広告

posted by fanblog

2015年07月23日

映画<私の、息子>人身事故を起こした息子を守ろうとする母親の過剰な愛情が招く親子関係を描くヒューマンドラマ。

http://wan.or.jp/reading/wp-content/uploads/2014/06/c85717bb98374b48826549d0ad61bd81.jpg

監督は、ルーマニアの新鋭カリン・ペーター・ネッツアー。2013年ベルリン国際映画祭で金熊賞(最高賞)と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞映画。

ルーマニアに住むセレブリティ、コルネリアの悩みは、30歳を過ぎても自立しない一人息子バルブのこと。会えば悪態をつくばかりのバルブの態度や、彼の恋人でシングルマザーのカルメンへの不満など、コルネリアの愚痴は溜まるばかり。そんなある日、思いがけない知らせが入る。バルブが交通事故を起こし、子供を死なせてしまい・・・。


私の、息子 2014年6月21日(土)公開 


映画のストーリー

ルーマニアの首都ブカレスト。セレブリティのコルネリア(ルミニツァ・ゲオルギウ)は、一人息子バルブ(ボグダン・ドゥミトラケ)が30歳を過ぎても自立しないことで悩んでいた。社交界の名士が集うコルネリアの誕生パーティにも顔を出さず、会えば悪態をつかれる。さらには彼の恋人でシングルマザーのカルメン(イリンカ・ゴヤ)にも「あの女と一緒になってから息子は彼女の言いなり」とコルネリアは不満を募らせていた。家政婦にバルブの家を探らせてはあれこれ世話を焼いてみるが、そうした行動も彼の逆鱗に触れてしまう。そんなある日、バルブが交通事故を起こし、子供を死なせてしまったという連絡が入る。警察署に急行したコルネリアが目にしたのは憔悴しきったバルブの姿だった。コルネリアは彼に不利な証言をさせまいと、取り調べの場を仕切り、陳述書を無理やり変えて担当警官の怒りを買うが、警察上部にコネのある彼女に地元警察は逆らうことが出来ない。息子を救いたい一心で、あらゆる手段に訴えるコルネリア。だが弱みにつけこんでプライベートの頼み事をしてくる警官や、金次第で態度を変える証人とのハードな交渉をこなす彼女に向かい、バルブは自分は一切関知しないと言い放つ。バルブを救うためには、被害者家族が起訴を取り下げるしか道はない。コルネリアは相手側に謝罪するようバルブに必死の説得を試みるが、彼は激しく拒否、自分の殻に閉じこもってしまう。このまま刑務所行きが確定すればバルブの将来は絶たれてしまう。なすすべを失くしたコルネリアに、カルメンはある意外なバルブの素顔を告白する……。 movie.walker

posted by ランダム at 21:06| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

おすすめ
最新記事
カテゴリー
検索
QRコード
アクセスカウンター
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。