UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月26日

安室ちゃんの貴重映像を一気見できます。

スポーツ選手の引き際は一流選手であればあるほどどのタイミングで引退をするかなど話題になりますよね。芸能界の方は引退と言っても何年か後に復活すると言う方もいらっしゃいますが、”安室奈美恵”のライフは殆ど、MCなしで歌とダンスで構成される激しいものでアーティストというよりアスリートの様に満足のいくパフォーマンスが厳しいという事なんでしょうか?おしまれつつの引退ですね。


安室奈美恵、音楽番組出演時の貴重映像から19曲を「Hulu」で大放出


ドワンゴジェイピーニュース 2018/04/24 配信記事より引用

安室奈美恵1.jpg



Huluの「Documentary of Namie Amuro “Finally”」エピソード7では、安室奈美恵が日本テレビの音楽番組に出演した際の貴重な歌唱映像から、選りすぐりの19曲をお届けする。

5月2日(水)からいよいよ「namie amuro Final Tour 2018〜Finally〜」の東京ドーム公演がスタート。今回配信する歌唱映像19曲には、オールタイム・ベストアルバム『Finally』に収録されている曲も多数含んでおり、世代を超えて多くのファンの胸を揺さぶる珠玉のヒットナンバー集となっている。テレビの音楽番組で圧倒的なパフォーマンスを披露した安室奈美恵さんの貴重な姿をたっぷりとお見せする。


安室奈美恵2.jpg


エピソード7は、3月に行われた香港公演の際に、空港に降り立った安室の密着映像からスタート。その姿を一目見ようと多くのファンが集まった熱狂的な空気は、日本だけでなく海外でも今回のラストツアーがいかに注目を浴びているかが分かる。その香港公演に密着した様子は後日「Documentary of Namie Amuro “Finally”」で紹介する。

歌唱映像の1曲目は、2010年にリリースされた『Get Myself Back』からスタート。『Don’t wanna cry』、『SWEET 19 BLUES』、『a walk in the park』、『CAN YOU CELEBRATE?』などの小室哲哉プロデュース楽曲はもちろん、自身が作詞した『Say the word』、安室さんが憧れているジャネット・ジャクソンの振付師として有名なシャーネット・ハードが曲の振り付けを担当した『CAN’T SLEEP, CAN’T EAT, I’M SICK』、60sの名曲をリメイクした『NEW LOOK』、切なくも輝いた感動的なミディアムポップナンバー『Baby Don’t Cry』など、平成の音楽史に輝く安室さんのパフォーマンス映像19曲が続々登場する。

もう一つの注目は、様々な時代を彩った安室のファッション。ミニスカート、パンツスーツ、カラフルなワンピース。時代によって変化するヘアスタイルやメイクなど、安室さんのファッションの歴史もたっぷりご覧いただける。「Documentary of Namie Amuro “Finally”」エピソード7は4月28日(土)〜Huluで独占配信開始。


ⓒNTV







この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7587274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。