<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2013年01月23日

シャープの洗濯機は衣類に優しい♪

お待たせしました!
シャープの穴無し槽カビ嫌い  
先日注文した洗濯機が届き、はや5日、
・・・いいですねえ全自動は。


あっ・・・ごみとるのわすれてた。
真ん中のピンク色はカメラのフラッシュです。

脱水はかなり緩いです。
取りだした洗濯物を干しながら、
これなら布地への負担が少なくて
衣類を傷めない・・・と感心。
さすがシャープです。
気に入りました。

送風乾燥機能が付いています。

とてもシンプルで丈夫そうです。







***********************************************************************


何せ外なので、直射日光、雨、猫が容赦ありません。
防寒シートでカバーを作りましたが、
猫の足跡でいっぱいでした。
猫寄せカバー・・・。
長持ちしてね♡


Joshinの¥29300セールは終わってしまったが、
設置料込みで更に安い所が出てきた。
posted by ケメ at 22:37 | Comment(0) | 洗剤

2013年01月14日

裁判所がかつてない迅速な対応を始めた「1人1票」訴訟

晴耕雨読


裁判所がかつてない迅速な対応を始めた「1人1票」訴訟
江川 紹子 | ジャーナリスト
2013年1月11日 14時8分

「違憲状態」の国会に正当性はあるのか…

日本のどこに住んでいても、国民は等しい「1票」を行使できる
ーーそんな、民主主義国家として当たり前のことが、
ようやく実現するかもしれない。

弁護士の有志らが、等しい「1人1票」を求めて
全国各地で起こした裁判は、
かつてないスピードで審理が始まろうとしているのだ。

昨年12月16日に行われた第46回衆院議員総選挙は、
最高裁に「違憲状態」と指摘された区割りのまま実施された。
翌17日、弁護士グループは、この選挙は無効だとして
やり直しを求める27件の訴訟を東京、大阪、名古屋、福岡など
全国14の高裁・支部に合わせて27件の訴訟を一斉に起こした。

弁護士グループの中心となってきた
升永英俊弁護士は、次のように指摘する。

「議会制民主主義においては、
国会での多数決で物事を決めていくが、
それが正当化されるのは、
主権者である国民の多数意見を反映しているから。

ところが日本では、
国民の少数が国会議員の多数を選んでいる。
これでは、国民主権とは言えない。
憲法は投票価値の平等を求めている」

裁判所の対応は、
訴えを起こした弁護士たちも驚くほど迅速だった。
提訴の翌日には札幌高裁から、翌々日には仙台高裁から、
地元の弁護士に期日を入れる打ち合わせの電話が入った。

そして、今年1月15日の札幌高裁を皮切りに、
23日仙台高裁、25日東京高裁、28日高松高裁、
仙台高裁秋田支部、名古屋高裁金沢支部など、
次々に口頭弁論期日が決まった。
原告側は1回での結審を求めており、早ければ2月、
遅くとも3月には続々判決が出される見通し。
ちなみに、2月12日に弁論が行われる大阪高裁は、
すでに3月26日に判決を言い渡すことが決まっている。

公職選挙法213条は、
選挙無効などの裁判は
「訴訟の判決は事件を受理した日から100日以内に、
これをするように努めなければならない」
「他の訴訟の順序にかかわらず
速かにその裁判をしなければならない」と定めている。
裁判所は通常、受理した順番に対応をする。
国政選挙の有効無効を判断する裁判だけは、
他の事件を飛び越して審理を行い迅速に結論を出すよう
求めているのは、選挙が違憲違法だった場合に、
それによって選ばれた議員が国政を担っている状態を
早く解消するためだろう。

それでも、これまでの同種事案では、
原告側の主張を門前払いしたもの以外は、
最高裁判決が出るまでに年単位の時間がかかっている。
比較的迅速に行われた最近の事例でも、
民主党への政権交代が行われた2009年8月の
第45回総選挙の時は1年半、
2010年7月の第22回参議院議員選挙でも
1年3か月かかった。

しかし、升永弁護士は、
「今回は、最高裁も9月頃には判決を出すのではないか」と、
期待を高めている。

この裁判所の姿勢の背景には、
公選法の規定の他に、2つの特筆すべき事情がある。

司法をなめきった国会の対応

1つは、司法判断に対する国会の反応の鈍さだ。

09年の総選挙では、一票の格差は最大2.30倍だった。
高知3区の有権者が1人1票を持つのに対し、
千葉4区の有権者は0.43票しか持っていないことになる。
11年3月24日に言い渡された最高裁判決は、
これを「違憲状態」と判断。
格差の原因ともなっている
「1人別枠方式」(注1)の廃止を求めた。

ところが、国会はこれを放置。
「違憲状態」の国会で
「違憲状態」の議員が総理大臣に選ばれ、
国政を運営する状態が続いた。
それを考えると、少なくとも最高裁判決が出た後の
民主党政権は、「違憲状態政権」だったと言わざるをえない。

国政が混乱するなどの影響を恐れてだろう、
裁判所はこれまで、選挙の「違憲状態」は認めても、
選挙無効は認めてこなかった。
「合理的時間内に是正がされてなかったものということは
できない」など、あれやこれやの事情を見つけて、
選挙のやり直しまでは求めずにきた。

このような司法の配慮(もっと率直に言えば、腰の引けた態度)
をいいことに、国会、とりわけ政権与党は
「違憲状態」を放置してきたのだ。
さすがに衆議院解散間際には、
いわゆる0増5減などの小手先の法改正を行った。
だが、この改正は最高裁判決の主旨を反映していないうえ、
今回の選挙では区割りが間に合わなかった。

最高裁判決から1年8か月もの時間がありながら、
結局、「違憲状態」のままの選挙が強行された。
格差は09年より拡大し、2.42倍。
高知3区と比べた格差が2倍以上となった選挙区は、72に上った。
このような選挙の小選挙区で当選した300人は、
「違憲」議員と呼ばざるをえない。
「違憲」議員が大半を占める「違憲」国会によって、
内閣総理大臣が選ばれ、予算が作られ、
法律が制定され、条例が批准される。
果たして、その活動に正当性はあるのだろうか。
しかも、今の「違憲」政権は、
国の枠組みを決める憲法改正まで踏み込もうとしている。

裁判所としては、これほどまでに司法をなめきった
国会の対応は看過できないはずだ。
国民審査がもたらすプレッシャー

もう1つは、先の衆院選の時に行われた最高裁国民審査。

今回は、有効投票のうち罷免を求める
×がつけられた割合(罷免率)は7.79〜8.56%となった。
前回は最も罷免率が高かった裁判官で7.73%。
今回は10人の裁判官全員がそれを上回ったことになる。
しかも、8人の裁判官が罷免率8%を超えた。

升永弁護士ら弁護士グループは、
最高裁は前回の総選挙の「違憲状態」は認めたものの、
等しい「1人一票」まで認めなかったのは問題だとして、
新聞の意見広告などで再三にわたって、
10人全員の罷免を求めてきた。
また、総選挙の前に、私が裁判所の国民に対する
情報提供の仕方や司法のあり方を理由に
10人全員に×をつける「×10プロジェクト」を呼び掛けたところ、
多くの反響があった。

今回の国民審査の結果は、
裁判所へのプレッシャーになっているはず。
とりわけ1人1票を巡る裁判に関しては、
国民の視線を意識せざるを得なくなっているだろう。

日本は真の国民主権国家になりうるか

今後の注目点は、
今回の訴訟で裁判所がどのような結論を出すか、だ。
もし、「違憲状態」とした最高裁の判断を無視する形で
強行した選挙結果を追認すれば、
司法は国会に従属する存在に成りはてることになる。

そのような事態を避けるため、「違憲違法」もしくは、
さらに踏み込んで「違憲無効」を判断することは、
大いに考えられる。

升永弁護士らは、「違憲」の判断が出たら、
ただちに国家賠償訴訟を起こすつもりでいる。
かつて、在外投票を認めていなかった時期に、
海外在住の人たちが起こした裁判で、
1人5000円の損害賠償が認められたことがあった。
1人あたりの賠償額は少額でも、
多くの有権者が訴訟に参加すれば、
総額としての賠償額は巨額となる可能性がある。

また、国家賠償法では、
公務員に「故意または重大な過失」があった場合、
個人に賠償金の支払いを求めることになっている。
升永弁護士は、「『違憲状態』を放置していた国会議員には、
故意があった、と言える。
国会議員も、個人に賠償請求が来ることを考えれば、
選挙制度の改革に取り組まざるを得ないだろう」と見る。

日本は、国会議員主権国家から国民主権国家へと脱皮できるか
ーーこれから始まる裁判は、そのきっかけになりうる。
ぜひ、強い関心を持って注視していきたい。

江川 紹子

ジャーナリスト

早稲田大学政治経済学部卒。
神奈川新聞社会部記者を経てフリーランス。
司法、災害、教育、カルト、音楽など関心分野は様々。
著書『人を助ける仕事』(小学館文庫)、
『勇気ってなんだろう』(岩波ジュニア新書)など。



posted by ケメ at 22:28 | Comment(0) | 政治

2013年01月11日

洗濯機が壊れた、お金は無いけど、シャープを応援したい

このブログのコメント欄が壊れているという情報を頂いた。
本当だった。

そして今日、洗濯機も・・・壊れた。
本当に。

その後、久々に楽天のメールでアンケートを開いてみた。
煙草に関するものだった。
ふと、ラッキーストライクの文字が目に飛び込んできた。

何だか、PCの調子もすこぶる悪い

・・・・もしや

洗濯機は二層式と決めていたのだが、脱水層のバランスが悪くなり、ここ1年ほど1度では旨く回らず、ガタゴトいうのをなんとか洗濯ものを均一に均しつつ使ってきた。洗濯機の方は日毎に悪くなるが、洗濯もので調整する技がアップした為、結構満足していたものだが、今日は珍しく娘が回した為に、なかなか静かにならず、とうとう直してみようと考えた。
まず洗濯機をひっくり返して、そこを外してみようとした、ネジというネジを外しても、何かがくっ付いていてはずれない。のぞいてみてもわからない、仕方が無いので諦めて、今度は上の部分を外してみた。ネジというネジを外しても、やっぱり何かがくっ付いていてスッポリ取れない。
何かがパキット言った。
隙間から覗いてみると、何だか電気の線とかいっぱいでとても直せそうにもない・・・とあきらめて
元どうりにネジを嵌め・・・ちょっと気になったので、脱水層だけ回してみた・・・動かない。
洗濯そうを回してみた・・・動かない。

母:「買わなきゃハート割れ
送料掛かるから、近くのお店で買った方がいいよね」
娘:「それこそネットで買えば?」
母:「そんな調子よく安いのなんてないよ・・・」
と言いつつ母は楽天ショップで洗濯機を半日検索・・・

母:「やっぱシャープだよね
家なんか団地で置くとこが無いから外・・・で可哀想なんだけど、
こそこそ影で軍需産業に繋がってるとしか思えないような
某日立ちだの某東芝だのは絶対に嫌だし・・・・
思い切って全自動を使ってみようか・・・・
これ防カビ穴なし槽はシャープの特許だしね。
前からずーっと気になってたのよ、脱水層の穴」

みてみて!
これ29,300 円で送料無料!!



◆ムダ水を使わずしっかり洗えて清潔「穴なし槽カビぎらい」
Ag+イオンで洗濯槽の樹脂部分やパルセーターの裏側の黒カビの発生を抑えます。
また、シャープの特許「穴なし槽」で、洗濯槽内への黒カビの侵入を抑えることで、ダブルで黒カビをブロックできます。

◆次に洗うまで、除菌・防臭効果が持続「Ag+イオンコート」
時間制御で濃度をコントロールする、シャープだけの電解式「Ag+イオンコート」。
1回の洗濯で、雑菌の繁殖を大幅に抑えてニオイもカットします。

◆「高濃度洗浄」で、頑固な汚れも強力に分解
少ない水量の濃い洗剤液から洗い始めることで、洗浄パワーを引き出し、ガンコ汚れも強力に分解します。


◆大型パルセーターで洗浄力アップ
布回りがよく絡みにくい大型パルセーター「フライパル」。
高濃度洗浄との組み合わせで、落ちにくい汚れもしっかり落とします。


◆干す時間が短縮できる「送風乾燥」
槽を高速回転させ、上ふたの吸込口から風を取り込みます。風と高速回転で衣類の水分を飛ばします。


◆「すすぎ1回」コース
超濃縮液体洗剤専用の「すすぎ1回」コースを新たに搭載。
ワンクリックでかんたんすすぎ1回設定。穴なし槽との組合せなので、更に節水。

■ 仕 様 ■
容量:洗濯脱水5.5kg
標準使用水量:75L
消費電力(50/60Hz):350/450W
消費電力量(50/60Hz):98/96Wh
目安時間(50/60Hz):40/37分
運転音:洗濯44dB / 脱水49dB
バスポンプ:無
洗濯槽の種類:ステンレス槽
総外形寸法:幅(排水ホース含む)565×奥行535×高さ898mm
設置可能防水パン(奥行内寸):507mm以上
質量:32kg
付属品:給水ホース(約0.8m)






おまけ


とりあえず、メモしておいた。


ー そして翌日 ー

いろいろ調べているうちに、シャープの洗濯機に対する
悪評判を拡げている、工作員の存在がやたらと目についた。

そんななかで、本物ほどこきおろされるが常だから、
社用にシャープの洗濯機を10台購入したというあっぱれな社長さん
のスレがあった。

半額に近い値段で、東芝によろめきつつあったのだが、
この社長に勇気を貰った。

早く注文しなくちゃ、手荒いになっちゃうからね・・・。


posted by ケメ at 23:43 | Comment(0) | アフィリエイト
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント