<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年04月(11)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2011年07月30日

パニック回避の暗示から目覚めなければ、子供たちを守る術が無い!

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦


震災当時のテレビから一番影響を受けたのは、
【何よりパニックを回避しなければならない】雰囲気だった。
いろいろな既成専門家が、ただただ安全を装い、パニックを起こすことになるような言動が下げずまれた。
長崎の爆心地でありながら、玄米と塩を食べて被爆しなかったという先人の教えさえ、ばかばかしそうに笑って耳を貸そうともしなかった。
・・・・今度はヨウ素剤でも売ればもうかる会社が絡んでいるのか?と疑ってしまう。
危険な現実を目前にしつつ、事実を見極める事が後回しになる、何のために?政府やマスコミが資本を牛耳る者の機嫌を伺いながら、金勘定で動く為のタイムラグだ。
もはや、他人ごとではない、
放射能被爆から子供たちの未来を守るために、
取り合えず、この人の話を聞こう!
posted by ケメ at 14:08 | Comment(0) | 震災

2011年07月21日

金にまとわりつく虫たちへもう一度

エイズ問題で厚生省に切り込んだのが管さんなら、福島原発を放り出して逃げようとする東電責任者に活を入れ踏みとどまらせたのも、浜岡原発をとめたのも管ソーリだ。
やっとこの国に現れた、原発よりも命を尊ぶ総理大臣の足を、くだらない理由で引っ張る輩の多くは、現電力体制側の恩恵を受けている連中とその周りにいる、ろくに自分の頭と感性を使えない
マスコミのような経済ロボット達に過ぎない。

管総理は竜馬に慣れるか?



原発止める時間あった・坂本隆一氏

原発問題を真摯に考える人は、問題の根源がどこにあるかを知っている。
経済と命を天秤にかけて、前者を選ぶ人は今回も全てを総理大臣の責任とまくし立てて、
悪しき現経済を陰で操る世界的黒幕におべんちゃらを使う。
この期に及び命よりお金の心配をしている輩のなんと多いことか、
そういえば最近ピタッと脱原発関連の記事に送られてくる卑猥トラックバックが来なくなった。
解っちゃいるけど止められない!
原発と性犯罪がダブって見えるのは私だけだろうか?


性犯罪者に薬物去勢
posted by ケメ at 00:04 | Comment(0) | 震災

2011年07月19日

幸せを呼ぶヒーラー猫・シド・の動画

シドの写真をユーチューブにアップしました。
是非、大きな画面でご覧ください。



とってもいいシンクロがきっとあなたに起こるでしょう
幸運を祈ります


posted by ケメ at 12:31 | Comment(0) | ヒーリング

2011年07月17日

猫とお地蔵さん

暑いですね〜あまりの暑さに、また虚空蔵山へ出かけました!
今日はシドと一緒に行ったのですが、
岩屋の昇り口にあるお地蔵さんに手を合わせ、
お水を頂こうとシドを呼ぶと、
シドは水には目もくれず、やおらお地蔵さんの台座に飛び乗り、
お地蔵さんにすりすり、妙になれなれしく一緒に台座の上に収まっています。
シャッターチャンスだ!・・・カメラは50mも離れた車の中・・・
取に行けば一緒に来ちゃうだろうな・・・・
あれ・・・来ない
私が車についても、ドアを開けても、ドアを閉めても、戻っても、
シドは未だお地蔵さんの横に居て、まるで何か懐かしんでるみたいです。

やった!撮れた!お地蔵さんとシドのツーショット!
・・・ちょっと遠かった・・・シドの尻尾が・・・


お地蔵さんごめんなさい!あ・あたまが・・・


「チャンスさえあればいい写真が撮れるという訳でもない・・・」

posted by ケメ at 20:25 | Comment(0) | ヒーリング

2011年07月14日

山姥の詩・松本近郊私のパワースポット



日帰りでこれほどパワーを頂けるとは思っていなかった。
正にパワースポット恐るべし!
ヨガでいうカー体なるものが弱っているというか、
気力が失われたような状態が続居ていたのだが、
一山登るごとに気力が充実してきて、
大地もろともパワーアップした感じだ、。
お陰で、はじめてユーチューブに昔の夫の音楽を付けて写真をアップすることが出来た。


遅くなりましたが、

posted by ケメ at 20:02 | Comment(0) | ヒーリング

2011年07月07日

麻が地球を救う時!

ヘンプカー 函館出発

 【函館】産業用大麻の可能性を知ってもらうため、大麻の種子から取った植物油「ヘンプオイル」を燃料にした「ヘンプカー2 件」で道内を回る「ヘンプカー・プロジェクト2011」(本部・東京)の一行が7日午前、函館・五稜郭を出発した。バスを改造したヘンプカーは、賞味期限の切れた外国産食用ヘンプオイルを精製したバイオディーゼル燃料(BDF)を使用する。

<北海道新聞7月7日夕刊掲載>

祝ヘンプカープロジェクト2011



ヘンプカー・プロジェクト2011 in 札幌「麻でつながる北海道〜麻の可能性をみんなで考えよう〜」 [中央区その他] [体験・教室・見学]

講演会「麻のある暮らし 衣・食・住」中山康直氏、「環境とエネルギー」赤星栄志氏

会場名 北海道神宮参集殿
住所 札幌市中央区宮ヶ丘474
電話番号 柴谷さん 080・3286・6571
開催日 2011/7/16
開始時刻 午後1時開場、1時半開演
閉鎖時刻 午後3時半
申し込み 要
前売り
休日
料金・費用 入場無料
posted by ケメ at 02:14 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年07月05日

政局を超えて、自然エネルギーへ

送電線の国有化を願う1000万人署名

電子署名の締め切りは7月6日PM6:00まで!

エネルギーシフト勉強会第一部(孫正義氏講演)20110615



エネルギーシフト勉強会第二部(菅直人総理大臣の話・)20110615

posted by ケメ at 15:00 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年07月01日

送電線の国有化を願う1000万人署名7/4締切り間近!

送電線の国有化を願う1000万人署名・7/4締切り間近!

『送電線が国有化されたならば、どうなるでしょう?』

送電線が自由利用の原則に基づいて接続自由になると、
企業や都道府県、市区町村は独自で電気を創りはじめます。
その多くは地域の特性に基づいた自然エネルギーとなるでしょう。


広瀬隆さんの提言(転載。拡散希望)
この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する自家
発電6000万kW(昨年9月現在)のほうが、はるかに大きなバックアップとしての発
電能力を持っている。
電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない

したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、「送電線
をすべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のた
めに、まず第一に起こすべき国民世論である。何しろ、送電線が解放されて、安
価に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用も
できないのだから。

原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。

山通信:七ヶ宿から/炭焼きと自然生活


【送料無料】象の背中で焚火をすれば

【送料無料】象の背中で焚火をすれば
価格:1,050円(税込、送料別)


posted by ケメ at 10:38 | Comment(0) | 自然エネルギー
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント