<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年06月(3)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2012年03月24日

ドイツZDF フクシマのうそ 骨折する子供達




ドイツZDF フクシマのうそ





ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311




骨折が目立つようです。
世田谷に住むある小学生のお父さんは、
クラスに2〜3人の子が骨折しているといっています。
民間業者が、
瓦礫を運び込んだと言われている北九州でも
骨折する中学生が目立つようです。
 

2012年03月22日
顕在化してきた健康被害(気になる症例 Part.2)

< 院長の独り言 >

・クラスで2−3名の骨折がある。
それも右腕など大きな骨。
一番の大けがは、頭蓋骨骨折
・ころんでけがをする子どもが多発している


瓦礫を動かすなど、もっての外です。


宮脇昭さんが、
東北の被災地のガレキを海岸に埋めて山を作り、
そこに津波にも流されない木を植えて防潮林を形作る事を提案しています。

瓦礫が命を守る森になる!これが大和翁の知恵だ

これこそが、私達を守ってくれる一番の道だと思います。

誰も嘘をつく必要の無い道だと。

ひたすら、乳酸菌や酵母を作って飲む習慣も大事です。

味噌やヨーグルトを手作りする習慣も。

ハーブや野菜を作ることも。

大地を健康に守る教育も。

長老たちの知恵に学ぶ姿勢も。




地震と4号炉が心配ですね。




太陽系の中の地球

銀河系の中の太陽系

そんな大きな視野で、私達を見守ってくれている存在が、

空の上でコンタクトを取る準備をしているという話もありますが、

状況を察するには、今からこんな健康被害が

多発するようではこの先絶望的で、

宇宙人にでも登場して貰わなければ、

フツーじゃダメでしょ、

ずーっと信じ込まされてきた、

フツーが嘘と誤魔化しの挙句のぼったくり金ピラミッド

のジェノサイドだったんだから。

でもね・・・

イルミナティのロボットに騙されて来たような者が

悪い宇宙人のUFOに乗り込んでしまう

可能性は実に高い。

宇宙人とのコンタクトも、

その辺の見極めがじつにだいじだ。

今夜あたり、こっそりベランダに出て

呼んでみますか?

私は駄目です、

ベランダがありません。


私のUFO 体験はこちら



http://kemeno53.blog86.fc2.com/category10-1.html







posted by ケメ at 14:29 | Comment(0) | 原発

古賀茂明氏テレ朝降板騒動




古賀茂明さんが『テレビ朝日ワイド!スクランブル』を

突然降板させられる


東京プレスクラブ2012年03月23日 11:23

(古賀茂明氏のツイートより
@kogashigeaki☆https://twitter.com/#%21/kogashigeaki/status/182379101812817920
明日の昼はテレ朝ワイドスクランブルの木曜日レギュラーコメンテーターの最終回です。
来週は用事があって、出られません。

四月からは降板しろと言われました

理由はまだよくわかりません。わかったらお知らせします。3/21



大飯原発の放射性物質拡散シミュレーション
関西は今、関西電力の「大飯原発の再稼働問題」がホットです。
3月頭には大飯原発の近接県である滋賀県の知事が独自におこなった
事故発生時の放射性物質拡散シミュレーションが
周辺府県の反対で公表できないという問題が起きました。
古賀茂明氏もこの問題を指摘、3月16日には公開されました。




原発視察団の中心メンバーとしてテレビ番組で活躍
さらに3月20日、
古賀氏は原発視察団のメンバーとして各メディアに登場し、
時間をかけて視察後の感想や積み残した課題・問題点の
厳しい指摘などをおこなっていたところでした。

その直後の理由のわからないテレビコメンテーター降板。
これは果たして改編によるものなのでしょうか。
古賀氏自身はツイッターで
「(降板させられた理由が)わかったらお知らせします」としています。

【メモ】
大飯原発は「地元範囲」問題でも注目されている。
大飯原発は福井県に設置されているが、
原発事故の際の放射性物質拡散の影響範囲を30km圏内とすると
京都府と滋賀県が含まれる。
滋賀県には「近畿の水瓶」琵琶湖もあり、
大飯原発の再稼働にあたって「理解を得る範囲」は
福井県おおい町だけにするのか、
30km圏内の京都・滋賀も含むのかで議論となっている。
藤村官房長官は16日、
この問題に触れ「距離とか画一的にやるものではなく、
状況を見ながら政治的に判断していく」とコメント、
最終的には野田佳彦首相が政治判断するものと考えられている。
しかし
専門家の意見ではなく政治家に委ねることに疑問の声もある。


20120320 再稼働目指す原発で見たものは 古賀茂明 投稿者 PMG5

東京プレスクラブ2012年03月23日 11:23





もう日本も終わりか?・・・と思いきや、その後のツィートを見てみると




ご心配おかけして申し訳ありません。
たくさんのツイート、リツイート、さらには電話やメールをして下さった皆様のお蔭で、

ワイドスクランブル木曜のレギュラーは復活しました。

テレ朝にもいろんな圧力と闘っている方々がいます。
そういう方々への応援よろしくお願いします。3/23

続きです。
一人一人の力は小さくてもみんなで動けば世の中が変わることがわかりました。
財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます。いろんなルートで。
闘ってる人たちは孤立しがち。みんなの応援が命綱です。3/23

中原・脱原発に一票<チーム福岡10区 ? @robonocondor
汚い手を使ってるのは想像できるけど、どんな圧力なのか、
具体的な事実が知りたいもんだなぁ

・・・・・@kogashigeaki
財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます。3/23

テレ朝にもいろんな圧力と闘っている方々がいます。

そういう方々への応援よろしくお願いします。


古館さんも元気で番組を続けているし、
裏側は今大変なんだろうけど、
長いこと洗脳され歪められてきた報道の中で、
確実に正義が動き出しているのをひしひしと感じられる
古賀さん騒動でした。

テレビが欲しくなってきた今日この頃です。

posted by ケメ at 08:40 | Comment(0) | 原発

大飯原発再稼働に正義はない!

3/20、大阪府市統合本部エネルギー戦略会議の委員ら12人が、
株主提案に向けての現状確認のため、大飯原発を視察に訪れた。

視察を終えてー

古賀氏「いろんな努力は分かったが、
結局どんなに頑張った所でここ半年〜1年で十分な
安全対策は出来ないのが非常によく分かった。

防潮堤のかさ上げ工事もまだ始まっていないし、
使用済み核燃料もあと5年ほどで一杯になってしまうのに、
それを持っていく場所もない。
六ヶ所村ももう満杯の状態だ。

お手上げになっている。

テロ対策も取られていなく、入口など簡単にやぶられてしまう。

安全と言うには程遠い。全部をやるには相当な時間がかかるだろう。」

飯田哲也氏「実際に見て、ストレステスト一次評価合格の実態というか、
ストレステストでやった事の範囲が分かり、
確認できていない範囲もある事が分かった。

起きた事に対しての事後的な対策でしかなくて、
本当に事故を防止できるようなストレステストの枠組みに
なってはいないと言う事が、今回の視察ではっきりと確認できた。」



misaのブログ


ところがである!

【大飯原発再稼働】

23日午後の原子力安全委員会、わずか5分で「一次評価は妥当」

 「……(ストレステストの)一次評価により緊急安全対策等の
一定の効果が示されたことは一つの重要なステップと考える……」。
 きょう午後1時から開かれた原子力安全委員会で、

班目春樹委員長が大飯原発3・4号機についてのストレステストの

一次評価を『妥当』であると結論付けた。

開会からわずか5分である。

 同評価は原発再稼働の条件となっていた。
野田政権は3月中にゴーサインを出すものと見られているが、
大前提は整ったことになる。

 傍聴席は騒然となった。
「福島の事故を何だと思ってるんだ」
「プライドはあるのか」
「世界の恥だ」
…激しい怒号が飛び交う。
2人の脱原発運動家がバリケードを飛び越えて
班目委員長に詰め寄ろうとしたが、委員長はいち早く扉の向こうに消えた。

 原子力安全・保安院が関西電力の提出した一次評価を
妥当と認めてわずか45日後に、
今度は原子力安全委員がお墨つきを与えたのである。

 筆者はこの間、保安院と安全委員会で集中的に開かれた
ストレステストをめぐる会議を取材してきた。

分かったのは

――保安院が電力会社の言うことを追認し、
安全委員会が保安院の見解を妥当とする、ということだ。
畢竟、日本の原子力安全行政は電力会社の言いなりなのである。

 新しい安全基準も定まらないまま、
なし崩し的に再稼働を認めれば原発事故はまた起きる。

田中龍作ジャーナル





この国の正義は、

何時蘇ることができるんだろう・・・










posted by ケメ at 00:19 | Comment(0) | 原発
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント