<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年04月(9)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2019年03月30日

まずは自分で、赤ちゃんを産んでみよう!

化学信仰を捨てて、
自分の体を信じよう。

誰よりも正確な答えを教えてくれる

神は各々の体に宿る
神に似せて、人は創られた
その事実を知り、体現する時が来たようだ。




赤ちゃんは、どんな状況下でも、
自然に生まれてくる。
菌を受け入れることで免疫力を付けていく
神経質にならないで、
周りの全てを愛する気持ちで、
用意するものは気持ちだけ

ママ・・・家で生まれて家で死ぬ

赤ちゃんは
産湯に浸けない方が、元気に育つんだから、
水の代わりに消毒なんかしたら、
無数の免疫機能を失いアレルギーになる。
高校生が、公園で産んで、
元気に病院に届けられて
ニュースになったくらい、
何にもいらない。
愛だけあれば、どこでも産める。

出産に化学薬品を持ち込まないで!
一番大切なのは、ママの愛の波動なんだから。
ばい菌より怖いのはママの心配・・・・。

さあ娘たち、
お家で赤ちゃんを、自分で生みましょう。

命の全責任を一人背負い、
創造の瞬間の爆発的な
神のエネルギーに満たされる
その瞬間を
忘れないために。

posted by ケメ at 21:38 | Comment(0) | 革命

ニュートリノが介在して放射性物質を非放射性物質に変換する

従来科学で未解明の非常に重要な現象として「ニュートリノによる元素変換」があります。「量子(電子・陽子・中性子・光子・ニュートリノなど)」「原子」「同位体」「分子」は、その種類ごとの固有の性質を持っていて、このうち「ニュートリノ」は「元素変換」を生じさせ、「原子核へのニュートリノの衝突」→「周期表の元素番号の1つ重い・軽い原子への元素変換」という現象が発生します。また「良質の波動は、良性の物質の増加と、有害物質・悪性物質の物質の減少を促す」という効果があります。これらの原理により、「高波動状態」であると「環境浄化(汚染物質・人工放射性物質の浄化・除染)」「生物・物質にとっての環境改善」が成されます。

波動原理・ゼロ点効果の纏めサイト - 放射能除去法纏めサイト

精神と物質の情報交換が行われる場
ゼロ場を通過するとニュートリノが発生する
「ゼロ場」を介在してできた水を量子水と言う
その量子水が放射能の除染で効果があった
この簡潔極まるたった一実験だけで、従来科学の根本・中枢が完全に否定される。

《即時に放射能数値が激減する物・手法》
水素カプセル
・水素原子が発生するカプセルを汚染水に投入する。
 するとガイガーカウンターの計測数値が、即時に激減する。
・この現象は、元素変換以外の可能性がなく、如何様にも否定し難い。
・最も効果が明確且つ簡易な実験、水素カプセルは市販品で安価である。
とすると、マグネシウム風呂に効果がないわけがないし、
洗濯まぐちゃんで洗濯すれば、除染もできる。

IMG_5810.JPG


IMG_5811.JPG


【数日〜数週間で激減する物・手法】
竹炭
珪素が主体の一部鉱物の粉末
一部の粘土
酵素液
【ナノ化させた物質】
(微細であるほどゼロ点効果が発生しやすく、量子の発生量が増加するので、波動が高くなる。 )
【数ヶ月で激減する物・手法】
微生物散布
波動農法





放射性物質は常温常圧(自然環境下)のもとで自然と消えますが、なぜ消えるのか解明されていないので通常は長い年月を待つしかないのです。ですが、量子水を使うとエネルギー変換が起きて非放射性物質に変えることができるのです。
https://joyhealing.or.jp/talk/201707/



posted by ケメ at 10:25 | Comment(0) | 放射能測定

家を抜け出した愛犬が会っていたのは・・・

p.jpg


IMG_5856.1.jpg


IMG_5856.JPG


子供のころから、どうして犬は繋がれなければいけないのか?
差別だ!・・・黒人や朝鮮人や部落の人権問題よりも、
今、目の前の仲間が、不当に鎖に繋がれていることの方が
ずーっと問題だと思っていた。

かつて、山の上で暮らしていたころ、
2匹の犬が置き去りにされた。
数年して、一匹は保健所に捕獲されたという話を聞いた。
だが、もう一匹の犬は・・・何故か残された。

私たちが、団地に越しても、
その犬は山と里を自由に生きていた。
雌犬のご飯を貰って、
老犬になって、激やせしているので、
団地で飼おうと半年程頑張ったが、
何としても、鎖を拒否し、
家に上がるのも拒んだため、
放置したら、
一度娘の同級生の家の雌犬のご飯を食べていると
電話があっただけで、
後は何の問題も起こさなかった。

500m程下の家の雌犬が子供を産んで、
すぐにみんな貰われていった・・・という話を
ぽん太の元飼い主から聞いたが、苦情もなく、
一番、親犬に似ている犬を貰ったと、
元飼い主は大喜びしているくらいだった。

ぽん太はその安曇野最後の山犬であり、野良犬の息子なのだ。

何度も、元飼い主や私のところをを飛び出して
ぽん太はどんな出会いをしたんだろうナ・・・

posted by ケメ at 08:12 | Comment(0) | ペット

2019年03月29日

今、放射能があぶない

今日、ぽん太と散歩の帰りにちょっと話した近所の50代前後の奥さんも、
心臓が止まりかけたという話をしていた。
心臓病、癌、脳梗塞、ひっきりなしの葬式・・・
心して生きなければ、死ぬ。
放射能の中で添加物まみれの食生活を続けていたら、当然だ。





サラダごぼうに小粒納豆、ジャガイモにまで放射線がかけられている実態が暴露されている。

味噌、塩、玄米、発酵菌を食べて、砂糖を避ける。
広島、長崎の原爆下を生き抜いた先人に学べ。


チェルノブイリでは、孫世代に病気が増えたという。
私たちの孫は・・・・・・・



ぽん太は預かったばかりの時、喘息だった。
その年の狂犬病の予防接種を受けた夜から、
ひどい咳が止まらなくなった。
毎日米のとぎ汁乳酸菌をドックフードにたっぷり入れて
食べさせているうちにすっかり、咳は止まり、去年は予防接種の後も
咳き込むことはなかった。
猫にもよく効いた、乳酸菌、アレルギーにはてきめんだ。
posted by ケメ at 20:51 | Comment(0) | 放射能対策

最も危険な食べ物、飲み水、薬のトップ10

https://www.naturalnews.com/2019-03-26-top-10-poisons-in-american-food-water-and-medicine.html
(概要)
3月26日付け


最も危険な食べ物、飲み水、薬のトップ10

1. キャノーラ油

血液凝結、心臓病、肥満、記憶喪失そして認知症になりやすくなる。

2. 水道水に含まれるフッ素

体内からカルシウムを排出させてしまうため徐々に骨がもろくなる。さらに松果腺を石灰化する。また、IQを低下させる。フッ素は殺虫剤と同様であり癌を引き起こす。

3. インフルエンザ・ワクチンなどに含まれる水銀

水銀は地球上で最も危険な非放射性有害物質であり中枢神経系を攻撃する。ほんの微量の水銀でも体内に入ると危険である。1回のインフルエンザ・ワクチンの中には25mcgの水銀が含まれている。EPA米環境保護庁の安全性限界は5mcgである。インフルエンザ・ワクチン以外に複数のワクチンを接種させられている子供たちは1日の安全性限度の10倍以上の水銀を体内に取り入れている。

4.抗生物質

免疫系の微生物叢や腸内(善玉菌と悪玉菌)を破壊する。

5. 安息香酸ナトリウム(保存料)

体内のミトコンドリア細胞を覆うたんぱく質を攻撃し酸素を取り込むのを阻害する。その結果、プログラム細胞死を招き、最終的には脳腫瘍を引き起こす。

6. アスパルテーム
アスパルテームは神経系を攻撃し極度の不安症にさせる。また、体重を増加させる。

7. グルタミン酸ナトリウム

脳細胞と呼吸パターンを攻撃し、片頭痛、嘔吐、喘息、脳損傷(幼児)を引き起こす。様々なワクチンに含まれている。

8. グリフォサート除草剤(モンサント社のラウンドアップと呼ばれる除草剤に含まれる。)

栄養が腸壁から吸収されないようにしてしまうため免疫系が侵される。アメリカの農地には毎年2憶ポンドものグリフォサートが使用されている。その結果、一般的に販売されている殆どの食品や水道水にはグリフォサートが含まれている。

9. 漂白剤(漂白されたパン、パスタ、小麦粉、砂糖、他)

膵臓、膀胱、前立腺の上皮組織を腐食し、腐食部分に癌を引き起こす。

10. GMO遺伝子組み換え穀物と農作物

GMOのDNAには、人間の腸内の善玉菌を破壊し免疫系を衰弱させ、認知能力を衰えさせ、認知症、パーキンソン病、アルツハイマー病、不安症、うつ病を発症させる除草剤が含まれている。

posted by ケメ at 09:19 | Comment(0) | 癌になる原因

2019年03月28日

放射能に喰われるな!今癌が危ない!!

大切な友人を放射能に奪われた。

近所に救急車が度々来る。
心臓に不安を覚える人が、急増し、
亡くなる方も、尋常でない多さだ。

福島を忘れない。
だれも責任を取らないまま、
垂れ流しの放射能のなかで、
侍たちの魂が、目を醒まし
生きとし生けるものたちの為に、
立ち上がって、奮闘してきた今がある。

そんな昨今、
大切な友人を失ってしまった。
彼女に、乳酸菌ヨーグルトを
食べる習慣を紹介したかった。
まさか、癌だとは知らなかった。

ここで、微生物を味方につけて、
今までの何倍も元気をだせる方法を、
自ら探し出せるものが、生き残る。

嘘のない人、
人の為に涙を流せる人、
もっと話がしたかった。
61歳になったばかりだった。

私は、原発の責任者を恨む。
あの事故がなかったら、
死ななくて済んだ。

肉が食べられず、
魚が好きな彼女に、
産地の危険と安全性を知らせていたら、
微生物の成す業の確かさを、語っていたら、
もっともっと、彼女は生きられたろうに・・・。

2017/01/13


心からご冥福を祈ります。
あなたがいたから、
この地域に踏みとどまることに
悔いはないと思えます。
ありがとうございました。




2016年10月24日
震災から5年,福島原発周辺に踏みとどまり、発酵菌をばら撒きつずけた人たちがいた


2019年03月25日

グラフが暴露する低能ワクチン!

はしかと予防接種について、私たち一般人は医学界から「このグラフの歴史の理由」について説明されるべきなのではないかと思った春の日
投稿日:2019年3月22日

西暦1900年から1990年までのアメリカのはしかでの死者数の公式記録
measles-us-1900.jpg


グラフの切り取り方で見える幻のワクチン効果
1960年から2010年までのはしかの発生件数
melasles-1960-2010.jpg


1860年から1955年までの英国でのはしかの死者数
measles-1860-1950.jpg



1860年から1955年までの英国での百日咳での死者数
whooping-cought-1950s02.jpg



元ワクチン研究者がワクチンの秘密を暴露

引退したワクチン研究者(マーク・ランダル博士:秘密保持のために仮名を使う)のインタビューで明らかになったワクチンの秘密

ランダル博士曰く「最も避けたいことは私の子供にワクチンを接種させることです。」

ランダル博士は長年、大手製薬会社や米国立衛生研究所でワクチンの研究開発に携わってきましたが1990年代に引退しました。
ランダル博士曰く、「ワクチンについての真実を知ったとき吐き気がした。」


以下のインタビューは2002年1月に行われたものです。
ランダル博士は少し躊躇しながらも匿名でワクチンの実態について暴露してくれました。当時から、(アメリカでは)ワクチンの義務化が押し進められてきました。

彼は引退後にワクチンの研究開発に携わってきたことに良心が痛み始まったのです。そのため、ワクチンの実態について暴露する決断をしました。彼は医療界のカルテル(医薬品業界)が何をやっているのか、彼等のゴールが世界人類の人口削減、マインドコントロール、全身衰弱であることを十分認識していました。

グラフ関連だけ一部抜粋

A: 全体的に病人が減ってきたことはワクチンのお蔭ではないと主張する医学史の専門家らがいることは知っていたが、私は彼等の研究成果を無視しつづけた。なぜなら、ワクチン開発ビジネスに携わっていた私はワクチンの実態を知るのが怖かったからだ。この仕事を続けなければ食べていけなくなるからだ。

A: それでも私は独自にワクチンと病人の減少についての調査を行った。
その結果、

病人が減った理由は生活環境(水質の改善、高度な下水道処理、栄養改善、新鮮な食べ物、貧困の減少)が改善されたからだと言うことが分かった。細菌はどこにでも存在するが、健康的な人なら簡単に病気にはならない。
posted by ケメ at 23:16 | Comment(0) | 報道の意図

2019年03月24日

ぽん太いい子でひとりで庭でお留守番

2泊3日家を空けた。
枯れ枝で団地の庭を囲い、
開閉式の入り口を作り、
ぽん太を放ち、

IMG_5858.JPG


IMG_5862.JPG


ドックフードと水と乳酸菌とパウチと鶏肉とを、
軒先に用意して、ご近所に餌やりを
お願いして帰ってきたら、
団地の庭は、すっかりぽん太の庭になっていた。
梅ノ木の下、琵琶の木の下、銀杏の下と、
お日様の動きに合わせて、日がな一日、日陰を探し、
ぽん太は心から安らいで眠りこけている。
外に出たがる様子もない。

IMG_5863.JPG


・・・・・?

IMG_5865.JPG


寝てる・・・

IMG_5867.JPG



朝晩、
餌やりに来てくれる元の飼い主と、久しぶりに
水入らずで触れ合える機会が出来、
庭の中で、リード無しのお付き合いが出来て、
元飼い主も嬉しかったようだ。
散歩に連れ出そうと、リードを持ったら逃げ回るので、
散歩には行けなかったという。
留守番の義務感からか、
連れ戻されたくないと思ったのか・・・?

何より、
簡易な枯れ枝の柵のなかで、
ちょっと頑張れば、突破できる自由を前に、
甘んじてここに止まるぽん太は、
こよなく庭を愛してしまったようだ。





posted by ケメ at 16:50 | Comment(0) | ペット

2019年03月23日

リサイクルから見えてくる、言葉のマジック

リサイクルは、使い捨てという罪の意識から、
消費者を遠のかし、ペットボトルの山に誇りさえ抱着かねない
ような金融ロボットへと人々を誘ってきた。

リサイクル工場を建てるより先に、
自然と環境に思いを向けるべきだった。

リサイクルが
環境を更に悪化させている事実を、
私たち市民は見極めなければならない



例えば、学校から道徳の授業を奪ったのは、
軍産複合体企業の戦略ロボット、
売国奴である。

何のために生きるのか、
自分で考える責任を放棄した
消費ロボットは志を持たない

日本の子供が、
道徳なんか学んだら、
地球を破壊するのが何なのか、
分かってしまって、ジュースや
おもちゃやゲームが売れなくなる。


2018年4月23日 公開
小学校の道徳が「教科」に!授業内容や評価方法は?
2018年4月から小学校の道徳が「特別の教科」となりました。
これまでは、行事の準備時間にあてられることもあった道徳。
特別の教科となることでどのように変わるのでしょうか?

posted by ケメ at 20:27 | Comment(0) | 心と身体

2019年03月18日

たった14匹の狼が、イエローストーンの森を蘇らせた!




おおかみ

・・・日本語に秘められた真実に目を見張る

posted by ケメ at 08:36 | Comment(0) | 自然エネルギー
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント