UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年06月14日

恐竜ワールドが帰ってくる ジュラシック・ワールド/炎の王国

恐竜映画と言えば、「ジュラシック・パーク」ですよね。そのジュラシック・パークがスクリーンに登場してから25周年だという。もうそんなに経つのかと…そのジュラシックシリーズの新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が7月13日全国公開されますね。人気恐竜や新種の恐竜も登場すると言う。「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の公開が楽しみです。日本公開前のオープニング興行でも大ヒットスタートをきった様です。

恐竜ワールドが帰ってくる ジュラシック・ワールド/炎の王国


ジュラシック・ワールド炎の王国.jpg



AEON CINEMA ENTERTAINMENT Magazine より引用
2015年に日本で年間最高興行収入を記録した「ジュラシック・ワールド」から3年、ついに待望の続編が完成した。恐竜たちの大暴走でテーマパークが崩壊するというストーリーが描かれた前作。今作は恐竜たちが暮らすパーク跡地の島で火山が大噴火!恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちが判断を迫られることに…前作に登場し人気を博したヴェロキラプトルのブルーや、シリーズ顔ともいえるT・REXが今回も大暴れ!さらに新種も次々と登場し、シリーズ史上最多の恐竜が観客を呆然とさせる。シリーズの生みの親、スティーブン・スピルバーグとコリン・トレボロウ前監督が製作総指揮を務めるほか、第1作「ジュラシック・パーク」などに出演したジェフ・ゴールドブラムがカムバック。想像をはるかに超えるスリル&スケールに世界が再び仰天する。


公開された48の国と地域全てで、オープニング興収No.1。15の国と地域で『ジュラシック・ワールド』シリーズ史上最高のオープニング興収を記録!!!


ジュラシック・ワールド/炎の王国公式HPより引用

ジュラシック・ワールド炎の王国1.jpg



この度、日本公開に先駆け6月6日より48ヵ国/地域で公開を迎えた本作が、インターナショナルオープニング興収約1億5110万ドル(約166億円※6月12日時点レート換算)を売上げ、公開された48の国と地域全てで、初登場No.1を獲得!

さらに、うち15の国と地域では、『ジュラシック・ワールド』シリーズ史上最高のオープニング興収を記録する大ヒットスタートを切りました!

6月22日の北米公開を前に、映画史に革命を起こした “ジュラシック”シリーズ25周年に相応しいに盛大な大ヒットスタートを切り始めた本作。SNSでは「これぞジュラシックだ!!」「ブルーとオーウェンの絆が泣けるね」「始まりから終わりまで色んなハラハラドキドキが待っていた!」といった感想が続々とアップされております!!シリーズ史上最高クオリティの<圧倒的ジュラシック体験>で世界中の夏を席巻すること間違いなしの本作に是非ご注目ください!!!

==================

【『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 インターナショナル興行成績】
インターナショナルオープニング興行収入(48の国と地域) 6/6〜6/10:約151,100,000ドル
※BOX OFFICE ANALYST調べ 6月12日現在

==================
 

ジュラシック・ワールド/炎の王国公開前にジュラっシックシリーズを見てみては如何ですか?

ジュラシック・ワールド

『ジュラシック・パーク』を超える感動と興奮!スピルバーグ史上最高にして、2015年最大のヒット作!!




恐竜の謎と優れた特性を体験し、至近距離でふれあうことができる高級リゾート「ジュラシック・ワールド」。このパークのマネージメントに意欲満々の野心家クレアの元へ2人の甥っ子、16歳のザックと11歳のグレイが訪ねてくる。フリーパスを渡された2人は、ジャイロスフィアという360度周りが見渡せるアトラクションに乗って恐竜の間を回っていた。しかしその時、あまりの凶暴さゆえに隔離状態で飼育されていた、禁断の遺伝子組み換え大型恐竜「インドミナス・レックス」が逃亡し、ジャングルの奥深くへと姿を消す。それはパーク内のすべての生き物の命が危険にさらされていることを意味していた…。

監督: コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー
脚本:リック・ジャッファ&アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー&コリン・トレボロウ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
オーウェン:クリス・プラット
クレア:ブライス・ダラス・ハワード
ホスキンス:ヴィンセント・ドノフリオ
グレイ:タイ・シンプキンス
ザック:ニック・ロビンソン
バリー:オマール・シー
ヘンリー・ウー博士:B・D・ウォン
マスラニ:イルファン・カーン

ジュラシック・パーク3

恐竜映画のメガヒット・シリーズ第3弾!スピルバーグが贈るシリーズ最高の恐怖!
行方不明となった少年を追って再び禁断の孤島で決死のサバイバル!




パラセイリングを楽しんでいた少年エリックと、彼の母親の友人は、事故により恐竜の生息区域“サイトB”と呼ばれるソルナ島に不時着したまま行方が途絶える。8週間後、古生物学者のアランと助手のビリーの元に、事業家を名乗るポールとその妻アマンダが、ソルナ島観光ツアーのガイドに訪れる。研究資金に困窮していたアランは、島の上空を飛行機で回るだけという条件で渋々それを受託することに。ところが、その約束に反し、夫妻は強引に飛行機を島に不時着させる。ポールたちの真の目的は、ソルナ島で行方不明となった息子エリックを探し出すことだったのだ。再び、恐竜たちの世界に足を踏み入れてしまったアランたちに、高い知能をもつラプトルや最大の肉食恐竜スピノサウルスらが容赦のない牙を剥く……。
前作2作を監督したスピルバーグは製作総指揮にまわり、『ミクロキッズ』『ジュマンジ』のジョー・ジョンストンが監督を務める第3作。声によるコミュニケーションなど高度な知能を持つラプトルの意外な生態や、ティラノサウルスを上回る凶暴性を誇る巨大肉食獣スピノサウルスなど、シリーズ最高の恐竜造形に思わず息を呑む。

監督: ジョー・ジョンストン
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
製作:キャスリーン・ケネディ、ラリー・フランコ
脚本:ピーター・バックマン、アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
原作:マイケル・クライトン
アラン・グラント博士:サム・ニール
ポール・カービー:ウィリアム・H・メイシー
アマンダ・カービー:ティア・レオーニ
ビリー・ブレナン:アレッサンドロ・ニヴォラ
エリック・カービー:トレヴァー・モーガン

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク


巨匠S・スピルバーグが再び放つ!パニック・アクション超大作の続編!
隔絶された無人島で増殖した恐竜たちが人間に牙を剥く!




通称“サイトB”と呼ばれるソルナ島に極秘で作られた、生きた恐竜のテーマパーク“ジュラシック・パーク”。パーク閉鎖後、野放しとなった恐竜たちは、今も滅びることなく繁殖を続けていた。そんなある日、数学者イアンは、インジェン社社長のハモンドから再び、恐竜たちの生態を調査するよう依頼される。その危険性から彼は拒否の態度を示すも、恋人の古生物学者サラが既に島に向かった事実を知り、仕方なく島へと出発する。だが、その後ハモンドに代わり社長に就任したピーターが、倒産寸前の会社を救うために恐竜を見せ物にする計画を立案。ハンターを雇い、大規模な恐竜捕獲作戦を始める。
恐竜をこよなく愛する巨匠、スティーヴン・スピルバーグが、前作を上回るスケールで描いた超大作の続編。ジェフ・ゴールドブラム扮するイアン・マルコム博士が単なる皮肉屋だった前作からリーダーとして頼れる男に大変身。ステゴサウルスなど、前作より種類が大幅に増えた恐竜たちの活き活きとした姿が感動的だ。

監督: スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮: キャスリーン・ケネディ
製作: ジェラルド・R・モーレン、コリン・ウィルソン
脚本:デイヴィッド・コープ
原作:マイケル・クライトン
イアン・マルコム:ジェフ・ゴールドブラム
サラ・ハーディング:ジュリアン・ムーア
ジョン・ハモンド:リチャード・アッテンボロー
ピーター・ラドロー:アーリス・ハワード

ジュラシック・パーク

スピルバーグが歴史を変えた!恐竜映画の金字塔がここに誕生!
DNAクローン技術で蘇った恐竜が制御を破り、人間に襲いかかる!




コスタリカの西方に浮かぶイスラ・ヌブラル島。最新クローン技術によって恐竜を現代に甦らせたインジェン社社長のハモンドは、生きた恐竜が闊歩するテーマパーク“ジュラシック・パーク”を建造。その安全性を調査検証するため、さまざまな分野の専門家を島に招く。古生物学者のアラン、古代植物学者のエリー、数学者イアンに、ハモンドの孫が加わり、パーク内を見学するツアーに向かった一行。高電圧流の柵に囲まれたパークは、コンピューターによる制御で安全と思われたが、予期せぬトラブルが発生。暴走し始めた肉食恐竜がアランたちに襲いかかる……。
ベストセラー作家マイケル・クライトンの原作を、スピルバーグが驚愕のVFX映像で映画化したパニック・アクション大作。あたかも本物の恐竜が原題に甦ったかの如くリアルなCG映像を実現した本作は、観客の度肝を抜き、映画の歴史を変える記念碑的作品となった。

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:キャスリーン・ケネディ、ジェラルド・R・モーレン
脚本:マイケル・クライトン、デイヴィッド・コープ
原作:マイケル・クライトン
アラン・グラント博士:サム・ニール
エリー・サトラー:ローラ・ダーン
イアン・マルコム:ジェフ・ゴールドブラム
ジョン・ハモンド:リチャード・アッテンボロー
ヘンリー・ウー博士:B・D・ウォン

恐竜ワールドが帰ってくる ジュラシック・ワールド/炎の王国の全国公開は7/13です。それまでにジュラシックシリーズを振り返ってみては如何ですか?終末の天気もあまりよくないようなのでレンタルDVDなどを仮に行くのは面倒ですよね。そんな時は動画配信(VOD)で見てみては如何ですか?




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7771043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。