<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年04月(9)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2019年03月18日

たった14匹の狼が、イエローストーンの森を蘇らせた!




おおかみ

・・・日本語に秘められた真実に目を見張る

posted by ケメ at 08:36 | Comment(0) | 自然エネルギー

2012年03月09日

真の環境保護の実践と放射能下を生きること





ペットボトル入りの製品をを次から次へと買い込み、
ペットボトルを資源物として出すことよりも、
水筒を利用する人の方が、
どれだけ環境によいことを実践しているでしょうか?

それはまた、即座に家族の健康へ跳ね返ります。
頭痛、偏頭痛、心臓疾患等々に悩まされている人は、
自分の食習慣を見直してみて下さい。

まずは飲み物です。

頭痛に悩まされている人の多くが、
安価なペットボトル入りのジュースを
購入して飲んでいる習慣を持っていることに驚きます。

親のそうした習慣の下で、
子供が次から次へと病気に掛かっているのに、
当の親は「うちの子供は弱くて・・・」などと平気で言うのです。

又そういう親に限って、病気は医者が直すもので、
親の義務は子供を病院へ連れて行くこと以外にないと思い込んでいるのです。
そうしてまた、ペットボトル入りのジュースを水分補給だと言って飲ませるのです。

医者に家族の健康管理を丸投げする親には、
ワクチンを拒否することなど思いもよらない事でしょう。
素人がワクチンは危険だという声よりも、権威や体制に信頼を寄せ切っているのです。

これまではそれでも何とか生きてこられたけれど、
今の日本は放射能下にあります。
今もなお、各地で放射線スポットが民間によって次々と発見されている状況です。

圧倒的な勢いで、免疫機能を犯された体は、
今まで頭痛位で治まっていたものを、致命的な
ものにしてしまうのです。

福島原発はまだまだ終息などしていないのです。
4号炉が傾いている危険性はずーっと懸念されており、
もう一度地震が来たら、
とてつもない莫大な放射能を日本中にばら撒くと、
専門家が指摘しています。

その日を迎える前に、お金があれば日本を脱出すべきです。

私と同じように、お金の無い人は、米のとぎ汁で乳酸菌を培養し、
お風呂へ立てこもる準備をしましょう。



posted by ケメ at 09:05 | Comment(0) | 自然エネルギー

2012年01月29日

PPSで経費削減効果・拡がる電力入札


再生可能な自然エネルギー推進の第一歩

2011年8月26日、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(以下「再生エネ買取法」)が成立しました。

この法律は、太陽光や風力、小規模水力、地熱といった、再生可能な自然エネルギーを推進するための「固定価格買取制度」を日本に実施するものです。

この制度は、さまざまな個人や事業者が自然エネルギーで発電した電力を、電力会社に一定の価格で買い取ることを義務付けるもので、自然エネルギーを国内で飛躍的に普及させるカギとなる制度です。

すでに海外では、ドイツやスペインでその実績が確認されており、同制度が今後、日本で効力を発揮することが期待されます。

都内、広がる電力入札 東電値上げで19区実施・検討

自治体が使う電気を、東京電力などの電力会社ではなく、電力自由化で参入した特定規模電気事業者(PPS)から購入しようとする動きが広がっている。首都圏では都県や政令市、多摩地区で競争入札などが導入され、経費削減効果を上げている。東電の値上げ方針で注目度がさらに高まり、東京二十三区では十九区が実施・検討している。 
 電力の小売り自由化は二〇〇〇年に始まった。当初はPPSも少なく、入札を実施しても東電以外に応札がないケースもあったが、PPSの増加と販売対象電力の拡大で、徐々に電力入札の導入が広がった。
(PPS)→電力自由化で参入した特定規模電気事業者




【MA-WHNBS】マウスパッドからマウスに電力供給、
電池不要のバッテリーフリーワイヤレスマウス
続きを読む...
posted by ケメ at 19:11 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年12月10日

HP・麻の百貨店をオープンしました。

HP・麻の百貨店をオープンしました。

昨年私の養母が亡くなりました。
和服の大好きな人でした。
その養母がまだ若い頃、私の実母を感嘆させた着物があります。
薄いグリーンの地に麻の葉が舞う柄の、麻織りの着物でした。

子供のいない養母は、私が生まれると毎日あやしに来ては、
自分の家に連れて行き、御主人共どもちやほやしてくれるので、
とうとう懐いて、家に帰らなくなってしまいました。
実母は、何度も泣いたそうです。
結局私は高校2年の時、煙草を吸って停学処分を受け母に連れ戻されるまで
ずっとそこで我が物顔で暮らさせてもらいました。

そんな昔話をするたびに、実母が口にするのが、
薄いグリーンの着物を着こなす養母が、
如何に素敵だったか・・・・・・。

自分が子供を育てながら思うようになったのは、
実母はきっと、養母のセンスに魅了され、娘が品良く育つようにという潜在した願いに最終的に従ったのだろうということです。

ところが現実はそんな実母の願いもむなしく、
化粧っ気のない顔に、着るものは妹のお古、口にはいつも煙草を銜えながら、
ギターを引っ提げ脱原発のデモへ出かけ、挙句の果てはこんな社会をつくった
あんたらの経済優先社会なんかまっぴらと、山のてっぺんの廃屋へ嫁ぐ、
そんな怪物のできあがり・・・・。

残念ながら、その麻の着物を養母が着る姿こそ見る事は出来なかったものの、
あるひ、養母に頼み、一度だけ目にした事があるのです。

「薄緑の着物・・・【麻の着物】のこと?」と言ってタンスの奥から養母が出して見せて呉れました。
今でも鮮やかに目に浮かびます。ラミーやリネンとは格段に違うその波動は、
まさに神社の静謐そのままなのです。



「麻布」についてのページです。

麻には、植物の茎から採れる靭皮繊維と

植物の葉から採れる葉脈繊維があります。

家庭用品品質表示法では、

現在、麻と明記できるのは、

亜麻(リネン)苧麻(ラミー)の靭皮繊維だけです。


「ヘンプインナー」についてのページです。

通気性の良い麻は、あかぎれやしもやけの予防にもなります。

合成繊維の静電気を起こすあのピリピリ感がありません。

あまりにも丈夫な麻は、合成繊維を売り込む為に、麻薬の汚名を着せられ、

世界中から抹殺されそうになりました。

戦後日本もGHQにより、麻の栽培が許可制になり、

ほとんどの農家が、麻の栽培を断念してしまいました。

ところが昨今欧米では、医療大麻と称して医師が処方を始めています。

日本では、ヘンプと名を変えて?繊維として復活中です。


カテゴリー

ヘンプ楽器カバー・ストラップ
麻・寝具
ヘンプインナー
ヘンプシード
麻・ファッション
麻布
ヘンプレディースファッション
ヘンプメンズファッション
ヘンプ・帽子・サンダル
ヘンプ素材
ヘンプオイル
麻縄・和楽器
posted by ケメ at 11:48 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年07月07日

麻が地球を救う時!

ヘンプカー 函館出発

 【函館】産業用大麻の可能性を知ってもらうため、大麻の種子から取った植物油「ヘンプオイル」を燃料にした「ヘンプカー2 件」で道内を回る「ヘンプカー・プロジェクト2011」(本部・東京)の一行が7日午前、函館・五稜郭を出発した。バスを改造したヘンプカーは、賞味期限の切れた外国産食用ヘンプオイルを精製したバイオディーゼル燃料(BDF)を使用する。

<北海道新聞7月7日夕刊掲載>

祝ヘンプカープロジェクト2011



ヘンプカー・プロジェクト2011 in 札幌「麻でつながる北海道〜麻の可能性をみんなで考えよう〜」 [中央区その他] [体験・教室・見学]

講演会「麻のある暮らし 衣・食・住」中山康直氏、「環境とエネルギー」赤星栄志氏

会場名 北海道神宮参集殿
住所 札幌市中央区宮ヶ丘474
電話番号 柴谷さん 080・3286・6571
開催日 2011/7/16
開始時刻 午後1時開場、1時半開演
閉鎖時刻 午後3時半
申し込み 要
前売り
休日
料金・費用 入場無料
posted by ケメ at 02:14 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年07月05日

政局を超えて、自然エネルギーへ

送電線の国有化を願う1000万人署名

電子署名の締め切りは7月6日PM6:00まで!

エネルギーシフト勉強会第一部(孫正義氏講演)20110615



エネルギーシフト勉強会第二部(菅直人総理大臣の話・)20110615

posted by ケメ at 15:00 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年07月01日

送電線の国有化を願う1000万人署名7/4締切り間近!

送電線の国有化を願う1000万人署名・7/4締切り間近!

『送電線が国有化されたならば、どうなるでしょう?』

送電線が自由利用の原則に基づいて接続自由になると、
企業や都道府県、市区町村は独自で電気を創りはじめます。
その多くは地域の特性に基づいた自然エネルギーとなるでしょう。


広瀬隆さんの提言(転載。拡散希望)
この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する自家
発電6000万kW(昨年9月現在)のほうが、はるかに大きなバックアップとしての発
電能力を持っている。
電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない

したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、「送電線
をすべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のた
めに、まず第一に起こすべき国民世論である。何しろ、送電線が解放されて、安
価に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用も
できないのだから。

原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。

山通信:七ヶ宿から/炭焼きと自然生活


【送料無料】象の背中で焚火をすれば

【送料無料】象の背中で焚火をすれば
価格:1,050円(税込、送料別)


posted by ケメ at 10:38 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年06月30日

善い地球人となる為の指針・エコロジカル・フットプリント


エコロジカル・フットプリント

人、一人が生活する上で掛かる地球環境への負荷を土地面積に換算したもの。

地球一個の上の一人当たりの割り当ては1・8gha(グローバル・ヘクタール)

今の日本人一人当たりのエコロジカル・フットプリントは4.3gha
(4.3÷1.8=2.4)世界中の人々が今の日本人と同じ暮らしをしたら、地球が2.4個必要になる。

アメリカ人一人当たりのエコロジカル・フットプリントは9.0gha
アメリカ人並みだとあと5.3個の地球が必要になる。

日本のエコロジカル・フットプリントの67%は家計消費活動から生じているという。

なかでも食料が36%と大きな割合を占めており、そのうち1380万トンが廃棄されている。

この廃棄量を減らすだけで、消費パターンを変えることなく、

約2600万ghaのエコロジカル・フットプリントの削減が可能となるという。
                          
                         「WWF」日本のフットプリント:家計における需要

                         【NPO法人エコロジカル・フットプリント・ジャパン】

地球1コ分の暮らしへ



地球環境持続のための実践プランニング・ツ-ル

【送料無料】エコロジカル・フットプリント

【送料無料】エコロジカル・フットプリント
価格:2,310円(税込、送料別)


posted by ケメ at 10:41 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年06月25日

震災の日の朝、閣議を通っていたエネルギー再生法案



再生エネルギー法案というのは、実はあの震災の日の朝、閣議を通っているのです。
その日の午後にあの地震が来た。
小説ならできすぎの不思議な話です。
あれから3カ月間、一度も審議されず、たなざらしになっています。
何党もくそもないだろう、いい加減にせえ、と言いたい。
せめて審議せい。
国会、政治家は何のためにあるんだ。
葬式に行くのが仕事ではなく、法律作ることだろうと言いたいけれど、こればっかりは国会議員にしか権限がない。
(文句を言うのであれば)堂々と審議して反対しろ、と私は申し上げたい。
誰が総理だろうだと関係ない。
審議しろ、国民のためだけを思って法律を考えろ。
それだけは私は許せん、というのが私の思いです。☆24日ソフトバンク株主総会・孫正義氏
☆http://www.ustream.tv/recorded/15600777


posted by ケメ at 19:41 | Comment(0) | 自然エネルギー

2011年06月14日

エネルギー自給のライフスタイルをイメージする

posted by ケメ at 01:41 | Comment(0) | 自然エネルギー
プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント