広告

posted by fanblog

2014年10月11日

(ランダム) 夜空に輝く星のよう…京都のこんぺいとう専門店「緑寿庵清水」の“高級こんぺいとう” 公家や高級武士しか口にすることができない貴重品だった!(えん食べ) 

こんぺいとう

夜空に輝く星のよう…京都のこんぺいとう専門店「緑寿庵清水」の“高級こんぺいとう”

京都市左京区に店舗を構える、金平糖(こんぺいとう)の専門店「緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)」。ここでは、なんと弘化4(1847)年の創業当時から150年以上もの間守り続けている(!)という“伝統の方法”で作られる「こんぺいとう」が販売されています。

そもそもこんぺいとうは、1546年にポルトガルからやってきた“異国の”お菓子。あの織田信長にも贈られたそうですが、当時はとても珍しく、公家や高級武士しか口にすることができない貴重品だったのだとか。

リンク

こんぺいとう
こんぺいとう
こんぺいとう

京都 四季のうつろい 金平糖 四季 40g×4袋入
豆富本舗(京都・豆富)
売り上げランキング: 23,530


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

おすすめ
最新記事
カテゴリー
検索
QRコード
アクセスカウンター
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。