UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月08日

あのロボット活劇の続編がついに公開!日本人キャストも出演

ロボットVS怪獣なんてシチュエーションなんて男なら結構、わくわくしますよね。ウルトラマンや仮面ライダーなどお節介オヤジが子供の頃から正義VS悪の図式はありましたし大好きでした。世界中で大ヒットするのもわかりますね。

全世界大ヒットKAIJUアクション超大作「パシフィック・リム」ファン熱望の最新作!

IMG_0718.jpg


地球滅亡の危機は、太平洋からやってきた。
海底から突如出現した凶暴なKAIJUと人型巨大兵器JAEGER(イェーガー)の激闘を描いた「パシフィック・リム」は、その圧倒的なスケール、重厚感のあるアクションから世界各国で大ヒットを記録。日本のアニメや特撮文化へのリスペクトと愛が溢た「パシフィックリム」は、日本でも多くの熱狂的なファンを生み出した。
そして2018年、待望の最新作が遂に公開。主演を務めるのは、「スターウォーズ/フォースの覚醒」で世界的ブレイクを果たしたジョン・ボイエガ。さらに前作で森マコ役を演じた菊地凛子やチャーリー・デイ、バーン・ゴーマンら人気キャストの続投も。そしてジン・ティエンや新田真剣佑など世界中の人気スターが新たに加わるなど、空前絶後の巨大プロジェクトに相応しい豪華キャストが集結。日本を含む全世界の都市を舞台に、超巨大KAIJUとJAEGER(イェーガー)による新世代の戦いが繰り広げられる。

ストーリー

IMG_0719.jpg


人類とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻ってきていた地球。しかし進化を遂げたKAIJUが再び姿を現した事で、つかの間の平和は脆くも崩れ去る。
さらに、謎の黒いイェーガー”オブシディアン・フューリー”の出現により、人類を守るはずのイェーガー同士による激しい戦いも発生。果たして…
スタイリッシュに洗練されパワーアップした新世界のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくる危機を乗り越える事ができるのか?!



出演者

IMG_0720.jpg


ジョン・ボイエガ/ジェイク・ペントコスト
人類のために犠牲となった英雄スタッカー・ペントコスト司令官の息子。偉大なる父とは別の道を歩むも、運命が彼を新たな戦いに導いていく。
スコット・イーストウッド/ネイト・ランバート
PPDCトップクラスのパイロットであり、若い才能の育成みの力を注ぐ。かつてパートナーであったジェイクとは過去に浅からぬ因縁がある。
ケイリー・スピーニー/アマーラ・ナマーニ
つらい過去を背負い、KAIJUへの復讐を心に誓う少女。極秘に自分の手でイェーガーを作り上げるが、やがて壮大な戦いに巻きこまれていく。
菊地凛子/森マコ
ジプシー・デンジャーのパイロットとして人類を救った英雄。世界を守るために今も戦っている。



パシフィック・リム見るならdTV

あらすじ

2013年8月11日午前7時。太平洋の深海から突如現れた謎の巨大生命体によって、まずサンフランシスコ湾が襲撃された。打つ手のないまま3つの都市がわずか6日間で壊滅、人類は絶滅の危機に晒される。人類に残された道は“絶滅”するか“戦う”かのふたつしかない。そんな中、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィック・ディフェンス・コープ)を設立、専門家たちの英知を結集して人型巨大兵器“イェーガー”を開発する。だが、人類をあざ笑うかのように、巨大生命体は次々と海底から姿を現し、破壊を繰り返す。巨大生命体の侵攻を食い止めるため、そして人類存続のため、モリ・マコ(菊地凛子)ら選ばれたパイロットたちは“イェーガー”に乗り込んでいくのだった……。
解説

未知なる巨大生命体と人型巨大兵器の壮絶なバトルを描くSFアクション。監督は「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ。出演は「トゥモロー・ワールド」のチャーリー・ハナム、「プロメテウス」のイドリス・エルバ、「バベル」の菊地凛子、「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマン、「うさぎドロップ」の芦田愛菜。2D/3D同時公開。

2013年 / アメリカ
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:チャーリー・ハナム, イドリス・エルバ, 菊地凛子, チャーリー・デイ, ロバート・カジンスキー, マックス・マーティーニ, ロン・パールマン, 芦田愛菜
脚本:トラヴィス・ビーチャム, ギレルモ・デル・トロ
製作総指揮:カラム・グリーン



posted by お節介オヤジ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | dTV
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7508969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。