<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年03月(12)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2012年09月27日

♪♪♪さよなら経団連♪♪♪


【諏訪リポート】 原発推進の本丸・経団連に突き刺さる
「米倉やめろ!」大合唱

2012年9月26日 02:31


「経済界の代表者面をするな!」

「経団連は恥を知れ!」「電事連も恥を知れ!」
…東京・大手町は財界の総本山にシュプレヒコールが響く。
経団連会館の前には夕方6時過ぎから続々と人が集り始め、
告知期間わずか1週間にも拘わらず
1300人(主催者の首都圏反原発連合発表)が駆けつけた。

会館前を埋め尽くした参加者は、
米倉会長らの部屋があると思われる経団連ビルの高層部を
見上げながら声を上げた。
怒り、悲しみ、落胆、切望が入り混じる。
ドラム隊の強烈なリズムに乗った声は、
刃物のように尖り会館に突き刺さった。

 「経団連は政府に圧力を掛けて、原発ゼロ案を骨抜きにした。
いつかは経団連に抗議行動を、と思っていたが、
大新聞でもメジャーな問題になったので、
今日行動することを決めた」。
主催者の一人ミサオ・レッドウルフさんは話した。
経団連会館の中には「電事連」も入居する。

経団連の米倉弘昌会長は、
2030年代に原発ゼロを目指す新しいエネルギー政策に
強く異議を唱えたと言われる。


政府はこれに応えるかのように閣議決定を見送った。
18日に米倉会長が抗議すると、翌日に閣議決定を見送るという
腰砕けの早さには驚くばかりである。
 
経団連が狙うものは、簡単にまとめれば次の通りだ。

『原発推進』は言うまでもないが、大企業の為に
『法人税を引き下げる』。
軍事産業も抱えるからか『武器輸出三原則の見直し』と
『憲法改正』。
事業の独占の為に『独占禁止法改正の反対』。
そのために、『日本の経済政策に対する財界からの提言
及び発言力の確保』を目的としている。
つまり、自分たちの利益を確保するためには、
露骨に政府に圧力を掛ける団体ということだ。

「呪」と書いたタンバリンを叩く仕事帰りの男性(川崎市在住)は、
米倉会長を同じ高齢者として厳しく批判した。
「私も65歳のおじいちゃん、米倉は75歳。
いい歳こいて、見苦しい、あさましい、おぞましい。
自分の子どもや孫に何て言うのか。
原発麻薬依存症だから、早く病院へ連れて行った方が良い」

財界総理と呼ばれる、経団連会長。
日本の民間人としては唯一、
警察官から身辺警護を受けるということだ。

現会長、米倉氏が原発事後直後に発した言葉
今も記憶に新しい。
「1000年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。
原子力行政はもっと胸を張るべきだ」

さらに、東電を免責する発言も印象深い。
「東電は(大型の地震と津波による)被災者の側面もあり、
政府が東電を加害者扱いばかりするのはいかがなものか」

鹿児島から仕事で上京していた
女性(30代、フィットネスインストラクター)は、
毎週金曜日に九州電力・鹿児島支店前で抗議行動を行っている。

 「九州電力は政策決定権を持っていない。
だが経団連は政策決定に圧力を掛けられる。
だからここで声を上げたかった。

推進の人たちに聞きたい。
人の命をどのように思っているのか?
お金があっても原発事後が起きたら、
しょうがない状態になるんだ
」。
 
 「命より経済」、書き間違いではない。
本当に「いのちよりけいざい」なのだ。
しかも彼らの言う「経済」とは、底上げのための経済ではなく、
自分たちの豊かな生活と特権を守るための経済である。
「原発の安全性なんぞ二の次」の人種なのだ。

「経済界の代表者面をするな!」
…シュプレヒコールを米倉会長は『音』ではなく、
『声』として聞いているだろうか。
(文・諏訪都)

 ◇
99%の視点から、全国を駆け回り、
経団連に対抗する貴重なニュースを届けてくれる
『田中龍作ジャーナル』を応援しましょう!

http://tanakaryusaku.jp
続きを読む...

2012年09月23日

軽井沢のキノコ出荷停止

2012年09月22日
軽井沢のキノコ出荷停止

セシウム汚染

長野県御代田町のショウゲンジから630ベクレル、軽井沢町のチチタケから330ベクレルが検出され、国の基準 100ベクレルを超えたため、出荷停止となっています。






多くの資産家たちが別荘をもち避暑に訪れていた軽井沢で高濃度のセシウムが検出されたことをどう捉えるのか、ひとりひとりが考えるべきことだと言えます。

NEVADAブログ

やはり、当然のことが起こっている。
海外ではどの国も長野県の食品も輸入しない。

体のあちこちが、風邪をひいて熱のある時の様な、痛みを感じる。
この症状は昨年の3.15を過ぎたころからだ。
とても、風邪の症状に似ている。
あの頃雨にぬれると、体が火照るようだったが、
最近の雨には、火照る感じは無い。
今日は、地域の野良猫に不妊手術を施す為に、
雨の中猫の捕獲に跳び歩いた為か、手足の筋肉が、
しくしく痛む。

東京はもっと線量が高い、地味に多くの人が、
何らかの違和感を、感じ始めているのではないだろうか・・・?
posted by ケメ at 21:16 | Comment(0) | 放射能測定

2012年09月22日

原発ゼロ「変更余地残せ」 閣議決定回避 米が要求

2012年9月22日
原発ゼロ「変更余地残せ」 閣議決定回避 米が要求

野田内閣が「二〇三〇年代に原発稼働ゼロ」を目指す戦略の閣議決定の是非を判断する直前、米政府側が閣議決定を見送るよう要求していたことが二十一日、政府内部への取材で分かった。米高官は日本側による事前説明の場で「法律にしたり、閣議決定して政策をしばり、見直せなくなることを懸念する」と述べ、将来の内閣を含めて日本が原発稼働ゼロの戦略を変える余地を残すよう求めていた。
続く→【東京新聞】

2012年9月22日 朝刊
大飯停止あり得る 原子力規制委 田中俊一委員長に聞く
 
原子力の安全規制を一元的に担う原子力規制委員会の田中俊一委員長は二十一日、本紙のインタビューで、再稼働した関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県)に関し、新たに法制化する安全基準の内容が固まった段階で安全性をチェックし、基準を満たさないと判断した場合は「(運転中であっても)停止を命じることもあり得る」と明言した。 (大村歩、加賀大介)
続く→【東京新聞】
posted by ケメ at 20:48 | Comment(0) | 原発

南大隅町議会は「核関連施設立地拒否の条例化」を12対2の大差で可決

2012. 09. 21
南大隅の海を守れ! 原発ゴミ最終処分地問題
★拡散お願い★243南大隅町議会は
「核関連施設立地拒否の条例化」を12対2の大差で可決しました。
応援下さった全国の皆さんありがとうございます〜っ!
次は24日の本会議での正式決定へ向けGO! だそうです。


全国の皆さま
鹿児島県民の皆さま
朗報です!

先日来より行われてた
南大隅町議会の特別委員会で
昨日議決が行われました。

「核関連施設立地拒否の条例化」
が12対2の大差で採択されました!

24日の定例本議会に
特別議会の結論として
提出され通れば条例化です。

でもね、、、。

・・・?続きはこちら↓
脱サラ亭主のデコボコ独立開業記
posted by ケメ at 16:21 | Comment(0) | 原発

2012年09月18日

9・11福島県3回目の甲状腺検査結果にただならぬ異変

9・11福島県3回目の甲状腺検査結果にただならぬ異変

2012年9月17日月曜日

【お知らせ】3.11以後、最悪の健康被害の発表「女子小学生の54.1%、女子中学生の55.3%に『のう胞』発見」

昨年12月、疎開裁判の福島地方裁判所郡山支部の判決が、野田総理の欺瞞的な「事故収束宣言」と同日同時刻ころにセットされて出され、その結果、マスコミからニュースを知る人の殆どが疎開裁判の判決を知らなかったように、福島県の県民健康管理調査の検討委員会(座長=山下俊一・福島県立医大副学長)は、県内の子どもの甲状腺検査の3回目の結果を、「事故収束宣言」に匹敵し人々の目がそっちに向けられる日として、9月11日を選んで発表しました。

 その結果、この日は、21世紀の日本で最大の事件と言われる9.11となりました。なぜなら、今回、発表の4万2千人の子どものうち、6〜10歳の女子の54.1%、11〜15歳の女子の55.3%に「のう胞」が、男女合わせた全体でも43%に「のう胞」が見つかったからです(以下の福島県発表資料)。

 これは山下俊一氏らが2000年に放射能非汚染地域の長崎の子どもたちを甲状腺検査した結果(のう胞が見られたのは0.8%)(※1)、チェルノブイリ事故の5〜10年後にチェルノブイリ地域の子供たちを調査した結果(胞が見られたのは0.5%)(※2)と比べて途方もない数字です。

 本年4月の2回目の発表で3万8千人の子どもの35%に「のう胞」が見つかった時ですら、これを知った被曝問題に詳しいオーストラリアのヘレン・カルディコット博士は次のように警告しました。

「この子ども達は追跡調査をしてる場合じゃありません。のう胞や結節などの全ての異常は直ちに生体組織検査をして悪性であるかを調べるべきです。 こういった甲状腺異常が1年も経たないうちに現れるというのは早過ぎます。普通は5〜10年かかるものです。これは、子供達が大変高線量の被ばくをしたことを意味します。もしも悪性なら、甲状腺の全摘出が必要です。子供達に甲状腺結節やのう胞があるのは、まるで普通ではありません!」 

 また、アメリカ甲状腺学会の次期会長のブライアン・ホーゲン博士はBusiness Insiderの取材にこう答えました。
「カルディコット博士の上記見解に同意します。福島原発事故後にこれほどすぐに、多くの子どもたちに甲状腺の嚢腫や結節が見られることに驚いています、なおかつこの事実が世間に広く知られていないことに驚いています。」

 今回の検査結果(4万2千人の子どものうち6〜10歳の女子の54.1%、11〜15歳の女子の55.3%、男女合わせた全体の43%に「のう胞」が発見)を知った2人の衝撃はどんなでしょうか。

 今回の甲状腺検査は原発周辺の子どもからスタートし、次第に原発から離れた地域の子どもたちへと実施されましたが、検査結果は、検査対象が原発周辺から遠くなるにつれて、逆に甲状腺異変の割合が増加しています(1回目は30%。2回目は35%。3回目は43%)。

 さらに、前回2回目の3万8千人の中から初めて1人が甲状腺ガンと診断されました。これについて、山下俊一氏らは
「チェルノブイリ事故後の発症増加は最短で4年」
等を理由にして原発事故との因果関係を否定しました。しかし、これは真っ赤なウソです。3.11以前の山下氏が3.11以後の彼のウソを最も鮮やかに見破る人物です。2009年、彼は講演で、通常なら子どもの甲状腺ガンは百万人に1名と述べています(※3)。さらに、2000年に、原発から150キロ離れたベラルーシ「ゴメリ」地区の小児甲状腺ガンは、チェルノブイリ事故の翌年に4倍に増加したデータを紹介しているからです。

 明らかに福島の子どもたちに異変が発生しています。
 このままいくと、福島は健康な子供が2割しかいないという今日のベラルーシやウクライナのようになってしまいます。これは政策問題ではありません。危機に瀕している命を救うのか見殺しにするのかという人権の根本問題です。
 政府は,「命こそ宝」という政治の原点に立ち帰り、チェルノブイリの教訓から学んで、今すぐ、福島の子どもたちを安全な地域に逃がすべきです。

 次に、なぜ、福島市にこれほど沢山の甲状腺異変が発見されたのか。それは単なる偶然ではありません。作為的に作り出されたものです。その鍵を握った中心人物がほかならぬ山下俊一氏です。これについて別便で報告します。

 その次に、なぜ、「4万2千人の子どものうち6〜10歳の女子の54.1%、11〜15歳の女子の55.3%、男女合わせた全体の43%に「のう胞」が発見」という重大な事実を、マスコミはここまで徹底して隠そうとしたのか、刑事責任が問われてもおかしくないほどのマスコミの大罪について別便で報告します。
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/09/blog-post_3009.html

【お願い】子どもたちの集団疎開の即時実現を求める緊急署名に参加下さい-->詳細(2012年9月14日)
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/09/blog-post_14.html


もうすぐ北風が強くなる
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-1316.html#comment-top


釣魚島は中国に返して、20兆円は福島の子供たちの治療費にしよう!

2012年09月10日

パンダの食生活を学べ!


 ◆2012/09/10(月)
 パンダの食生活を学べ!+◆追加書き込み

日本国は、いま、最悪の状況下にある。

安全な食べ物がない。
(世界各国が輸入禁止した食品を日本人は食っている。)
カネがない。
(特別会計2百数十兆円を独占している官僚だけ!はカネがある。)
職がない。
(産業の空洞化、大手企業も倒産寸前、未曾有のリストラ、失業蔓延)
安全がない。
(放射能障害による疾病爆発は5年後!呼吸することも危険な大気。)
希望がない。
(日本の先行きは暗くなる一方。
明るい国になることはない。絶望的。)

食い物がない。カネがない。職がない。
安全がない。夢も希望もない。
ほんと、最悪である。ほんと、どーしよーもない。
うるさい読者に言われたもんで、チョッと追加します。
いまの日本は…、
上の『五つの無い無いづくし』(5N)のほかに、
・政府が何もしない。
(数千万人が内部被ばくしてるのに助けようとしない!)
・原発事故の収束が出来ない。
(逆に放射能ガレキを全国に拡散。汚染食品も野放し!)
あと…、
・総選挙大惨敗が恐くて解散できない。
・米国戦争屋の言いなりで、何事も断れない。
・ジリ貧経済を立て直せない。
・シャープ一社助けられない。
・国民の生活と健康を守る気持ちがない。
・私欲ばかりで、国を思う気持ちもない。

まーー、ほんと、どこまで『無い無いづくし』なんだろ!
この国は。

いや! どーしよーもなくはない! 手はいくらでもある!

たとえば、食を極端に減らし、
わずかの玄米と豆乳だけで生きる…。
「人間は食わなくても生きられる。
逆に健康になる!」という考え方に
切り替えられれば(発想の転換、パラダイムシフト)、
必ず健康になる。

このことを鷲は『日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (3)』
という連載で書いた。
この『日本仙人道』は必ず読んでほしい。

あ、『長生きしたければ食べてはいけない!』
(船瀬俊介)という本もぜひ読んでほしい。
食べなくても、いや、食べないほーが健康になる!
ということが、よーく分かってくる本だ。

そーして、飽食生活(バカ食い)をキッパリとやめ、
少食生活に切り替え
ていけば、食費が5分の1以下になる。

ただし、よーく噛むこと!(←ここ大事)
よーく噛んでいれば、それだけで満腹感が出てくる。
やがて、ほんとうに満腹になってくる。

よく噛んで食べる食生活を続けていると、
やがて、とんでもないことが分かってくる…。↓

食べ物というのは、身体に栄養やカロリーを
補給するモノではない!
腸内の微生物に栄養やカロリーを補給するモノなんだ!
よく噛んで食べれば、腸内の微生物が増える。
この腸内微生物は、
脂肪・蛋白・ビタミン・ミネラルの塊(かたまり)だ。
で、この微生物が腸内で分解されて、
栄養源やカロリー源になる!

牛やパンダやコアラが、
栄養が全くない草や笹やユーカラの葉っぱを
食べいるだけであんなに大きくなるのは、
腸内微生物のお陰なのだ。

わかったでしょ?
だから、自信をもって食費を切り詰めよーぜ!

飯山一郎のブログより

*

A story about four people みんな、だれでも、だれかじゃ、だれも
「抗議」するとは、街にでてデモをすることだけを
意味し­ているのではありません。
目覚めを深めて、日常生活から見直し、
自分の意思表示をしていくということです。




posted by ケメ at 20:16 | Comment(0) | 発酵菌

2012年09月08日

福島沿岸の放射性セシウム濃度、著しく低下

The Voice of Russia
福島沿岸の放射性セシウム濃度、著しく低下


6.09.2012, 14:20
© Flickr.com


福島第一原発が立地する福島県の沿岸で、
海中・海底の放射性セシウム濃度が著しく低下した。
今日、調査結果をもとに東大生産技術研究所などが公表した
報告書で明らかになった。
学者たちの計測によると、
福島および茨城の海岸から13キロの海域で、
放射性セシウム元素の数が原発事故直後との比較で
ほぼ4分の1に減少した。
広域的な、そして様々な深度での
度重なる線量測定で明らかになった。
原発事故から約1年半の間に、福島県周辺の海水には、
おびただしい量の放射線汚染水が流出した。
その痕跡はその後、沿岸から数百キロ離れた海水にも
認められたほどだ。
しかし現在、専門家らは原発立地点から近い海域における
放射線量の低下について好ましい傾向を認めている。

イタル・タス

福島沿岸の風景  美しいですね、
・・・それなのに、以下豆乳ヨーグルトのニュースです。

この国が、ほんと、こんなにもヒドイ、世界最悪・最凶の国だったとは!
こー思っているヒトが、自力本願で生き延びていかねばならない国…。
だが、その先の先には、目覚めた人間、生き延びた人間による、
今までの腐った放射能まみれの日本国とは全然ちがう
新日本がつくられる…。

とにかく! 希望だけは捨てずに生き延びていけば…、なんとかなる!
ただし!
生き延びていくための最強のツール=豆乳ヨーグルトだけは、
キッチリとつくって、せめて3日に1〜2回、
一日に100ccを食べ続ければ、
ガン細胞を呑食するマクロファージが増殖するので、
必ずや健康な人生がおくれる。

その豆乳ヨーグルトだが…、
質問が多いのは、
「おぼろ豆腐のよーになってしまって、固まらない…」とゆー悩み。
じつは鷲、何度も検証したんだが、豆乳ヨーグルトは
キレイに固まるよりも、おぼろ豆腐のよーになったモノのほーが、
乳酸菌の密度が高い。
目的は、腸内の乳酸菌の密度を高めて
マクロファージを増殖させることなので、
おぼろ豆腐は喜んでEー現象なのだ。

あとは、味だ。あま酸っぱい味、あま酸っぱい匂いだ
出ていれば成功だ。
この酸っぱさがイヤだったら、ブルーベリー、イチゴジャム、
リンゴジュースなどで味付けすること。
味噌汁やカレーライスにさりげなく混ぜ込んで食べさせても
Eーんだぜ。
よーは工夫と知恵ちゅーことだ。
何事、人生は、この工夫と知恵と、あと笑顔だかんね!
飯山一郎博士のブログより
posted by ケメ at 21:33 | Comment(0) | 放射能測定

原発と共に成仏せえよ! 金曜集会浪速の心意気


大飯原発の“遺影”が正門の柵に括りつけられた。鉦は関電を成仏させるために僧侶や参加者が打ち鳴らす。=7日夕、関電本店前。写真:諏訪撮影=ケメ・トリミング

午後6時、大阪中之島は関電本店通用門前―

 「八木(関電社長)許さん。目の前に野田(首相)がいたら、頭かち割ったる。野田、八木しばいたろか」、「再稼働反対、大飯を止めろ…」。怒号とシュプレヒコールが響くなか、関西電力の社員たちはビルから吐き出されるように一斉に退勤してゆく。

 約2千人の参加者は銘々に持参した鳴子やカスタネットを打ち鳴らした。自転車発電でスピーカーを鳴らすエレキベースの音が賑やかさを掻き立てる。まるでカーニバルのノリだ。

 主催者(Tweet No Nukes 大阪)の一人から「大阪の(集会)は迫力がある」と聞いていたが、想像をはるかに超えていた。原発再稼働に抗議する大阪集会が本格的に始まったのは今年4月。金曜集会発祥の地である官邸前の翌月である。熱気は発祥の地以上だ。


通用門前から正門前に回ると様相は一変する。子供たちが黄色の紐を次から次へと正門の柵にくくりつけた。黄色は反核カラーだ。

 福島県湖南町から母親と共に参加した女の子(11歳・小5)は、一本の紐を巻くのに結び目を20個も作った。「原発止まってほしいなあ。紐が絶対外れんよう」。

 子供ばかりでなくオッチャンやオバチャンも黄色の紐を柵に結び付けていった。無数の紐が夕風にそよいだ。

 「止めて下さい」と言ってくる関電社員にオバチャンたちは「原発やめたら(紐を結ぶのを)やめたるわい」と言い返した。正門前には大飯原発の“遺影”も飾られ、僧侶が鉦を鳴らした。「関電、原発と共に成仏せえよ」、オッチャンの野太い声が、巨大な本店ビルに突き刺さるように響いた。

 大阪の反骨精神とユーモアがある限り、脱原発運動は強く、しなやかに続きそうだ。

 《文・田中龍作 / 諏訪都=旧・京》
田中龍作ジャーナルより

2012年09月03日

原発村終焉の地鳴りが響く

2012年09月03日
全滅してきた太陽電池事業(中国)
<前略>
今や世界は太陽光発電・太陽光電池分野では稼げないとして、
天然ガス分野にシフトしておりアメリカ・中国などでは
天然ガス自動車や天然ガス発電に大きく舵を切ろうとしています。

シェールガス開発でアメリカや中国は今や天然ガスが
余ってきており、価格も暴落しており、
これを利用した発電・自動車に大きく舵を切ろうとしているのです。

結果、何があおりを受けたと言いますと、
コストが高い太陽光発電(電池)と原発とガソリン自動車です。
このうち、太陽光発電は、非常に高いコストもあり、
補助金なしではやっていけない状態であり、
早晩、財政上も補助金が打ち切られるようになるはずです。

原発も使用済み核燃料の保管がこれ以上できないとして、
アメリカは現在稼働中の原発も停止させる動きにも入りつつあり、
世界中で原発廃止となりかねない状況になっており、
そうなれば、原発に舵をきった
日本メーカー(日立・東芝)がうける
打撃は半端なものではありません。
米国企業を買収して世界一・二位の
原発メーカーになったと思ったら、
その先には仕事がなかったという、
いつもの高い買い物をさせられたという状況になりつつあります。

中国の太陽電池企業の経営破たんが
日本にどのような影響を与えるか。
関係者は今や頭を抱えているはずですが、
本当の脅威はこれから襲ってきます。
シャープが生き残るかどうかという次元ではなく、
日本の重電機メーカーやパナソニックや
その他の関連企業が生き残るかどうか、という
日本の産業界全体に影響がおよぶ事態になりつつあるのです。
****************************NEVADAブログ


*横田めぐみさんが間もなく登場します!飯山一郎編

横田めぐみさんが間もなく登場します!ニニギ編

日本こそ拉致の共犯者だ!
posted by ケメ at 13:19 | Comment(0) | 原発
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント