UA-91246306-2
プロフィール
お節介オヤジさんの画像
お節介オヤジ
サラリーマン生活で一番長い業界はコンビニ。そのコンビニで商品仕入れ、開発、マーケティングなどを務めてきましたが、コンビニ退職後は、デジタルサイネージの業界にその後は…映像関係の事は多少は知識があると思っています。
プロフィール
最新記事

エンターテインメントランキング
検索
QRコード
ファン
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年06月05日

U-NEXT 「NCISシリーズ」など見放題 CBSと包括的コンテンツライセンス契約。

アメリカのテレビドラマシリーズって一度ハマるとずっと見たくなりますよね。U-NEXTはCBSと包括的コンテンツライセンス契約したと発表されましたね。この契約で「NCISシリーズ」など見放題になりますね。

U-NEXT、CBSと包括的コンテンツライセンス契約。「NCISシリーズ」など見放題

AV Watch 2018年6月4日 00:01配信記事より引用

U-NEXTは、米CBS Studios Internationalと長期にわたる包括的コンテンツライセンス契約を締結した。これにより、「NCIS」全シリーズなどの米CBSの人気作品を、1日より見放題で順次配信開始する。

CBSはアメリカの地上波3大チャンネルの1つ。包括的コンテンツライセンス契約締結により、CBSの人気作品が続々とU-NEXTに登場する。まずは、8年連続全米ドラマ視聴率No.1の人気作「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班」など、「NCIS」全3シリーズを網羅。さらに「ELEMENTARY/エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」、「HAWAII FIVE-0」、「SCORPION/スコーピオン」や、日本初配信となる「REIGN/クイーン・メアリー」など、1,300話以上の作品が6月1日より順次、見放題で配信開始する。


配信作品


2018年6月1日(金)
・NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班(シーズン1〜14)
・NCIS: NEW ORLEANS ニュー・オリンズ(シーズン1〜2)
・REIGN/クイーン・メアリー(シーズン1)

2018年6月8日(金)
・NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班(シーズン1〜8)
・ELEMENTARY/エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY(シーズン1〜4)
・SCORPION/スコーピオン(シーズン1〜3)

2018年6月15日(金)
・HAWAII FIVE-0(シーズン1〜6)
・THE GOOD WIFE/グッド・ワイフ(シーズン1〜7)

2018年7月1日(日)
・NCIS: NEW ORLEANS ニュー・オリンズ(シーズン 3)
・HAWAII FIVE-0 (シーズン7)
・REIGN/クイーン・メアリー(シーズン 2)

ncis_s8_L.jpg



NCIS ネイビー犯罪捜査班

全米ドラマ視聴率ナンバーワン!
米海軍に関する様々な難事件に立ち向かうNCIS(海軍犯罪捜査局)の活躍を描いた世界的大ヒットドラマ犯罪捜査ドラマ


作品概要

全米ドラマ視聴率No.1*
米海軍に関わる事件を捜査するNCIS(海軍犯罪捜査局)の活躍を描いた大ヒット犯罪捜査ドラマがスーパ−!ドラマTVに登場!

イントロダクション

米海軍に関する事件を捜査する海軍犯罪捜査局(NCIS)の活躍を描いた「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、全米でロングラン・ヒットを記録した大人気シリーズ「犯罪捜査官ネイビーファイル」のスピンオフとして誕生した犯罪捜査ドラマ。2003年より米CBSにて放送開始した本作は、スタートから間もなく爆発的な人気を獲得し、2009年〜2016年にわたり全米ドラマ視聴率No.1※に輝く高視聴率ヒットを記録。全米では最新シーズンとなるシーズン15が放送中の大人気シリーズだ。

本作の全米での大ヒットをうけて、2009 年にはそのスピンオフ・シリーズとなる「NCIS: LA 〜極秘潜入捜査班」が登場、2014年からは2つ目のスピンオフとして、ルイジアナ州のニューオーリンズ支局を舞台にした「NCIS: ニューオーリンズ」が放送スタート。「NCIS」シリーズは一大フランチャイズを形成し、 いずれもアメリカをはじめ世界各国で大ヒットを記録している。

ワシントンD.C.を拠点に海軍関係者が絡んだ殺人から、テロ、暗殺など様々な難事件の捜査に挑む精鋭チームNCISの活躍を描く本作。緊迫感溢れるスリリングなストーリー展開に加え、頼りがいのある絶対的リーダーのギブス、お調子者で女好きなタブガイ捜査官トニー、科学捜査をマルチにこなす分析官アビー、おしゃべり好きでギブスが絶大な信頼を寄せるベテラン検視官ダッキーら、ユニークで個性豊かなメンバーが織り成すコミカルで絶妙なチームワークの良さも本作の魅力だ。

チームリーダーのギブスを演じるのは映画『プレシディオの男たち』『ワイアット・アープ』『君がいた夏』などで知られるマーク・ハーモン。また、TV「ダーク・エンジェル」のローガン役でおなじみのマイケル・ウェザリー、往年の名作シリーズ「0011ナポレオン・ソロ」のデヴィッド・マッカラムといった実力派キャストが脇を固めている。

大ヒットドラマ「NCIS」シリーズが世界中で愛される理由

「NCIS: ニューオーリンズ」の本家であり、2015年秋よりシーズン13に突入する長寿番組「NCIS ネイビー犯罪捜査班」。今やアメリカで「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」に次ぐ2 番目の現役最長ドラマであり、常に全米視聴者数ランキングでトップ圏内を争う不動の人気を獲得しているが、実は最初から快進撃を続けてきたわけではない。番組スタート当初は視聴者数トップ20にも届かず、逆にイギリスでの受けの方が良かったと言われている。

だが、シーズンを重ねるごとに着実に視聴者数を伸ばし、シーズン6にてトップ10圏内へ。シーズン10ではアメフト中継やリアリティ番組などドラマ以外も含めた全てのライバルを押しのけ、堂々の年間視聴者数1位を獲得するに至った。さらに、2009年に始まった最初のスピンオフ番組「NCIS: L.A.」もシーズン1からトップ10 に食い込み、2014年スタートの「NCIS: ニューオーリンズ」シーズン1も本家の第3位に次ぐ第4位をマーク。さらには2014年〜2015年シーズンにスタートした新ドラマの中でもナンバーワン※の視聴者数を維持し、見事にフランチャイズ展開を大成功させているのだ。

では、それほどまでに「NCIS ネイビー犯罪捜査班」が愛されている理由とは何なのか?まずはキャラクターの魅力を挙げないわけにはいくまい。これは、チームリーダーであるギブス捜査官を演じる俳優マーク・ハーモンもたびたび言及しているが、「NCIS ネイビー犯罪捜査班」の成功の最大の要因は個性豊かでチャーミングなメンバーたちの織り成す人間ドラマとチームワークの良さにあると言えよう。

冷静沈着で頼り甲斐のあるギブスを筆頭に、お調子者でプレイボーイのトニー、ギークなゴス系キャラの女性分析官アビー、ユーモアセンスのブラックな毒舌キャラの検視官ダッキーなど、いずれのメンバーも親しみやすくて味がある。しかも、シリーズを通して彼らの人生背景や過去、家族関係やプライベートなども丁寧に描かれていく。そもそもアメリカのテレビ業界では、いくらストーリーが面白くとも登場人物に魅力がなければ長続きしないと言われるほど、キャラクターの描き込みは最も重要な要素。視聴者が登場人物に感情移入できなければ、毎週見ようとは思わない。その点において、シーズンを見進めるに従って人物描写に深みの増していく「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は理想的な成功例と呼べるかもしれない。

DVDレンタル店、他動画サービスでは未配信の作品となるので「NCIS」の全シリーズを観られるのは<U-NEXT>だけですよ。
 




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7742148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。