<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年06月(1)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2012年08月27日

欧米の工作に騙されるな!

2012/08/27(月) 朗報!
南大隅町の森田俊彦町長は、
放射性物質に汚染された土などを捨てる
「最終処分場」の有力候補地として
南大隅町が浮上した件については、
先週の金曜日のTV取材のときは、
「検討中」と答えていた。
ところが、南大隅町の石畠総務課長は本日、
鷲の仲間(A氏)の電話
取材に対して次のように明言した。

「町長がガレキ処分場の受け入れはしない!
と市民に公表した。」

上の事実は、鷲が鷲の仲間のA氏から直接聞いた事実である。
ひとまずは、朗報! と言ってEーだろう。
*飯山一郎*

「チェルノブイリ」より 土壌汚染現在1138Bq/kgから5695Bq/kgで将来起こり得ること。



田中龍作ジャーナル

「脱原発法案」 今国会中の上程目指す
2012年8月23日
【全国に飛び火する金曜集会】 
関電京都支店包囲 「電気は余っとるえ〜」
2012年8月24日


尖閣諸島・竹島問題を煽る欧米の工作に騙されるな
*ベンジャミン・フルフォード(8/27)


尖閣諸島には既にアメリカ軍のミサイル基地が
建設されているため、武器すら持たない一般の人間が
アメリカの許可もなく上陸できるわけがない。

鳩山一郎フリーメーソン内閣と山本美香さんの死
一緒にいた内縁の夫のジャーナリストも騙される、
政府軍の振りをした組織に複数方向から9か所もの銃創
思いだされる、香田証生さんや日本大使館員2名が殺された不可解な背景。
posted by ケメ at 18:58 | Comment(0) | 革命

2012年08月24日

中国と日本、どっちがファシズム社会?

飯山一郎のブログより

◆2012/08/24(金) パソコンが使えなくてもスマホがある

旅に出たが、パソコンのAC電源を忘れたため、スマホがPCがわり。
日本のスマホは、指タッチのキーが小さくて文字入力に難儀する。
中国の携帯は、ほとんどの機種が何年も前から手書き入力が手軽に
できるので、鷲は中国に行くと大量の携帯メールを発信する。

さすがに中国は世界一の漢字大国で、80歳を過ぎた老人が手書き
メールをバンバン書いている。
それも、温家宝はEーが息子が悪い、父親の利権で荒稼ぎしている
などという携帯メールをガンガン発信している。

政治学的にいうと、中国では携帯が「世論形成」のツールとなってる
ので、中央・地方ともに統治者はピリピリしている。
温家宝の朝一番の日課は、ブログなどサイト情報分析のほか、抗議
メールの傾向から「世論の動向」を分析することだという。

「中国には言論の自由がない!」と、日本人の大半は思っているが、
じつはそーではない。「国家社会の分裂を画策する言論活動」だけは
厳しく弾圧されるが、それ以外は全く自由なのだ。しかも老若男女が
のびのびと汚職官僚を告発し、公安(警察)の横暴を非難している。
そーゆー「政治情報」が、アッ! という間に手書きメールで拡散して
ゆく…。
そのよーにして世論が形成されてゆくので、温家宝もオチオチしては
いられないのでR。

さらに、漢字大国・中国は、中央にも地方にも、さまざまな新聞社が
我がほうの意見がベストである! として、金太郎飴のような日本の
マスコミとは違って、百花斉放の百家争鳴なのだ。

こーしてみると、わが日本は、言論一律、ほとんどファシズム社会と
いってEーだろう。
…という自覚をもった人間がほとんどいない!というのもファシズム
社会の特質なんだがね。


*

ふ〜ん
3.11の原発事故辺りから、
漸くマスコミによる情報操作にめざめ始めたものの、
こと、ロシア、中国、北朝鮮に関しては、
マスコミが流す情報をそのまんま信じていた。
中国もロシアも北朝鮮もファシズム社会であると。

飯山一郎のブログを知るまでは、
何の疑問もなく、信じ込んでいたのだ。
そんでもって、
漸くロシアや中国のニュースを
ネットで見るようになって思う。
今や良識はロシアや中国にある。
中国ってもしかしたら、一番自由に情報
を発信できる国じゃない?


中国の国家的反日デモ・・・国民の真意は?

posted by ケメ at 21:03 | Comment(0) | な〜んでか?

2012年08月23日

反原連、首相に面会 「子供にでもわかるよう“原発止める”と言わない限り抗議を続ける」


反原連、首相に面会 「子供にでもわかるよう“原発止める”と言わない限り抗議を続ける」
2012年8月22日


野田首相との面会後、記者会見する反原連のメンバー。
マイクに向かっているのがミサオさん。=22日午後、衆院会館。写真:田中撮影=


 さすが官邸報道部のカメラワークだった。
首都圏反原発連合のメンバーが、
原発を再稼働させた政策の矛盾点をズバリ突いても、
野田佳彦首相の顔は撮らない。
筆者はニコ生で視聴したが、
ニコ生は官邸から提供された映像を流しただけである。

 毎週金曜日、官邸前で行っている再稼働反対集会の主催者
「首都圏反原発連合」が22日、
官邸に乗り込み野田首相に直談判した。
市民団体が運動の高まりを背景に
時の最高権力者と面会するのは極めて異例だ。

 政府に対する反原連の要求事項は次の通りー

1.大飯原発の再稼働を中止すること。
2.現在検査で停止中の全ての原発の再稼働をさせないこと。
3.国策としての原子力政策を全原発廃炉の政策へと転換すること。
4.原子力規制委員会の人事案の白紙撤回。

 以上を反原連のミサオさんが粛々と読み上げた。
この後、官邸に乗り込んだメンバーたちが次々と発言した。

 「原子力規制委員会の人事は
原子力規制法第7条7項に違反している。撤回してもらいたい」

 「この夏、原発は大飯3号機、4号機が稼働しているだけ。
原発がなくてもやっていけることが証明された。
20〜30年先と言わず、すぐにでも全ての原発を止めてほしい」

 「(再稼働は)電力会社の帳簿上、原発がないと困るから。
原発依存とは電力のことではない。
ここにいる方もそれは分かっているはず」。

 反原連側は再稼働に正当性がないことを徹底的に指摘した。




 野田首相の回答は官僚答弁だった。
官邸詰の官僚に作文してもらったのだろう――
「これまでの知見を踏まえたうえで安全性を確認し
国民生活を考えたうえで再稼働した。
9月に発足する原子力規制委員会が
これからの安全性について確認する。人事は国会で決定する…」。

 反原連のミサオさんは「承服しかねる」と
野田首相の回答を一蹴した。
「福島の事故が本当に収束しておらず、
今、安全性を保てていない政府が、どうして安全だと言えるのか?」

 政府側はグウの音も出なかった。
だが、官邸報道部のカメラは政府側の方に首を振らない。

 官邸から出てきた反原連の面々に
野田首相はどんな顔をしていたのか尋ねた。
「表情がなかった」
「何かに操られているみたいだった」
「人間として感じているのか、いないのか分からなかった」
……返ってきたのは最低の評価ばかりだった。

 ミサオさんが首相との面会に至った経緯を明らかにした。
「最初は密室でと言ってきた。
要求事項を読み上げるところは記者クラブさえも
出て行ってもらう、ということだった」。

 インディペンデント・メディアが同行できるよう、
官邸側と粘り強く交渉してくれたのがミサオさんだった。
だが、ひとっこ一人入れなかった。
冒頭でも述べたが、ニコ生は官邸の映像を流しただけだ。

 ミサオさんはインディペンデント・メディアが締め出された理由
こう明らかにした
―「反原連と官邸の仲介者によれば、記者クラブが拒んだ」。

 官邸で野田首相に語りかけたイルコモンズさんの言葉が、
金曜集会に寄せる市民の思いを代弁していた―

 「政府が子供にでも分かるような言い方で“
原発を止めます”と言わない限り、
僕らはこの抗議を決して止めない」。

 『脱原発依存』『2030年までに』
……政府の見解はいくらでも誤魔化しの利く言葉のオンパレードだ。
野田政権のマヤカシを白日の下にさらしただけでも、
反原連が官邸に乗り込んだ意義は大きい。

*********************************************************************
今月は沖縄、松山などに出張取材に出たため
出費がかさんでおります。
『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています。
**********************************************************************

http://tanakaryusaku.jp/

*

中国のたった50人程度の反日デモをことさら大々的に
報道する日本のメディアはひたすら中国韓国北朝鮮との
戦争へと国民の意識を誘導しています。
国民よりも原発の存続を望む体制メディアこそ、
軍産複合体の利益の為に国民をコントロールする
重要な機関だったのですね。

私たち国民が、真実を知る為に、
そして
日本の良識を取り戻す為に
田中龍作ジャーナルを応援しましょう!


おまけ

親玉電通がオリンピックで60億円の手数料???


posted by ケメ at 08:25 | Comment(0) | 革命

2012年08月21日

中国の反日デモは50人でもニュースになるんだ!


◆2012/08/20(月) 大規模な反日デモ!

【日経新聞 2012/8/19】
成都でも反日デモ  ヨーカ堂・伊勢丹立地の中心街で
 【成都=多部田俊輔】
中国の四川省成都市で19日午前10時過ぎ
(日本時間同11時過ぎ、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の
中国の領有を主張する大規模な反日デモが発生した。
18日には陝西省西安市などでも抗議活動が起きており、
反日デモが激しくなれば、日中間の貿易が滞った
2010年秋のように企業活動などにも
悪影響が及ぶ可能性も出てきた。
成都のデモはイトーヨーカ堂や伊勢丹が位置する
中心市街地の春熙路で発生した。
学生ら数十人が「日本を倒せ、釣魚島から出ていけ」
と書かれた横断幕や中国国旗を掲げながら歩行街を行進。
周りには500人らが集まり、
一部の若者らが呼応して「日本を倒せ」などと叫んだ。

公安関係者によると、2000人の武装警察らが警備に当たり、
集合地点を封鎖。
学生らがデモ活動を行うと、
すぐに中心人物ら数十人を取り押さえた。
国旗なども没収された。
中国での大規模反日デモは日中関係が悪化した2010年以来。
中国の成都で大規模な反日デモ。

参加者が数十人もいたというから、

かなり大規模だな、

このデモは。


ほんでもって、
デモのまわりには500人もの中国人が集まり、
一部の若者らが呼応して「日本を倒せ」などと叫んだ!
というから恐ろしい。

しっかし日経新聞てのは、

10万人以上のデモであっても

日本のデモは報道しないが、

中国の反日デモは50人規模でも報じてくれる。

えらい!


それにしてもだ。
50人規模のデモに2000人の武装警察らが警備に
当たる!つーんだから、ウラには(中国にとって)
よほど恐ろしい謀略が
あるんだろーなー。

謀略って何かって?
中国全土で反日デモを拡大させ、
日本製品の不買運動をおこさせたり、
反日デモを反政府デモに方向転換させて
政治的大混乱にする謀略だ。

そだ。
言っとくけど、今回の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の

日中の反目は、

石原慎太郎の尖閣買収発言と

工作が発火点だ。


尖閣は日本が実効支配してて、
だまっていれば実効支配がつづくのに、
石原慎太郎はわざわざアメリカまで行って
尖閣買収を言い、買収工作を
はじめた。

な〜んでか?!


飯山一郎博士のブログより



李明博の悪あがきと
Dr.ヴァン・デ・ミーアの死が意味する今の世界情勢
*ベンジャミン•フルフォード

posted by ケメ at 17:50 | Comment(0) | な〜んでか?

2012年08月19日

東京原発を途中まで観た。




監督 脚本・ 山川元

出演 役所広司 (天馬都知事)
段田安則 (津田副知事)
平田満 (笠岡産業労働局長)
吉田日出子 (泉環境局長)
岸部一徳 (大野財務局長)
菅原大吉 (石川都市計画局長)
田山涼成 (佐伯政策報道室長)
綾田俊樹 (榎本教授)
徳井優 (及川特別秘書)
益岡徹 (松岡原子力安全委員)
塩見三省 (中村)
後藤昴 (青山透)
渡辺哲 (渋谷)
小林麻子 (木村政策報道室職員)
山中聡 (山田政策報道室職員)
尾道凛 (辻宗政策報道室職員)
西岡秀記 (元木政策報道室職員)
岩井真紀 (都市計画局局員)
林和義 (産業労働局局員)
川屋せっちん (指令情報室職員)
西川方啓 (指令情報室職員)
寺十吾 (NHK記者)
恩田括 (NHKカメラマン)

仕事もない、お金もない、やる気もない私は
なんとかこの映画を無料で観られる所を探した。
以前は結構あちこちで、無料提供されてたようなのだが・・・
今は何処も、ただじゃ〜観れなくなっている。
東京原発で探しても、予告編ばかり、
あれ?原発映画・・・・と思って観てみると
あたり〜原発映画は東京原発だ!
それはユーチューブに15分位ずつに分割されていたのだ。
親切な人もいるものだと感謝しつつ
観せて頂きました。
01・02・03・04・05・06・・・あれ?
・・・途中なんだけど・・・・・。







posted by ケメ at 18:28 | Comment(0) | 原発

2012年08月15日

気になる吉田昌郎前福島第一原発所長の今


8月11日(土)福島市の福島テルサで
長野県の出版社の主催によるイベントが開かれ、

前福島第一原発所長・吉田昌郎氏の
最新インタビュー映像が上映されました。




【カレイドスコープ】

福島でのイベントは、氏がかねてから言っているように、
二度と不幸な事故が起こらないよう、
すべての真実を語り、生涯をかけて福島の人たちを
助けるために活動したい、という吉田元所長の願いが通じたもの。

その第一弾となるわけです。

このイベントに映像で出演するために、
インタビューを受けたのが7月10日のこと。

しかし、7月26日、リハビリを兼ねて外出した先で
脳出血のため倒れ、そのまま救急で入院、
すぐに手術を受けました。

東電は、この事実を30日になってから発表。
「重篤だが意識はあり、生命に別条はない」。

東電文学は、いつも意味が分かりません。
相変わらず隠蔽体質です。
とにかく、吉田元所長の病状が気がかりです。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1491.html

福島第1原発:吉田前所長 ビデオでの発言全文は追記に記載

怒号が飛び交う当時の緊迫の現場映像が公開された。

Published on 7 Aug 2012 by FNNnewsCH

東京電力が公開した映像で、
原子炉冷却のための決死隊の提案や、
計画停電をめぐっても、
注目のやり取りがあったことが明らかになった。
怒号が飛び交う緊迫の現場。
水素爆発で激しく揺れる画面。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00229060.html
続きを読む...
posted by ケメ at 20:05 | Comment(0) | 革命

2012年08月10日

8.10首相官邸前抗議 LIVE配信中


8.10緊急!大飯原発を停止せよ!
首相官邸前抗議〜最前列チャンネル



Streaming video by Ustream


脱原発団体との面会延期=国会対応を優先―野田首相
2012年 8月 7日 19:32 JST
野田佳彦首相は、8日で調整していた市民団体「首都圏反原発連合」の代表者との面会を延期することを決め、団体側に伝えた。野党から内閣不信任決議案と首相問責決議案が出され、国会が緊迫化したためで、面会日程は改めて調整する。

 藤村修官房長官は7日の記者会見で「日程的には難しいのかなと感じている」と指摘。首都圏反原発連合は同日付の簡易ブログで「官邸側の申し入れにより延期となった」と明かした。同連合は、首相官邸前で毎週行われているデモを主催している。 

[時事通信社]

*

特定団体と面会 経産相「反対」 首相、反原発団体と検討
2012.8.8 05:00
 枝野幸男経済産業相は7日の閣議後会見で、野田佳彦首相が脱原発を訴える市民団体との面会を検討していることに対し、「私は反対だ」と明言した。原発をめぐる国論が分かれる中で、特定の団体と面会すれば、「公平性、透明性の観点から誤解を招く恐れがある」と指摘した。

 政府は6月末に、2030年時点の総発電量に占める原発比率について「0%」「15%」「20〜25%」の3つの選択肢を提示し、その後、国民を対象とした意見聴取会やパブリックコメント(意見公募)を実施している。

 枝野経産相はこの点を踏まえ、「すべての人が(議論に)参加できるシステムがある」と指摘。「直接(の面会)は、誤解を招く。だから私も直接は経済界から意見を聞いていない」と述べ、野田首相と特定団体の面会に否定的な姿勢を示した。

 一方、原発ゼロの実現性について、枝野経産相は「選択肢の中に入っており、当然、実現可能だ」と強調。ゼロを目指した場合、「再生可能エネルギーや省エネルギーの普及や技術開発などで内需が発生する」と説明し、「やり方を間違えなければむしろ経済にプラスだ」とも述べた。

[sankeiBiz]
posted by ケメ at 18:37 | Comment(0) | 革命

2012年08月08日

フィクサーって?

フィクサー(fixer)とは、例えば、物事を決定する際に、
内容や順序を変更したり新たな条件を発生させるなどの、
介入する手段を持っている人物を指す。
通常は関係する人間や団体の意向(広くは世論)を
踏まえたうえで公正に事を進めていくが、
フィクサーが加入すると往々にしてその手段は公正でなく
恣意的な結論となる場合がある。
理想と現実の間で複雑化する人間関係や利害関係を
円滑にすすめる役割を果たす場合もある。[続き(wikipedia)]

政界フィクサーと検察人事
児玉 博  2008年12月26日(金)

 「東京地検特捜部は21日、
政界や電力業界などに幅広い人脈を持ち、フィクサーともいわれる
都内の元会社役員が経営に関与していた会社数社を
外国為替及び外国貿易法(外為法)違反の疑いで捜索した」

 「フィクサー」と形容された人物の名は白川司郎。
一般にはほとんど知られてはいないが
永田町では知らぬ者がいないといわれる人物である。

 

政界への波及は必至といわれた中堅ゼネコン「水谷建設」の
脱税事件が山場に差し掛かろうとしていた2年前にも、
白川司朗はフィクサーとして登場している。

 当時、特捜部は、
(1)福島県知事ルート
(2)福島第二原発ルート
(3)元三重県知事ルート

 など複数の捜査対象について全国から応援を呼び
特捜部の総力をあげて着手していた。

 その中でも福島第二原発にまつわる疑惑は
“脈あり”とされていたルートであった。

疑惑は原発の取水口の土砂運搬工事を巡るものだった。
工事を受注したのは前田建設工業。
その下請けが水谷建設。
その水谷建設は十数社に孫受けさせ、
そのうちの1社が白川が実質的にオーナーを務めていた
会社だったのである。

しかも、水谷建設からリベートと認定された金額だけでも
2億4000万円が支払われているのだから
特捜部ならずともその理由に関心が向けられるのは当然であった。

白川はどのようにして「フィクサー」となったのか。

小柄ながらがっちりとした体型。
伸ばしたもみ上げ
大きな声で話す
特徴的な男。

大学卒業後、日立製作所に入社し3年で退職、
26歳で、自ら「九十九産業」を興した。

白川が電力業界へ食い込むきっかけとなったのは
40歳の時に設立した、青森県六ヶ所村の核燃料サイクル施設の
警備を目的に作られた会社「日本安全保障警備」であった。

これと並行するように政界への足がかりもつかむ。
契機となったのは警察官僚から政界へ転進した亀井静香だった。

亀井と白川の実兄とは東大同期生。
徒手空拳で政界に進出した亀井を白川の実兄は支え、
また弟司郎も実業界の1人として金銭面で全面的に支援をした。
こうして白川と亀井との密接な関係が紡がれていった。

亀井が1979年に衆議院議員に当選、
福田派(領袖は福田赳夫。
福田派は後に安倍晋太郎、三塚博、森喜朗へと受け継がれる)
に所属する。

白川の政界人脈は亀井を軸に福田から派閥を継承した
安倍晋太郎時代に根を張り始める。
一時は三塚の議員秘書の名刺も持っており、
安倍派の幹部らとともに様々な利権に顔を出すようになる。

 
西松建設と白川との関係は永田町、業界では有名。

社宅という触れ込みながら
白川自身が自宅のように使用しているのが
東京都渋谷区内にある豪邸。

土地だけで優に300坪を超えるそれを施工したのは西松建設である。

業界を驚かせたのは、青森県にある東通原発の
付帯工事を相次いで落札したことである。

東通原発の建設、運用は同じ敷地内に原子炉があることから
東通原発という名称の下東北電力と東京電力とがそれぞれ
1号炉、2号炉を管理、運営している。
西松建設はそれぞれの付帯工事を連続して落札している。

特捜部では西松建設が海外で作り、
国内に持ち込んだ裏金の流れを徹底的に洗い出している。
当然、連続落札と白川の電力業界への影響力との関係を考えれば、
「全くの無関係と思え、と言う方が難しい」(東京地検関係者)

来年1月半ばには検察も大幅な人事異動が行われる。

特捜部長時代に、時代の寵児だったライブドアの堀江貴文、
“村上ファンド”代表の村上世彰らを次々と葬り去った大鶴基成が、
東京地検次席検事の椅子を目前にして左遷される。
一方で、最年少特捜検事として名を馳せた山上秀明が
直告一班の副部長として指揮を執ることになる。
また長年特捜部の後ろ盾となっていた最高検次長検事、
笠間治雄が広島高検検事長に出るなど
かなり大掛かりなものとなる。

果たしてそうした人事異動によって、特捜部がどうなるか。
異動の前に新たな動きが見られるのか。
しばらくは白川の憂鬱な日々は続きそうだ。 

日経ビジネスより

*

という訳で、田中稔を訴訟することによって、
10万人を超える反原発の抗議デモの虎の尾を踏んだ
フィクサー白川司朗の運命はいかに・・・?

同時に現在の検察人事とその動向も窺うことができる。
昨日と今日のその違いは、平成の名に相応しく変わっているか。
続きを読む...
posted by ケメ at 14:51 | Comment(0) | 原発訴訟

原発スラップ(恫喝訴訟)

原発スラップ(恫喝訴訟)を問う
ジャーナリストと市民の会発足集会



Video streaming by Ustream

東京電力の原発関連事業に深く関与してきた人物が、
2012年3月16日、ジャーナリストの田中稔氏が
『週刊金曜日』(2011年12月16日号)に執筆した記事で
名誉を毀損されたとして執筆者個人の田中氏を提訴しました。

6700万円という法外な請求金額に加え、
記事の掲載誌を発行した出版社を提訴せずに、
執筆した個人のみを提訴しました。

こうした提訴のやり方は、
明白なスラップ(恫喝訴訟・SLAPP)と
言わざるを得ません。
この人物は複数の媒体を同じような“原発スラップ”の手法で濫訴し、
言論と報道の自由を侵害してきました。

スラップとは、経済的に力のある者が、
記事の真実性及び真実相当性を認めるに足る証拠を
認識しながらも、あえて訴訟し、執筆者を経済的に困窮させ、
記事の真実性に関係なく謝らせたり、
追加報道させないことを目的に提訴することを指します。 

http://www.ustream.tv/recorded/22621798より

*

御当人、フィクサー白川司朗氏について調べる事は、
同時に原発の闇に鋭く切り込むことになる。
現在欧米の金融を巡る膨大な罪状が、次々と明らかにされる中
日本の闇だけが取り残される訳もない。

あちらこちらでトラの尾を踏む、利権の闇が、
昨日と今日の違いに気づく時、平成という名の
意味を悟るだろう。
posted by ケメ at 12:45 | Comment(0) | 原発訴訟
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント