<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2020年05月(14)
2020年04月(29)
2020年03月(15)
2020年02月(2)
2020年01月(6)
2019年12月(4)
2019年11月(2)
2019年10月(3)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年04月(1)
2019年03月(11)
2019年02月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(3)
2018年11月(4)
2018年10月(3)
2018年09月(1)
2018年07月(1)
2018年06月(1)
2018年04月(2)
2018年03月(5)
2018年02月(8)
2018年01月(2)
2017年12月(4)
2017年11月(2)
2017年10月(3)
2017年09月(1)
2017年08月(1)
2017年07月(3)
2017年06月(9)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(10)
2017年02月(6)
2017年01月(7)
2016年12月(2)
2016年11月(3)
2016年10月(2)
2016年09月(1)
2016年04月(5)
2016年03月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(1)
2015年12月(2)
2015年11月(2)
2015年10月(2)
2015年09月(5)
2015年08月(3)
2015年07月(6)
2015年06月(13)
2015年05月(12)
2015年04月(7)
2015年03月(1)
2015年02月(8)
2015年01月(8)
2014年12月(1)
2014年11月(2)
2014年10月(9)
2014年09月(2)
2014年08月(1)
2014年07月(4)
2014年04月(1)
2014年03月(6)
2014年02月(6)
2013年10月(1)
2013年08月(4)
2013年07月(11)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(1)
2013年03月(5)
2013年02月(2)
2013年01月(3)
2012年12月(7)
2012年11月(14)
2012年10月(8)
2012年09月(9)
2012年08月(15)
2012年07月(13)
2012年06月(23)
2012年05月(11)
2012年04月(13)
2012年03月(19)
2012年02月(9)
2012年01月(15)
2011年12月(12)
2011年11月(14)
2011年10月(9)
2011年09月(16)
2011年08月(7)
2011年07月(10)
2011年06月(10)
2011年05月(11)
2011年04月(16)
2011年03月(4)
2011年02月(3)
2011年01月(4)
2010年12月(13)

2020年02月28日

武漢における爆発動画の意味

そろそろ、私たちは国を超えて、繋がる時にきているのだろう。

コロナウィルスで儲けてる奴は手を挙げろ!

前回このブログで、
「最近武漢の研究施設が爆破されたという話が出回り,
緊張したが、結局ある一人の中国人男性の憶測に過ぎない
見解が、拡散されただけのようだ。」
・・・と書いた後、
前回取り上げたブロガーが、以下の動画を新たにアップしていた。



言い出しっぺは以下の動画だと思う↓



気になるのはこちらの動画にある、コロナウィルス騒動前に、
武漢市で行われた大規模な、大気汚染に講義するデモである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日気付いたのだが、
・・・・どうやってもアップできない、動画が、ここにある。
Eden Media コロナウイルス:生物メディア兵器どくろ
世界的なクライシスとなりつつある今、
ワクチン問題を始めとする数々の点をつなぎ、新たな見解を提示する。
https://www.youtube.com/watch?v=vdgNC4o9S8M&t=627s

・・・今日は3月4日、たった今ブログを見直して気付いたのだ。
是非ご自身でググってご覧いただき、コロナウィルスに対する異常な
政府対応、メディア報道に対処してほしいと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


武漢閉鎖は、中国共産党の
・・・武漢市民へのホロコースト?
いかにもそう結論付けたくなるものの、

昨今のネットを見ていると、中国共産党の残虐性がものすごい勢いで
宣伝されてるようで、北朝鮮の脱北者騒ぎを彷彿とさせる。

富士フイルムの筆頭株主は金融湯ダヤ


・・・・・・いっそもう一回、人類平等の見地に立って、
大戦の軍事裁判を正しく開き直したら?・・・・・アメリカのネイティブまで遡って!

中村哲医師の祈りが実った。
posted by ケメ at 10:52 | Comment(0) | 心と身体
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

プロフィール
リンク集
”さわやか暦”
最新コメント