UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月12日

エロティックドラマ『DEUSE/ポルノストリート in NY』日本初放送

J・フランコ&M・ギレンホール主演!ポルノビジネスの原点を過激に描くエロティックドラマ『DEUSE/ポルノストリート in NY』日本初放送

この情報は【スターチャンネル インターネットTV】の情報ではなくスターチャンネルの放送情報です。

BO150403366338_TP_V.jpg

写真はイメージで作品とは関係ありません。


music.jpニュースTOP メディアニュースTOPより引用 

映画専門サービスの「BS10 スターチャンネル」は、演技派俳優で知られるジェームズ・フランコが双子の兄弟を1人2役で演じ、さらに、実力派女優マギー・ギレンホールが娼婦からポルノ映画製作者へ転じる女性を体当たりで演じて、本年度ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされた、米国HBO(R)製作の話題の海外ドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』を、本日4月9日(月)より、独占日本初放送! 本作の舞台は1970年代ニューヨーク。

ドラッグ、娼婦、マフィアが横行する42番街の●デュース”と呼ばれる歓楽街で、性風俗業やポルノ映画がビジネスとして発展していく時代を生きる様々な人間たち、そして、ポルノビジネスの原点を過激に描いた、全8話すべてがR15指定のエロティックドラマ。

 さらに、プロデューサーとしても名を連ねるジェームズ・フランコと、マギー・ギレンホールの豪華キャストの競演にも注目が集まっており、ジェームズ・フランコは性格が対照的な双子を1人2役で演じ分ける一方、マギー・ギレンホールは娼婦のアイリーン役になりきり、ためらいのない脱ぎっぷりで、セクシャルなシーンをリアルに熱演し、本年度ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされ話題を呼んだ。
 
 風俗業界が認知されていく時代のNYを、赤裸々に、そして過激に描いた話題作『DEUCE/ポルノストリート in NY』が、ついに日本上陸!「BS10スターチャンネル」での独占日本初放送をお見逃しなく。




■海外ドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』

<放送スケジュール>(全8話)
【第1話無料放送】
star1 4/7(土)よる11:00は第1話先行無料放送!

star3 吹替専門 4/12(木)よる10:00は第1話初回無料放送!


【STAR2 字幕版】   4月9日(月)より毎週月曜よる11:00ほか
【STAR3 二ヵ国語版】4月12日(木)より毎週木曜よる10:00ほか
【製作総指揮】 ジョージ・ペレカノス/デヴィッド・サイモン(「THE WIRE/ザ・ワイヤー』)
【出演】 ジェームズ・フランコ(『11/22/63』)/マギー・ギレンホール(『ダークナイト』)/エミリー・ミード(『LEFTOVERS/残された世界』ほか
イントロダクション

公式HPより引用
舞台は70年代ニューヨーク。ドラッグ、娼婦、マフィアが横行する42番街の“デュース”と呼ばれる歓楽街で、性風俗業やポルノ映画がビジネスとして発展していく時代を生きる様々な人間たちを描いたエロティック・ドラマ。ジェームズ・フランコが双子の兄弟を1人2役で演じ、マギー・ギレンホールが娼婦からポルノ映画製作者へ転じる女性を体当たりで演じゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされた話題作、ついに日本上陸!






全8話R15指定!風俗業界が認知されていく時代のNYを赤裸々に描いた話題作!

物語は1971年ニューヨーク、地元の人間から“デュース”というニックネームで呼ばれる一角で展開する。タイムズスクエアの近くで今では華やかなエリアだが、当時は普通の女性は一切歩かなかったと言われる歓楽街。夜は娼婦が路上に立ち客を探し、朝になると娼婦や店を閉めたバーテンらが家路につくというブロックだ。警察は形だけのルーティーンの取り締まりをし、隠れた娼館として営業しているバーからは見過ごす代わりに金を取り私腹を肥やす。ビデオ店の片隅にはポルノを覗き見できるコーナーがあり、そこに目を付けたマフィアがそのコーナーを個室に作り替え儲けをあげる。それと同時に需要が高まっていったポルノ業界は作品を量産するため、路上に立っていた娼婦たちがポルノ撮影現場にどんどん引き抜かれ、ヒモは存在価値がなくなっていき・・・という変化を遂げていた。そんな題材を包み隠さず描いたのが本作。全8話すべてR15指定相当となるだけの肌の露出は保証されている。このような赤裸々な作品を製作できるのはHBOレジスタードマークならでは。そしてこれを日本で放送できるのはスターチャンネルをおいて他にいないだろう。

ジェームズ・フランコが1人2役、マギー・ギレンホールが一肌脱いだ!

プロデューサーとしても名を連ねるジェームズ・フランコとマギー・ギレンホールの熱演に注目!ジェームズ・フランコは性格が対照的な双子を1人で2役演じ分け、数多くある同時に映るシーンは全く編集の違和感もなく、目を見張る演じ分けを見せる。一方、マギー・ギレンホール演じるアイリーンはシングルマザーで、母親に預けている一人息子のもとに送金するため家族には内緒でキャンディと名乗り娼婦に。ためらいのない脱ぎっぷりと、リアルなセックスシーンを体当たりで演じゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされた。ポルノ映画の需要が高まっていることに気付いたアイリーンは、その製作側に興味を持ち、男性監督とは違う視点でうまく撮影現場をディレクションしていくという、女性が職場で上に立つというこの時代の先駆け的な存在になっていく。アイリーン以外の娼婦たちも数多く登場するが、日本人が想像するようなグラマラスな金髪美人だけではなく、ルックスも様々な女性たちが路上に立っている点にもリアルさが表れている。

Rotten Tomatoes 92%、Imdb 8.2点の高評価!

アメリカが抱える様々な社会問題を描く作風に定評のあるジョージ・ペレカノス、デヴィッド・サイモンら「THE WIRE/ザ・ワイヤー」製作陣が、それぞれの理由で娼婦の道を選んだ女性たちの生き様や、マフィアの管理のもと娼館のようなバーを経営する男たち、それを暗黙に許すことで私腹を肥やす警察官らそれぞれが持ちつ持たれつ生計を立てている現実をリアルに描いた本作は、全米で驚異的に高い評価を得て、レイティングサイト「Rotten Tomatoes」で92%、Imdbで8.2点をマーク。 批評家や全米の視聴者お墨付きの良作と言っても過言ではない。

エピソード

DEUCE/ポルノストリート in NY ♯1

star2 4/16(月)午後 1:00
第1話「ニューヨーク42番街“デュース”」…1971年ニューヨーク。家庭を顧みない妻と2人の子をブルックリンに残し、バーテンダーを務めるタイムズスクエアに移り住んだヴィンセント。ある日、双子の兄フランキーに貸しがあるとマフィアが店に取り立てに来る。一方、キャンディと名乗り家族に内緒で夜の路上に立つアイリーンはヒモと組まずに単独で客を取り、離れて暮らす息子の世話をする母に金を送る生活を送っていた…



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7537997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。