広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年08月21日

最近の顕正会に思う事。

最近、有り難い事にアクセス数が増えています。

以前は1日のアクセス数が100を切る事も多かったのですがここの所300くらいまで増えています。

もちろん法華講員の閲覧も多いとは思いますが、中には現役の顕正会員で見てる方も少なからずいるとは思います。 


御書を冒頭に読む癖に浅井会長の賛嘆ばかりの日曜勤行・・いつも同じ話の浅井会長の指導・・幹部のレベルの低下・・駅前で行う意味の無い街頭配布・・ 


どこか今の顕正会に虚しさを感じる方も多いのでは無いかと思います。
特に10年20年とやっている方はそう思う事でしょう。



その中で昨年、46年間顕正会(妙信講)に連なった方が日蓮正宗に帰伏されました。



その方が体験発表をされました。 幻の総支隊長さんのブログに内容が載っています。

http://blog.livedoor.jp/maboroshi7729/archives/33361383.html


「昔と違う」そう感じるベテラン顕正会員の方は少なくありません。 私は16年ですがそれでも変わったと思います。



私は現役の時、「日蓮大聖人を信じ、浅井会長はそれを教えてくれる先生」という認識であり浅井会長を賛嘆する近年の顕正会に疑問を持っていました。


自分が崇めるのは浅井先生では無く大聖人様だ。そういった感覚は終始変わらなかったと思います。



ですから日曜勤行に浅井会長が出席し、御書の話を聞くのが楽しみでした。「大聖人様の話が聞ける、仏法の話が聞ける」。しかしいつからか浅井会長は月末は休むようになり気付いたら全く参加しなくなりました。


結果、代わりで出る理事は浅井会長の言葉を繰り返すだけで「先生が・・先生の・・」、つまらないと思いました。


今の私は幸せです、ゴールが見えない程の膨大な教学を学べるし、正しい筋道で信心ができる。毎日毎日が新しい事だらけであり楽しいのです。 だから信心活動が辛くないし腹の底から自発でやりたいと思えます。



先日も元創価学会の方の勧誡が叶い、本日無事に御本尊下付をし御入仏を執り行わせて頂きました。
もう偽物は嫌だ、本物で信心がしたい・・ その思いは共通で終了後も時間を忘れ、語り合っていました。



これを見ている顕正会員の方は些細な事でも相談して頂ければと思います。 



さて、前回の記事で「化儀抄はクソ」と言った総務とのやり取りを書きましたが、今回発刊された新聞に少しですがその様子が書かれていました。

28212.jpg


この総務の登壇を見て私の予想は的中しました。

・我々が元顕正会員である。
・チラシの内容には一切触れない
・自分達の都合がいいように書く


特にチラシに関しては「顕正会を誹謗する汚らしいチラシ」等と述べていますが、もう一度チラシを見て頂きたいと思います。


25034.jpg
25033.jpg


ただの悪口ではありません。文証を引いて間違いを責めている「破折」です、謗法の毒が強いが故に汚らしいと思えるのでしょうが一つ一つをじっくり見て頂きたいと思います。


御金言や歴代上人のお言葉を載せているのに「汚らしい」と書くあなたの命が汚いではないでしょうか?


だから「化儀抄はクソ」等とつい口走ってしまうんです。



また「その法華講員は私の姿を見るや、驚愕しておりましたが」等と言っていますが、この法華講員とはこの総務の下だった元顕正会員です。 それにこの「化儀抄はクソ」と言った総務がいる事は重々承知で来ており驚愕もクソもありません。



この事実を伏せるとまた意味が変わってきますよね?



そして「脱講する」と言った云々の経緯ですが、この「化儀抄はクソ」と言った総務が「もし阿部日顕が相承を受けてなかったらあなたはどうするんだ!」と煽った事から私は「脱講してもいいですよ。」と言ったわけです。つまりそう言わせようとしてたのはこの総務なんですね。



ただ事実、日顕上人が相承を受けているのは感情論では無く事実の上だし、日顕上人が相承を受けられた証拠は前回でも述べた通りです。



そもそも信心の目で見るなら大聖人様から続く血脈法水がそんな簡単に途切れるはずは無いし、このような大事な事を諸天が加護しないわけがないでしょう。 大聖人様も仏法も軽く見ているから軽はずみな事が言えるんですよ。



生きてまします大聖人様がいらっしゃるのに血脈が途切れる等と言う事は断じて無いしそれを何でもない一在家の人間が断ずる事自体がおかしいのです。


私はそれを信ずるが故に脱講を宣言したまでです。



私にはこういったSNSでしか言える場面がありません。しかしこれを見てどちらが正しいのか間違っているのかを現役の方は判断して頂きたいと思います。

2018年08月08日

街頭折伏と「化儀抄はクソ」総務とのやり取り

先月、某地域(というか私のホームグラウンドでした)の会館近辺におきまして顕正会ニセ本尊チラシ
http://fanblogs.jp/kikkomankensyoukai/archive/8/0


にあるチラシを顕正会員に向けて手渡しする活動をしました。


この活動に関しては私のいた地域でもあり、ここの会館の衛護隊もやっておりましたので正直緊張ややりにくさもありました。しかしここは顕正会が特に活発的に活動している地域でもあり、組織はまさに体育会系です。


今まで避けていたわけではないのですが、ここはやらなくてはいけない・・という気持ちは強くあり、私が企画した所、遠方からも含めて多くの妙相寺メンバーが集まってくれました。


しかし私の思いとしてはただ一つ、何とか地元顕正会員、現役時代一緒に戦ってきたメンバーに正法に気付いてほしい、いつまでもニセ本尊を拝み罪業を積んでほしくないという気持ちでした。



活動していく中に、当然男子部がワラワラと湧いてきます。
その男子部も・・現役時代に私とよく接した人物でありますがそれを無かったかの如く「帰れ帰れ」の連発でした。あの冷たく濁った目・・。更に「お前」と現役時代には言わなかった汚い言葉遣いにまさに顕正会の無慈悲さを感じたものでした。



思えば私の支隊長もそうでした、私が「日蓮正宗で御授戒を受けた」とメールした時も急に態度を変えて汚い言葉を返してきたのです。
https://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/14773813.html



そして当日現れたのはSOPH…さんや幻の総支隊長さんのブログのコメント欄にてよく出没する「天生原」さんでした。天生原さんは私の元上長でもあります。


天生原さんはコメント欄において私の事を知っており、それを踏まえた上で色黒の私に「醤油色の顔」とコメントしてきましたが、そんな人の身体の事を言う人だとは思いませんでした、とてもショックでした。

まあ色黒なのは別に気にしてないんですけどね

そして天生原さんに樋田さんとの法論を推した所「いいよ、1対1でやる。」との事だったので「じゃあ樋田さんにこれから電話するんで約束してください」と言った所「いいよ」との事だったので樋田さんに電話をして変わったのがこの動画にある所ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=pDD05kK8jTg

最後に電話を変わっているのは私です。

そしてここから現在進行系で樋田さんとのメール往還をしています。
http://toyoda.tv/kensyokanbu.htm



そして続いて現れたのは某総務でした。

この方は「化儀抄はクソ」と発言した方ですね
http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/13697090.html


この方は
http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/archives/26185342.html

この記事にある、6月に青森の某寺院に法論に言った事をひたすら繰り返し勝ち誇った口調で話していました。

・日達上人から日顕上人への御相承があったという客観的な事実を述べよ
・国立戒壇を捨てた理由を述べよ


と迫ったようですね、御住職様はまず相手の話をじっくり聞いて墓穴を掘るのを待っていたのですがそれをいい事に「黙ってしまった!」と騒いでいるのです。


まず御相承の客観的事実ですが・・

週刊文春 昭和55年11月13日号の記事に山崎正友弁護士の手記が掲載されています。

曰く、日達上人は阿部教学部長(当時)は当時学会に染まりきっていないと考えられた、事実昭和47年までは反学会的な僧侶とみられていたし・・ との記述があります。

実際、日顕上人御本人のご発言ではありますが昭和27年に創価学会が宗教法人を取得した際に「何か嫌な予感がした、こんな事でいいのだろうか」(富士の法燈 34ページ) また、本行寺の御住職様だった時に「創価学会にとって阿部信雄という人間は創価学会の色々な在り方に対して、一種の危険人物だと思われていたのではないかと思います」(同 40ページ)

と自らご発言されている事と整合性が取れるように見えますね。

続いて週刊文春の記事に戻りますが「私のあとは、これ(日顕上人)やらせようと思うから、後見を頼みますよ」と話されたり山崎正友氏が「万一のときには、阿部教学部長に法主の座をゆずろうと思う」「万一のときの後継者は一応指名した」「阿部教学部長はやっと次期法主への予約を得たばかり」と証言しています。

これは客観的では無いでしょうか?

http://toyoda.tv/nikkensyonin.gosojo1.htm

http://toyoda.tv/gosojo.htm

またこのような証言も客観的ではないのでしょうか?

また某総務は「学頭でも無いのに法主につくのがおかしい」とか「昭和53年4月15日は相承する時間など無かった!」と言っていましたがこんなものは学会教宣の受け売りでしかありません。

「宗門は証明できていないではないか!」などとのたまっていましたがきちんと「創価学会のいう事はこんなにも間違っている」という書籍において破折されています。

8179.jpg8180.jpg


8180.jpg8182.jpg




また次に某総務はチラシの昭和61年の富士における浅井会長の相承を認める発言について「あれは叱咤痴犬沙における本門正宗に対してである!切り文だ!」と言ってきましたがその2ヶ月後の御大会式にも浅井会長は同じ発言をしてるんですね。

これはセロリさんの記事における

https://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/15722295.html

ここに載っていますがセロリさんの写真が富士12月号、チラシの文証が11月号であり文章からしてみても違う場での発言である事は分かると思います。


このように、総務が言っている事は基本的に正信会や創価学会の受け売りでしか無いんです。

本当は仲いいんじゃないですか?敵の敵は味方と言いますけど。


また活動していく中での総務の振る舞いもひどい物でとにかく一方的にまくしたてるように話してこちら側が喋ろうとすると被せて言わせないようにするんです。


それを注意すると「あなた達の言う事は聞く必要は無い!」と言い出す始末です。


よほど我々の発言を他の顕正会員に聞かれるのが怖かったのか、テクニックですよね。


そしてかなり近くで話してくるものですから手がちょこっと触れてしまったのですが・・、その瞬間に「あ、今触ったな!触っただろう!」と大騒ぎ。情けなくないんでしょうか?


そもそも猛暑の中でこっちは暑苦しいから近寄ってなんか話したくないわけですよ。 それを向こうから近寄ってきてまるで暴力振るったかの如く言ってくるんですからね。 


後に「また暴力とか言ってくるから離れた方がいいっすよ」とメンバーに言ったら「暴力なんて言ってない、触ったって言っただけだ」と言う始末。まあ上手ですよ。やり口が。


更に他の男子部は走行中の車内からカメラを向けていたので「あれは盗撮では無いのか?」と問うと「違う!盗撮とは建物の中から無断で撮るのを盗撮って言うんだ!」と。


では多摩会館御入魔式のアレはなんですかね?
https://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/15302668.html



ていうか私が衛護隊やってる時に「車内から撮影してる奴がいるから不審な車に気をつけろ」と言われましたけど、あなた達がやってるじゃないですか。


また私は日顕上人が相承を受けていなかったら脱講すると宣言しました。そこまで私は賭けています、奉安堂での御高齢の身体を引きずりながら御出仕された日顕上人のお姿を思い出せば、言い切らざるを得ません。


しかしこの総務は「逆に○○さんは日顕上人が本当に相承されていたら顕正会を脱会できるんですか?」と問うと「それはできない、脱講なんてあなたが勝手に言っただけでしょ」 な 情けない・・


つまり・・、今回の活動において

・日顕上人の相承についてまくしたてる
・言葉を匠に使い陥れようとする
・盗撮をする
・大勢の男子部で囲む(10人以上に囲まれました)
・後ろから汚い言葉でヤジを飛ばす



このような振る舞い、まさに学会教宣と何も変わらないのではないか、と思いますが、どうでしょう?
ていうか邪義が教宣そのものだし・・浅井会長が言ってないような事も言ってますね?それを己義って言うんじゃないのですか?


しかしつい勢いに押されて反論し切れない部分もあったのは事実です、


人をよくなすものはかたうどよりも強敵が人をばよくなしけるなり。(御書 1063ページ)

と御金言の如く、私も今回の活動を通してより一層教学に研鑽する為のきっかけとなったのはある意味感謝しています。

今までの自分にあった「慢心」を目覚めさせてくれました。

今後しっかり教学を学び顕正会から目を覚ましていただきたいと思います。

追記・この記事に追従してセロリさんがブログを更新しました
セロリさんのブログと合わせてご覧ください。 どうでしょうか?某総務?
https://blogs.yahoo.co.jp/no_sleep502goal/15814611.html


関係無いですけどハトヤホテルって老舗ですがけっこう高いんですよね 設備も豪華なので一度泊まってみたいですねえ、電話は4126〜。ニン!

更に追記。8月3日の男子部班長会にてこの件を某総務が登壇したようですが、たった今(8月9日21時)知りました。 そして内容については全く分かりません。 今後詳細が明らかになった時にまた記事を書きたいと思います。

2018年08月03日

200万達成に思うこと

8月1日、200万達成記念総幹部会が行われたそうですね。


顕正会では「200万が出来たから凄い団体だ」となっていますが他宗教ではそれより遥かに多い信者を持つ所は数多くあります。

故に神社本庁に於いては6800万と日本の人口の約半分と言われています。
これは特に明治から太平洋戦争にかけて日本を見ればしごく納得のいく数ではありますね。

その時の名残で日本では神棚を祀っている所が多くあるのです。


現に私の実家にも神棚はあるし、職場にも神棚があります、戦前からある企業は神棚があるケースが多いのではないかと思います。ただ信仰感はメチャクチャですね。 神棚のすぐ脇にダルマが置いてあるのですから。


日本ではこのように神道と仏教が混在し、初詣には神社へ行き手を叩き、葬儀や法事等にはお寺へ行きお経を読んでもらう、かと思えばキリストの教会で結婚式をやったり日本人の宗教に対する感覚というのはメチャクチャです。神社本庁の数というのは本当に神道を真剣に信仰している数では無いのですね。むしろ神棚がありながら邪宗のお寺の信徒であるというよく分からない人も数多くいるという事です。


つまり・・顕正会でも実は同様の事が言えるのです。

現在、実質活動している会員はどのくらいいるでしょうか?


班長会の出席人数を見てみれば分かる事ではありますが・・、
つまり顕正会員のざっと8割くらいは「名前だけ」なんじゃないでしょうか?神社本庁と同じですね。


現に私が顕正会時代に勧誘した52名の入信者で現在顕正会員として活躍しているのは0人です。これ、現役さんなら思い当たる節はあるのではないでしょうか?

そして多くの人は「顕正会員」としての自覚など無く「そういえばなんかお経唱えたよ」という程度の認識です。そんなのが「顕正会員」といえるのですか?

更に言えば亡くなった方、日蓮正宗に移った方もカウントされています、普通に顕正会を破折し、糾弾している人も「顕正会員」なんですか?(笑)

むろん除名された私もこの200万にカウントされています。


このおかしなカラクリで「顕正会は200万いるんだ!」と騒ぎ立てるのは違うのではないかと思います。

ちなみに法華講ではそのような発言はしません。
もちろん法華講員であってもきちんと自行化他(勤行・唱題・折伏)を実践できていない人もいます。
みんながみんな活動家では無いのは事実でしょう。


では大聖人様御在世の時代はどうだったでしょうか?どれだけの方が退転したのでしょうか?

大聖人様は聖愚問答抄に「実に小を恥ぢて大を慕ひ、浅きを去(す)てゝ深きに就くは仏教の理のみに非ず、世間にも是(これ)法なり。我早く彼の宗にうつらんと思ふ。委細に彼の旨を語り給へ。彼の仏の悲願の中に五逆・十悪をも簡(えら)ばずと云へる五逆とは何等ぞや、十悪とは如何」(384ページ)と仰せになっています。

つまり数の大小にこだわっている時点で大聖人様の御金言に背いているという事ですね。








2018年07月18日

ツイッターから・・

ネット社会というのは凄いとつくづく実感しています。

昨日、私が仕事でバスを運行中、片側二車線の幹線道路の停留所から発進する際に強引に横に並んで妨害してきたミニバン(トヨタのエスクワイア)がいました。

まあこんなのはこの仕事をしていればしょっちゅうあるものなんですよ、そんなものなんです。


しかしこの運転していた男、私に向かってレーザーポインターを執拗に当ててきたのです。

私はレーザーが目に入り目が眩みましたが、特別運行困難な程では無かった為そのまま運行を続けました。

この男はその後も後ろに向かってポインターを照らし続けていました。


この件はすぐに営業所に報告し、ドラレコを回収し保存。上司もこれは悪質であるとして警察に連絡した所、警察もかなりとんでもない事案だという事で警察署へ上司と共に行き事情聴取。被害届を出しました。


時間は朝の8時台であり、車内はほぼ満員でした。

もしこれで事故が起こったらとんでもない事になります。



と、この一連の事案をツイッターに書き込んだ所わずか一日でなんと約1万のリツイートが。

そして多くの方に私の体(目)を心配して下さるコメントを頂きました、本当に有り難い事です。


このリツイートはされればされる程拡散されます。 そして普段は100前後のアクセスしか無いこのブログがなんと10倍以上の1200近くもアクセスがありました。


世間では今、危険運転が社会問題となっており、ホットな話題というのもあるかもしれませんがここまで世間の関心があるとは思いもしませんでした。


そこで簡単に何も知らないでこのブログを見た方へ・・


このブログ及びキッコーマンの名前のツイッターは私が過去に信仰していた「冨士大石寺 顕正会」という宗教団体が誤りであり、総本山大石寺の日蓮正宗こそが正しく日蓮大聖人の血脈を伝授されている所であるという事を伝える為に作ったものなんです。

仕事の事は普段まずツイートする事は無く、軽い気持ちでツイートしたのがまさかの拡散となりました。


そして何よりもこのような案件があったにも関わらず、終始冷静で落ち着いた行動が出来るようになったのも「六根清浄」されてきた証拠なのかなとも思います。


顕正会はニセ本尊を作成し、日蓮大聖人仰せの信仰から外れてしまっている事をここに書いておこうと思います。


もし顕正会の勧誘にあっても入らないようにして下さい。


最後に・・ 御心配を頂いた方、本当にありがとうございます。

2018年07月06日

宿業

最近「宿業」という事について考える事があります。


顕正会時代は「信心さえしていればあとはどうでもいい」みたいな所がどこかありました。
もちろん全ての顕正会員がそうとは限りません、きちんと仕事や学業をしている人もいます。


しかしどこか、世法面で疎かになっている人が多いといういうのも感じていました。


今の自分自身があるのは全て自分自身の「宿業」です。

大聖人様は『開目抄』に
「心地観経に云はく『過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ』」(御書571)

と仰せです。自分自身が日本という国に生まれた事も、家庭環境も、生まれた環境も全て自分の業によるものです。

前回の記事でうちの犬について書きましたがこれも業ですね。


そして顕正会という邪教に入り、16年もの間活動をしてきたのは願兼於業です
同じく『開目抄』に
「願兼於業(がんけんおごう)と申して、つくりたくなき罪なれども、父母等の地獄に堕ちて大苦をうくるを見て、かた(形)のごとく其の業を造りて、願って地獄に堕ちて苦しむに同じ。苦に代はれるを悦びとするがごとし。此も又かくのごとし。当時の責めはたう(堪)べくもなけれども、未来の悪道を脱すらんとをもえば悦ぶなり」(御書541)

と仰せになっています。

つまり自分は顕正会員を救っていく為に敢えて顕正会に身を置いた、という事ですね。

顕正会時代は「願兼於業」など聞いた事もありませんでした。
顕正会で信心すれば宿命転換が叶う・・、しかし叶わないんです。


長年信心していて振り返るとそう思います。根本が変わっているどころか根っこが腐っている事に気付きました。

本来私は温厚で穏やかな性格でした、しかし入信してからとても修羅の気持ちが強くなり瞋りの気持ちがどうにも抑えられない事が多々あり、それが仕事にも出てくる事がありました。

不思議と顕正会員でいると慢心の気持ちが強くなるようです。

自分は優れている、自分が正しいから正しいんだ、反省や訂正をしない・・。こんな顕正会員多くありませんか?

第67世日顕上人は正本堂問題の時を振り返り「言い過ぎやはみ出しがあり、大いに反省している」と公の場でお述べになられています。

御法主上人猊下ですら自ら反省をされるのです。


それと比べるのも恐れ多いですが、浅井会長は反省をした事がありますでしょうか?全て自分が正しいとばかりの発言しかしないです。


ミスをしない人間などいません。誰だって欠点もあるし、間違いを起こす事もあります。
しかしそれを素直に認め反省し訂正をする事が大事で社会人の常識です。

この社会人の常識が顕正会員に抜けている事が見受けられます。

縦社会の顕正会で幹部が自分の非を認めたくないのは分かりますが、間違いをそのままにしていれば下は不満や疑問が湧いてくるだけですね。


そして自分をよく見せたいというのは「臆病」な人にありがちなのです。

だからこそ法華講員に論破されるのを恐れて「接触するな」という幹部が多いのではないかと思います。


以前、会館の電話コーナーである会員の会話を盗み聞きしました。

「俺こないだ仕事クビになっちゃった、使えないからだって」

私はそれを聞いて情けなくなりました、使えないからクビっておかしいでしょう・・

『御みやづかいを法華経とをぼしめせ、「一切世間の治生産業は皆実相と相違背せず」とは此れなり』との大聖人様の御金言を知っていれば仕事をいい加減に、疎かに等できません。

況や戦いで遅くなり遅刻ばっかなんて言語道断です。遅刻せずとも寝不足で仕事をすればミスも免れません。

それでも戦いが優先だという幹部がいるなら是非この御金言を教えてあげてください

2018年06月19日

塔婆供養

先日、実家に帰った時にふと見たテレビに飼い主が夜逃げをして捨てられた犬がとりあげられていました。


捨て犬で放置されていたので当然面倒を見る人もいません。
身体のあちこちに病気の原因となる部分が発見されたのでした。


その痛々しい姿を映すテレビの前でうちの犬は優雅に寝ていました。
実はこの犬とうちの実家の犬は同じダックスなんですね。見た目は当然、毛の色まで一緒でした。


その姿を見た時に、まさに「過去世の宿業」というのを感じたものでした。


うちの犬は恵まれています。両親と姉に甘いんじゃないかと思えるほどに可愛がられ、当然私も可愛がっています。おかげで甘えん坊な性格になってしまいましたが・・


そういった家に飼われた事もそうですが、何よりも正法に帰依している私と縁をしているのが大きな福運だと思います。 


以前に飼っていたビーグル犬が死んでしまったのは私が御授戒を受けるちょうど2年前でした、顕正会員として回向はしたものの、血脈の無い顕正会で回向してもままごとのようなもので、今思えば何もしてあげられませんでした。


しかし今のダックスは違います。いずれ年老いて臨終を迎える時が来ても畜類塔婆を立て、本物の供養をする事ができるのです。


そして来世に於いては人界に生まれ、正法に帰依する事ができるとなればうちの犬は恵まれているなと本当に感じます。 つまり同じ犬種の犬でも過去の業によって大きく変わるんですね。



さてこれを見て、曲がった心の顕正会員であれば「宗門ではペットにまで塔婆を建てて金儲けしている」と言う者もいるかもしれません。


ペットを飼った事がある人ならば誰だって「ペットは家族の一員」と思いますよね。


そして畜生である犬や猫にも当然命があり、その生命の中には仏性が眠っているのです。


となれば塔婆を建てて供養をするのはしごく当然の話だし道理ですよね。


最も、浅井会長が「塔婆は仏法の本義からいっていらない」等と言ってますから塔婆を否定するのも無理がないのですが・・


大聖人様は『中興入道御返事』に、
「娘御前の十三年に丈六の卒塔婆を建てて其の面に南無妙法蓮華経の七字を顕してをはしませば、北風吹けば南海のいろくづ其の風にあたりて大海の苦を離れ、東風きたれば西山の鳥鹿、其の風を身に触れて畜生道を逃かれて都率の内院に生れん」と仰せです。

これを意訳すると
「先に亡くなったお嬢さんの十三回忌にあたり、面に題目が顕わされた塔婆を建立すれば、たまたま北風がその塔婆に触れ、その風が南海まで流れつき、その海に住む魚がその風に触れると、その魚は思いの外に成仏できるのです。また東から吹いてくる風が塔婆に触れて、西の山まで到達すると、その山に住む動物たちは皆、塔婆の功徳によって畜生道の苦しみから逃れ、天上世界に生まれ変わることができるのです。…南無妙法蓮華経の御本尊の元に建てる塔婆の利益はそれほど優れているのですから、まして、その塔婆を建立してもらった亡きお嬢さんは成仏の大功徳に包まれていることでしょう」


また草木成仏口決には
「問うて云はく、草木成仏とは有情非情の中何(いず)れぞや。答へて云はく、草木成仏とは非情の成仏なり。問うて云はく、情・非情共に今経に於て成仏するや。答へて云はく、爾(しか)なり。問うて云はく、証文如何。答へて云はく、妙法蓮華経是(これ)なり。妙法とは有情の成仏なり、蓮華とは非情の成仏なり。有情は生の成仏、非情は死の成仏、生死の成仏と云ふが有情・非情の成仏の事なり。其の故は、我等衆生死する時塔婆を立て開眼供養するは、死の成仏にして草木成仏なり。」と仰せです。


この御文を見ても塔婆を否定するならば、それは大聖人様ではなく浅井センセーを信仰しているというに過ぎません。










2018年05月25日

顕正会幹部の振る舞い

先日、SOPH...さんのブログを見て顕正会に疑問を持った顕正会員からSOPH...さんに連絡があり、比較的家が近い私がその方と会う事になりました。


この方は顕正会に疑問を感じており、とある古参幹部より浅井会長が御観念文改正を指導した時のビデオを見せてもらった時に「なぜ浅井先生が勝手に変えてしまうんだろうか、勝手に変えていいものなのか」と思ったそうです。

この方は1歩下がった目線で顕正会を見ており、質問をガンガン幹部にぶつけるものですから厄介者のようにされていたようです。顕正会はイエスマンでないと避けられますからね。


仕事柄、邪宗寺院や神社等に入る事もあるそうですが日有上人に化儀抄の話をすると「やっぱそうですよね〜、信仰目的で入るわけではないのに」と納得されていました。

そして、無事に御授戒が叶い「是非大石寺に行きたい」という事で近いうちに添書登山をしたいと思います。


またこの方は以前、真光に興味本位で入ったのですが不思議な体験をしました。レモンを2つ用意し、手かざしをしたレモンとしていないレモンを同じ環境で置いといた所、手かざしをしていないレモンは汚い緑やら青やらのカビが生えていたそうですが手かざしをした方は白く綿のようなカビだったそうです。


こういった面から見ても、どのような邪教でも魔の通力とはあるものだな、と実感しました。

樋田さん曰く、「そりゃあ魔の通力が無いと宗教なんて大きくならないよ」と言っていましたが本当にそうで不思議な現証があるからこそ信仰というのはするものなんですね、なので所詮現証というのは宗教の正邪とは関係ないのです。顕正会だけが不思議な功徳に溢れているとは限らないという事ですね。


さて、先月に某地方の会館付近に於いて某幹部と接する機会がありました。

この幹部は以前に日曜勤行で導師を勤めていた事もあり、顕正会員なら誰もが知っているビッグネームです。

そしてこの幹部のあまりにも下品で品の無い、乱暴な振る舞いには呆れるばかりでした。


一緒にいた壮年の法華講員に対し、終始タメ口で「○○じゃねーのかよ」「お前に聞いてねえんだよ」ととても年上の人間に対する接し方ではありませんでした。

そして恐れ多くも御法主上人猊下を指し、「浅井先生とそっち(宗門)のトップが対決すりゃいいんだよ!早瀬が出てくりゃいいんだよ!」と汚い口で言い放ったのでした。

とにかくこちらが何か言えばすぐにガーガーと大声でかぶしてくるのです。


また「歴代先師上人は国立戒壇と言っただろう」と罵ってくるので「四悉壇ではないですか?」と言っても都合が悪いのか無視、分からないんでしょうね。

更に日布上人大幅御形木御本尊が日蓮正宗には存在しないけどどこから出てきたのか聞くと「それは浅井先生が答える」「末端でやったってしょうがない」と逃げる始末。


また「上首已下並びに末弟等異論無く尽未来際に至るまで予が存日の如く、日興嫡々付法の上人を以て総貫首と仰ぐべき者なり」との御金言を出しても聞けない。

更に「御法主上人猊下=大聖人様でしょう、代々の聖人悉く日蓮也の御金言が聞けませんか」と言っても笑う始末。御金言を鼻で笑う連中に日蓮大聖人を語る資格なんて断固無いと私は言いたいですね。


最終的にはある幹部は私の職場に電話するとか抜かしてきており、本当にあまりの情けなさに力が抜けそうになってしまったのでした。


今回対峙した某大物幹部は私はだいぶ前、5級試験の会場の衛護で一緒になり、試験官をやっていましたが同じ組織の支隊長に対してあまりにも乱暴で汚い言葉遣いでアゴで人を使っており、内心「嫌だなあ」と思っていました。


出世して部長になってから大人しくなったのかな、と思っていましたが結局中身は変わっていないという事なんですね。 この姿こそ六根清浄されていない姿なのです。


終始敬語で話していた私達に対して乱暴な言葉遣いで、御金言を持ち出すと逃げ出す連中。


所詮これが日曜勤行で全国の顕正会員を指導していた者の正体なのです。


こんな顕正会に未来等ありますか?最初に御金言読む癖に解説もしないで浅井センセーの賛嘆をする日曜勤行の指導。


これが浅井教というんです。






また後日、私のいない所で「阿部日顕は平成3年に国立戒壇とは『三大秘法抄』『一期弘法抄』における御遺命の戒壇である事が明白である、と発言している!」と邪難を言ってきたようですが、これはセロリさんがSOPH...さんブログのコメント欄にて書いた破折内容です↓

あの本は「日蓮正宗時局協議会」が出していて、例の発言も、日顕上人ではなくその、「日蓮正宗時局協議会」の発言ですね。

しかもそれは発行された平成3年12月25日現在の日蓮正宗としての主張ではなく、

「『大白蓮華』昭和35年6月の109号」の中の文の、
【文意】をただ書いてるだけですね。
(大白蓮華の発言は誰のものか書いてませんが、後々の文を読めば日達上人なのかもしれないです。)


顕正会が「大聖人と御内証が同じ人が学会に巻き込まれるのはおかしい」と言ってますが、
大聖人様も傷を負われたこともあり、日興上人も身延を離山してますから、当たらないですね。
最終的には正本堂は【御遺命の戒壇ではない】として建ったのですし。

読者の皆さまへ


私が指摘した、「“正本堂についての日顕上人の平成3年の反省発言”の改ざん」はご存知でしょうか?

ほぼ真逆に文意を変える改ざんを浅井会長はしました。

日顕上人の平成3年1月10日の発言につき、
昔は、

「学会・宗門抗争の根本原因」414・434ページや、
「顕正会の歴史と使命」134ページのように、

「大いに反省しております」

との日顕上人の発言をちゃんと載せていたにも関わらず…

「折伏理論書」275ページや、
「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」218ページ、
「基礎教学書」434ページ

では「大いに反省しております」を隠してしまいました。


現在の浅井会長指導においても、日顕上人の反省発言はなかったことにして、

「宗門はどうなったかというと、偽戒壇・正本堂のたばかりに協力したことの改悔もなく」(顕正新聞平成30年3月25日・4月5日合併号)

と顕正会員に吹聴しておりますね。



これこそが重大な「改ざん」です。
最後に、

「国立戒壇は本宗の教義ではない」

は、日達上人の発言を【浅井会長】が解釈したものですね。

正確には日達上人による、

「国立というのは本宗の教義ではない」

です。

国費で建つとか、国家権力による強制を意味しそうな、「国立」という建ち方を否定されたものですね。

なので自語相違でも何でもないです。

「基礎教学書」の412〜413ページを見ればわかります。


以上がセロリさんの破折になります。

実際その原文を私は見ましたがこれをどう見たら日顕上人が国立戒壇と言われていたのか。顕正会員はこの時に「国語を勉強しろ!」と相変わらず汚い言葉で言い放ったそうですがハッキリ言って国語を勉強しなくちゃいけないのはあなた達ですよ。

2018年05月08日

顕正会の謗法

以前にも書きましたが、私はスポーツジムに通っています。

純粋に運動不足の解消の為と、太ってきてしまった事から始めました。
別にマッチョになるために始めた訳ではないのですが、せめて細マッチョくらいにはなりたいなあ、なんて希望もありましたが、通い始めて2年、細マッチョとまではいきませんが体重は67キロから54キロまで落ちました。


途上で顕正会での罪業故に体調を崩してきた事からハードな運動が減ってしまった事もありましたが手軽にできる水中ウォーキング等をコツコツやってきた事も影響していると思います。


実は日蓮正宗での信心も同様の事が言えると思います。


信心も御授戒を受けたからと言ってすぐに幸せになるとはいきません。


しっかりと自行化他(勤行・折伏)を実践し、きちんと過去の謗法罪障消滅をした上で境涯が変わってきます。 


大聖人様は兄弟抄に「我が身は過去に謗法の者なりける事疑ひ給ふことなかれ」(981ページ)と仰せですが無宗教から信心を始めていても過去の謗法の罪障は持っているのです、それに加えて現世に於いても神社に初詣に行ったりお守りを持ったりした経験のある方がほとんどだと思います。


そしてこれに加えて創価学会・顕正会でニセ本尊を拝む・・、この罪障がどれだけ凄まじいのか想像しただけでも恐ろしい事だと思います。


信心というのは入信するのは簡単なんです、しかし臨終までしっかりと続ける事こそ難しい事だと思います。



大聖人様は松野殿御返事で「魚の子は多けれども魚となるは少なく、菴羅樹の花は多くさけども菓になるは少なし。人も又此くの如し。菩提心を発こす人は多けれども退せずして実の道に入る者は少なし。都て凡夫の菩提心は多く悪縁にたぼらかされ、事にふれて移りやすき物なり」(1048ページ)と仰せの如く信心を保つ事の難しさを仰せとなっています。



こう書いている私でも、いつ堕ちてしまうか分かりません。


日蓮正宗で信心していても時には厳しい場面に遭遇する事も多々あります、それを乗り越える為には普段の信心の姿勢が問われるのではないかと思います。



こう書くと顕正会員は「御遺命を捨てた宗門にいるから罰だ!」とか思うかもしれません。


しかし現証でそんな簡単に物事を判断する事が正解なのでしょうか?


ものの道理として、例えば100キロを超える体重の人が60キロまで減量するのは非常に大変な事です。
よくライザップ等で大きく変わった身体をCMで見せていますがあれは相当厳しい食事メニューや運動を時間をかけて実践しなくてはなりません、ライザップはそれが特に厳しいらしいです。



信心に於いてもそれは同様で、積んできた罪業はそんな簡単な修行で消えるわけがありません、道理として。



厳しい罪障消滅を時間をかけて乗り越えてなくてはいけません。もし顕正会の信心に迷っている方がいたら早く正法に目覚めなければ罪障消滅がきつくなるだけなのです。



私もまだ御授戒を受けてから1年半程度しか経っていません、確かに厳しい罪障消滅は厳然としてあります。


しかし不思議な事に命がきれいになっているのは理屈抜きに感じています。
それはゆっくりと磨かれてゆき、振り返った時に実感するものなのです。


まさにスポーツジムで減量した時のようにです。



顕正会でいうようなパッと出る現証は本当に正しい功徳と言えるのでしょうか?まさに麻薬と同様の魔の通力だと感じます。 


人間はこういった利益に弱いものです。だから正しい信心をしていたとしても保つ事は難しいんですね。



ただ顕正会でそのまま信心していてもどうなっていくか。積もり積もった罪障は必ずジワジワと溢れ出してきます。 それは何故か、そこにタイトルの「浅井会長の謗法」があるのです。


それは

・ニセ本尊を作り拝ませている
・葬儀を在家がやっている
・塔婆を否定
・五座・三座の勤行を勝手に変える



そして根本として、血脈法水の御法主上人猊下に背き、誹謗・中傷しているという事実なのです。

このような謗法行為をしている団体にいて功徳に溢れるという道理がありますか?

この事実は今更言うまでもありませんが、血脈の無い団体にいるという事はどういう事なのか。


例えば一人の警察官がいたとします、その警官は「今の警察は腐っている」と言い、退職してしまいました。
そしてその元警察官は自家用で買ったクラウンに勝手に赤色灯を付けて、勝手に警察手帳を作り、勝手にスピード違反の車を取り締まりました。 この行為は正しいでしょうか?そしてこの元警官にスピード違反の切符を切る事ができますでしょうか?



答えは言わずもがなです、そしてこの元警官のやっている事と浅井会長の行為は同じ事なのです。



日蓮正宗を除名された浅井会長に、どうして本尊を作成したり勝手に下付する事ができるのでしょうか。
どうして化儀を変える事ができるのでしょうか。



早く正しい血脈の通った日蓮正宗で信心をしないといけません。「現証が・・成仏が・・」、こんな謗法の団体で正しい現証や成仏が現れるという道理を説明して頂きたいものです。

2018年04月28日

4月度総幹部会を拝聴して

4月度総幹部会の浅井会長の指導を聞きました。

聞いてて思わず笑ってしまいましたがそれは後ほど。


まず「学会・宗門は国立戒壇の御遺命に背いてしまったため全く折伏ができなくなってしまった」と発言していますね。今日も私は参詣寺院に夕の勤行に参加しましたがお寺では「今日は新来者が来るんですよ」とお寺の前で以前折伏した方を待っている方。 先日は本堂脇の控えの間で御尊師様より熱く折伏を受けている方。 そしてゴールデンウィークにはビッシリと折伏の予定が詰まっている参詣寺院の方々。


そして私の所属寺院では本日4名の方が勧戒を受けられました。


御法主日如上人猊下は常に折伏の御指導をされています。それは顕正会のような数集めではありません、しっかりと本人が謗法を捨てて御授戒を受ける意思を持って初めて御授戒が叶うのです。


一在家の幹部がニセ本尊の前でお経唱えて栞読んでハイおしまい、なんて軽いものではありません。

古来より僧より御本尊を頭に乗せ戒を受けるというスタイルは何も変わっていないのです。入信とはそんな薄っぺらいものではありません。


また「学会の金力に諂って正本堂の謀りに協力しながら、いささかの改悔も無く未だの国立戒壇を否定しし続けている。」これも上手い印象操作ですね、学会の金力の諂っていたならどうして日達上人は学会が会計調査問題や日蓮正宗国際センターを作るなど、自分勝手な行為が顕わになった時、学会を切ろうとしたのでしょうか?



そして日顕上人も800万人もの学会員の登山者や御供養が減るのを覚悟で学会を切った、金力に諂っていたなら切ったりなんかしませんよね? 正本堂の謀りに協力?妙信講だって御供養もしたし正本堂への御開扉を願い出ているじゃないですか。(『御遷座の翌年5月、妙信講は久々の御登山を総本山に願い出た』折伏理論書 255ページ)、そしてこれだけ見ればまるで日蓮正宗は「本門戒壇の建立」を捨てた、というように聞こえますね、何度でも言いますが宗門では「国立戒壇」という名称をやめただけで「広宣流布の暁の本門戒壇の建立」は何も変わらず目指しています。


そして「今宗門で叫んでいる折伏・折伏というのは大聖人様仰せの折伏弘通ではないですよ」 まさに飯を噴くとはこの事で、今の顕正会の薄っぺらな入信勤行、観光だと適当な事を言って外国人を会館に連れて知らぬ間に入信させるにが大聖人様仰せの折伏弘通なんでしょうか?


そして春季登山会の達成ができていないとおちょくってますが、宗門では正々堂々と27500人と大白法に載せていますが顕正会ではどうでしょう?大会等誓願に破れたら「達成した」と嘘ついて無かった事にしているじゃないですか。 顕正会の大会で誓願が達成されていないという事実は今更言う事でもありません、信じられない人は会場のホームページで収容人数を見てみればいいでしょう。



それに私も春季登山会に参加していますが、この春季登山会は本当は参加できない予定でした、お寺ごとに枠があるんです。それがたまたま欠席者が一人出た事で参加が叶ったんですね、つまり出たくても出られない人もいたんです。


当日は正宗に来て初めてと思える程の混雑でした、近隣道路は渋滞し自家用車はえらい遠くに駐車させられる程でした


そして「折伏なんてのは追い詰めて吊し上げてできるもんじゃないでしょう!」


ハッキリ言って現役も元顕正会員も思わず「それはお前だよ!」とツッコんだに違いないでしょう。


ちなみに法華講では顕正会のような吊し上げは見た事ありません。電話コーナーに閉じ込められて名簿を上から暗い顔をしながら当たっていく姿もありませんし、段取りが出ないと幹部から「オイ、まだかよ」「いつになったら出んだよ」「すぐ詰めろ」「あと30分以内に出せ、いいな!」と追い詰められる事もありません。


法華講員の折伏は何度でも話をします。そして時にはお寺にお連れし御僧侶とお話をする事もあります、決してその日に御授戒を受けなくとも「お前地獄に堕ちるぞ!」等と脅しはしません。 その代わり熱心に邪教を信仰する人には強折をする事もありますよ。やはり折伏というのは相手の気根に合わせながらもしっかりとこの仏法を伝えていく事が大事なんですね。


それに一般の人は「お寺に行ってお坊さんと話をしてみる」という事にはさほど抵抗が無いんですね、参詣寺院ではしょっちゅう目にします。


と、総幹部会の一部分を聞きましたが、このあとまた安倍首相の悪口が始まったのでそこは聞きませんでした、正直「またモリカケかよ、仏法の話しろや」と思った顕正会員もいるかもしれません。ハッキリ言います、その感想は普通です。 おかしいのは顕正会なんです。

2018年04月08日

顕正会は弱い?

先月、顕正会の某総務からの命を受け、元顕正会隊長に対して法論の申し立てがありました。
こちら側は喜んで法論の申し立てを受け、日にち・場所・時間等を決め、返答しましたが返信が無い。

そしてこちら側から総務に直接電話するも「国立戒壇について今ここで答えろ!」とまくしたてるだけで結局逃げてしまったのでした。

この詳細はSOPH…さんのブログに載っています。
http://blog.livedoor.jp/ishinikoganewokae/

何故、顕正会は法華講から逃げるのか。

私が御受戒を受けてから1年半が経ちますがこの間、多くの顕正会員は法華講と聞くやいなや逃げてしまいます。法華講は救う対象ではないのでしょうか?


昔の顕正会はもっと熱かった、法論はバリバリやっていました、この弱くなった顕正会に疑問を持つ人も増え、信仰の長い会員が結果的に日蓮正宗へ行く人も多いのです。


何故弱いのか?それは教学が無いからです。御書も無く浅井会長の指導しか情報が無い顕正会員にとって膨大な教学力を持つ法華講員にはとても太刀打ちできません。


するとどうなるかと言うと、会員はロボットみたいに浅井会長の発言を繰り返すだけとなります。

当然都合の悪い事は答えられない。

上に聞こうとしても上も文証が無いから答えられないのです。
ですので顕正会員が弱いのはしごく当然の話なんです。


そして顕正会から日蓮正宗に来た人は膨大な量の御書や歴代上人の御言葉等に驚き、貪るように書籍を買い読みます。 知りたかった事がいっぱい書いてある、大聖人様の事も歴代上人の事も何も分からなかった、みんな書いてあるじゃないかと。


そこで教学を身につけるから、法華講員は強くなるんですね。


「いや、教学だけあっても信心が無ければ意味が無い」という人もいるでしょう。

顕正会員の信心が純粋なのは元顕正会員が一番よく知っています。


そして純粋な元顕正会員が日蓮正宗に行くと大石寺の荘厳さ、御尊師様から聞く御指導、本物の御本尊様の元で戦える喜びでますますその純粋な信心がパワーアップします。


故に、私達元顕正会員は純粋に顕正会員を救いたくなり、様々な活動をします。それを謀略と言われても困るし、逃げるという事はもったいない事なんです。

顕正会という狭い殻から抜け出して頂きたいと思います。


そもそも3月25、4月5日の合併号。なんですか、「安部政権断末魔特集」って・・
人を断末魔に陥れるような団体のどこが「白蓮華のような清らかな団体」なのか、仏教徒が断末魔の叫びに陥れるなんて論外でしょう。

この一連の安部政権批判はもはや日蓮大聖人の仏法とはかけ離れた外道に近い行為です。浅井会長の感情を顕正会員に押し付けて活動させるのもいい加減にせよと言いたい。


確かに安倍政権が確実にいいものとは言えないし、何とかして頂きたい所もいっぱいある。

しかしそれを一宗教団体が批判する事に意味があるのか?もう会員はウンザリしているのではないでしょうか?

早く会員のみんなには気づいてほしい。日蓮大聖人を信じてちゃんとした仏法をやりましょう。
血脈の無い顕正会には功徳が無いんです、それに気づいてほしい。


とある元顕正会員のブログで分かりやすい例えがありました。申し訳なくもどこのページだったか忘れてしまいましたが



日蓮正宗という高校があるとします。


そこに学級委員長を務める浅井君というのがいました。浅井君はリーダーシップがある事から、周りには人が集まってきます。 


そして学校の指導方針に異議を唱えた浅井君は校長先生や別グループの池田君に立てつきます、校長先生は何度も話し合いをしましたが頑固な浅井君はデモを起こし校長先生や学校の悪口を書いたビラを配ります。そして校長先生は浅井君を停学にし浅井君の元に集まってた生徒を解散させ、別のクラスに移そうとしました。

これが解散処分ですね。

そしてこれに怒った浅井君は今度は池田君の元へ殴り込みへ行き、集団で殴り込みに行きました、結果浅井君は退学となりました。

これが除名処分です。


しかし浅井君は「俺は退学になったがここの生徒だ!」と主張しています。

さて、この浅井君はここの学校の生徒に当たりますか?当たりませんね。退学されてるんですから。

そして教育委員会の認可も無い浅井君一派がどんなに勉強しても、教員免許の無い浅井君が生徒を指導しても何の意味も無いですよね。

まさしく今の顕正会とは教育委員会の認可の無い学校で無免許の教師の授業を受けている学生と同じ事なんです。すると当然ズレが生じてきます。 血脈が無いという事はそういう事なんです。

65世日淳上人は「当門においては、信仰の帰趨と政治の中心等すべて本山にあって、その上に一宗が求心的活動をなすに相違ありません。それ故に、本山・末寺・信徒という三角関係の星座を乱す事ができないのであります。月は、地球との関係を抜きにして、単に太陽とのみ関係があると、といえば誤りであります。 以上によっても講中が、末寺を離れた独立団体ではなく、必ず附属したものであるはずであります」と御指南されています。

顕正会は星座を乱していませんか?日淳上人の御言葉を信じられないなら知りませんが。

ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
キッコーマンさんの画像
キッコーマン
元 顕正会男子部
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。