UA-127198797-1
自己紹介
きりんタワーさんの画像
きりんタワー
2018年10月よりブログスタート。ブログと言うより、ほぼ雑記集に近いです。まずは記事を書くことに専念中。趣味や好きなもの、感じたことを独断と偏見に書いています。
プロフィール
記事ランキング(2020年10月末現在)
  1. 1. wowowサザン!!【セットリスト】12時間は凄いって、、あせあせ(飛び散る汗)
  2. 2. 20万キロ突破!! まだまだイケるぞ、、この車。
  3. 3. 【尿素SCRシステムについて】三菱 デリカD:5 新型B
  4. 4. 『新千歳空港』北の空の玄関口! どこまで知ってます? シーズン@
  5. 5. なんで??なんで岡村靖幸なん??A
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2019年06月17日

司馬遼太郎 原作【映画】関ヶ原  


作家・司馬遼太郎氏の名作を実写映画化した『関ヶ原』が、最近地上波初登場で放送されました。

関ヶ原1.jpg

石田三成役の岡田准一。
徳川家康役の役所広司。
家康側女スパイ役の有村架純。
滝藤賢一がクセのある豊臣秀吉。
裏切りの小早川秀秋役を東出昌大。


2017年の映画作品です。
当時は、いまさら、、関ヶ原??
見に行くまでのない、、

原作は司馬遼太郎の名作で私も読みましたが、
これを映画化でどこまで表現できるのか疑問でした。

司馬遼太郎の小説はただの歴史解説書ではないのです。
登場人物の心情に深く入り込み、その為に何年もかけて取材をし、本当は、こうだったのではないか??と、頷ける論理を展開する小説で、読むとのめり込んでしまいます。




面白かったですね〜!!

さまざまなエピソードとともに描いた司馬遼太郎の有名な原作をもとに、原田眞人監督の映画化。これまで描かれてきた人物像とは異なりますよ。 


 

役所広司の家康がいいすね、、腹黒さがよく表現されています。
架純ちゃん、、可愛い、、
岡田の三成も偏屈な真面目さ、、正義感強すぎ武士を演じています。
滝藤賢一がクセのある豊臣秀吉を怪演。見もの!!

私の、一番のポイントとしてのシーンが、、
東出昌大が演じた、小早川秀秋が西軍を裏切るシーンです。

映画では家康に味方すべきか悩んでる小早川秀秋のもとに石田三成の使者として島左近の息子が来ます。左近の息子の言葉を聞いて三成に味方を決意し、、

  「家康を打つのじゃ!!」

の、秀秋の言葉は届かず家臣たちが勝手に兵を動かして大谷軍を攻めます。


本心は、西軍の豊臣側に、、、


原作の小早川秀秋は、あまりいい描かれ方をしてません。
映画の小早川秀秋は「いい人」として描かれています。




 



原作の司馬遼太郎の「関ヶ原」かなり前に読んだのですが、、
また読み返したくなります。




是非!!






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8892820

この記事へのトラックバック
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
写真ギャラリー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。