UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月05日

これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。

人気作家東野圭吾の作家デビュー30周年記念作品で、東野は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」とコメントしている。その作品が『ラプラスの魔女』
『ラプラスの魔女』が映画化されて5/3から公開されますね。主演が嵐の櫻井翔さんなのでジャニーズファンの方も劇場に足を運ばれると思いますが、東野圭吾さん原作なので沢山の大人の方も劇場公開を待っているのではないでしょうか?

KAZUHIRO009_TP_V.jpg



『ラプラスの魔女』原作

遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きた。検証に赴いた地球化学研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ!

映像プロデューサーの水城義郎が、妻と訪れた赤熊温泉で硫化水素のガス中毒で死亡した。その事故の3か月ほど前に水城の母親・水城ミヨシから、義郎のことで相談を受けていた中岡祐二刑事は、気になってミヨシに連絡を取ってみると、義郎の事故後に首を吊って自殺したことを知る。ミヨシの老人ホームで、遺品整理に現れた水城の妻・水城千佐都と遭遇した中岡は、千佐都が義郎殺害に関与したと確信する。中岡は、赤熊温泉の事故調査を手掛けた青江修介教授に意見を求めるが、硫化水素ガス中毒で殺人を遂行するのは、屋外では不可能だと断言される。しかし、中岡は諦めきれずに地道に聞き込み捜査を行っていた。

一方、青江は不可能だと言ったものの、考えれば方法はありそうで気になっていた。そんな時、今度は苫手温泉で硫化水素ガス中毒の死亡事故が起きる。地元新聞社から依頼されて苫手温泉で事故調査をしていた青江は、赤熊温泉の事故調査中に出会った羽原円華と再会する。円華の不思議な力を目撃し、また、担当した2つの事故調査の見解に自信が持てなくなっていた青江は、中毒死した水城義郎や那須野五郎のことを調べるうちに、映画監督の甘粕才生のブログに行き当たる。そこには家族に起きた悲惨な事故のこと、そして家族のことが書かれていた。
XEM626002_TP_V.jpg

 
映画『ラプラスの魔女』あらすじ

初老の男性が妻と訪れた温泉地で、硫化水素中毒により死亡した。事件の担当刑事・中岡は、妻による遺産目当ての計画殺人ではないかと疑いを抱く。
警察からの依頼で事故現場の調査を行った地球化学の専門家・青江修介教授は、「気象条件の安定しない屋外で、致死量の硫化水素ガスを吸引させる計画殺人は実行不可能」と断定、事件性を否定した。それから数日後。別の地方都市でも硫化水素中毒による死亡事故が発生、その被害者が前回の事故で死亡した男と顔見知りであることが判明した。
青江は新たな事故現場の調査に当たるが、やはり前回同様、事件性は見受けられない。遠く離れた場所で同じ自然現象による事故が連続して起こり、被害者が知人同士だった……この事実は、単なる奇妙な偶然なのか?

だが、もしこれらが事故でなく、連続殺人事件と仮定するのであれば、犯人は【その場所で起きるすべての自然現象をあらかじめ予測していた】ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。未来を予見する知性=「ラプラスの悪魔」など現実に存在するはずがない……。

行き詰る青江の前に、1人の女が現れた。彼女の名は、羽原円華。事件の秘密を知る人物・甘粕謙人の行方を追っているという。怪しむ青江の目の前で、円華は、これから起こる自然現象を言い当ててみせた。円華の「予知」に隠された秘密とは? 甘粕謙人とは何者なのか? そして動き出す、第三の事件……。
青江の想像をはるかに超える、おそるべき全貌とは!? 驚愕と衝撃の結末に向けて、彼らの運命が大きく動き始めた。
PAK85_anzendaiichi20141223130717_TP_V.jpg


『ラプラスの魔女』出演キャスト

  • 青江修介/櫻井翔
  • 羽原円華/広瀬すず
  • 甘粕謙人/福士蒼汰
  • 甘粕才生/豊川悦司
  • 羽原全太朗/リリー・フランキー
  • 中岡祐二/玉木宏
  • 水城千佐都/佐藤江梨子
  • 武尾徹/高嶋政伸
  • 桐宮玲/TAO
  • 奥西哲子/志田未来
  • 羽原美奈/檀れい
 




東野圭吾原作作品見るならU-NEXT

動画の配信期間は作品毎に異なります。作品の公開日程をご確認下さい。

手紙

2006年 見放題
この兄と弟の絆は言葉にできない。東野圭吾の代表作をTBSの名ディレクターが映画化
見どころ
「3年B組金八先生」などのTBSの名ディレクターが東野圭吾のベストセラーを大胆に脚色して映画化。小田和正が歌う主題歌が流れる時、涙を止めることができるだろうか?
ストーリー
漫才師を目指す武島直貴は、人には言えない秘密があった。それは服役中の兄がいるということ。兄・剛志は直貴の学費のために盗みに入り、誤って人を殺してしまったのだ。やがて直貴が若手お笑いコンビとして注目され始めた時、秘密が世間に知られてしまう…。
ここがポイント!
悲痛な思いを抱えて生きる主人公を演じた山田孝之の演技が素晴らしく涙を誘う!また主人公が漫才師を目指す設定ということで、当時の太田プロの若手が多数出演している。
2018年9月30日 23:59まで配信 コピーライトマーク2006『手紙』製作委員会
容疑者Xの献身

2008年 432円 ポイントOK
東野圭吾原作のTVドラマ「ガリレオ」の天才物理学者・湯川学がスクリーンに登場!
見どころ
福山雅治主演で人気を博した「ガリレオ」の映画版で、TV版のコミカルな要素を排除して傑作ミステリーへと昇華。容疑者を演じる堤真一など、豪華な配役も見どころ。
ストーリー
花岡靖子は娘の美里とふたりで質素なアパートに暮らしていた。その隣人である高校の数学教師・石神は孤独な日々を送る中年であったが、この母娘とだけは交流があった。そんなある日、靖子の元夫が死体で発見され、事件解明に湯川学が乗り出すが…。
ここがポイント!
原作は直木賞を受賞し、主要ミステリー小説ランキングの年間1位に選出。また韓国では、映画「容疑者X 天才数学者のアリバイ」としてリメイクされた。
2018年6月30日 23:59まで配信 コピーライトマーク2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社 
容疑者X 天才数学者のアリバイ

2012年 韓国 見放題
東野圭吾の直木賞受賞作「容疑者Xの献身」を斬新なアレンジで映画化した韓国版
見どころ
原作との最大の違いは天才・湯川博士(邦画版の福山雅治)が登場しないこと。思い切ったアレンジをしつつも、泣けるミステリーとしてグレードアップしている。
ストーリー
高校の数学教師・ソッコは、隣室に住む女性・ファソンが殺人を犯したことを知る。ソッコは彼女のために完璧なアリバイを考えだし、ファソンは捜査線上から無事逃れる。そんな中、徐々にソッコの態度に変化が現れる。そこには驚くべき秘密が隠されていた。
2019年3月4日 23:59まで配信 コピーライトマーク2012 CJ E&M CORPORATION, All Rights Reserved.
真夏の方程式

2013年 432円 ポイントOK
天才物理学者・湯川学が再び登場!「ガリレオ」シリーズの映画版第2弾
見どころ
福山雅治演じる湯川学が、美しい海辺の町で事件に遭遇。苦手なはずの少年との交流を通じてその真相に迫っていく。柴咲コウから交代した新相棒・吉高由里子も登場。
ストーリー
環境保護か資源開発かで揺れる海辺の町・玻璃ヶ浦にやって来た湯川。彼の目的は、物理学者として開発説明会のアドバイザーを務めることであった。そんな中、湯川と同じ旅館に泊まっていた男性客が行方不明となり、その翌朝に死体で発見される。
ここがポイント!
杏扮するヒロインの子供時代を演じた豊嶋花は、杏主演のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」でも彼女の子供時代を演じている。
2018年6月30日 23:59まで配信 コピーライトマーク2013 フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜

2011年 432円 ポイントOK
東野圭吾が生んだ人気キャラクター、加賀恭一郎を阿部寛が演じるTVドラマの劇場版
見どころ
原作者の東野圭吾が自ら“シリーズ最高傑作”と認める「麒麟の翼」を、「いま、会いにゆきます」の土井裕泰監督が映画化。事件を解く鍵を握るヒロイン役で新垣結衣が出演。
ストーリー
東京・日本橋の麒麟像の前で、胸を刺されたまま8分間も歩き続けた男性の死体が発見される。しかし、容疑者とされる青年は逃走の際に事故に遭い、意識不明に。被害者の行動に疑問を抱いた刑事・加賀恭一郎は捜査を進めるが、やがて意外な真実が明らかになる。
2018年6月30日 23:59まで配信 コピーライトマーク2012 映画「麒麟の翼」製作委員会 
関連記事:GWは映画を楽しみましょう!A



櫻井翔、「外タレ気分です」 東京ミッドタウン日比谷でインタビュー攻め

映画.com 2018年4月4日 22:40配信記事より引用
ベストセラー作家・東野圭吾氏の小説を映画化する「ラプラスの魔女」の完成記念イベントが4月4日、東京・日比谷の東京ミッドタウン日比谷ステップ広場で行われ、主演の櫻井翔をはじめ共演の広瀬すず、福士蒼汰、志田未来、佐藤江梨子、高嶋政伸、メガホンをとった三池崇史監督が出席。登壇陣が同所の大階段に現れると、詰めかけた観客約1000人から悲鳴のような歓声があがった。

主人公の地球化学研究者・青江修介を演じた櫻井は、レッドカーペットを歩き終えて「(サウンドバイツエリアでは)テレビ各局からのインタビューもありました。外タレ気分です(笑)。高揚感でいっぱいです」と満足げだ。映画単独主演は約4年ぶり、三池監督とのタッグは約9年ぶりとなったが、「(三池組は)故郷に帰ってきたといいますか、昔のクラスメートとの再会と言いますか。およそ10年前の『ヤッターマン』と同じスタッフが何人もいらっしゃいましたし、気心知れた方々と、つい半年、1年前にご一緒していたような、柔らかい空気で撮影させていただきました」と充実感をみなぎらせた。

また、一同には「青江と櫻井さんは似ているか?」との質問が。初共演の広瀬が「似てると思います。いい意味で壁を作らないでいてくださるので、私が強引に引っ張っていくシーンでも、やりやすかったです」と明かすと、櫻井は「嬉しいですね。青江は(広瀬演じる)円華に巻き込まれる役。現場でも、広瀬さんが『この時間を使って、トレーニングしましょう』なんて言っていて。『はい、やりましょう』と、役どころと同じ関係性のまま現場にいられました」と振り返った。

トレーニングの内容は「スクワットやダッシュなど、ガチ目なやつ」だったそうで、櫻井は「広瀬ズ・ブートキャンプ」と表現。クライマックスシーンの撮影でも「福士くんも参加して、3人でトレーニングしていました」といい、「私は20分くらいトレーニングしていました。撮影を行っているので、スタッフさんに呼ばれます。私、汗だくなわけです。最低でした。非常に強く反省しています」と苦笑いを浮かべた。それでも、広瀬が「私が『もう1セットいきますか、どうしますか?』と聞くと、『任せる』と。でも『櫻井さんが決めてください』と言うと、必ずもう1セットやるんですよ」と述べると、「優秀な生徒ですから」とドヤ顔を見せていた。


ラプラスの魔女」は、地球化学の研究者・青江(櫻井)が、連続して起きた“自然現象下での硫化水素中毒死”を追う過程で、これから起こる自然現象を言い当ててみせた謎の女性・羽原円華(広瀬)らと出会い、新たな事件へと巻き込まれていく姿を描いた。5月4日から全国で公開。
 
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7508315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。