UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年05月03日

WOWOWで時代劇 連続ドラマW 黒書院の六兵衛




地上波で時代劇がめっきり減ってしまい寂しい限りではあります。そんな中で”WOWOW”の連続ドラマWで時代劇が放送されます。しかも原作は浅田次郎先生。主演は最近はロックスターと言うより”渋い役者”になった吉川晃司さん。時代劇にあまり興味がない方でも是非おすすめしたい番組です。


ELLY15071557_TP_V.jpg

写真はイメージで作品とは関係ありません。



連続ドラマW 黒書院の六兵衛

連続ドラマW 黒書院の六兵衛公式HPより引用

浅田次郎の幕末小説を連続ドラマ化。江戸城無血開城を舞台に描かれる、謎の御書院番士と名もなき下級武士の熱き反戦友情物語。吉川晃司と上地雄輔ら豪華競演陣にも注目。

巨匠・浅田次郎による日本経済新聞連載の時代小説をドラマ化。江戸城無血開城の史実をベースに、時代の波に取り残されそうになりながらも、自らの信義を通し一切口を利かぬまま江戸城内に居座り続ける将軍直属の御書院番士・的矢六兵衛と、官軍側に付いた尾張藩から遣わされ六兵衛排除の任を負ってしまった下級藩士・加倉井隼人との交情を、熱く描いた本作。体制のリーダーではなく、瀬戸際の現場で身を尽くす2人の姿にこそ、大きな時代の節目を迎えた今、世相や組織の空気に翻弄されながらも、できれば平和に真っすぐに生きたいと願う大多数の日本人の深い共感が集まることだろう。
的矢六兵衛役には、希代のロックスターにして俳優としてもカリスマ的存在感を示してきた吉川晃司。実に17年ぶりの主演となる。尾張藩士・加倉井隼人役は、歌手・タレントとして活躍しながら俳優としても本格派の輝きを見せる上地雄輔が演じる。監督は映画『神様はバリにいる』『ボックス!』など数々の熱い男のロマンを写し取ってきた李闘士男、脚本は「新参者」の牧野圭祐が担当する。
今回発表の追加キャストは、上地雄輔演じる加倉井隼人の妻・加倉井しずゑ役に芦名星、勝海舟役に寺島進、西郷隆盛役に竹内力、徳川慶勝役に千葉哲也、大村益次郎役に波岡一喜。また、吉川晃司演じる的矢六兵衛の妻役に若村麻由美、高利貸しの淀屋辰平役に伊武雅刀、的矢六兵衛の父・的矢清右衛門役に田中泯。ほかに、山崎銀之丞、駒木根隆介、前田亜季、忍成修吾、粕谷吉洋ら。さらに、明治天皇役を演じる片岡千之助は本作が映像作品初出演となる。


<ストーリー>

慶応4年、幕府と新政府の談判が成り、江戸城は不戦開城と決した。官軍側で気弱な尾張の下級藩士・加倉井隼人(上地雄輔)は、城の引き渡しを支障なく進めるための先遣として、城内に検分に入る。しかし、困ったことにただひとり、てこでも動かぬ旗本がいた。彼の名は的矢六兵衛(吉川晃司)。将軍直属の警護隊・御書院番の番士だった。六兵衛は黙って正座したままで、動くのはほぼ用を足すときだけ。勝海舟(寺島進)と西郷隆盛(竹内力)の約束により、城内での悶着は厳禁。つまり、力ずくでは六兵衛を退去させられない。居座りの意図を探る加倉井は、この六兵衛は本物ではなく六兵衛の名をかたる偽者だと知る。ますます混乱する加倉井ら。だが、しばらく時を過ごすうちに、古式ゆかしい貫禄でたたずむ六兵衛に対し、加倉井の胸裏には得体の知れぬ共感が湧いてくる。果たして六兵衛の居座りの理由とは。そして、天皇入城が迫る中、加倉井はどう手を打つのか。






予告映像(公式)






浅田次郎原作時代劇を見るならU-NEXT

壬生義士伝

2002年 見放題


浅田次郎原作の幕末人情時代劇。守銭奴と呼ばれながらも義を貫いた男の運命を描く
見どころ 
中井貴一が家族のために名を捨てて人を斬る新撰組隊士を演じ、そのひたむきな姿が涙を誘う。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎。佐藤浩市、堺雅人らによる殺陣も見ものだ。
ストーリー 
幕末の京都を守る新撰組に、盛岡の南部藩からの脱藩浪士・吉村貫一郎が入隊してきた。剣の腕は最強を争うほどだが、大義よりも自分の命と金を大事にする彼は、隊では浮いた存在。しかし、彼には故郷に残した家族のために生きて稼がねばならない理由があった。
ここがポイント! 
2003年の日本アカデミー賞で、最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞の三冠に輝いた。
2019年3月31日 23:59まで配信
コピーライトマーク2003 松竹/テレビ東京・テレビ大阪/電通/衛星劇場/カルチュア・パブリッシャーズ/IBC岩手放送



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7613902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。