広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年02月11日

胃ろうにした父。あれから半年。

8月に胃ろうの手術をした父。

あれから半年。

まだ、半年?

もう、半年?

いろいろありすぎて、わたしには早く感じた半年でした。

父は、胃ろうの手術をしたとき、

数日は、点滴栄養でした。

点滴で、大量の水分が入るようになってわかったことですが。

尿がとても出にくくなっていたのです。

胃ろうにする前は、食べる量も、飲む量も少なかったため、

おしっこが、少ししか出なくても大丈夫だったのです。

でも、点滴で大量の水分が体に入って、

おしっこをしたくなり、トイレに行くのですが、

少ししか出ません。

ベッドに戻って、また、すぐにトイレに行く。

手術をした夜、結局、わたしは一睡もできず。

もちろん父もですが。

(*_*)

そこで、点滴している間だけ、と、尿道カテーテルを入れることにしました。

しかし、それがなかなか入らない。

前立腺がとても肥大していて、尿道をふさいでいました。

何とか、入れてもらいましたが、

点滴がとれて、胃ろうから食事を入れるようになっても、

そのまま、尿道カテーテルは入れたまま、ということになってしましました。


胃ろうにする前、父は、たびたび熱を出していました。

それは、誤嚥性肺炎の熱だと思っていましたが、

もしかしたら、膀胱におしっこが溜まって、ちゃんと出なかったから、

膀胱炎のような状態で、熱が出ていたのかも、ということになりました。


尿道カテーテルは、毎月1回交換しないと、細菌がついたりすると、

尿路感染を起こしてしまうのです。


父は、退院してから、3週間後に、40度近い熱を出しました。

即入院し、尿路感染とわかり、5日入院しました。


この入院も大変で、本当に高齢者の入院の大変さを再認識しました。


幸い、それ以降は、尿路感染はなく、毎月、カテーテル交換に行ってます。

普通の人なら、看護師さんでも、カテーテル交換ができるそうですが、

父の場合は、尿道が狭く、X線で透視しながらでないとできないらしく、

入院した総合病院の泌尿器科で交換してもらっています。

その都度、感染はないか、などの検査もしてもらえるので、

いいかもしれません。


胃ろうにして、最初の入院の2週間と、退院してからの1ヶ月くらいは、本当にでしたが、

半年たった今は、

毎月のカテーテル交換のほかは、病院に緊急搬送されることもなく、

落ち着いた生活になっています。


半年の間に、在宅での看護や介護、リハビリなどのサービスを受けるようにもなりました。

その話は、また、次回にします。

(*^▽^*)

進学でワンルームで一人暮らしの子どものために、収納引き出しを買いました

一人暮らしも、2年目が終わるこの時期になって、

娘が、収納用の引き出しが欲しいと連絡してきました。

期間限定の楽天ポイントがあったので、

買って送ることにしました。

20パーセントOFFのクーポンもあって、

とっても安く変えました。



2016年10月14日

進学でワンルームで一人暮らしの子どものために、ソファベッドを買いました

一人暮らしを始めて、1年半の娘。

ベッドを買わずに、ずっと床に布団を敷いていました。

服飾の専門学校に通っていて、

入学してからは、ミシン、パソコン、アイロン、アイロン台それらを置くデスク。

ボディー・ミニボディーなどなど。

必要なものが一通りそろって、

ベッドは無理でも、ソファベッドを置きたいと言って来ました。



これが第一希望。

でも、娘の住んでる地域への配達がなぜか一時できないとのこと。

(´・ω・`)



これが第2希望。

これは、人気がありすぎて、入荷待ち。

なるべく早く欲しいので、これも断念。



購入したのはこれ。

値段も手ごろで、日本製というのが決め手。

送料無料も。

進学でワンルームで一人暮らしの子どものために水を買って送る

水を買って送る、なんて考えたことなかったけど、

ネット通販の売れ筋の上位に、ペットボトルの水があることに気づいたわたし。

500mlのペットボトルの水が48本で1500円前後で、送料無料。

これって、娘に買って送れば、いいんじゃない?!

水って、買ってくるのは重いし、

コンビニなどで買ったら高いし。

娘が一人暮らしを始めてから、1年以上経って気づくのは遅すぎたかな。

一応、浄水器もフィルターも買ってあげてるから気づかなかったんだけど。

気づいてから、3回程、送ったのですが、

毎回、違うショップでした。

最安値は、日々入れ替わるので、

同じものなら、安い方がいいですから。

そろそろ、この前送った水が無くなるころかな。

また最安値を探そうと思います。

2016年08月26日

父の胃ろうの手術が無事、終わりました。

久しぶりに、ブログを更新しています。

7月末に、父の胃ろうの手術が終わりました。

内視鏡による手術で、なんと20〜30分で終了。

感染症のトラブルもなく、一週間後に抜糸もできました。


手術の前日からは、絶食で、点滴栄養です。

手術後、数日後から、胃ろうに栄養を入れる練習が始まりました。


まずは1回100mlを一日3回。

翌日は1回200ml。

その翌日には300ml。

と量も増えました。

最大は1回400ml。


完全にバランスの取れた栄養です。


胃ろうの前は、むせが多くて、なかなか十分な栄養や水分が取れなくて、

かなり衰弱していました。

しっかりしていた足取りも、だんだんと危なっかしくなっていました。


胃ろうを入れるようになってから、体重もふえ、目にも力があります。

表情も豊かになって、話す言葉も、力強く聞き取りやすくなりました。


ただ、入院期間が2週間で、その間、あまり運動ができず、

足取りが、少し危なっかしくなりました。


退院してからは、胃ろう前に行っていたリハビリにも行くようになり、

機能回復の訓練もしています。


この暑い中、水分も十分も取れず、

栄養も十分に取れなかったら、

もしかして、父の命はなかったかもしれません。


とにかく、経過は順調です。


ただ、高齢のため、入院中の2週間、いろいろなことがありました。

介護の母も、もちろん高齢のため、途中で参ってしましました。

わたしも、2週間のうち、5日ほど、病院に泊りました。


父の退院の前日に、わたしは今度は帰省する娘のために、

自宅に戻りました。


娘は、来年成人式。

成人式の前撮りをするために、髪飾りを買いに行ったり、

休む間もなく、動いていました。


娘が、1週間ほどの帰省を済ませ、東京に戻り、

わたしも仕事を再開したところで、

先日、激しいめまいに襲われ、

まったく動けないまま、クーラーもつけていない部屋で、

「このまま死んでしまうのかな」

と思いつつ、倒れていました。


父の入院前はほぼ、毎週実家に帰り、

入院中は、無我夢中で、

娘の帰省中も頑張って、

ついに、自分の体が、悲鳴を上げたのかな。


やっと、今日、パソコンを開くことができました。


父の入院中の話はまた次回。

父がパーキンソンであり、いずれは食べ物を食べにくくなるってわかっていたから、

もっと早く、とりあえず胃ろうだけでも作っておけばよかったと、思います。

高齢者が入院するのは、本当に大変です。



50代にしてブログデビュー(^-^; ご指導ご鞭撻のほど。m(__)m

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





タグ:胃ろう
ファン
リンク集
プロフィール
検索
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。