<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年03月(12)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2019年01月21日

除草剤ラウンドアップ、フランスで即日販売禁止に

ラウンドアップと言えば、思い出すのは猫たちのこと。
初め毛が剥げているのに気づく、

SU1HXzIwOTkgKDE3M3gyMDApKtA.jpg

SU1HXzIxMDkgKDIwMHgxNTApHUE.jpg


やがてそこが固くなり、
固まった皮膚が崩れていく。
SU1HXzM1MTAgKDI4OXgzMDApKJM.jpg


除草剤ラウンドアップ、フランスで即日販売禁止に
2019年1月16日 15:33 発信地:リヨン/フランス

欧米で使えないものは日本に降ろせ・・・敗戦国の自虐体質
日本のホームセンターは世界中で使わなくなった毒物薬物の市場。
枯葉剤が名前を変えて除草剤、こんなものを平気で公園や畑に撒く
爺爺婆婆が若者や子供たちの未来を奪っているのだ。

こんな日本の政治も行政も終わりにしなければ、地球の未来もない。
posted by ケメ at 21:50 | Comment(0) | 動物の異変

2012年08月07日

福島の放射能のせい  と言われた アザラシの大量変死は  実は 「鳥インフルエンザ」だった。  


福島の放射能のせい  と言われた アザラシの大量変死は
 実は 「鳥インフルエンザ」だった。  

その裏側で進んでいた 鳥インフルエンザの 
人感染計画 との関連はないのか。

リュウマの独り言

8月1日(CNN) 米東海岸で昨年160頭以上のアザラシが
死んだのは鳥インフルエンザの変異型ウイルスが原因だった
との調査結果を、米コロンビア大学の研究者らが31日、
微生物学専門誌に発表した。

アザラシの死がいは昨年9月以降、
メーン州からマサチューセッツ州にかけての海岸で見つかった。
大半が生後6カ月未満の赤ちゃんで、
重度の肺炎や皮膚病がみられた。
調査の結果、H3N8型鳥インフルエンザウイルスの
新たな変異型が検出された。

研究を率いたコロンビア大学のサイモン・アンソニー氏によると、
鳥の間で感染するウイルスが、新たに哺乳類の呼吸器を
攻撃する能力を獲得したことが分かった。
同時に毒性や感染力が強化された可能性も考えられ、
さらに詳しく調べる必要があるという。

これまでに高病原性のH5N1型鳥インフルエンザウイルスなどが
人に感染した例もあり、今回の変異型にも注意が必要だと、
同氏らは呼び掛けている。         (引用終り)

 この事件を覚えている方は、 多くはなかろう。 
当初、福島原発事故の 放射能の影響かも知れぬという 
噂もあったものだ。 ほぼ一年前の出来事である。

 H3N8型鳥インフルエンザ といえば、 
日本では中央競馬が中止になったときに聞いた ウイルスである。
それが、 アザラシに感染するように 変異したものであろう。 
311 以前には、 新型インフルエンザが 
マスコミをにぎわしていたものだが、 最近は全くご無沙汰である。      

*

み〜んなひっくるめて大量死は放射能の所為にしていたが、
人感染計画・・・とか、3.11や9.11以前には考えられない話が、
納得出来てしまうのが悲しい現実である。
あっちからもこっちからもささら方さら、命を蹂躙する
破壊工作の爪後がみえてくる。
それにしても、見えてきたのは同時に、経済ピラミッドの頂点が、
全てを牛耳切れない証であり、何処にでも良識派が存在する
ことの希望でもあると言う事だろう。


2012年04月18日
アラスカのアザラシに奇病と変死



動物の大量死で不安を煽り、
又新しいワクチンを売り込むNWOの手口


続きはこちらへ↓

新型インフルワクチンで脳障害

<マイケルは愛のメッセンジャー>
地球はもうすぐアセンション(次元上昇)を迎えようとしています。
地球も人間も試練の時を迎え、
それぞれのカルマの浄化に向けて動きだしています。
マイケルの死によって皆の意識が繋がり個人の
様々な問題を解決するきっかけを与えられました。



*



妙なケーサツがやって来た!

ごめん下さい!
というので行ってみると、その半開きのドアから
黒ずくめのお姉さんが、水戸黄門の真似をして、
大きな金のバッジを見せつけている。
ケーサツです!

あさのよあけ


posted by ケメ at 08:06 | Comment(0) | 動物の異変

2012年05月14日

身近な動物達の異変

山で飼われている、ポン太という犬がいる。
サムネイルになっている犬カルマの子供だ。
その犬の耳の毛と尻尾の毛が抜けて、
生えてくるまで半年かかったという。
飼い主は他の動物に抜かれたというのだが、
すでに10年近くを同じ所で過ごしており、
突然ほかに怪我もないのに毛だけ抜かれる筈がない。
ダニなどにやられた可能性はあるかもしれないが、
そうすると前にここで取り上げた、チビシドさんと呼んでいる猫の毛が抜ける
症状と似ている。→【猫の毛が抜ける・・・放射能の影響かしら?】
飼い主の話を聞いて後から考えてみると、
放射能の影響という線が濃厚に浮かび上がってきた。

そして、先日妊娠してしまった地域猫を手術したのだが、
手術後とても元気だったその猫がいなくなり、
近所の方に聞くと、いなくなる前に口から泡を出していたという。

数ヶ月前に猫のフンなどの問題で、猫会議が行われたのだが、
その後急激に地域猫に限らず、沢山の猫が死んでいる。
向かいで飼われていた猫も死んだばかりだ。
誰か毒を撒いたと思っていたのだが、ひょっとしたら放射能の影響も考えられる。
昨日実家へ帰ると、実家の猫も一匹今朝死んでいて、遺体に線香が挙げられていた。
身を隠す余裕もなかったのか、仏壇の横に箱に入れられて横たわる猫は、
昨夜お通夜でも取り行われたのだろうか?
そんなことはどっちでもいいのだが、
今日また猫会議だという。

PM8:00猫会議が終わった。
妙に猫が減り、当面駆除の必要はなしということになった。
野良猫に餌をやるのは厳禁とし飼い猫には部屋番号を付けた首輪をする。

あ〜あ世知辛い世の中だ。
posted by ケメ at 14:13 | Comment(0) | 動物の異変

2012年05月01日

今度はペリカン大量死 ・ペルー

今度はペリカン大量死 ペルーの浜、イルカに続き
2012.4.30 22:59 [生物]
 
ペルー北部の浜辺でペリカンが大量死しているのが見つかり、政府当局は30日までに原因究明に乗り出した。地元メディアによると、見つかった死骸は1200羽以上。同国北部の浜辺では2月以降、死んだイルカ約900頭が相次いで発見されており、原因をめぐり議論になっている。

 当局はウイルスが原因でイルカが大量死したとみて調査を続けており、ペリカンも同種のウイルスに感染したとの見方を示している。一方、環境保護団体は沿岸での石油試掘による振動や大きな音がイルカの死に影響したと主張している。

 ペリカンの死骸は北部の約200キロにわたる海岸に打ち上げられたといい、いずれも死後数日以内とみられる。カツオドリやアシカの死骸も見つかったという。

(共同)

ちょっと古いけど、このニュースも

ニシンが謎の大量死 ノルウェー北部の海岸 砂浜埋め尽くす
2012.1.4 14:29 [欧州]

2日、ノルウェー北部ノールライサの浜辺を埋め尽くしたニシンの上を歩く犬(ロイター)

 ノルウェー北部ノールライサの海岸で3日までに、大量のニシンが打ち上げられて死んでいるのが見つかった。英紙ガーディアンなどが伝えた。原因は明らかになっていないが、専門家は大きな魚などに追われて群れが海岸に近づいた可能性や、嵐に巻き込まれた可能性などを指摘している。

 打ち上げられたニシンは計約20トンと推定され、その量の多さに地元住民も困惑。砂浜を埋め尽くしたニシンをどのように処理すべきか頭を悩ませている。

 年末から年始にかけて米南部アーカンソー州でも鳥の大量死が確認されており、一部ではマヤ文明と絡めた2012年の世界終末説の前触れではないかとの見方も出ているという。(共同)
posted by ケメ at 10:17 | Comment(0) | 動物の異変

2012年04月24日

イルカがなぞの大量死

ペルー沖でイルカがなぞの大量死 年初から877頭

2012.04.23
Mon posted at: 10:47 JST

(CNN) ペルー北部の海岸に最近、イルカの死骸(しがい)が相次いで打ち上げられ、専門家らが原因を調べている。今年初めからの合計は877頭に上るという。

国営アンデス通信が環境当局高官の話として伝えたところによると、当局は「モルビリウイルス」や「ブルセラ菌」などの病原体による集団感染の可能性があるとみて、調査を進めている。同高官はCNNに、結果は1週間以内に出ると語った。

イルカが打ち上げられているのは、アグハ岬からランバイエケにかけての約220キロの海岸。発見された死骸の約8割は腐敗がかなり進んでいるため、死因の解明は難航しているという。

ペルー海洋研究所(IMARPE)の報告を受け、政府は先週、関係省庁による合同委員会を設立。分析の結果、餌不足や漁業の影響、薬品や重金属による中毒の可能性は否定された。一部の専門家は、大きな音のために障害が起きる「音響外傷」も考えられると指摘している。

米東海岸のケープコッドでは今年2月、179頭のイルカが打ち上げられ、このうち108頭が死んでいた。原因は今も調査中だ。また、南米ブラジルのリオデジャネイロでは3月初め、海岸に打ち上げられたイルカ30頭が見つかったが、無事海へ放された。

鳥取市の海岸にクジラが漂着

2012.3.18
19:05

鳥取市青谷町の海岸に漂着したクジラ=18日
(鳥取県提供)

 鳥取市青谷町の海岸に17日、体長約5メートルのクジラが漂着しているのが見つかり、漁民らが沖に戻そうとしたが再び岸に流れ着き、死んだ。

NZ浜辺にクジラ100頭 

救助難航、30頭以上死ぬ

2012.1.24
22:29

24日、ニュージーランド南島の浜辺に打ち上げられたクジラの救助活動をするボランティアら(AP)

 ニュージーランドからの報道によると、同国南島の北端にあるゴールデン湾付近で、100頭ほどのゴンドウクジラが23日ごろから浜辺に打ち上げられ、24日までに少なくとも30頭以上が死んだ。

 地元の専門家やボランティアが満潮を利用するなどして一部のクジラを無事に海へ戻したが、救助活動は難航している。

 浅瀬に迷い込んだ可能性などが指摘されているが、理由は不明。現場周辺でクジラが打ち上げられたのは、この数カ月で今回が3回目。昨年11月には65頭が死に、今月も既に25頭が打ち上げられ、一部が死んでいる。(共同)
posted by ケメ at 18:35 | Comment(0) | 動物の異変

2012年04月18日

アラスカのアザラシに奇病と変死

拡散する放射能に世界はビクビク。
私もビクビクだ!
外で暮らす地域猫の毛が抜ける、
ぬまゆさんの髪の抜け方に似ているように思えて仕方がない。
向かいで飼っている猫が、何も食べなくなり、涎を垂らしている。
飼い主は70歳を超えた年配の方で、毎日マグロを食べさせているが
最近はマグロも口にしないといっていた。それで私は内部被爆を考えた。
(ほとんどの年配の方は、産地を考慮して購入することなど頭にない・放射能など遠いところの話として何もかも聞き流す)今朝は資源物当番で、朝から放射能と乳酸菌の話を年配の方々相手に喋ったが、いまいち緊迫感が無い。まっやらないと思うが、米のとぎ汁は、白血球を増やして免疫力を高めてくれるという話だけは伝わったようだ。

そんなことで今日の私のアンテナに飛び込んできたニュースは以下のものである。


リュウマの独り言
動物界の異常も福島原発のせい。  拡散する放射能に世界はビクビク。 

 世の中、奇妙なことが起こる。アラスカでアザラシに奇妙な病が発生して、多数が変死しているのだそうだ。ノルウェーの海岸では20トンものニシンが浜に死んで打ち上げられたそうだ。ニュージーランドでは、60頭以上のクジラが浜に打ち上げられ、日本でも、昨年から今年にかけて数頭のクジラが浜に打ち上げられ、ニュースにもなった。

 これらの怪奇現象 (?) の原因も福島原発の「放射能のせい」ではないか、というデーリーメール紙のような報道もある。一部は皆さんもご存知だろう。そんな馬鹿な (?) とは思いながらも完全否定は出来ないもどかしさがある。

 なぜ、そうなるかというと、ほとんど研究がされていない、分かったことも「軍事機密」ということで公表されない、そういう悪循環が続いたせいである。



アラスカなどで多発するアザラシの謎の死 ……
福島の放射能の疑いも、とデーリーメールが報じた
目が充血し、ヒレが傷つき出血し、毛が抜けているのだそうだ。言われてみれば、原爆の症状に似ていぬこともない。日本近海ならともかく、アラスカである。 と逃げたくなるのは山々だが ……

 下の画像はフランスの研究機関が作成した福島原発の放射性物質の拡散のシュミレーションである。これを見ると、そう逃げられないことがよく分かる。見てもらいたい。



 
子供の甲状腺ガンは特異で目立つので、注目を集めているが、実際は「放射能」によって、どのような障害が起こるのかは、『肥田医師』が言うように、何も研究されていないのである。まずデーターがない、あっても信用できない。

 事故以来、どのように対処すればいいのかと「あちこち」探したが、あの原爆でさえ「熱線や爆風」で死んだものはいても、放射能で死んだものは、公式には一人もいない。
(日本政府の国連報告)

 第5福竜丸を調べても、安全地帯で操業していたにもかかわらず、
思いのほか計算どおりの爆発となり、さんご礁のかけらを降りかけてしまった、
船などを汚して申し訳ないと「米軍」が慰謝料を払ったのであって、
この事件での犠牲者はいない (ことに公式にはなっている)。

 放射能の低線量被爆などになると、全く分からないというのが実情だろう。
今、言われているような「ガンや白血病」は、それほど多くないのかもしれない。
私は、「免疫不全・代謝異常・精神疾患」のような、総合的なもので、
少しずつ弱っていくのではないか、と最近は思っている。
リュウマの独り言

このあと、4号機に関する大変重要な写真と記事が続きます。
是非ブログ・【リュウマの独り言】へ跳んでご覧ください。
posted by ケメ at 19:00 | Comment(0) | 動物の異変

2012年03月11日

鳥に異変が起きている・福島からの映像


鳥が福島県近郊から減少しまくっているというNHKニュースがあったが、
それに伴い自然の鳥が異変を起こしている。
これらの鳥が1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出されたミミズや、
生物濃縮された餌を食べていたら十分に想像がつく話だ。
同じ現象は、チェルノブイリでも確­認されている。

鳥の次はほ乳類。そして最後に人間にも同じ症状が起きることになる。

Uploaded by juliassange on 18 Feb 2012



放射性セシウム:福島県川内村のミミズから検出
http://mainichi.jp/life/ecology/news/20120206k0000m040113000c.html
毎日新聞 2012年2月6日 2時30分(最終更新 2月6日 2時49分)
毎日新聞上記URLへ跳んでも、記事が削除されているようなので
ユーチューブから転載します。

ミミズがかかわる森の中の食物連鎖の様子 東京電力福島第1原発から約20キロ離れた福島県川内村に生息するミミズから、1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが、森林総合研究所(茨城県)­の長谷川元洋主任研究員(土壌動物学)らの調査で分かった。ミミズは多くの野生動物が餌にしている。食物連鎖で他の生物の体内に次々と蓄積していく現象が起きている可能性­も懸念される。3月17日から大津市で開かれる日本生態学会で発表する。

 昨年8月下旬〜9月下旬、一部が警戒区域に指定された川内村、同県大玉村(同原発から60キロ)と只見町(同150キロ)の3町村の国有林で、40〜100匹のミミズを採­取した。

 その結果、川内村のミミズから1キロあたり約2万ベクレルの放射性セシウムが検出された。大玉村では同約1000ベクレル、只見町で同約290ベクレルだった。調査時の川­内村の空間線量は毎時3.11マイクロシーベルト、大玉村で同0.33マイクロシーベルト、只見町で同0.12マイクロシーベルトで、線量が高い地点ほど放射性セシウムも­高濃度になっていた。

 一方、林野庁が昨年8〜9月に実施した調査によると、川内村で土壌1平方メートルあたり約138万ベクレル、大玉村で約8万〜12万ベクレル、只見町で約2万ベクレルあっ­た。

 事故で放出された放射性物質の多くは落ち葉に付着している。落ち葉が分解されてできた有機物を、ミミズが餌とする土とともに取り込んだのが原因とみられる。
posted by ケメ at 15:40 | Comment(0) | 動物の異変

2012年02月08日

猫の毛が抜ける・・・放射能の影響かしら?


この猫は、我が家で勝手に【チビシドさん】と呼んでいる近所の猫。
もう一年ほど毎日
我が家のシドの所に遊びに来ている猫ですが、
もともと皮膚病を患っていて、耳の先端に毛が無く、
目の周りはいつも血液が固まったような黒い目ヤニを付けています。
来る度にチンキを付けてふき取るのですが、
翌日には又目ヤニで目の周りを黒くしてきます。








それが最近になって、からだ中
こんな風にひと固まりずつごっそりと
毛が抜けるようになり、思わずぬまゆさんのことを思い出しました。

この猫は避妊手術はしてあるようですが、いつも外に居るようです。
去年の3月11日以降もずっと外で雨に当たった可能性など
考えていました。



そして今日こちらのブログを観てびっくりしました。
2012年02月07日
枯れたツツジと鼻血を出す生徒たち−北九州からのレポート


北九州の児童が鼻血を出したというレポートです。

そして全国に広がる植物の生育異常の実態写真。

ちょっと考えただけでも、山は放射線量が高いから、
野性動物の被害はかなりのものではないかと想像します。

でもあんまり頭を抱えてしまうと、ストレスが活性酸素を倍増させてしまいそうなので
行動しましょう。少しでもいいと思えることをして過ごしましょう。


乳酸菌を利用しましょう。

<こちらは私のいいかげんな実験>
白米を洗った一番とぎ汁をペットボトルに入れそのまま放置していたんですが、3日して臭いを嗅いだらあまりいい臭いでなかった為
急いで三温糖3%(飯山さんは黒糖を奨めています)と
伯方の塩1%を入れました。
するとどうでしょう、翌日には甘〜いミルクの様な臭いに変わっていました♪
いいかげんでもこんな芳香を醸し出す、とぎ汁と三温糖(ベストは黒糖です)と伯方の塩(粗塩などの精製していないニガリ、ミネラル分の入った塩)のトリオは愛おしいばかり。
やがてこれが乳酸菌となって放射能をパクパク食べてくれちゃうというんですから、
・・・もう天使です!
こんなに乳酸菌作りが流行り出したのって、きっとこの芳香にあると思いますね。
ウ〜ン・・・クンクンクン・い・と・し・トリオ汁♪

どうですか?一番とぎ汁を取って置いて、黒糖と粗塩を入れるだけですよん♪
ヘたこくと腐る場合もありますから、
最初は恐る恐る嗅いでみて下さいね。


めんどくさい?そんな方はこちら、
生きた乳酸菌と、さまざまな酵母がケフィアの特徴、
なんたって酵母と乳酸菌が発酵中に様々な可能性をもつ
活性物質を作り出すことが期待できます。
ソ連や東ヨーロッパで長〜く愛用されて来た伝統の発酵乳です。
カプセルですから、ヨーグルトの苦手な人や忙しい方向き。



犬猫用乳酸菌ならこちら

うんちがゆるかったりかたかったり、
皮膚が弱く、化膿しやすい子に
強い薬を使用しているペットの健康補助に
お産前後の体調管理、授乳期の体調キープ
御高齢のペットには健康補助に

続きを読む...
posted by ケメ at 21:11 | Comment(0) | 動物の異変
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント