広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年05月17日

第444回 お餅代






文●ツルシカズヒコ



 橘あやめ「憶ひ出すまゝ(栄兄さん夫婦と宗坊のこと)」は、あやめが大杉と野枝、および橘宗一について書いてほしいという依頼に応じたものだが、しかし、あやめは宗一について書くことはできないと冒頭で記し、その心境をこう述べている。


 最初の程は、親切にお見舞ひ下さいます人々から『宗(そう)一さんが……』の一言を云はれましたゞけで、直ぐ悲しさに身中が慄(ふる)へて了ひました。

 泣き崩れて了ひました。

 私のこの様子を見て傍(そば)の人達ちも『それでは貴女の体が持つまいからーー』と種々になぐさめて下さいますし、それに私自身でも『こんなに泣いてばかり居ては折角アメリカから養生に帰つて来て入院してゐ程の私の体が一さう悪くならう。ーーさうなつては猶さら夫に申訳けが立たない』と思ひ、気を取り直しまして、其の後ちは成可く誰れにも御会ひせぬやう、たゞ静かに寝てゐるやう、そして、なるだけ宗一の事は考へぬやう、憶はぬやうと心懸けて来ました。

 さうして、只今では少しく心も静まつて参りました。

 ですけれど、宗一のことを憶ひ出すまゝ、それを文字で記して行かうといたしましたなら、悲しい私は、二三行書きかけてゐるうちに必(き)つと泣き崩れて了ふことでせうーー。


(橘あやめ「憶ひ出すまゝ(栄兄さん夫婦と宗坊のこと)」/『女性改造』一九二三年十一月号・第二巻第十一号)

noe000_banner01.jpg


 兄・栄については、まずこう記している。


 栄兄さんは学問の出来る偉い人なのだと、たゞぼんや知つて居ましたばかりで、兄さんの書かれた本などは全(ま)るで読んだことのありません。

 兄さんの主張なさる思想や、行動などが、どんなに悪いことなのか、いゝことなのか、私には少しも分りません。

 けれども、四五年前に一度久しぶりでアメリカから帰つて参りました時、いくら牢に入れられても少しもひるまず、ひどい貧乏な生活をしながら自分の主張のために活動せられてゐる兄さんを見ましては、『あゝ偉い人だーーと』感ぜずにはゐられませんでした。


(同上)





 あやめは一九〇〇(明治三十三)年生まれである。

 二歳の時に母・豊(とよ)を亡くし、継母や親戚の手で育ち、九歳の時に父・東(あずま)を亡くした。

 あやめは父の死に際して、初めて十五歳年長の長兄・栄の存在を知った。

 この時、長兄・栄は赤旗事件で千葉監獄に入獄中だったので、妻の堀保子があやめに面会に来た。

 一時、保子があやめを引き取り面倒を見ていた時期があったが、あやめは間もなく甲府の親戚に預けられた。

 大逆事件との関連の取り調べのため、千葉監獄から東京監獄に移監されていた大杉は、一九一〇(明治四十三)年十一月に出獄。

 出獄後、大杉は甲府の親戚に預けられていたあやめを引き取りに行った。



 
 或る日のこと、私が近所の子供たちとおもての柳の木の下で遊んで居りますと、がらがらつといふ響きと共に私の家の前へ俥(くるま)が着きました。

『あらつ俥が来たーー』と、子供心にたゞ何んとなく嬉しい様な気がして傍(そば)へ駆け寄つて見ますと、それは洋服姿の、大きな眼がぎろつと光つてゐるおつかない人でした。

 そして、其のおつかない人が私の顔ばかりをじろじろと見ますので、私はそつとお友達の後ろへ隠れて了ひました。

 これが千葉監獄から出たばかりの栄兄さんだつたので、私は此の時初めて栄兄さんの顔を知つたのです。

 私は栄兄さんに連れられてまた東京(家は大久保にあつた)へ参りました。


(同上)


 一九一六(大正五)年にあやめはポートランド在住の橘惣三郎と結婚、一九一七(大正六)年に宗一を出産、一九一八(大正七)年暮れに病気療養のために宗一を連れて帰国し、当時、田端に住んでいた大杉家に寄寓した。

 大杉一家はその後、西ヶ原、千葉県の中山、駒込と転居したが、その都度あやめも同居。

 あやめが帰米したのは一九一九(大正八)年秋だった。

 帰米したあやめは大杉一家と折々に文通するようになり、野枝からは「女らしい注意の行き届いた」手紙をもらうようになった。

 あやめはアメリカから大杉一家に送金したこともあったという。


 私は田端に居りました時に、栄兄さん達(た)ちがお正月のお餅を買へなかつた状態をつくづく見て来て居(ゐ)ますので、せめてお餅代なりともお送りしたいと思つて少しづゝ貯め始めました。

 いつの年だつたかよく覚えませんがそのお金を送つて、その後しばらくたつてからふと新聞を見ますと、『大杉栄は近頃非常な成金になつて逗子へ大きな家を構へた』といふ記事が載つております。

 それでは、あのお送りしたお金は正月のお餅代にならずに何にかのご馳走になつたことだらうと、私はその新聞を眺めながら独りでほゝえんだことでした。


(同上)





 大杉一家が逗子に引っ越したのは一九二一(大正十)年十一月だから、あやめが送金したのは、この年の暮れであろう。

 あやめが再度、病気療養のため宗一を連れて帰国したのは、一九二三(大正十二)年四月だった。


 ……栄兄さんはフランスへ行つて居(を)られる(※ママ)お留守で、野枝さん一人で何やかやと親切に世話をして下さいました。

 病院のことや何にやかやと、本当に親味の姉も及ばぬごめんどうを見て下さいました。

 女は女同志ーーと深く感じました。

 それらの親切が、胸の底からこみ上げて来る程嬉しく感じました。

 あゝ、しかしその野枝さんも今は殺されて了ひました。

 栄兄さんも殺されて了ひました。

 可愛い宗坊(そうぼう)までが惨(むごたら)しく殺されて了ひました! ーー十月十六日夜ーー


(同上)





『女性改造』一九二三年十一月号巻末の「文芸欄」に掲載された「或る男の堕落(遺稿)」は、例の吉田一(はじめ)の一件について野枝が書き残していた原稿を掲載したものである。

 アナからボルに転向したかつての同志についての記述だけに、その原稿の発表の場がなかったのか、あるいは発表のタイミングを計っていたのか、ともかく野枝の死後に未発表の原稿が発見され掲載されたのであろう。


●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 01:56| 本文
ファン
検索
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(449)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。