日、部集会に於いてY田部長があまりにも歪曲した内容を登壇で発表した事が分かり、今回の法論内容をアップする事となりました。




法論とはとても言えない内容で、あまりにも人の話を聞かないしまるで小学生の喧嘩のように一方的に言いたい事だけをギャンギャンと喚くだけであり、とても一社会人として、大人としてどうなのかといった内容ですね。



2月15日号の顕正新聞にも「法華講員と対論した」とか「住職を黙らせた」といったような登壇内容が載せられていますが、所詮はこのように事実とは異なり、自分達の都合のいいように歪曲したものなのです。


今の顕正会男子部の末寺糾弾などというものの正体とは所詮この程度なのです。



「違う」というならば双方平等にする為に実際の音声データを顕正会公式サイトでアップすればいいのではないでしょうか?


もし顕正会が正しければこれを聞いて勇み立つ会員も続出するのではないでしょうか?



ところで、このように人の話を遮る人についてこんなサイトがあるのですが・・

https://matome.naver.jp/odai/2142577590342356201

「自信がない」「意見の交換を恐れている」「焦り」・・、まさしくそれだと思うのです。



少し前までは顕正会員はみんな法華講員と会うと逃げてしまいました。しかしあまりにも法華講に移る会員が跡を絶たず、更に元顕正会員は顕正会で鍛えられた折伏精神が強いので顕正会員に対してガンガンと折伏をする、結果その輪が広がり活動家が去っていく事を恐れているのでしょう。



そこで「宗門対策」なるものを顕正会側が現在進めているわけです。 


なんか急に始まったと思いませんか?こういった事は何かがきっかけで始まるものなんです、そのきっかけがまさに法華講による顕正会員に対する折伏なんです。



前の記事でも顕正会員が脱会し、法華講に行っている現実を顕正会は必死で隠していると書きましたが。動画を見てもらえれば分かると思いますが、部集会では元148隊長の名前は一切出てこないでしょう?これは元148隊長が法華講に行った事に対する隊員に対する動揺を隠す事以外有り得ないんです。



そんな顕正会ですが、所詮法華講に法義上で勝てる訳が無いんです。最近では創価学会や正信会の邪難をそのまま盗んでは活用しているんですから呆れるものです、そもそも浅井会長が指導していない内容を自分の独断で振りかざすのもどうなのか、という話なんですがね。



以前にも書きましたが法華講に来るとあまりにも資料が膨大すぎてどこから手をつけていいのか分からなくなってしまう程です。



そんな法華講員に法義上で勝てるわけが無いんです。そもそも根幹である本尊義に関してはSNS等を通してもまともな返答等一切ありませんね。



浅井会長が公に発言した「日布上人大幅御形木御本尊」や「御形木の導師曼荼羅」という法華講員が聞いたら噴飯してしまうようなものについてはどうにも反論できる訳がないんですよ。



だからこそ、そこに持っていかないようにギャンギャンと喚く事しかできないんです。



今回の法論も、「御遺命」の事限定という条件を顕正会側から出してきてるんですよ、ハッキリ言って御遺命については昭和47年の日達上人の訓愉で結論が出ているんですから。



正本堂は御遺命の戒壇では無いとハッキリ日達上人は仰せになっているし、正本堂は蔵として信徒のみにしか内拝が許されなかった時点で広宣流布の暁の戒壇で無い事は明らかであり、破壊もクソも無いんです。



確かに昭和45年までは正本堂が御遺命の戒壇になりえるという創価学会の空気が宗門を巻き込んだ、そこに妙信講が異議を唱えたというのは間違っていないでしょう。



だからこそ当時の文証として言い過ぎのあったそれがあるのはおかしくないという事です。





この記事へのコメント
○野総務といえば、学生が学校内で折伏をしたら、学校長や教師に怨執を受け
『折伏を止めないなら、学校を辞めてもらう‼』
などの圧力を受けた事に対して、学校長や教師に
直談判して頂いた。
という登壇発表を思い出しました。

学校長や教師に対してもやはり動画同様の振る舞いをしていたのでしょうか?
だとしたら、お相手はよほど恐い思いをなされたのではないでしょうか?

顕正会に免疫がある我ら元顕メンバーならともかく、
一般人には顕正会幹部の振る舞いは、恐怖以外のなにものでもないと思います。
顕正会は正しい団体というより、恐い団体だと認識すれば、その後の折伏妨害の妨げになると思いますが……
Posted by マックロけ at 2019年02月23日 12:46
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8579583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
キッコーマンさんの画像
キッコーマン
元 顕正会男子部
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。