UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月27日

阿部寛という男。ただの二枚目俳優ではない!

阿部寛さんと言えばバブル時代に男性モデルとして人気をはくした方ですが、いまではすっかり演技派俳優のひとりですよね。”テルマエ・ロマエ”ではイタリア人、今度の映画では江戸時代のエリート藩士からの転身が蚤(のみ)とり侍。公開が楽しみです。


IMG_0778.jpg


蚤(のみ)とり侍 INTRODUCTION


公式フライヤーより引用

2016年公開の映画「後妻業の女」は、結構相談所を舞台に保険金詐欺を画策する女とその女に騙される男たちが、刹那的にかつ喜劇的に表現され、大ヒットを記録しました。メガホンをとったのは映像の魔術師・鶴橋康夫。
彼が約40年間、映画化を熱望したのが本作「のみとり侍」

生真面目すぎるその性格その性格が災いし、上司の逆鱗に触れ、”蚤とり業”に左遷されてしまったエリート藩士・小林寛之進。演じるのは、映画”テルマエ・ロマエ”で古代ローマ人に扮し、日本中を笑いの渦に巻き込んだ阿部寛。



写楽.jpg
写楽阿部ちゃん.jpg


思わず笑ってしまいませんか?


ストーリー


IMG_0779.jpg
”蚤とり侍”寛之進にとって最初のお客はおみね。その容姿は亡き妻に瓜二つ!!一人二役でこの難役に挑むのは、寺島しのぶ。寛之進の窮地を救うのは江戸No1の伊達男・清兵衛を演じるのは豊川悦司。このほか、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった個性豊かな豪華俳優陣が結集しました。


左遷されてもなお、生真面目に生きる男の姿は、滑稽であり、ただただ愛おしい。彼が江戸の浮世で出会い、そして手に入れたものとは・・・?
前代未聞!侍が巻き起こす”床の間”の戦いの火ぶたが切られる!!
IMG_0780.jpg


阿部寛さんの映画みるならU-NEXT


テルマエ・ロマエ

2012年 | 432円 この作品はポイント視聴可能です。

古代ローマの浴場設計技師が現代日本にタイムスリップ!阿部寛主演の大ヒットコメディ
見どころ
ヤマザキマリの奇想天外なコミックを実写映画化。現代文明に接した古代ローマ人のリアクションが笑いを呼ぶ。ローマ人を演じる出演者の“濃い”顔ぶれが見もの。
ストーリー
古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウスは、公衆浴場で溺れ、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。日本の風呂文化に衝撃を受けた彼がローマに戻ってそのアイデアを取り入れたところ、大人気に。やがてルシウスは、皇帝専用浴場の設計を任されるが…。
ここがポイント!
ローマ帝国の場面は、ヨーロッパ最大級の撮影所チネチッタのオープンセットで撮影された。

2018年6月30日 23:59まで配信 コピーライトマーク2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

テルマエ・ロマエII


2014年 | 432円 この作品はポイント視聴可能です。


現代日本にやってきた浴場設計技師がローマ帝国を救う?大ヒットコメディの続編
見どころ
平和か領土拡大か…ローマ帝国を二分する危機をめぐり、浴場設計技師ルシウスが活躍。巨大なコロッセオやグラディエーターが登場するなど、物語がスケールアップ。
ストーリー
紀元136年のローマ帝国。グラディエーター用の浴場設計を命じられたルシウスは、再び現代日本の銭湯にタイムスリップ。そこからさまざまなアイデアを持ち帰って革新的な浴場を設計するが、ハドリアヌス帝と元老院の対立に巻き込まれてしまい…。
ここがポイント!
前作とは異なる画作りを目指してブルガリアで撮影を敢行。さらに、草津をはじめ日本国内の有名な温泉地でも撮影が行われた。

2018年6月30日 23:59まで配信 コピーライトマーク2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会

結婚できない男

2006年 見放題
独身を貫き通す人々の生き方をコミカルに、切なく描く大人の癒やし系ラブコメディ
見どころ
皮肉屋で独特なこだわりを持つ“結婚しない”男を阿部寛が演じ、その風貌と味のある芝居が笑いを誘う。独自の結婚論を展開する登場人物の掛け合いに、共感してしまうはず。
ストーリー
腕のいい建築家、桑野信介は偏屈で独善的な性格が災いし、40歳でいまだ独身。人生に結婚や恋愛は必要ないと決めつけていた。そんなある日、信介は医者の早坂夏美と出会う。信介は今まで出会ったことのないタイプの人間である彼女のことが気になってしまう。
ここがポイント!
主人公・桑野の気ままな独身生活を楽しむ生き方や結婚を否定する考え方が、放送当時の30〜40代独身男性から「まるで自分を見ているようだ」と共感を集め、大ヒット。
2019年3月26日 23:59まで配信




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7593248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。