<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年03月(12)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2018年04月16日

復興は原発セールス


TOCANA > 日本 > 福島の政治家が衝撃暴露「復興は原発セールス」
【原発】福島の政治家がついに決死の大暴露! 「政府は現実をことごとく隠す」「復興は原発セールスのため」「動植物の奇形も増加」(インタビュー)

東日本大震災から7年――。安倍首相は去年(2017年)を一つの“節目”と考え、それまで3月11日に合わせて開いてきた首相記者会見を取りやめた。しかし、福島原発から放射能が垂れ流しになっている状況はまったく変わらず、海も汚染され続けている。大手メディアに“忖度”の嵐が吹き荒れ、「放射能」という言葉を用いることさえ躊躇うほど萎縮した今、いったい誰がこの国のことを本当に愛し、真剣に将来の国民の幸せを考えているといえるのだろうか?

 そのような中、放射能問題を真正面から取り上げ、真実を叫び続けながら孤軍奮闘してきた福島の政治家がいる。福島県広野町議会議員の阿部憲一氏だ。このたび、阿部氏の東京出張にタイミングを合わせ、筆者はインタビューを申し込んだ。いったい福島と放射能の“真実”はどこにあるのか? そして現状は? 熱血漢の阿部氏は、力強い口調で質問に答えてくれた。

 福島の復興は経済産業省の主導で行われていますが、「高度汚染地域に住民を戻して、地域を発展させる」というのが政府の意向です。あの震災と原発事故の影響で、日本は原発50機もの輸出が困難になりました。そこで、それまでは「原発は安全」として売り込みしていたのを、高濃度の汚染地帯に住民を戻して、自分たちの手で除染をさせ、「あんな過酷な事故があっても、ほらこの通り、住民が戻って普通に暮らしていますよ」というセールスに切り替えようとしているのです。国や県はJヴィレッジ(※)を復興のシンボルにして、その近くにわざわざ新駅までつくり、飯館村(福島県相馬郡)を“モデルルーム”のように位置づけています。これは原発事故の後、IAEAやOECDなどの学者たちによるシンポジウムで意思の統一が図られています。つまり、すべてはアベノミクスの成長戦略の柱に位置づけている原発のセールスのための復興なのです。そして、その手足となって動いているのが地元の一部の町長やNPOだということです。


:::::::::::::::::::::::::::::

日本の地下は太陽がいっぱい・・?

経済の上で原発が胡坐をかいている。
非核三原則という嘘っぱちがまかり通った広島長崎の原爆後、
テレビ冷蔵庫洗濯機がやって来た。
市民がメディアに誘導されて、
飲めや歌えや旅行だ宇宙だ何やかやだと
どんちゃん騒ぎで日を過ごすうちに、
金に化けた貴重な資源と健康の歯車は
砂漠為す民の力を絶対的なものにしていた。

私達は今莫大な電力を消費しているという現実を、
もう一度、再認識してみる必要がある。

原発がなくても、電力が足りたという事実について、
今の60歳以上なら、首を傾げた筈だ。
40年前、夜の田舎は真っ暗だった。
今は里から山際、山の中腹まで電気がともる・・・

原発のほとんどが止まったまま。
風力火力水力太陽発電だけで、今のこの莫大な電力の消費量が
まかなえているというのは信じ難い話だが、どうもその、
得体のしれない電力の供給施設があちらこちらで、
揺さぶられて事故を起こしたりしちゃってて・・・


どうやらとんでもない事態を迎えている日本列島の今日この頃については、
こちらへ↓↓↓

中津崩落事故−地下原発爆発情報

posted by ケメ at 06:16 | Comment(0) | 原発

2018年04月01日

脱・薬漬け 「投薬せず」が病院収入に


脱・薬漬け 「投薬せず」が病院収入に
読売新聞調査研究本部主任研究員 田中秀一
2018年03月16日

朗報

厚生省に新風・・?

金権の手先とばかり見ていた厚生省が・・・
お薬天国、日本の医療にメスを入れた。

これを期に本当のお医者様が報われる国を目指して、
頑張って欲しい厚生省。



犬の狂犬病予防接種の改善も呼びかけよう!


先日、ポン太の狂犬病予防接種があった。
昨年、注射の後ポン太は喘息の発作の様な咳が始まり、
一週間ほど止まらなかった。

3・11、東日本の震災、原子炉の事故当時、山にいたポン太は
体の毛の一部が抜け落ちたという。
鹿も猪も高線量で、食べるのが憚れるほどの事態の中、
ポン太も相応の被ばくをしたのだろう。
狂犬病の予防注射をする前も時々咳き込んでいた。
‥・乳製品を口にした後、ドックフードの種類によって咳き込むポン太は
アレルギーに違いないと判断し、

毎日、ドックフードに米のとぎ汁乳酸菌を入れた。
水はガイアの水135、
預かって半年ほどすると、咳はほとんどしなくなった。

問題がある犬は、獣医さんに相談するよう指示されていたが、
ポン太の健康状態が随分よくなっているので、
試しに規定量を打ってもらうことにした。

もちろん注射の前に、担当獣医師に一言聞いてみた。
「狂犬病の予防接種は、一回打てば数年効力があるという結果が
発表されたようですが、去年アレルギーが出て酷かったので
少なめにして貰うことはできませんか?」

「それは外国の発表だから・・・
問題があるなら獣医さんのところでして貰ってください。」

「何しろ年ですし、アレルギーを持つ犬も多いかと思います。
是非、外国の実験結果を考慮して欲しいという一般の者の意見を
日本の学界にもお伝えください。今日は規定量しか打てないのであれば、
規定量を打っていただきます。」

言いたいことが言えてよかった。
・・・・咳?
そんなものはかけらも出ずに今日で4日経つ。

ポン太のアレルギーが随分良くなったことを実感している。

IMG_5573.JPG

網戸の外からこんにちは!



狂犬病ワクチンの新しい研究結果
2017年12月22日
posted by ケメ at 00:00 | Comment(0) | ペット
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント