<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年04月(11)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2020年04月05日

国民として、私たちに出来ること

医療崩壊を煽るマスコミの怪



感染者4月4日.PNG

感染者国別推移4月4日.PNG


因みに、日本のインフルエンザの感染者は年間およそ1000万人
死亡者はおよそ1万人

医療崩壊の正体



ニューヨーク在住の日本女性からの警告



・・・・・どう考えても、本当の怖さは別にあるとしか思えません。

コロナにかこつけて、まじめな人を家から出ないようにしておいて、
大量逮捕が行われている、それが一番納得できるとおもいませんか?
悪い軍隊は、一般人の心配なんかしません。
だとしたら、表に出てくる情報の裏で、
強大な悪人、悪しきシステムの総入れ替えが行われているのではないかと。

マスコミは未だ、悪いやつらの手の上にある。
だから、危険は山場であるとも思えます。

確かなものは、大地です。お金より種です。
少しでも土地があったら、種を植えて、野菜でも果樹でも
作れるだけ作っておくのが、田舎者に出来ることだと思います。
飢饉に備えましょう。


posted by ケメ at 19:53 | Comment(0) | 報道の意図

2020年04月02日

アベノマスク・・・偏向報道にご用心!

アベノマスク???・・・アベノミクスとどっちが効果があるか?
ふざけんな〜〜〜
この期に及んで国民の意識をゴミまで引き下げるな〜
マスコミとそこに食らいつく野党の民意引き下げ工作も
見えて来てますね〜





布マスクにラベンダーを垂らしましょう!
ラベンダーの抗菌効果はかなりのものです。
私は一番左のフレーバーライフの物を使っています。
ラベンダーは、
やけどにも傷にも虫刺されや、
猫、犬にかまれた時にも
沁みることなく、そのまま使えますから、
いつもポケットに入れて置くと
重宝します。




後、一日一回、梅肉エキスを親指大程飲んで置けば、
ばっちりだと思います。
私はかりんジュースを入れて、甘〜くして飲んでいます。




後は、豆乳ヨーグルトにたっぷりドライマンゴーを入れて
半日置けば、柔らか〜くなって、お婆ちゃんでも美味しくいただけます♡


posted by ケメ at 21:33 | Comment(0) | 報道の意図

2020年01月09日

トランプ米大統領 声明発表VSカルロスゴーンの記者会見

トランプ米大統領 声明発表

36:30 でようやくトランプが、登場します。
背に受ける陽の輝きの、最高の瞬間を待っていたのでしょうか・・・。



戦争の親玉が操るいとがネットで見え見えとなり、
メディアの作り上げるニュースも地に落ちた。



ケネディ以来、
どれほどの犠牲を払って、
ここまで辿り着いただろう。






おまけ



・・・・無駄に長かった。

( ^ω^)・・・食ってけない民衆が、
デモを始めているレバノンで・・・

贅沢しか知らない、栄養満点の吸血鬼が、
駄々をこねてるようにしか見えない記者会見、

この頓珍漢っぷりは、
レバノンの現政権とメディアのバカっぷりを露呈した。

トランプのちゃぶ台返し凄いな!
カルロスゴーンはちゃぶ台ゴーンで沈没しそうだけど。

あっちの吸血鬼と、こっちの吸血鬼、
茶番がわかるとやたら面白い、
吸血鬼と吸血鬼の対決。


日本からただ一社?
ゴーン氏に招かれたメディア、
テレ東の今後が楽しみだ。
勿論!日本の検察の今後も・・・。

テレ東のニュース解説は、セキアキオにしてもらいたい。



posted by ケメ at 21:47 | Comment(0) | 報道の意図

2019年08月21日

メディアマトリックスに亀裂

令和新選組といい、N国党といい、当選してしまった以上は
取り上げざるを得ない・・・民衆の思い。
今回の参議院選挙をきっかけに、
メディア内部が大いに揺れだした気配がする
マトリックスに亀裂が入ったようだと新井伸介は言う。



まやかしの民主主義が終わる
子供たちに未来を残すために
腹の座った志に生きる人達が声を上げ、
繋がり出した。

隠されてきた日本の秘密があからさまになる

見えないものが見えてくる
答えはもともとここにある
身をもって知る神の現身

朝日を拝み夕日に祈り月を愛でる
尊き道を歩いてほしい







posted by ケメ at 19:47 | Comment(0) | 報道の意図

2019年08月20日

NHK撃退シール


世の中の詐欺は全部同じだ。
困ったり迷ったり、考えたりした瞬間に付け込んでくる。

今ややくざも暴力団も使って弱者から受信料をとるNHK

張っておきませんか?NHK撃退シール

nhkgekitai.jpg


NHK撃退シールは効果あるの?剥がされるデメリットなど貼ってみた感想まとめ
1 撃退シール貼ったら1度も来なくなったけど 非国民に見られる
2 NHK撃退シールの効果は絶大だが 良くも悪くも目立つ
3 撃退シールを指さしたら 集金人が帰って行った
4 集金人が全く来なくなった効果があったが 剥がされそうになった
5 貼ってからは全くNHKが来なくなったので シールの効果はある
6 NHK撃退シールは一定の効果はある
7 デメリットはちょっと恥ずかしいことぐらい
8 しつこい集金人が来なくなる効果があった
9 まとめ

★NHK撃退シールご希望の方は
あなたの郵便番号・ご住所・お電話番号・お名前と書いたメールを
タイトル【シール希望】として
tachibanakumi0112@hotmail.co.jp
まで送信して下さい。
または、こちらまで→http://www.nhkkara.jp/seal.html


更に詳しくはこちらをご覧ください。






N国党は次期衆議院選挙に300名の公認候補者を擁立する予定です
https://youtu.be/1xWMlzFUsM8
posted by ケメ at 12:29 | Comment(0) | 報道の意図

2019年03月25日

グラフが暴露する低能ワクチン!

はしかと予防接種について、私たち一般人は医学界から「このグラフの歴史の理由」について説明されるべきなのではないかと思った春の日
投稿日:2019年3月22日

西暦1900年から1990年までのアメリカのはしかでの死者数の公式記録
measles-us-1900.jpg


グラフの切り取り方で見える幻のワクチン効果
1960年から2010年までのはしかの発生件数
melasles-1960-2010.jpg


1860年から1955年までの英国でのはしかの死者数
measles-1860-1950.jpg



1860年から1955年までの英国での百日咳での死者数
whooping-cought-1950s02.jpg



元ワクチン研究者がワクチンの秘密を暴露

引退したワクチン研究者(マーク・ランダル博士:秘密保持のために仮名を使う)のインタビューで明らかになったワクチンの秘密

ランダル博士曰く「最も避けたいことは私の子供にワクチンを接種させることです。」

ランダル博士は長年、大手製薬会社や米国立衛生研究所でワクチンの研究開発に携わってきましたが1990年代に引退しました。
ランダル博士曰く、「ワクチンについての真実を知ったとき吐き気がした。」


以下のインタビューは2002年1月に行われたものです。
ランダル博士は少し躊躇しながらも匿名でワクチンの実態について暴露してくれました。当時から、(アメリカでは)ワクチンの義務化が押し進められてきました。

彼は引退後にワクチンの研究開発に携わってきたことに良心が痛み始まったのです。そのため、ワクチンの実態について暴露する決断をしました。彼は医療界のカルテル(医薬品業界)が何をやっているのか、彼等のゴールが世界人類の人口削減、マインドコントロール、全身衰弱であることを十分認識していました。

グラフ関連だけ一部抜粋

A: 全体的に病人が減ってきたことはワクチンのお蔭ではないと主張する医学史の専門家らがいることは知っていたが、私は彼等の研究成果を無視しつづけた。なぜなら、ワクチン開発ビジネスに携わっていた私はワクチンの実態を知るのが怖かったからだ。この仕事を続けなければ食べていけなくなるからだ。

A: それでも私は独自にワクチンと病人の減少についての調査を行った。
その結果、

病人が減った理由は生活環境(水質の改善、高度な下水道処理、栄養改善、新鮮な食べ物、貧困の減少)が改善されたからだと言うことが分かった。細菌はどこにでも存在するが、健康的な人なら簡単に病気にはならない。
posted by ケメ at 23:16 | Comment(0) | 報道の意図

2017年07月17日

公務員が、日本を滅ぼす!!

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=13353074

公務員が、日本を滅ぼす!!
1:税金廃止党 : 2011/10/25 (Tue) 17:59:50 host:*.mopera.net
■ 日本の公務員の平均年収1000万円(内閣府調べ)、
  ソニー期間工の年収260万円
■ 日本はギリシャと同じく、「白痴国家」(役人天国)なのか?

  日本の人口は、約127,700,000人余りである。
 これに対して、公務員の人数は、国家公務員約100万人、地方公務員
約300万人であり、合計約400万人の人口比率は、僅か3%余りである。
  
 世界の厳密な基準では、特殊法人や、非正規・臨時雇用の職員及びアル
バイト(違法)の職員も、公務員扱いだが、日本では、恣意的に含まれず、
世界で一番、公務員の数が少ないとウソ情報が流されている。
 さらには、人数を水増しして、その分を丸々かっぱらっているのだ。

 よく、世界の富の90%が数%の富裕層が持っていると言われるが、
恐ろしいことに、これと全く同じことが、この日本で起きている。
 それが、税金の使用目的・分配に現れているのだ。

 この3%しかいない公務員達の給料・賞与・退職金・年金に対して実に歳
入(税収)の90%近くが使われているという、恐るべき事実を多くの民間人
は知らない。
 
 国家予算の一般会計は、2010年度は92兆円程だが、自民党政権
では、ここ数年80兆円程であった。

 内訳は、40兆円が税収分で、半分の40兆円が国債だ。
 あきれ返るのは、このうちの約36兆円がなんと、全て3%しかいない公
務員達の給料・賞与・退職金・年金に消えている。

 様々な経済学者・経済評論家らが国家財政について、あれこれ語って
いるが、この公務員達の異常な高待遇について触れていない者達の意
見・著書・ブログは全て価値はない。

 そもそも、「税金」は、何のために徴収されるのか?
 この回答として、「公共の福祉のため」と答える者は、小学生レベルだ。

 正解は、「公務員の福祉のため」である。
 さらに、日本人の血税は、アメリカに対する「思いやり予算」、国連分担
金、ODA(政府開発援助)で諸外国にピンはねされる。
 このODAのほとんどは、日本に返済義務がない、援助金である。

 その証拠を暴露した一人が鹿児島県阿久根市市長の竹原 信一氏だ。
 実にふざけたことに、鹿児島県阿久根市では市の税徴収分が、人口約
1%の市役所職員に使われているのだ。
 
 阿久根市の市税が、18億円に対し、市役所職員の年間、人件費が23
億円で、不足分が全国の人々の税金で賄われている。

 これと同じことが、全国の自治体で行われており、国からの交付金・補助
金で不足分の公務員給与を補填している。

 さらには、この他に、団体職員と呼ばれる、特殊法人・認可法人・独立行
政法人・公益法人・地方の第三セクターなどの“隠れ公務員”が100万人も
いる。
 
 この連中は、一般公務員より、さらに給与水準が上だ。
 平均年収は、さらに上で1,200万円も珍しくない。
 
 つまり、この人件費は、もう一つの国家予算である「特別会計」から出てい
るので、裏金等を入れたら、税金の100%以上は、公務員達が使い込んで
いる計算になる。

 日本人の平均年収は、406万円とされているが、実際のところ、ほとんどの
日本人の年収は、100〜350万円で7〜8割が、納まるはずだ。

 この水準は、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ、イタリアでも、変わらない。
 
 ロシア大統領の年収が800万円、スウェーデンの国会議員の年収が880万円
なのに、そこらにいるゴミ公務員が、国家元首以上の高所得者が、500万人もひ
しめいているのだから、日本の国家予算が破綻するのは当たり前なのだ。

 一刻も早く、公務員の所得制限を最高500万円以下に実施したり、憲法違反の
財産差し押さえ、特殊法人、第三セクター等全てを廃止しなければ、日本は滅亡
するだろう。




posted by ケメ at 06:16 | Comment(0) | 報道の意図

2017年07月14日

金遊資本主義体制下の日本

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/13353074/232/



【そろそろ真実に目覚めよう!(その一)】

先日、フランスのTV番組制作会社のクルーが、
録画取材にわざわざ西宮の拙宅にやってきました。

そして熱心に4時間も収録していきました。
わざわざ何故フランスのTVクルーが、名もなき私のもとに??

 事前調整での彼らの質問は・・・ 

「日本人は、いつまでもお茶らけ番組ばかり見せられて真実を知らされず、
ずっとマインドコントロールを受け続けるのはなぜだろうか?」
 
取材で改めてわかったことは・・・

・まともな情報が市民レベルまで流れる欧州の人々にとって、
日本人は家畜並みの境遇である。

・タミフルの8割が日本で売却処分されたように、
薬害がわかって欧州では売れない薬は、
全て日本にもっていって売っている。

・日本人は薬をいまだ健康にいいと喜んで買って飲むように
マインドコントロールされている。

・遺伝子組み換え作物、原発燃料のウラン等欧州で売れなくなったものも、
日本ではいくらでも売れる。

・TV等でこういった真実が流れないのはなぜだろうか?

 収録の最後に、是非「マインドコントロール」(ビジネス社)
お読みくださいとプレゼント^^


 もっとも、電力の70%を原発に頼るフランス人には
指摘されたくないと思いました。

というのは、今から約20年前にNHKで放送された
フランスの原発問題の特集番組を見ていたからです。

当時は、日本はまだ報道の自由度が世界の10番ぐらいで、
このような原発の真実が流されていました。

3.11以降は原発だけでなく、あらゆる真実は流されなくなりました。

その番組とは・・・

・使用済み核燃料は、使用後50年間水で冷却しないと爆発する。

・冷却後さらに24万年間、放射能が出なくなるまで安全に保管しなければならない。

・フランスはその膨大な使用済み核燃料を、
 ロシアのシベリヤの原野を借りて「放置」している。

・旧大陸に地震はないが、それでも数万年単位の地殻変動や
 航空機事故などで大惨事となったらどうするのか?
 との質問に・・
 
 フランス人・・あれはロシアにあげたもの(彼らの責任)
 ロシア人・・・あれはフランスのもの(彼らの責任)
 
 つまり、誰も責任をとらない。
 
・さらに冷却水等汚染水は、
 1.5kmのパイプでドーバー海峡の底に垂れ流している。

・放射性物質海洋投棄禁止条約はあるが、
 航空機と艦船からの禁止条項のみで
 陸からのパイプによる投棄の禁止条項はない。

・つまりそういう「抜け道」ありの条約をつくって世論をごまかしている…。


 かっては、日本のメディアもこのような真実を流していたこともあるのです。

もちろん、そのような番組を作った関係者は
やがてメディア界から「排除」されていったのです。


 【何故日本にはタブーが多いのか】

 今や日本には、真実であってもメディア等で
公に言ってはならないタブーがたくさんあります。

例えば、交流を使うことによる超低周波による電磁波問題や
放射線のアルファ波・ベータ波による内部被爆問題等です。

これらがあきらかになれば、リニアモーターカーや原発など、
とんでもないモノとして国民からそっぽを向かれるでしょう。

身近なところでは、健康被害を及ぼす電子レンジは見向きもされなくなるでしょう。
今ではロシアでも電子レンジは使われていません。

それ故、リニアモーターカー、原発、電子レンジ等で利益を生むものたちが
これらの不都合な真実を隠し、圧倒的な資金力等でメディアを自由に使い、
国民を洗脳していることは、ちょっと考えればわかることです。

現代のエゴ的金遊資本主義体制下では、
メディアも利潤追求が活動の基本となります。

さらに、日本を戦後一貫して支配する世界金融支配体制の日本人弱体化、
いえ「抹殺化」の「基本方針」があります。

これは近代わずか数百年で、
その圧倒的な軍事力で世界を植民地化してきた白人の彼らにとっては、
その成果を一瞬のうちに無にした、
つまり「独立」させてしまった日本人(ヤトごころ・武士道精神)は
不倶戴天の敵として許せないのです。

今は金融支配ですが、基本精神はエゴの極致の植民地政策ですから、
自然・地球・宇宙との共生・一体感のヤマトごころと、
利他の精神で自らの命まで捧げる武士道精神の復活は
絶対に防がなければならないのです。

「エゴの植民地支配」と「利他のヤマトごころ・武士道精神」とは
真逆の社会システムになるのです。


 因みに、騎士道と武士道の違いを説明しておきましょう。
 
 騎士道は、所詮自らの名誉と報奨のために戦います。
現代ならオリンピックの金メダルです。

金メダルをとった選手の人間性や生涯の人格陶冶など不問です。
要はエゴの世界です。

米軍の災害救助の「ともだち作戦」も同じです。

あとからしっかり「経費」が請求され、
「思いやり予算」が積み上げられます。

今や世界約800か所に展開・駐留する米軍基地の経費の半分は
日本からのお金で賄われています。

つまり、米国の軍事行動は日本が支えているのです。
世界の軍事常識から見れば、日米軍事提携そのものです。

勿論米軍が世界平和のためだけに戦うなら問題はないでしょう。
しかし、世界金融支配者たちに彼らのエゴ的利益追求で使われたら
・・・例えば湾岸戦争やイラク戦争、対テロ戦争のように・・・。  

日本も同じ穴の狢(むじな)と敵対されます。

もっとも、イラク戦争等でその実態がわかった軍人たちが
バックアップしてその「くびき」を取り除こうとしているのが
トランプ大統領なのです。

逆もまた真なり。

トランプ大統領を叩くメディアやハリウッドスターたちは、
世界金融支配者からの資金で生きている輩です。

実にわかりやすい時代になりました。

日本のメディアや芸能界もかれらの下請けですから同じ形態となっています。
拙宅に来たフランス人等にそのことを説明するとよくわかってくれました。


 武士道は究極の利他の精神です。

 もし、自分に濡れ衣を被されても自分の不名誉だけで周りがうまく収まるなら
黙って墓場に持ち込んで死んでいきます。

例えば、極東軍事裁判の東条英機首相以下7人の陸軍関係者のA級戦犯絞首刑者です。

大東亜戦争はルーズベルトの奸計に嵌って戦争をはじめた海軍に
日本破滅の責任があります。

つまり海軍がかってにはじめて下手な戦いで破れ、
陸軍が尻拭いをしたのです。

しかし、戦後日本を永久に米軍の植民地支配に置くために、
世界金融支配者の彼らが陸軍を悪玉にして海軍系列の為政者を政権に仕立てて、
裏からマインドコントロールするように日本を改造したのです。

日本をテロで支配して自らの出自を正統なヤマト出身と偽るために、
天照大神を女神に変えた究極の歴史マインドコントロール書の
古事記を編纂した中臣鎌足(藤原)の時から、
このような勝者による歴史戦、マインドコントロールが行われてきたのです。

そのなれの果てが、人口の半数以上が癌で彼らに殺され、
しかも悪化するだけの薬や治療を嬉々として受けて、
背に汗して働いた実体経済のお金を貢ぐ現代社会日本なのです。

しかし、武士道体現者は、もし周りに濡れ衣を被されている人を知ったならば、
命にかえてまでその濡れ衣を、その人の不名誉をぬぐうのです。

黒澤明監督の7人の武士が百姓のために命をかけて悪漢と戦うのは、
まさにこの武士道精神なのです。

つまり、究極の利他愛の心です。

こういう観点で戦争末期の優秀な学生が行った特攻も
見直す必要があります。

もっとも言語的に自然音が聞こえない英語圏の彼らには、
自然との一体感は味わえず、利他愛もわかりません。

魂の輪廻転生を通じた永久の霊的人間性の向上も信じることはできません。

それ故もあって、なおさら日本人の抹殺を謀っているのかも知れません。

もちろん、エゴの彼らのシステムは閉鎖環境の地球生命体自体をやがて破壊し、
自らも破滅するでしょう。

癌細胞と同じです。
まさに、バカは死ななければわからない。

そういう連中の自殺行為に強制的に
あるいは経済的利益のエゴで自発的に付き合っているのが
地球人の現状でしょうか。

しかも、そのさいたる典型的な社会が現代日本と言えます。

いずれにせよ、世界の非常識と言われる日本の
一つ一つの常識の真相があきらかになれば、
つまり隠された意図と構図が明白になれば、
今まさに集団催眠的に自殺しつつある日本人でも、
いくらなんでも目ざめてくれるのではないか、
と一縷の望みを持っています。

それ故、日々こうして真実の語り部として活動しているのです。


(心のビタミンより)

著者 池田整治

サリン事件は、不特定多数の民間人を狙ったものではなかった。
テロリストにされたオウム真理教の裏には、金游ピラミッドが張り付いていた。
サリン事件で命を狙われたうちの一人、元自衛隊陸将補の、この話は面白い。



posted by ケメ at 20:52 | Comment(0) | 報道の意図

2017年02月05日

マスコミが煽る今季インフルエンザの猛威・・・0.0001%の致死率

http://indeep.jp/a-diary-of-flu-death-japan-2017/
補足資料 : 今季の季節性インフルエンザの「恐ろしい」致死率・・・それは 0.・・・
2017/02/03




インフル、全国で警報レベルに−1週間の患者数は200万人超

医療介護CBニュース 2017/02/03

インフルエンザの全国の患者報告数が警報レベルを上回った。
厚生労働省が3日公表した患者報告では、
1月23日から29日までの間に200万人超が医療機関を受診したとみられる。

患者が急増している地域の自治体では、手洗いの徹底やマスクの着用に加え、
人混みや繁華街への外出を控えるよう呼び掛けている。

この週に全国の医療機関を受診した推計患者数は、
前週より約40万人増の約201万人で、
年齢別では5−9歳が約35万人で最も多かった。
今シーズン(昨年9月以降)の全国の累計患者数は約748万人となった。
インフル猛威、高齢者の重症化注意 集団感染で9人死亡

朝日新聞デジタル 2017/02/03

各地で検出されたウイルスは、A香港型(H3N2)が約9割を占める。
A香港型は米国や欧州でも流行し、世界的に広がっている。
1月に入り、千葉や静岡、香川、鹿児島などでは
高齢者施設や病院で集団感染が起き、
高齢者ら少なくとも9人が死亡した。
施設内の感染拡大を防ぐため、面会を制限している病院や施設も出ている。

患者の累計数が 748万人で、死者が 9人。

この朝日新聞の数字は、集団感染の数字であり、一部ではあるでしょうけれど、
一応の「目安」として使用させていただきますと、今の時点での、
日本での季節性インフルエンザの「致死率」は(例えとして)、

インフル致死率.PNG


となるのではないでしょうか。

死者の内訳 朝日新聞
・1月16日 インフルエンザによる肺炎で死亡(80代・男性)
・1月20日 インフルエンザによる肺炎で死亡(87歳・女性)
・1月21日 インフルエンザによる肺炎で死亡(60代男性と70代男性)
・1月24日 インフルエンザによる肺炎で死亡(86歳・女性)
・1月25日 インフルエンザで死亡(60代男性と70代男性)
・1月26日 インフルエンザによる肺炎で死亡(80代と90代女性)

ほぼ全員が高齢者であり、また、ほとんどすべての方々が「集団感染」であったことから、
何らかの理由で介護や入院となっていた方々で、
健康状態的に完全であったとはいえない可能性が高いです。

どこまで拡大して考えても、
10代から60代くらいまでの基礎疾患のない人の死亡率は、
やはりほぼゼロに近いのではないかと思うのです。

もちろん、この統計の他にも、様々な死者例はあるのでしょう。
しかし、あったとしても、この 10倍というような誤差はないはずで・・・いや、
仮に 10倍の誤差があっても、それでも致死率は 0.001%です。

他に、インフルエンザ脳症での若い方の死亡例も2例あることが
報じられていたりもしまして、確かに、死は少ない数であろうと重大なことで、
数が少ないから問題ないということではありません。

しかし、その死の恐怖を
1億人を越える日本人すべてに「厳重に注意」と呼びかけて、
ほとんど意味がないともいえる恐怖を煽る意味があるのでしょうか。

この問題は、もはやワクチンの効果があるとかないとか、そういう問題ではないです。

人々に恐怖を与えて、何の恩恵があるのか。

0.0001%とか、あるいは、その 100倍の 0.01%でもいいですが、
そういう致死率の病気をリストアップして、それらすべてを「厳重注意」としているなら、
それでもいいでしょうが、そうではない。

数値的には何の脅威も感じられないインフルエンザだけが別格の扱いとなって、
恐ろしい存在で日本と世界に君臨している。

訳がわからないことが自分たちの生活圏で起きている。
・・・・・・・・・・略・・・・・
高齢の方や基礎疾患などがある場合を除き、現状の日本で、
インフルエンザを「厳重に注意する」必要があるとは思えないです。



永遠の拒絶への確信 :
インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について
個人的な結論を見た日(曖昧ではなく完全なる《非》へと)

2017/01/30

::::::::::::::::::::::::::::
ワクチンで儲けたいのか、タミフルを売りつけたいのか・・・
どっちにしろメディアは悪徳企業の専属広報係、真実なんてどうでもいいのさ。


そういえば、バイク事故で入院中に同じ病棟でインフルエンザが出たということで、
看護師がタミフルを服用するかどうか聞いて回っていた。

私は梅肉エキスとラベンダーで十分回避できることを知っていたので断ったが、
同室で一人年配の方がタミフルを処方してもらっていた。
数日後、その方は胃の調子が悪くなったといってタミフルの処方を断念した。

結局、インフルエンザは院内に拡がることもなく終息した。
posted by ケメ at 13:09 | Comment(0) | 報道の意図
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント