<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年06月(3)
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2011年05月23日

ぎょっ!猫の皮膚の下から草の穂が出てきた・・・・

絶対我が家が我が家だと思い込んで譲らない猫が居る
詳しくはこちら→2010・12・31シド

とにかく変な猫である
どんな猫がやって来ても喧嘩にならない
ボス猫にも動じない
かといって後ずさりする訳でもなく
寝そべったまま、チョコット手を出してみたりするが、
それ以上は相手次第だ
とことんマイペースなのだ
動じたのは、キャットフードの質を落とした時だけだ
襖と障子をぼろぼろにした

そんなシドが一週間前
右頬を大きく腫れ上がらせていたので
蜂にでも刺されたのだろうと様子を見ていたら
妙に調子が悪そうなので
【梅肉エキス】を舐めさせ
外側からラベンダーオイルを垂らして置いた
翌日、くちがあいたのか、痒くて掻いたのか
腫れた頬の一部の毛が禿げて、紫色になった皮膚が見えた
更に梅肉エキスを呑ませ
ラベンダーを垂らすと切なそうな泣き声を上げて
口から泡を出した、
頬を掻こうとするが、痛くてどうにもならないようだ
抱き上げて良く見ると紫色の皮膚の先から緑いろの物が。
チョコット見えた
摘まめたので引っ張ってみると
中から出てきたのがこれ!

10cmくらいのイネ科の穂が、中からずるずると出てきた
シドは『フニャーッ…!』と言って縁側まで行ってうずくまろうとして
座ったつもりが、一瞬にして問題が消えたことに気ずき
数日ぶり戻ったクリックリの目をしてきょとんと顔を上げている

泡を出したのは、外から垂らしたラベンダーが口の中に入ったせいだと思う
つまりこの草の穂は中から頬の肉を貫通して皮下でとぐろを巻いていたのだと思う
傷がひどく出血もしているので、もう一度梅肉エキスを飲ませて置いた
翌日一〜ニ日、毛の剥げた部分に大きな瘡蓋を付けていたが、三日目辺りで瘡蓋が取れた時は
貫通部分のぽちっとした傷があるだけだった



ラベンダーを付けると、とっても早く綺麗に傷は治るけど
原液を呑みこむと大変だから気をつけてね!



僕が付けたのはこれ

僕が舐めたのはこれ

posted by ケメ at 17:02 | Comment(0) | ペット
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント