<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年05月(15)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2019年03月28日

放射能に喰われるな!今癌が危ない!!

大切な友人を放射能に奪われた。

近所に救急車が度々来る。
心臓に不安を覚える人が、急増し、
亡くなる方も、尋常でない多さだ。

福島を忘れない。
だれも責任を取らないまま、
垂れ流しの放射能のなかで、
侍たちの魂が、目を醒まし
生きとし生けるものたちの為に、
立ち上がって、奮闘してきた今がある。

そんな昨今、
大切な友人を失ってしまった。
彼女に、乳酸菌ヨーグルトを
食べる習慣を紹介したかった。
まさか、癌だとは知らなかった。

ここで、微生物を味方につけて、
今までの何倍も元気をだせる方法を、
自ら探し出せるものが、生き残る。

嘘のない人、
人の為に涙を流せる人、
もっと話がしたかった。
61歳になったばかりだった。

私は、原発の責任者を恨む。
あの事故がなかったら、
死ななくて済んだ。

肉が食べられず、
魚が好きな彼女に、
産地の危険と安全性を知らせていたら、
微生物の成す業の確かさを、語っていたら、
もっともっと、彼女は生きられたろうに・・・。

2017/01/13


心からご冥福を祈ります。
あなたがいたから、
この地域に踏みとどまることに
悔いはないと思えます。
ありがとうございました。




2016年10月24日
震災から5年,福島原発周辺に踏みとどまり、発酵菌をばら撒きつずけた人たちがいた


2019年03月10日

2019年3月・原発事故から8年、ガン発症は20倍以上!現在、稼動中の原子力発電所は8基





過酷事故廃炉決定   4基(東電福島第1原発)
廃炉決定運転中止   10基(東電/東北電/中電/関電/四国電/九電/日本原電)
廃炉作業中        2基(日本原電東海原発/中国電力島根原発1号機)
政府要請運転停止   2基(中電浜岡原発)
中越沖地震運転中止  3基(東電柏崎刈羽原発)
東日本大震災停止中  8基(東北電東通原発・女川原発/東電福島第2原発)
定期点検審査停止中 20基
再稼動後緊急停止   1基(関電高浜原発4号機) 
運転差し止め命令停止 3基(四国電伊方原発3号機/関電高浜原発3,4号機)


稼働中 8基
(九電玄海3,4号機/川内1,2号機・四国電伊方3号機・
関電高浜4号機/大飯3,4号機)

乳酸菌

2017年01月02日

総統閣下は「福島の甲状腺がんは被曝の影響は考えにくい」にお怒りです






2016年12月25日
1415.柏でも、小児甲状腺の異常が危険水域に
・著名なホットスポットの一つである千葉県柏市で、小児甲状腺のエコー健診が行われている
・判定C(甲状腺の状態などから判断して、二次検査が必要なもの)は、
福島県の甲状腺がん検査を上回っている。
・同等の検査が日本全国でも、必要であることを強く示唆していると言える。
http://onodekita.sblo.jp/

もはや隠しようがなくなってきた福島県における小児甲状腺癌の多発。
検討部会は、いまだに「健診のやり過ぎ」だと主張しているが、
手術症例に遠隔転移がみられていることが示されている。
さらには、検討部会の進行状況がおかしいとして、
評価部会長が辞任する騒ぎにまでなっている

 もはや、福島県の甲状腺癌が増加しているのは事実以外の何物でもないこの状況で、
あの「ひらた病院」がトンデモ論文を発表した。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
福島の子 食生活で被ばく低減 原発事故前からヨウ素摂取 
毎日新聞2016年11月6日 07時00分(最終更新 11月6日 07時00分)
 東京電力福島第1原発事故の影響について、
福島県などに住む18歳未満の子ども4410人を調査した結果、
大部分の子どもが甲状腺がんの危険性を減らすのに
十分な量のヨウ素を食品から摂取していたとする研究成果を、
ひらた中央病院(同県)などのチームが米専門誌「サイロイド」に発表した。
昆布などを多く取る日ごろの食生活により、
事故時にも甲状腺被ばくを低く抑えられたのではないかとみている。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 危険性を十分に減らしていたにもかかわらず、甲状腺癌が増えたのはいったいどういう理由か。
どこをどう考えてみても、被曝意外には考えられなのにである。

 そもそも、増加している状況で、「被曝を低く抑えられた」と説明をされたところで、
安心する人など一人もいるはずがない。
このような論文を出す目的はいったいどこにあるのか、理解に苦しむ。
単に、加害者である東電の責任を軽減するだけではないか。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=121591


***********************

まあ・・・さすが残虐な生体実験結果と戦友とを引き換えに
731部隊が築き上げた戦後医療。
エイズも肝炎もどうぞどうぞと・・・毒をばら撒き金を搾り取る。
拝金日本のメディア戦略さえあれば、赤信号みんなで渡れば怖くない、
とばかりに、日本をダメにした爺たちがいまだ幅を利かす敗戦国家。

今年こそ医療実験奴隷国家の顕在化の津波が
人々の目覚めを促すことを祈る。

***********************



 
2014年、ASKA氏逮捕でお蔵入りとなった宮崎駿監督の反原発アニメ「On Your Mark」
2016-12-26 18:22:14



2016年12月27日
突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!阿保徹12月6日突然死
救施主を葬る者

わずか5ヶ月の間に、12人もの医師が、
たて続けに死亡や行方不明となった真相とは!?


がん、自閉症、予防接種ワクチンと医師たちの謎の死

2016年03月21日

藤原さやかさん(27) 死去。





薬学を学ぶ現役女子大生が、臓器や免疫、薬の知識を駆使して描き下ろした、学習系四コマまんがです。amazon

藤原さやかさん(27) 死去。

藤原さやか ‎@gongoti1416
「放射脳」の人々の無知っぷりはみてて本当に恥ずかしくなる…
自分が無知な事に気付かないからとんでもないデータも鵜呑みにする
2016年2月14日 02:48

今年、ツイッターでそうつぶやいたばかりなのに・・・・。


思いが現象をつくるなら、
放射能のことなんか忘れて楽しく生きた方が、
身の為かと思い始めたこの折に、
よくいってくれた。

そう、よくいってくれたとは、
まさにこのことだ。

ネットで自ら拾いださなければ、
放射能下にある現実も
全く忘れてしまう。

国がメディアが動かないと言うことは、
恐ろしいことだ。

でっちあげられた、
ニュースに疑問も持たず、
放射能下で起こった過去の事実に
学ぼうともしない
多くの人々が、
実際、危機的状況下にあるこの現実に
目覚める為に、いってくれたのだ。

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-8232.html


1986年に発生したチェルノブイリ原発事故から28年が経つウクライナを現地取材。現在も、多くの子どもが白血病やがんなど様々な疾患を抱える。子どもたちの命と健康を守るために、学校と医療機関の連携や定期的な保養など、国・自治体による多様な取り組みが行われている。いま日本は、チェルノブイリの経験をどう活かすべきか。amazon

2015年ノーベル文学賞受賞。
1986年の巨大原発事故に遭遇した人々の悲しみと衝撃とは何か.本書は普通の人々が黙してきたことを,被災地での丹念な取材で描く珠玉のドキュメント.汚染地に留まり続ける老婆.酒の力を借りて事故処理作業に従事する男,戦火の故郷を離れて汚染地で暮らす若者.四半世紀後の福島原発事故の渦中に,チェルノブイリの真実が蘇える.(解説=広河隆一)amazon

2015年10月29日

東京電力原発事故、 その恐るべき健康被害の全貌


Lightworker ‏@Lightworker19
どうでもいい話かもしれませんが、私がいら立っているのは、これまで散々放射能の安全性を説いてきた研究者たちが、私が知る限り、誰一人としてこの論文に全く触れようとしないことです。 
http://bit.ly/1BFsT7j


2013年10月28日月曜日
東京電力原発事故、
その恐るべき健康被害の全貌
―Googleトレンドは嘘をつかない― @理論編


本稿のまとめ
2011年3月11日の東京電力原発事故によって、
東京にも放射性物質が降りそそぎました。
それが原因となって、あらゆる被曝症状が急増しつつある。
その健康被害の実態を、理論によって裏付けながら、
膨大なデータをもって実証すること、それが本稿の目的です。

まずはデータを御覧下さい。
これは、Googleの検索キーワードのトレンドを表示する、
Googleトレンドというサービスのデータです。
膀胱炎・口内炎・動悸・生理不順、
これらはすべて被曝症状の典型ですが、
どれも2011年3月を明確に分岐点として、急増しています。
このデータは、これら自覚症状を抱えている人の数と、
非常に高い相関関係を持っていると考えられます。

image_thumb[3].png

私は、データ編で、膨大な量のグラフをもって、
どれも2011年3月を境にして、
関東を中心にあらゆる健康被害が急増している事、
そしてそれらがストレスや
「放射線恐怖症」のせいではありえないこと、
そして原因は原発事故による
放射性物質であることを示したいと思います。

http://bit.ly/1BFsT7j


*

封印された「放射能」の恐怖
フクシマ事故で何人がガンになるのか

By クリス・バズビー
価格: ¥ 1,836

2015年06月29日

蔓延し始めたぶらぶら病


2015年06月28日
蔓延し始めたぶらぶら病


・被曝による症状は、これからが本番。
再度、アンテナを巡らす必要がある


 被曝から4年が経過し、
様々な訳のわからない現象が表に出てくるようになった。
たとえば、楽天の故障は多発による神頼みや、
******************************
2015年06月26日
1287.仙台平野にある楽天球場で多発する故障−神頼みの球団
・東北・仙台に本拠地を置く楽天球団で故障者が続出し、
「呪われた」ためだと称して、お祓いを行うと発表した。
******************************
動植物の大量死など。
こんどは「ナルコレプシー」ともいえる症状が
人間のみならず、動物にまで出現しているようである。
*************************************************
ナルコレプシー
重要な会議や試験中、あるいは話している最中など、
緊張を強いられている状態でも眠りに落ちてしまう症状。
一度の睡眠時間は5分〜30分と短いのが特徴。
また、目覚めた直後は頭がすっきりとしていますが、
2時間も経つ頃にはまた強烈な眠気に襲われます。
*************************************************
nemurisinnzou.jpg

2015年06月11日
「まるで行き倒れ」動物の寝相に騒然 
盛岡の動物園が「眠りの森」に

動物もねむりこける.jpg

草食動物がこのように眠っていては、
天敵に襲われて死亡する。
まさしく異常事態なのに、
とうの飼育担当者はお気楽コメント
――本当に行き倒れているように見えますが
「来園者が多い週末などは
『動物が倒れているけど大丈夫?』と、
よく声をかけられます。
警戒心の強い草食動物たちが
ここまで完全に横になって眠る姿に、
みなさんびっくりされるようです。
それだけ人に慣れて園になじんでいる
ということだと思います」


・・・ところが人も、
ところかまわず眠りこける「眠り病」が流行中 



肥田舜太カ氏は、
福島原発事故当初に次のような警告を発している。

質問・開業医の先生方にとって被ばくを治療する知識は、
どういうものがあるのでしょうか。

肥田・一番マークしなければならない症状は、
「非常にだるい」「仕事ができない」「家事ができない」
という、原爆症の中で一番つらかった『ぶらぶら病』だ。
−避難者の中でそういう症状が現れれば原爆病・・・。
肥田「ぶらぶら病」という概念にあたる、
原因の分からない後遺症。治療法は分からない。
命が危険になる病気ではない。
周期的にくる。
大部分はその人特有の現れ方をする。
ぜんそく発作のように、始まると4,5日止まらないとか、
何週間、何ヶ月も続くとか、その出方も症状もみんな違う。
いろんな検査をして、
広島ではぶらぶら病の患者に対して
「病気じゃない。原爆にあったショックの精神障害だから
だんだんよくなる」と言うと、
他の医療機関を受診し、同じことの繰り返しになる。
これが特徴だ。

チェルノブイリの後の北ウクライナ羅患グラフ.jpg

これはウクライナの政府報告書から作られたグラフである。
 事故4年目、5年目がどこに当たるかをもう一度確認してほしい

スマップの中居さんも「喉頭癌」になった。
これからが本番であることを再度警告しておく。



2014年07月15日

日本政府が守ってい-るのは国民ではなく東電

日本政府が守ってい-るのは国民ではなく東電



※字幕間違いのお詫び。
時間:5分34秒〜
「放射性物質セシウム131によって汚染された食品を食べていると」とありますが、
正しくは「放射性物質セシウム137によって汚染された食品を食べていると」です。
申し訳ございません。


*

活動家としても、医師としても著名なカルディコット博士だが、
衆議院議員会館で開催さ-れた記者会見に
参加したジャーナリストはわずか20人ほど。
国会が解散したことも影響-し、
マスメディアからの参加はほとんどなかった。

しかし、前日、都内で開催された市民-向けの講演会は
満席状態だったことと比べると、大きな温度差がある。
 
博士は、こうした日本のメディアの姿勢に関しても
「責任を果たしていない」と言及。
原-発作業員の放射線被害に関する情報が
公開されていないことについても
「それが可能にな-るかどうかはメディアによるところが大きい」
と情報公開の必要性を訴えた。

制作:OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org


*********************************
高齢化現象の日本

放射能なんかこんなとこまで飛んで来ない!
これが安曇野に住む、
日本を駄目にした爺どもの見解である。

ぶらぶらぶらぶらと近所を徘徊しながら、
問題の無い所に問題を作り、本当の問題には目もくれない。
こんな爺どもが体制を閉める民主主義、
選挙となれば自民党!
テレビで言わなきゃみんな嘘!

こういうのが自治会と称して幅を利かし、
金融政治を奉る。

都合が悪くなればすぐボケる

こんな爺達を介護して、
挙句の果ては戦争へと駆り出されてしまうのか?
軍産複合体の最期の砦、日本

もういいこと一つもない
哀れ日本の若者達


カルディコット博士からの日本の原発被曝者への14の提言

地球の歴史上、最大の産業事故!

2013年07月29日

「福島に来ちゃ駄目だ! 」と言いながら福島に帰った子供達



アップロード日: 2011/05/22
東日本大震災から1カ月後、
津波に流された岩手県陸前高田市の自宅跡で、
海に向かって­トランペットを吹いていた少女がいた。
震災から70日たった5月20日、
少女は東京オ­ペラシティの舞台に立った。
■アサヒ・コム動画 http://www.asahi.com/video/




いま、世界には100万人をこえる難民がいる。
この難民は、悲惨な状態にあったとしても、
「命を守る行動」がとれた人たちだ。
命を守るために故郷を離れることができた人たちだ。

日本人、とくに福島の子供たちは、難民にすらなれない…。

いま、福島の子供たちの心がすさんでいるという。

…当然だろう。

大人たちは、安全神話を洗脳され、カネのためもあって、
「大丈夫だ!我慢しろ!」の一点張り。
だが、子供たちは携帯をチョッと操作すれば
放射能障害の異常発生の情報が瞬時にとれる…。
国や県の帰郷運動(福島に帰ろう!)の欺瞞性など
一瞬で見破る。
アタマにきて、やがて心がすさんでくるのも当然のことだ。

難民にもなれない福島の子供たち…。

おととしの夏休み…。
鹿児島の人たちは福島の子供たちの
一時疎開を受け入れた。

福島の子供たちと鹿児島の子供たちは、
一緒に遊ぶうちに馴染み…、
一生涯つづくはずの友情も生まれた。

けど、夏休みは必ず終わる。

別れの日は必ず来る…。

最後の日…、鹿児島の子供が言った、
「次は必ずボクたちが福島に行くからね!」

これに対する福島の子供たちの答は↓こうだ。

「ボクたち、帰りたくないけど、帰らなきゃならない…」
こう言ったあと…、強い口調で続けたそうだ、

「福島に来ちゃ駄目だ! 」

http://grnba.com/iiyama/index.html

*

こんな福島の子供達を、犠牲にして踏みにじるような
企業も政治家もメディアも官僚ももう許せません。
もう嘘や誤魔化しを通しません。
しっかりと見極めて、まごころある企業と政治家を
選択し育て上げるのが、消費者の務めであり、
私達99%はしかとその力を発揮して行きましょう。

2013年04月17日

福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!


福島で凄まじい事態が発生!

「福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!」
 2013-04-04 00:55:46 |
福島原発事故後の健康被害
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/be4cac6abf31676154551e586ba92081

しばらく目をそむけてきた放射能だが、
自分の体がおかしくて、思い出させられる
ここは長野県安曇野
しかし、
3.11後の原子炉の爆発以来、
明らかに感じる、身体の異変
雨が降る度、体が火照った当時のことを忘れない。

風邪でもないのに、風邪で発熱した時に感じる
筋肉の痛みは、きっとセシウムの影響だろう。
それは今も時々起り続けているから、
煙草や食物からくる内部被爆によるもので、
既に癌が発症している可能性もある。
それにしたって、
病院になんか行くものか、
乳酸菌とハーブで長生きしてやる!

それにしても目を覚ませ!
日本を駄目にした爺達!


福島で凄まじい事態が発生!

  「福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!」

政府内部で予測

 10-20年後に日本国家の人口が5000万人に半減する!

新サバイバル掲示板
http://9307.teacup.com/tokaiama/bbs/4229 より

もはや福島県は、人体実験場か!
福島県では15人に12人が、奇形児を出産!

2013-03-23 14:39:06

私のもとに、福島県の看護婦と称する方より
一本の電話が入りました。

「先生、福島では妊婦の15人の内12人が
奇形児を出産しています!」

「医師会は、甲状腺癌、小児癌にしても、
放射能との因果関係を全て隠蔽しています!」

「福島の医療業界は異常です!」


という内容のものでした。

勿論、私も色々と情報を得てはいましたが、
妊婦さんの15人のうち12人が奇形児を出産していたなどとは、
思いもよらない数値の高さに驚いてしまいました。
と申しますのも、放射能被害の進行状況が
かなりのハイスピードで進んでいることに驚いてしまいました!
本来でありましたら、4年〜5年目の出来事であるはずなのですが、
2年目にこのありさまですと、事態は想像以上に
深刻化して進行しており、もはや関東地区は
人類の生息できる地域では無くなりつつある
という事なのです!



さてはてメモ帳より抜粋





敦賀原発、何が問題?

原発の真実を撮影した男・樋口健二




http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/be58402f332dc02991ca6cae820e8cf2




2012年11月26日

福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが行われている


カルディコット博士 
「福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが行われている」

2012年11月21日

 オーストラリアの小児科医で放射能障害に詳しい
ヘレン・カルディコット博士の記者会見が19日、
衆議院第一議員会館内で開かれた。
博士は日本各地で講演ツアーを行っている。

 衆院解散を受けメディアの関心が選挙一色になるなか、
会見には海外のテレビ局1社と数人の記者のみが集まった。
カルディコット博士は何度も“犯罪的”、“非人道的”という言葉を
多用し、これを伝えようとしないマスコミも批判した。
日本社会に対するいらだちが随所に感じられた。

 冒頭、カルディコット博士は
「福島の高線量地域で、子供や妊婦、妊娠可能な年齢の女性を
避難させないのは“医学的犯罪”だ。
18歳未満の子供に超音波検査を実施したところ、
約40%の子供に甲状腺異常が見つかったという。

これは小児科の見地からみて極めて異常だ。」と語り、
福島の被曝量が
チェルノブイリをはるかに上回っていることを指摘した。

 また、子供や妊婦、妊娠可能な女性の移住について
「国が費用を負担することが重要なのに、
弱い立場の人を守らず、TEPCOを守るために予算を使っている」
と述べた。
博士は「日本には放射能を帯びた食品を食べることに対する
規制がなく」、汚染した食品を「子供に食べさせていることは
“medically immoral (医学的に非道徳的)”だ」
と国と福島県、沈黙する医学界の不作為を批判した。

 博士の来日講演は医師向けのみならず、
一般向けにも行われたが、
いずれも数百人収容の会場が満員になったという。
博士は、聴衆が
「どうしたらいいのか必死に知りたいと思っている」
ことを感じたという。

 「広く一般に知らせる責任がメディアにはあるが、
(日本では)そうではないようだ」と、
メディアが放射能の被害に無関心であることにクギを刺した。

 博士は、「福島の事故は終わっていない。
40年かけてきれいにするというが、不可能だ。
これから300年以上、土地も人も食物も汚染されたままだ」
と警告し、安易な除染や帰還願望に疑問を呈した。
ガレキの焼却についても「犯罪行為だ」と断罪した。
http://tanakaryusaku.jp/2012/11/0005637

****************************************************
18歳未満の子供に超音波検査を実施したところ、
約40%の子供に甲状腺異常が見つかったという。
****************************************************
日本では尖閣諸島の問題に火が付けられた時期である。

このブログにも下の記事に韓国からの沢山のアクセスがあった。
9・11福島県3回目の甲状腺検査結果にただならぬ異変

世界中の市民がこの発表に注目したのである。

日本のメディアに踊らされた日本人以外は・・・。
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント