UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月09日

後味の悪い映画”特集って?

映画を見るときに何を期待しますか?よくあるパターンと言うか”ハッピーエンド”、まぁ普通ですよね。そんな中で”後味の悪い映画”の特集ってどんなの?”後味の悪い映画”ってことだけで気になりませんか?その”後味の悪い映画”の特集をするのは スターチャンネルです。 

※この情報は【スターチャンネル インターネットTV】 でなく専門チャンネルのスターチャンネル の情報です。
スターチャンネル特集:後味の悪い映画


スターチャンネル公式HPより引用
爽快な映画だけでは物足りない!後味の悪い結末を迎える作品を観て、物語のその後を考えてみるのも映画の醍醐味の1つでは?4月はバッドエンドやモヤモヤが残る後味の悪い作品5作品を大特集!エル・ファニング主演、女性たちの欲望渦巻くファッション業界を描いた最新作『ネオン・デーモン』や、アメリカの大学を舞台に暴力的いじめ問題を真正面から捉えた衝撃の青春ドラマ『ゴート』、後味の悪い映画の代名詞ともいえるブラッド・ピット主演の『セブン』、人口増加による食糧問題を題材としたSF映画『ソイレント・グリーン』など、サスペンス、ドラマ、SFなど様々なジャンルのズシっと重めの後味、全5作品分お届けします。




  

THE NEON DEMON ネオン・デーモン
 
KAZUHIRO009_TP_V.jpg

写真はイメージで作品とは関係ありません。


4/16(月)深夜 1:20

作品解説
『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督によるサスペンス。女たちの欲望渦巻くファッション界を描く。
『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞に輝いたニコラス・ウィンディング・レフン監督が、エル・ファニングを主演に迎えたサスペンス。ファニングは欲望渦巻くファッションモデルの世界に飛び込んだヒロインを演じ、キアヌ・リーヴスが怪しい魅力で脇を固める。レフン監督にとって初めて女性を主人公にした作品で、究極の美に執着する女たちの行き過ぎた情熱と官能を、スタイリッシュな映像表現でダークなお伽話に仕立て上げた。

ストーリー
誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳の少女ジェシー。トップモデルになる夢を叶えるために田舎町からロサンゼルスへやって来た彼女は、すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスを掴む。そんなジェシーに異常な嫉妬心を燃やし、引きずりおろそうとするライバルたち。だが、ジェシーも自身の中の激しい野心を目覚めさせ、永遠の美のためなら悪魔に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まってゆく…。 





SE7EN セブン

D157_haripotadaiseidou_TP_V.jpg

写真はイメージで作品とは関係ありません。


4/17(火)深夜 1:30

作品解説
ブラッド・ピット主演のクライム・サスペンス。キリスト教の“七つの大罪”をモチーフに、連続殺人事件を追う2人の刑事を描く。
ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンが、猟奇連続殺人事件を追う刑事を演じたサイコ・サスペンス。ベテランと新人のコンビという刑事ドラマの王道的設定を使いながら、異常犯罪、宗教、文学など様々な要素を盛り込み、スタイリッシュな映像と衝撃的な結末が話題に。デヴィッド・フィンチャー監督の名を一躍世に知らしめると同時に、ブラッド・ピットとは本作以降、名コンビへと発展。謎の犯人を演じた俳優の正体にも注目。

ストーリー
ベテラン刑事サマセットと若手刑事ミルズが、殺人事件の現場に急行。被害者は大男で、食べ物の中に顔を埋めて死んでいた。死因は食物の大量摂取による内臓破裂。犯行現場には“大食”という文字が残されていた。また程なく次の死体が発見される。今度の被害者は凄腕弁護士で、現場には“強欲”と残されていた。サマセットはそれぞれに残された文字から、犯人がキリスト教における7つの大罪に因んだ殺人をしていると分析する。









SOYLENT GREEN ソイレント・グリーン

4/18(水)深夜 1:10

作品解説
チャールトン・ヘストン主演のSFサスペンス。食糧危機に陥った近未来を舞台に、巨大企業の陰謀に挑む刑事を描く。
食料難に陥った近未来を舞台に、殺人事件をきっかけに明らかとなる想像を越えた巨大企業の陰謀を描いたSFサスペンス。『トラ・トラ・トラ!』のリチャード・フライシャー監督が、絶望的な未来社会を現代社会の延長線上の世界として描写。主人公の刑事をチャールトン・ヘストンが熱演し、刑事ドラマのようなサスペンスタッチで物語が展開する。合成食品「ソイレント・グリーン」の謎が明かされる衝撃的なラストはあまりにも有名。

ストーリー
2022年の地球上は人間があふれ、食糧不足と大気汚染が深刻な問題になっていた。ニューヨークでは、ソイレント社から週1回配給の固形食品に代わって新製品ソイレント・グリーンが発表された。ある日、そのソイレント社の幹部サイモンが殺される事件が発生。殺人課刑事ソーンは、捜査にあたるうちにソイレント・グリーンの恐るべき秘密を知ってしまう…。





SECRET WINDOW シークレット ウインドウ

4/19(木)深夜 1:00 

作品解説
スティーヴン・キングの小説をジョニー・デップ主演で映画化したスリラー。謎の男から盗作疑惑をかけられた作家の恐怖を描く。
身に覚えのない盗作疑惑をかけられた人気作家が、謎の男に不条理に追い詰められてゆく姿を描いたスリラー。スティーヴン・キングらしい“文字遊び”という伏線と、じわじわと迫り来る恐怖が特徴だが、人気作家の苦悩というテーマもキングらしい題材の作品。ジョニー・デップは役作りで、ジェームズ・ディーンも愛用したタートオプティカル社の眼鏡フレームを使用。撮影後もプライベートだけでなく、来日時などでも使用している。 

ストーリー
湖畔に建つ別荘で創作中のベストセラー作家モートは、妻との離婚調停に身を削られ、執筆活動も行き詰まっていた。そんなある日、モートの前にシューターと名乗る正体不明の男が現われ、自分の小説をモートが盗作した、と言い放つ。最初は全く取り合わないモートだったが、シューターが置いていった原稿の内容は、モートの著書「秘密の窓」と瓜二つだった。以来、モートはシューターから執拗に付きまとわれることになるが…。





GOAT ゴート

4/20(金)深夜 1:10

作品解説
大学の社交クラブに入った19歳の青年が、“兄弟”の名のもとに行われる暴力的な通過儀礼にさらされる姿を描く青春ドラマ。
アメリカの大学の男子学生による友愛社交クラブ“フラタニティ”で日常的に行われる、通過儀礼と称した暴力的ないじめの問題を提起するシリアスな社会派青春ドラマ。新入生たちをヤギ=GOAT(ゴート)と呼び、家畜のように扱うシーンは衝撃的。体罰やいじめの問題などは日本の学校での問題ともリンクし、観る者に鋭く問題提起する。フラタニティのOB役でジェームズ・フランコが、短い出演シーンながら印象的な演技を見せる。

ストーリー
19歳の青年ブラッドは、大学生の兄が所属する社交クラブのメンバーたちが集まるパーティに参加した。乱痴気騒ぎに嫌気がさしたブラッドは、兄を置いて先に家路につくが、見知らぬ若者たちを親切心から車に同乗させたところ、突然暴行され瀕死の重傷を負う。回復後、兄と同じ大学に進学したブラッドは、兄が所属する社交クラブに入ることにするが、そこでは“兄弟”の名のもとに行われる暴力的な通過儀礼が待ち受けていた…。







この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7526469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。