UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月21日

『孤狼の血』公開記念 ギャングアクション特集を放送!

お節介オヤジが書いているblogのネタふりもかなり強引かなと思っていますが、映画・海外ドラマ専門チャンネルスターチャンネルさんも強引かと思えるネタふりです。確かに邦画で話題になっている映画ではありますけどね。少し驚きです。

この情報は映画・海外ドラマ専門のインターネットTV【スターチャンネル】の情報でなくスターチャンネルの情報です。

話題の劇場新作『孤狼の血』公開記念、スターチャンネルでギャングアクション特集を放送!

JIJI.COM 4/18配信記事より引用
[株式会社スター・チャンネル]

早くも話題沸騰中のアクション大作『孤狼の血』(5月12日(土)全国ロードショー 配給:東映)公開に合わせて、“ギャングアクション特集”を放送! 
映画専門サービスの「BS10 スターチャンネル」は、『仁義なき戦い』など数々の衝撃作を世に送り出してきた東映が放つ、【超衝撃作】として業界騒然、早くも話題沸騰中のアクション大作『孤狼の血』(5月12日(土)ロードショー 配給:東映)公開に合わせて、“ギャングアクション特集”を放送!

 第69回日本推理作家協会賞受賞、2017年啓文堂書店文庫大賞1位、第154回直木賞候補作と数々の賞や栄誉を受賞した柚月裕子の小説を、役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介など、日本が誇る豪華キャストで映画化。

 警察とやくざの戦いを描いた本作の公開を記念し、BS10 スターチャンネルでは名作ギャングアクションを特集放送!ベン・アフレック監督・主演の『夜に生きる』や『ザ・タウン』、ジョニー・デップ主演の『パブリック・エネミーズ』、メル・ギブソン主演の『ペイバック』など、裏社会に生きる男たちを描いた作品をお楽しみください!






BS10 スターチャンネル 4月映画特集 劇場新作『孤狼の血』公開記念 ギャングアクション特集


<放送日時>
【STAR1 字幕版】 4月23日(月)〜4月26日(木)午後 連日放送 /4月30日(月・祝)〜5月3日(木)深夜 連日放送(全4作品)

PAYBACK ペイバック

ペイバック.jpg4/23(月)午後 2:40
『ペイバック』
[監督]ブライアン・ヘルゲランド [出演]メル・ギブソン/グレッグ・ヘンリー
メル・ギブソン主演のハードボイルドアクション。妻と相棒に裏切られて全てを失い、彼らへの復讐に燃える非情な男の姿を描く。

ストーリー
盗みのプロ、ポーターは相棒ヴァルと妻リンの3人で中国系マフィアから14万ドルをまんまと強奪。しかしポーターは、麻薬中毒のリンを丸め込んだヴァルの裏切りでリンに撃たれて瀕死の重傷を負い、金を持ち逃げされてしまう。九死に一生を得たポーターは、ヴァルヘの復讐を誓い、自分の分け前である7万ドルを取り戻すべく街に舞い戻るが…。
作品解説
メル・ギブソン主演のハードボイルドアクション。妻と相棒に裏切られて全てを失い、彼らへの復讐に燃える非情な男の姿を描く。
復讐に燃えるダーティヒーローをメル・ギブソンが演じたハードボイルドアクション。リチャード・スタークの人気小説「悪党パーカー」シリーズの映画化で、『殺しの分け前/ポイント・ブランク』ではリー・マーヴィンが、『PARKER/パーカー』ではジェイソン・ステイサムが同役を演じており、その男臭さも魅力のひとつ。『L.A.コンフィデンシャル』でアカデミー脚色賞に輝いたブライアン・ヘルゲランドの監督デビュー作。

PUBLIC ENEMIES

パブリック・エネミーズ


パブリック・エネミーズ.jpg4/24(火)午後 3:30
『パブリック・エネミーズ』
[監督]マイケル・マン [出演]ジョニー・デップ/クリスチャン・ベイル
ジョニー・デップ主演の実録犯罪ドラマ。大恐慌時代の伝説的ギャング、ジョン・デリンジャーと捜査チームとの熾烈な攻防を描く。

ストーリー
大恐慌時代。銀行を標的に大胆不敵な手口で金を奪う銀行強盗ジョン・デリンジャーに、貧困に苦しむ民衆は喝采を送っていた。ある時、彼は神秘的な美女ビリーと恋に落ちる。一方、FBIは彼を“社会の敵(パブリック・エネミー)No.1”と呼び、有能な捜査官パーヴィスが捜査の陣頭指揮を執ることに。捜査陣と熾烈な駆け引きを繰り返し、苦難を乗り越えながらもビリーとの絆を深めていくジョンだが、2人に捜査網が迫る…。
作品解説
ジョニー・デップ主演の実録犯罪ドラマ。大恐慌時代の伝説的ギャング、ジョン・デリンジャーと捜査チームとの熾烈な攻防を描く。
犯罪者であるにもかかわらず、スターの様にもてはやされた伝説のアウトローを描くギャングアクション。ジョニー・デップが愛と野望に生きる癖のある実在の人物を好演し、迫り来る捜査の手をスリリングにかいくぐる。『インサイダー』のマイケル・マン監督が、FBIと銀行強盗という対立する男たちのそれぞれの信念を、緊張感のある重厚な銃撃戦でスタイリッシュに魅せている。
 





THE TOWN ザ・タウン

ザ・タウン.jpg4/25(水)午後 3:00『ザ・タウン』
[監督]ベン・アフレック [出演]ベン・アフレック/レベッカ・ホール
恋人のために泥棒家業を続けるか悩む銀行強盗犯の葛藤を、ベン・アフレックが自ら主演して監督した犯罪ドラマ。

ストーリー
ボストン、チャールズタウン。この街に生まれ育ち、ジェムら幼馴染みたちとの銀行強盗を稼業とするダグは、ある日、一時的に人質に取った女性クレアと図らずも惹かれ合っていく。しかし、それを機にダグはクレアへの愛と仲間との絆の間で板ばさみになるように。やがて、彼はクレアとの新たな人生を歩もうと決意し、最後の仕事へ向かうのだった。しかし、現場はダグたちを執拗に追跡していたFBIに包囲されており…。
作品解説
恋人のために泥棒家業を続けるか悩む銀行強盗犯の葛藤を、ベン・アフレックが自ら主演して監督した犯罪ドラマ。
優れた犯罪小説を選出するハメット賞の受賞作「強盗こそ、われらが宿命」を、近年は監督としても評価されるベン・アフレックが脚本・主演も手がけて映画化。アフレック自身が少年時代を過ごした街ボストンの貧困や荒廃を冷徹なタッチで描き出し、良質のミステリーであると同時に優れた社会派ドラマに仕上げた。『ハート・ロッカー』で爆弾処理班の軍人を演じたジェレミー・レナーが、主人公の仲間でプロ意識に徹した強盗犯を妙演。


LIVE BY NIGHT 夜に生きる

4/26(木)午後 3:30『夜に生きる』
[監督]ベン・アフレック [出演]ベン・アフレック/エルファニング
ベン・アフレックが主演、監督、脚本を務めた犯罪ドラマ。禁酒法時代、裏社会で生きることを決めた男の運命を描く。
夜に生きる.jpg

ストーリー
禁酒法時代のボストン。それは、野心と度胸があれば、金と権力を得ることのできる狂騒の時代でもあった。警察幹部の父の下、厳格な家庭で育ったジョーは、父に反発してギャングの世界に足を踏み入れた。ある日、彼は強盗に入った賭博場で出会った女性エマと恋に落ちる。だが、彼女が対立組織のボスの愛人だったことから、ジョーの人生は激変。欲しいものをすべて手に入れるため、ジョーはギャングとしてのし上がることを決意する。
作品解説
ベン・アフレックが主演、監督、脚本を務めた犯罪ドラマ。禁酒法時代、裏社会で生きることを決めた男の運命を描く。
『ミスティック・リバー』などで知られる人気ミステリー作家デニス・ルヘインによる原作を、ベン・アフレックの主演・監督・脚本で映画化した犯罪ドラマ。禁酒法時代を背景に、警察一家からギャングへと身を投じた主人公が、裏社会でのし上がってゆく姿を描く。エル・ファニングら華やかな女優陣が顔を揃え、3人の女性との出会いがもたらす愛と欲望、そのすべてを得るために“夜に生きる”と決意した男の重厚なドラマが展開する。






関連記事:映画”孤狼の血”は地上波での放送は考えていないのでしょうね?
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7563960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。