広告

posted by fanblog

2015年07月25日

ロマンティック・コメディ映画<29歳からの恋とセックス> 私って、誰となら幸せになれるの?


<ストーリー>
30手前の作家志望の大学院生ローラは、長年付き合っていたルークとの結婚を控え、幸せの絶頂にいた。しかし、突然ルークが婚約解消を言い渡してくる。これに強いショックを受ける彼女だったが、そんな彼女を見かねた周囲の支えもあって、新しい出会いを探すことにする。だが、なかなかそれも上手くいかず、焦る彼女の前に、再びルークが現れ、なんとよりを戻してほしいと訴えてくる。ところが、彼には他にも女がいることがわかり、いよいよローラは追い詰められていく。


29歳からの恋とセックス (字幕版)


<レビュー>

500日のサマーのファンです 美しすぎない日常が妙にリアルで自分の経験重なりました。 私の中では大好きな映画のひとつです。 最後のシーンにつられて 高いヒールを履いて花束を買ってしまいました。見ると気分がちょっと明るくなります。

婚約解消された腹いせに、色々な男に手を出して泥沼にはまっていく29歳女子の話。基本的に自業自得な結果だが、前向きなラストは良かった。人間誰しもどうしようもなく馬鹿なことをしちゃうことはあるかもね、と思うと共感できる部分もあった。

ただのラブコメディーかと思いきや、意外と女性の自立だとか女性はこうではなくてはいけないといった生き方を乗り越える主人公を描いてる。博士過程に在籍するローラは一見自立しているように見えるが、実は彼氏に依存してしまうタイプ。グレタガーウィグの悩める表情がたまらない。ファッションもニューヨークの素敵な街並みも楽しめます。

posted by ランダム at 21:49| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

おすすめ
最新記事
カテゴリー
検索
QRコード
アクセスカウンター
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。